愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科

もののしくみ研究室

2017年12月16日 06:00  学び~理科

ピンクのキリギリス~なぜ、ピンク?

『ピンクのキリギリス、緑に映えて 静岡・磐田で展示』 朝日新聞

ピンクのキリギリスだって。
静岡県磐田市(いわたし)にある竜洋昆虫自然観察公園(りゅうようこんちゅうしぜんかんさつこうえん)で、ピンクのキリギリスが展示されているらしい。

これは、めずらしいね。
竜洋昆虫自然観察公園では、しばらく前まで、黄色のカマキリもいたんだって。

かわった色の生き物は、キリギリスやカマキリの他にもいるよ。
ここからは、5年前の記事で、復習だ。

------------------------------------------

全身真っ白…幸せ運ぶという白ツバメ飛来 読売新聞

白いツバメだって!
幸せを運んでくれるんだ。
いいないいな、見てみたい。

ところで、ツバメって、普通は白と黒だよね。
なんで、真っ白になっちゃったんだろう?


「アルビノ」という言葉がある。

これは、本来は色がついて生まれてくるはずなのに、白や白に近い色で生まれてきてしまった動物や植物のこと。
親から子どもへわたす遺伝子(いでんし)というものが、うまく伝わらなかった時におこる。

動物や植物の色は、メラニンというものによってつけられている。
このメラニンが、とっても少ないじょうたいで生まれてきちゃうんだ。

この白いツバメは、アルビノなんだね。


白いツバメはめずらしいけど、、動物によってはアルビノがそんなにめずらしくないものもいるよ。

まずは、シロウサギ。
これは、アナウサギのアルビノなんだ。

実験などで使われるシロネズミ。
これも、アルビノ。
中には、アルビノではなくて、もともと白いネズミ君もいて、これはアルビノじゃない。

アルビノで有名なのは、これ。

ウーパールーパー。
メキシコサラマンダー(アホロートル)というサンショウウオのアルビノ。


一方で、白い物がすべてアルビノというわけではない。

ホワイトタイガーなどは、もともと真っ白。
白馬もそう。
ホワイトライオンや、シロクジャクなども、アルビノじゃない。


写真は、近所の小学生がつかまえた、ピンクのバッタ。
これも、アルビノだと思われる。
案外、身近にいるんだね、アルビノ君。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年12月13日 06:00  学び~理科

イヌとネコ~頭がよいのは、どちら?

みんなのおうちでは、ペットを飼っている?
飼っているとしたら、どんな動物を飼っている?

ペットとして飼っている動物といえば、イヌやネコが代表的。

ここで、想像タイム。

イヌを飼っている家と、ネコを飼っている家、いったいどちらが多いと思う?
予想してみてね。



・・・



ペットフード協会というところが調べたデータによると、イヌやネコを飼っている家は、こんな感じ。

調べた家の数:55811696世帯(せたい)
そのうちイヌを飼っている家:7902000世帯
              (14.16パーセント)
そのうちネコを飼っている家:5542000世帯
              (9.93パーセント)

こうしてみると、イヌを飼っている家の方が多いね。
もっとも、最近では、ネコが人気。
イヌを飼っている家が減る一方で、ネコを飼っている家が増えているらしい。


次に、イヌを飼っている家の人に、イヌの種類を聞いてみた。

みんな、イヌの種類って、知ってる?
トイ・プードルとかブルドッグとか、いろいろあるよね。

一番人気のあるイヌは、いったいどんな種類なんだろう?
予想してみてね。


・・・



イヌの種類を多いもの順にならべてみると、こんな感じ。
雑種(ざっしゅ)は、決まった種類のイヌではなく、いろいろな種類のイヌの血がまざって生まれてきたイヌだよ。

1位 ミニチュア・ダックスフンド 16.0パーセント
2位 チワワ           15.9パーセント
3位 雑種            11.5パーセント
4位 トイ・プードル       11.1パーセント

一番人気は、ミニチュア・ダックスフンドだね。


では、ネコはどうだろう?

ネコの種類といえば、ペルシアとかシャムネコなんかが思いつく。
一番多いのは、どの種類だと思う?


