愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科

もののしくみ研究室

2017年10月21日 06:00  学び~理科

あの昆虫が大量発生~いったいどうして?

『鹿児島で××××大量発生 街灯に照明にざわざわ群がる』 朝日新聞

今年2017年の10月。
鹿児島で、ある昆虫が大量に発生したらしいよ。

この昆虫、別名をいろいろと持っている。
クサムシ、へこき虫、ヘッピリ、クサンボなどなど。
とてもくさいにおいを出すので、こんな名前をつけられちゃったんだって。

いったい、どんな昆虫?
みんな、わかる?



・・・



答えは、カメムシ。
カメムシは、カメムシ科の昆虫を言い表す言葉。
アオクサカメムシやニシキキンカメムシ、クサギカメムシなどの昆虫を、まとめてカメムシと呼ぶ。
さなぎにはならない、不完全変態。

カメムシの特ちょうは、くさいにおい。
「あぶない!」と感じると、後ろ足のわきから、くさいにおいの液体をとびちらせる。

たくさんのカメムシが集まっている場所で、1匹のカメムシがくさいにおいを出すと・・・
いったい、どんなことがおこると思う?
他のカメムシは、どうするのかな?



・・・



答えは、みんないっせいに逃げ出す。
みんなが逃げ出すほどくさいのか・・・といえば、そうでもないみたい。
みんなが逃げ出すのは、くさいにおいが、あぶないことがおこりそうだという合図の役目をはたしているから。

「あぶないことがおこっている!」
そう感じたら、それは、みんな逃げ出すよね。

ただ、くさいにおいは、カメムシにとっても体によくないものらしい。
くさいにおいの液体をはなったカメムシを、においとともにビンに閉じ込めておくと、そのカメムシは死んでしまうこともあるらしい。
なんともおそろしい液体だ。

さて、この10月、鹿児島県のいろいろなところで、カメムシが大量に発生したらしい。
町の中にある街灯(がいとう)などの明かりに、ざわざわと群がっていたんだって。

なんで、こんなにたくさんのカメムシが、町にいるんだろう?
その原因は、9月17日から18日にかけて日本をおそった、あいつだ。

9月17日から18日にかけて。
日本にやってきたのは、何だったっけ?



・・・



答えは、台風18号。
長い歴史の中でも、日本の主な島である、九州・四国・本州・北海道の4つ全てに上陸したのは、この台風だけ。
ちょうど3連休の時にやってきたので、覚えている子もいるのでは。

今年、山の中では、スギやヒノキの実がたくさんみのっていた。
それをエサにしているカメムシたちも、大喜び。

ところが、台風18号のせいで、山の中があらされて、スギやヒノキの実を食べることができなくなった。
エサがなくなったカメムシたちは、おなかをすかせて、町に近い畑などにやってきた。
これが、カメムシが大量発生したしくみだ。

カメムシは、人間に悪さをすることはない。
しかし、畑に実っているナシやカキなどのしるをすって、ダメにしてしまう。

台風のせいで、カメムシが大量発生して、畑をあらしまわる。
なんとも、めいわくな話だね。

カメムシたちは、寒くなるといなくなる。
気温が15度を下回るようになると、少しずつ減っていくんだって。
そろそろ減り始めるころなのかな?

写真は、ハサミツノカメムシ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年10月13日 06:00  学び~理科

富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2)

今日は、昨日までの続き。

『富士山噴火~本当にそんなことがおこるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e422201.html
『富士山噴火~どんな被害が予想されるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e422202.html