・・・



こちらが、ネコのランキング。

1位 雑種           79.2パーセント
2位 アメリカンショートヘアー  3.0パーセント
3位 ペルシア          2.2パーセント
4位 ロシアンブルー       1.6パーセント

ネコは、だんとつで雑種が多いんだね。


さて、イヌとネコの話をしてきた中で、気になったのがCNNの記事。

アメリカなどの大学の研究チームが、あるテーマの研究をして、その結果が発表された。
そのテーマとは、「イヌとネコは、どちらが頭がいいのか?」。

このテーマ、むかしからたくさんの研究がなされ、いろいろと言い合いが続いていた。
今回の研究では、イヌとネコ、それぞれの脳の中に、どれだけたくさんの細胞があるかを比べてみたんだって。
脳の細胞の多い方が、頭がよいと思われる。

そして、その結果、頭がよいとされたのは・・・

イヌ?それともネコ?
予想してみてね。



・・・



『「犬は猫よりも賢い」、国際研究で結論 神経細胞数を計測』 CNN

答えは、イヌ。

脳の細胞を比べてみると・・・
ネコ2憶5000万個にたいして、おなじくらいの体重のイヌの脳細胞は4憶2900万個。
イヌの方が、ネコの2倍くらい、脳細胞が多いということがわかったんだ。

ということで、この研究の結論は、「イヌの方がネコよりも頭がよい」。
これを知ったうえで、あらためてイヌやネコの行動をながめてみると、面白いかも。


写真は、うちのネコ。
ネコのくせに、階段から転げ落ちたこともあるおっちょこちょいな子。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年12月08日 06:00  学び~理科

雪男イエティ~その正体は?

ヒマラヤに住んでいるといわれる、雪男「イエティ」。
その正体については、長い間ナゾとされてきた。

5年前のこと。
イギリスの学者さんが、イエティのものと思われる毛をくわしく調べてみた。
そうしたところ、イエティは、ホッキョクグマの仲間であることがわかった。

ところが、その後、研究は進まず。
イエティの正体は、いまだにわからないまま。

そして、今年、2017年。
朝日新聞に、こんな記事が。

『雪男「イエティ」の正体、「骨」のDNA調べた結果は…』 朝日新聞

アメリカの研究チームが、イエティのものと思われる毛やホネ、皮、フンなどをくわしく調べ上げた。
そうしたところ、イエティは、ヒグマの仲間だということがわかった。

イエティって、やはり、クマの仲間なのかな?
今後の研究に注目だね。

ここからは、6年前の記事で、イエティについて。

-----------------------------

「雪男の生息可能性95%」 西シベリア、国際会議閉幕by共同通信


雪男・・・
イエティとも呼ばれている。
本当に、いるの?

なんでも、ヒマラヤ山脈などで、「雪男を見た!」という人がたくさんいるんだって。
また、ロシアの西シベリア・ケメロボ州にある、ゴールナヤ・ショリヤというところの洞窟には、イエティが住んでいると信じている人がたくさんいる。
ほんとにいるのかなぁ??

ということで、ロシアや米国、中国など7カ国の研究者が一緒に探したんだって。
それで、洞窟の中を調べたりした結果、95%の確率で存在する!ってことになったらしい。


イエティみたいに、本当にいるかどうかわからない動物のことを「未確認生物」という。
地球上の生物で、人間が「こんな生物がいる!」ときちんと確認できているのは、およそ140万~180万種。
しかし、まだ発見されていない生物を含めると、全部で1000万種はいるといわれている。
ということは、820~860万種は、まだ見つかっていないということ!

人間って、いろいろなことを知っているようで、まだまだ知らないことの方が多いんだね。
あのマウンテンゴリラも、100年前までは未確認生物だったんだって。

ロシアでは、州立イエティ研究センターっていうのを作って、本格的な研究を進める。
洞窟のあたりには、監視カメラも設置してあるらしい。
いつかイエティの存在が確認され、テレビに映し出される日がくるかもしれない!

画像はウィキペディアより。
イエティの想像図。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年12月06日 06:00  学び~理科

新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物?

甲殻類(こうかくるい)と呼ばれる動物がいるよ。
代表的なのは、エビやカニ、ダンゴムシなど。

甲殻類って、どんなとくちょうがある動物だと思う?
エビやカニを想像してみてね。
RAKUTOっ子は、節足動物の歌を思い出してみてね。



・・・



まずは、体。
甲殻類の体は、頭・胸と腹の、2つにわかれている。
足は、頭・胸の部分から出ている。
その数は、10本だ。

甲殻類の一番のとくちょうは、背中をおおっている甲羅(こうら)。
甲殻類の多くは、殻(から)でできた、かたい甲羅(こうら)をもっている。

甲殻類たちが生きているのは、主に、海や川などの水の中。
カニやシオマネキのように水辺や水の中を歩き回っているものがいれば、エビのように泳ぎまわっているものもいる。
一方で、ミジンコのように、プランクトンとして水中をただよっているものもいる。

地上にいる甲殻類もいる。
ダンゴムシやヤドカリなどがそれにあたるが、水の中に住んでいる甲殻類とくらべると、その種類はとても少ない。

さて、そんな甲殻類に、新しい仲間がみつかったらしい。
その名は、「ウラシマ」。
フクロエビ上目タイナス目の動物で、エビやカニなどの仲間だ。

ウラシマのとくちょうは、いつも生活している場所。
ちょっと、変わった場所に住んでいる。
いったい、どこだと思う?
「ウラシマ」という名前から、想像してみてね。



・・・



答えは、ウミガメの甲羅の上。

『ウミガメに乗って生活 新種の甲殻類「ウラシマ」と命名』 朝日新聞

北海道大学の角井(かくい)先生が見つけた、新しい甲殻類。
ウミガメの甲羅の上でくらしているということから、浦島太郎にちなんで、「ウラシマ」と名付けられた。

ウミガメは、太平洋などの広い海を泳ぎながら、ぐるぐると世界中を旅をしている。
ウラシマも、カメと一緒に、世界中の海を旅しているんだね。
ちょっぴり、うらやましい。

写真は、タイナス目の甲殻類。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年12月01日 06:00  学び~理科

ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!?

『小惑星が少しずれていたら…恐竜生存? 東北大など発表』 朝日新聞

およそ6600万年前、メキシコにあるユカタン半島の近くに、大きな小惑星(しょうわくせい)がぶつかってきた。
それが原因で、恐竜(きょうりゅう)をはじめ、当時地球上で生きていた生き物がたくさん死んでしまった。
恐竜が絶滅(ぜつめつ)してしまったのは、これが原因だといわれている。

東北大学などの研究チームによると、小惑星がぶつかったのは、堆積岩(たいせきがん)と呼ばれる岩がある場所。
堆積岩にものがぶつかると、たくさんのすすが発生する。
このすすが、太陽の光をさえぎって、地球がとても寒くなり、恐竜たちは絶滅した。

当時、堆積岩がある場所は、地球の表面の13パーセントだったと思われる。
その13パーセントの場所に、たまたまぶつかってきた。

もしも、ちょっと場所がずれていたら。
恐竜たちは、まだ、生きていたかもしれない。
地球の歴史が、変わっていたかも知れない。

もしも、恐竜が、今も生きていたら。
いったい、どんな世界になっていたんだろう?