---------------------------------

溶岩流や火砕流は、富士山の周りに住む人に、とてつもなくおそろしいもの。

富士山の周りには、静岡県と山梨県あわせて、およそ75万人の人がくらしている。
静岡県側で噴火が発生した場合、23万人以上の人が避難する事態になるかもしれない。


近くに住んでいる人たちにとって、もうひとつ気を付けなければいけないのが、融雪型火山泥流(ゆうせつがたかざんでいりゅう)だ。

噴火が雪の積もっている時期だった場合。
火砕流が発生したさいに、その熱で雪がとける。
とけた雪は、土砂となって、すごいスピードで、ふもとの街をおそう。

融雪型火山泥流が発生そうな場合、8万人の人が避難しなければならない。


ちょっと離れた場所の人も、気を付けなければいけないことがある。

噴石(ふんせき)といわれるものだ。

噴火と同時に、火山から飛び出した岩や石が、遠くまで飛んでいく。

大きな石は、4キロメートルくらい。
小さい石は、10キロメートル以上、飛んでいくらしい。

空からいきなり石が降ってくる。
これも、気を付けなければいけないね。


さて。

噴火によって引き起こされる事象をいろいろと紹介してきたけど、最後に紹介するものは、東京や千葉にも影響をあたえるらしい。

いったい、何だと思う?
みんなも、考えてみてね。


・・・


答えは、火山灰。

火山から吹き出た、灰だ。
これが、雪のように降り積もる。


神奈川県西部では、30センチメートル以上、積もると予想されている。

家の屋根に火山灰がたくさん積もって、そこに雨が降ると・・・

重くなりすぎて、家がこわれちゃうかもしれない。
こちらも、避難が必要だ。

神奈川県内では、40万人以上の人が、避難の対象となるんだって。


東京にも、火山灰が降り積もる。

1707年に噴火した時には、1センチメートルの火山灰が積もった。

この程度なら、家がつぶれる心配はなさそうだけど、火山灰はほかにもいろいろと悪さをする。

地面にも、空気中にも、たくさんの火山灰。
いったい、どんな悪さをするんだろう?
みんな、想像してみてね。


・・・


まずは、気軽に外に出られなくなる。

火山灰は、PM2.5などの化学物質とくらべると、健康に与える影響はずっと少ない。
とはいえ、たくさん吸い込むと、肺の病気になってしまうこともある。
むやみな外出は、ひかえるべきだよね。


火山灰は道路にもつもるので、車がうまく走れない。

特に、坂道などは、ずるずるすべって登れない。
視界が悪いので、事故が増えることも考えられる。
同じように、電車も動かなくなるかもしれない。


さらに、飛行機も飛べなくなる。
飛行機のエンジンにとって、火山灰は天敵なんだ。


こうなると、東京の都市としての機能は、停止状態。
たくさんの人の生活に、影響をあたえることになる。

東京に住む人だけではなく、日本中、時には世界中の人たちが、困ることになりそうだ。


ここ数回にわたって紹介してきた、富士山の噴火について。
こわいけど、いつ起こってもおかしくない。

噴火によって、何がひきおこされるのか。
おこったときに、どう行動すればいいのか。

それを知っておくことは、とても大切なことだね、。


写真は、内閣府発表の「富士山火山広域防災対策基本方針」(リンク)より。

火山灰の降り積もる場所。
東京も、すっぽりおおわれているね。
http://www.bousai.go.jp/kazan/fujisan/pdf/fuji_kihonhoshin.pdf





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年10月12日 06:00  学び~理科

富士山噴火~どんな被害が予想されるの?

今日は、昨日の続き。

『富士山噴火~本当にそんなことがおこるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e422201.html

--------------------------------------

30年に一回のペースで噴火していた富士山が、この300年間、一回も噴火していない。
そう考えると、いつ富士山が噴火してもおかしくないよね。

今日は、新しく作られた、富士山の噴火にそなえた避難計画についてみてみよう。

・・・

計画を作ったのは、富士山火山防災対策協議会(ふじさんかざんぼうさいたいさくきょうぎかい)。
山梨県や静岡県、神奈川県、国などからなる組織だよ。

計画の中には、いざ富士山が噴火した時に、どんな場所にどんな被害が予想されるのかが書かれている。
もちろん、避難の方法もね。


さて。

富士山みたいな大きな火山が噴火した時。
いったい、どんな被害が予想されるんだろう?

マグマが、街の方まで流れてきたりするんだろうか?
みんなも、予想してみて。


・・・


まずは、溶岩流(ようがんりゅう)。

火口からあふれだしたマグマが、流れてくる。
富士山が噴火してから、マグマが人が住む場所まで流れてくるまでにかかる時間は、たったの2時間。
すごい速さだ。

富士山の周りに住んでいる人は、要注意。
噴火の規模にもよるけれど、予想される最も大きい噴火の場合、23万8千人の人が、逃げなければならない。

これだけたくさんの人が、たったの2時間で逃げ出すのは、ちょっと難しい。

噴火って、事前に予想できないのかな?
みんな、どう思う?

何をチェックしていれば、事前に噴火が予想できるんだろう?