ここからは、3年前の記事で、恐竜の絶滅について、復習だ。

------------------------------------------------

恐竜など絶滅 xxxが原因? 朝日新聞

およそ6550万年前。
地球上には、大きな恐竜から小さなプランクトンまで、さま
ざまな生き物がすんでいた。

ところが、ある事件をきっかけにして、これらの生き物が、たくさん死んでしまう。

地球に住んでいる生き物のうち、じつに半分以上が死んでしまった。

いったい、何がおこったんだろう?
聞いたことのある子も、いるかもしれないね。
はじめて聞く子は、想像してみてね。


・・・


6550万年前。
舞台は、メキシコのユカタン半島。
ここに、宇宙からあるものがふってきた。

そう、巨大な隕石(いんせき)が、地球に衝突(しょうとつ)した。
これにより、たくさんの生き物が死んでしまった。

・・・と、ここまでは有名な話。


ところが。

隕石の衝突がきっかけになったことはほぼわかっているけれど、それにより何が起こってどうやって生き物が死んでしまったのかは、はっきりとわかっていない。


予想されるものとしては・・・

隕石が衝突した時に、たくさんのチリが舞い上がって、太陽の光が入ってこれなくなった。
山火事おきた。
酸性(さんせい)の雨が降り出した。
・・・など。

いろいろな説があるが、どれが正しいのかは、はっきりしない。


そこで、千葉工業大学の惑星探査研究センター(わくせいたんさけんきゅうセンター)が実験に乗り出した。

まずは、実際に隕石が落ちたユカタン半島の地層(ちそう)を再現すべく、硫酸塩岩(りゅうさんえんがん)と呼ばれる岩を用意。

その岩に、とても速いスピードで、金属をぶつける。
金属のスピードは、秒速15~20キロメートル。
2秒あれば、豊田から名古屋まで行けてしまうくらいのスピードだ。

これによって、6550万年前に隕石がぶつかった時と同じくらいの、温度や圧力(あつりょく)が発生する。


この実験の結果・・・

衝突した時に、三酸化硫黄(さんさんかいおう)と呼ばれるガスが、たくさん生まれたことがわかった。

この三酸化硫黄は、強い酸性の雨をもたらす。
どのくらい強い酸性かというと、胃酸(いさん)と同じくらいらしい。

酸性の強さを表す単位をpH(ペーハー)というんだけど、胃酸のペーハーは1~2pH。
コーラのペーハーが2pHくらいなので、この雨はコーラと同じくらいなのかな?

しゅわしゅわのコーラが雨になってふってくる様子を想像してみて。
いったい、どんなことになるんだろう?


・・・


そう、雨の酸性があまりにつよいと、いろいろなものがとけてしまう。

6550万円前。
隕石の衝突から数日の間、この強い酸性の雨が降り続いた。

これでは、生き物は、とてもじゃないけど、生きていけない。


酸性雨は、当然海にも流れ込む。

だから、海でもプランクトンなど多くの生き物が、死んでしまったのではないか?

これが、今回の実験でわかったことだ。


もしも、隕石が、ユカタン半島ではなく、別の場所に衝突していたら・・・

ひょっとしたら、生き物がたくさん死んでしまうことはなかったかもしれないんだって。

もしそうなっていたら、今の世の中はどんな風になっていたんだろう?
そうしたら、今でも恐竜が生きていたりするのかな?

みんなも、想像してみてね。


写真は、ユカタン半島に残る、隕石落下のあと。。
チクシュルーブ・クレーターというんだよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月29日 06:00  学び~理科

右利きと左利き、多いのはどちら?

『シロナガスクジラは「×利き」が多い? 動物たちの利き手を学術調査』 CNN

世の中には、右利きの人もいれば、左利きの人もいるよね。
みんなは、どっち?
ぼくは、ほとんどが右だけど、はさみだけ左。
なぜか、右手ではさみを使うことができない。
今日は、そんな「利き手」のお話し。

利き手というのは、人間だけではなく、他の動物にもあるらしい。

アメリカのオレゴン大学。
ここの研究チームでは、シロナガスクジラの研究をしている。
シロナガスクジラといえば、世界で一番大きな動物だ。
大きなものは、体長34メートル。
小さなものでも、20メートルをこえる大きさだ。

オレゴン大学の研究チームは、そんなシロナガスクジラの行動を調査した。
そして、クジラにも、利き手があることがわかった。

さて、ここで想像タイム。
CNNの記事によると、シロナガスクジラの90パーセントが、×利きらしい。
さて、「×」に入るのは、右?
それとも左?
右利きのクジラと左利きのクジラ、どちらが多いと思う?

・・・

答えは、右。



エサを食べるときに、右に体を動かすクジラと、左に体を動かすクジラがいる。
右に動くクジラは、右利きだと思われる。
左に動くクジラは、左利きだ。

そして、クジラの行動をくわしく調査したところ、シロナガスクジラは、右利きが多いということがわかった。
シロナガスクジラだけではなく、ザトウクジラなんかも、90パーセントくらいが右利きなんだって。

これまでの研究では、チンパンジーやゴリラも、右利きが多いらしい。
オランウータンは、右も左も同じくらい。

身近な動物では、ネコ。
右左、ネコはどちらが多いと思う?
みんなの周りで見かけるネコたちの行動を、想像してみて。



・・・



ネコは、40パーセントが左利き、50パーセントが右利きらしい。
残りの10パーセントは、どちらでもない。

クジラもネコも、右利きのが多いみたい。
人はどうかというと・・・

またまた想像タイム。
右利きの人と左利きの人、多いのはどちら?
それぞれの割合は、どのくらいだと思う?



・・・



ある調査によると、日本人の利き手の割合は、こんな感じ。
左利きの人が11.5パーセント、残りの人は右利きだ。
人も、右利きの方が多いんだね。

左利きの方が多い動物もいるよ。
カンガルーや馬は、左利きの方が多いんだって。


写真は、タコ。ウィキペディアより。
8本も足があるタコに、利き手も何もなさそうなんだけど、それでも実験した人がいる。
その結果、タコは、右利きと左利きが、半分半分らしいよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月17日 06:00  学び~理科

海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?

おととし2015年に、海がプラスチックのスープになっちゃてるよという記事を書いたよ。

『プラスチックのスープ~海をよごす悪い奴 』
http://rakuto-toyota.jp/e331987.html

人がすてたプラスチックのゴミ。
ペットボトルやレジぶくろ。
まちの中をながめてみすと、たくさんのゴミがある。
そんなゴミたちが、風にふかれたり、川にながされたりして、やがてたどりつくのが、海だ。

海に流れ出たプラスチックのゴミたちは、波にもまれたり、太陽の紫外線(しがいせん)にあたったりして、やがてこなごなになってしまう。
目で見ることもむずかしいくらい、こなごなになったプラスチックは、当然のように魚の体の中にとりこまれる。

そして、今年2017年10月、朝日新聞には、こんな記事がのっていたよ。

『魚の4割からマイクロプラスチック検出 本州各地で採取』 朝日新聞

京都大学の研究チームは、昨年2016年から、日本全国で、魚の調査を行った。

行った場所は、次にあげる6つのエリア。
宮城県  女川湾(おながわわん)
神奈川県 東京湾
福井県  敦賀湾(つるがわん)
滋賀県  琵琶湖(びわこ)
兵庫県  大阪湾
三重県  英虞湾(あごわん)、五ケ所湾(ごかしょわん)

調べた魚は、7種類197匹。
これらの魚のおなかの中に、小さなプラスチックのゴミが、どれくらいあるかを調べたんだ。

その結果、およそ40パーセントにあたる74匹の魚から、小さなプラスチックのゴミが140個見つかった。
特に多かったのが、カタクチイワシ。
東京湾では、80パーセント近いカタクチイワシから、プラスチックのゴミがみつかった。

これだけたくさんの魚の中に、プラスチックのゴミがある。
とうぜん、これらの魚を食べる人の体の中にも、プラスチックのゴミが入っていくことになる。
ゴミは、0.1ミリメートルよりも小さなものなので、口に入っても気が付かない。

これらプラスチックのゴミは、人の体には悪さはしないので、健康には影響はない。
とはいえ、気持ちのよいものではないよね。

ゴミをへらすことが一番の対策なんだろうけど、他によい方法はないものか。
・・・と思ったら、今度は、こんな記事が。

『海の微生物が分解するプラスチック カネカが開発』 朝日新聞

日本のカネカという会社が、特別なプラスチックを開発したんだって。
どこが特別かというと、このプラスチック、なんと海の微生物(びせいぶつ)たちによって、分解することができるらしい。

プラスチックの名前は、「PHBH」。
もしもゴミとして海に流れ出ても、6か月もすれば、その90パーセントが水と二酸化炭素(にさんかたんそ)に分解されるんだって。
これなら、安心だね。

カネカの新しいプラスチック、たくさん使われるといいね。

写真は、マイクロプラスチックとよばれる、小さなプラスチックのつぶたち。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月10日 06:00  学び~理科

長野県で大量発生~どんな昆虫?

まずは、写真(ウィキペディアより)を見てみてね。
ある昆虫がうつっているよ。
どこにいるのか、みんなわかる?





・・・


葉っぱの上にのっている、まるで植物の枝みたいな昆虫は、ナナフシモドキ。
ナナフシと呼ばれる昆虫の一種だ。

ナナフシは、漢字でかくと「七節」。
足がふしふしの節足動物。
中でも、見た目がまさに「ふしふし」なナナフシは、「たくさん節(ふし)がある」ということで、ナナフシという名前がついたといわれている。
けっして、節が7つあるというわけではない。

不完全変態のナナフシは、じつはとても変身上手。
自分のすがたを、葉っぱや枝にみせかけて、敵から自分を守っている。

自分のすがただけではない。
そのタマゴも、植物のタネにそっくり。
ここまで変身上手な昆虫は、そうそういない。

それでも敵におそわれたら・・・。
ナナフシは、自分の足を自分で切り落として、逃げる。

ナナフシは、力じまんでもある。
自分の体重の、40倍の重さのものを運ぶことができる。
みんなの体重が30キログラムだとしよう。
その40倍といば、1200キログラムだ。
1200キログラムといえば、自動車くらい。
自分が、自動車を持ち上げているところを想像してみて。
そう考えると、ナナフシって、すごいよね。
こんな力持ちのナナフシの体のつくりは、ロボットなどに応用されているんだよ。

さて、こんなナナフシの一種、ナナフシモドキが、長野県で大量発生しているらしい。

『昆虫ナナフシモドキ 安曇野や長野で大量発生』 信濃毎日新聞


暑いところが大好きなナナフシモドキ。
すずしい長野県では、めったに見ることができなかった。
それが、今年2017年の夏、大量発生したらしい。
安曇野市(あずみのし)や長野市では、ケヤキや大豆などにたくさんのナナフシモドキがむらがって、葉っぱなどを食べつくしてしまったんだって。

安曇野市の人によると、「カベなど、あらゆるところにいて、取ったらバケツがいっぱいになった。」とのこと。
ナナフシモドキの大きさは、5~10センチメートルくらい。
それが、バケツいっぱいって、いったい何匹くらいいたんだろう?

信州大学(しんしゅうだいがく)では、ナナフシモドキの研究を開始した。
ナナフシモドキはあたたかい地方に多く、本来長野県にいること自体がめずらしい生き物とのこと。
それが、ここ2年程、冬の気温が思った以上にさがらず、大量発生したものと思われる。

来年いこう、どうなるのか?
農作物などに、どんな影響をあたえるのか?
これから、こうした研究が進められている予定。
農作物への影響が、少ないといいね。


⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月08日 06:00  学び~理科

見た目は巨大なダンゴムシ~いったいどんな動物?

『巨大なダンゴムシ? 違います!アルマジロだよ』 朝日新聞

静岡県にある、伊豆アニマルキングダム。
ここでは、ちょっとかわった動物と、ふれあうことができるらしい。

その動物とは、アルマジロ。
みんな、アルマジロって、知ってる?

「アルマジロ」という名前は、スペイン語で「武装(ぶそう)したもの」という意味なんだ。
武装しているということは、戦うための道具をもっているということ。
いったい、何を持っているんだろう?

アルマジロを知らない子は、どんな動物か想像してみてね。



・・・


アルマジロが持っているのは、とてもかたいこうら。
このこうら、体の毛が変化してできたものなんだって。

そのかたさは、ハンパじゃない。
ピストルの弾もはじいてしまうくらい、かたい。

いざ、敵がおそってきたら・・・。

アルマジロは、そのかたいこうらの中に、顔や手足をひっこめて、身を守る。
まるで、カメみたいだよね。

アルマジロの中でも、マタコミツオビアルマジロとミツオビアルマジロの2種類のアルマジロは、それこそボールのように丸くなる。
このあたりは、カメとはちょっとちがうところだね。

アルマジロは、大きな種類のものだと75センチメートルから100センチメートルくらい。
小さな種類のものは、10センチメートルくらい。

普段は、夜に行動する夜行性。
昆虫やカタツムリ、ミミズ、ヘビなどをとって食べる。

アルマジロのとくちょうの一つは、睡眠時間、つまり寝る時間がとても長いこと。
1日に18時間も寝るんだって。
よくそんなに眠れるよね。

さて、そんなアルマジロ。
実は、とても人なつっこい動物でもある。
だから、ペットとしてかわれることも多いみたい。
伊豆アニマルキングダムのアルマジロたちも、記者さんのカメラをいじたり、ジーパンにつかまったりして、楽しく遊んでいたらしい。

夜行性で、しかも1日18時間も寝るんだから、動物園に行ってもなかなかお目にかかれないのでは。
ところが、そうでもないらしい。
お昼のあたたかい時間になると、たくさんのアルマジロが岩や木のかげからはい出してきて、いっしょに遊ぶことができるらしいよ。

伊豆アニマルキングダム、行ってみたいね。

写真は、ココノオビアルマジロ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月02日 06:00  学び~理科

キログラムの定義が変わる?~新しい決め方は、何を使うの?

前回は、重さの定義、つまり「1キログラムはこの重さだよ。」という決め事が変わるかもしれないというお話しだったよ。

『キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について』
http://rakuto-toyota.jp/e424478.html


今回は、その続き。
まずは、1キログラムの定義について、もう少し、くわしく見てみよう。

むかしむかし、1キログラムの定義は、水の重さで決まっていた。
1795年に決められたのは、温度が0度の水1リットルの重さを、1キログラムと決めていた。

ところが、水は、気圧、つまり周りの空気の力によって、重さが変わることがある。
このため、1キログラム=水1リットルとした場合、計る場所によって、重さがかわってしまうことになる。

そこで、1799年、水1リットルと同じ重さのプラチナのかたまりを作って、それを1キログラムとすることにした。
これが、キログラム原器のはじまりだ。

1889年、キログラム原器は、新しいものにおきかえられる。
新しい原器は、直径およそ39ミリ、高さおよそ39ミリの円柱形。
プラチナとイリジウムをまぜて作られている。
今も使われているこのキログラム原器は、フランスのパリにある国際度量衡局(こくさいどりょうこうきょく)で、大切に保管されているよ。

また、同じく1889年には、40個のキログラム原器を複製(ふくせい)。
1キログラムの標準とするために、世界中に配られた。

日本には、複製された原器のうち、6番と30番と39番の番号がつけられたものが届けられたよ。
39番のものは、韓国にゆずり、その後新しいものを購入したりして、今の日本には、4つのキログラム原器がある。
これらは、茨城県つくば市にある産業技術総合研究所(さんぎょうぎじゅつそうごうけんきゅうじょ)に、大切にしまわれている。

複製された原器は、およそ40年ごとに、フランスにある本物の原器と重さ比べをすることになっている。
重さが国によって変わっちゃうと、困るからね。
ちなみに、日本の原器は、本物の原器よりも、0.176ミリグラム重くなってしまっているらしいよ。

1キログラムの重さを決めてくれる、キログラム原器。
いろいろと問題があることもわかっている。
時がたつにつれて、原器にいろいろなものがくっついて、少しづつ重くなってきているんだって。

そこで、世界中の研究機関が、キログラムの新しい定義を作ろうと、いろいろと研究を進めてきた。
そして、5つの国の研究機関が、ついに新しい方法を発表したんだ。

『キログラム定義 130年ぶり変更も』 朝日新聞

今回、日本の研究機関が出した、新しい1キログラムの決め方は、こんな感じ。

まずは、シリコンで球を作る。
その球にふくまれるシリコンの原子の数が、決められた数になればOK。
1キログラムぴったりの、球の完成だ。

新しい決めたは、来年2018年に開かれる国際度量衡総会で話し合われる予定。
どんな決め方になるのか、注目だね。

写真は、今のキログラム原器。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