・・・


現在は、地下のマグマの様子を、常に観測している。

マグマが、地下10キロくらいの場所までぐぐっと上がってくれば、「もうすぐ噴火するかもしれない」と予想できるんだって。

ただし、深さ10キロの場所からマグマが一気に上に上が
ってくると、予想できてからたったの数時間で噴火することも考えられるらしい。

予想された時点で、すぐに避難できるように、常日頃から準備しておかないといけないね。


次に、火砕流(かさいりゅう)。

マグマみたいにどろどろではないけれど、ちんちかちんに熱くなった岩や火山灰が、どしゃくずれのようにずり落ちてくる。
山頂から10キロメートルくらいの場所まで、流れてくるんだって。

マグマもこわいけど、こちらも相当こわい。
時には、時速100キロメートルをこえるスピードで、流れてくる。

1991年に、長崎県で雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)が噴火した際には、43人の人が火砕流にのみこまれて、死んでしまった。


溶岩流に火砕流。
直接これらの影響を受けるのは、富士山の周りに住んでいる人だけだ。

しかし、周りに住む人だけではなく、遠くの場所にまで影響をあたえるものもある。

いったい、どんな被害があるんだろう?
みんな、予想してみてね。

長くなったので、続きは次回。

-----------------------------------------
写真は、2014年9月27日、御嶽山が噴火した直後の様子。インターネットより借用しました。
火山、こわいよね。
登山には、常に危険が伴うということを、改めて考えさせられた。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年10月11日 06:00  学び~理科

富士山噴火~本当にそんなことがおこるの?

『富士山噴火 襲う火山灰』 朝日新聞

富士山が噴火(ふんか)する?
本当に、そんなことがおこるのかな?
もしも富士山が噴火したら、いったい日本はどうなるんだろう?

ということで、今回から3回にわけて、3年前の記事で、富士山の噴火について、おさらいしておこう。


-------------------------------------------


ニュースがわかる!富士山が噴火したらどんな被害が出るの 朝日新聞


しばらく前に、「夏のない年」について、紹介したよ。
世界中で火山が噴火して、たくさんの異常気象が発生した年だ。

「夏のない年!?」
http://rakuto-toyota.jp/e260705.html
「夏のない年!?~その2」
http://rakuto-toyota.jp/e260820.html


世界には、とんでもない大きな火山があるんだね。

日本では、鹿児島県の桜島が有名だけど、夏のない年を引き起こすような、大きな火山はないよね。

・・・と思ったら。

ひとつ、とんでもない大きな火山があった。

この山が噴火すると、東京にもいろいろな影響がおよび、日本はとんでもないことになるらしい。

その山の名は・・・
そう、富士山だ。


しばらく前のこと、富士山の噴火に備えて、避難計画(ひなんけいかく)が作られたんだ。

いつも、ゆったりとかまえているあの富士山が、噴火することなんてあるのかな?


そこで、問題。

この3200年間に、富士山が噴火した回数は、何回でしょう?
あてずっぽうでよいので、予想してみてね。


・・・


答えは、100回。
およそ30年に一度は、噴火している計算になる。


ところが。

一番最近富士山が噴火したのは、今から300年以上も前のこと。
この300年、噴火していないんだ。

30年に一度は噴火していた富士山が、300年も噴火していない。
ということは、次の噴火がいつあってもおかしくないということだ。


もしも富士山が噴火したら・・・

いったい、何が起こるんだろう?
避難する必要があるのかな?
さっそく避難計画を見てみよう・・・

と、その前に。
まずは、富士山の歴史をふりかえってみよう。


・・・


日本一高い山、富士山。
その高さは・・・
みんな、知ってる?
知らない子は、予想してみて。


・・・


富士山の高さは、3776メートル。
大きいよね。


今から20万年以上前。
富士山は、まだない時代。

今の富士山の場所には、小御岳火山(こみたけかざん)という山があった。
その高さは、およそ2400メートル。

近くには、愛鷹火山(あしたかかざん)と箱根火山(はこねかざん)あり、3つの火山が競うように噴火を繰り返していた。


10万年くらい前。

小御岳火山が、かっぱつに噴火を繰り返し、大きな山ができ始めた。
古富士火山(こふじかざん)と呼ばれる山だ。

小御岳火山をすっぽりとおおう形でできあがった古富士火山。
その高さは、およそ2700メートル。


1万年くらい前。

古富士火山は活発な活動を繰り返し、いよいよ今の富士山が登場する。
新しい富士山は、古富士火山をおおうように成長しはじめる。


そして、5000年くらい前のこと。

富士山の高さは、3776メートルに達し、今の富士山の姿となった。


・・・と、まあ、富士山の歴史は、大噴火の歴史でもあるわけだ。

ちょっと長くなったので、今日はここまで。
次回は、新しく作られた、避難計画を見てみよう。
今、富士山が噴火すると、いったいどんなことが起こるのだろう?


写真は、富士山。ウィキペディアより。
世界に誇る、日本の名山だね。
右側にちょこっと飛び出ているのは、小御岳火山のなごりだよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年10月06日 06:00  学び~理科

2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの?

『重力は観測 ノーベル賞』 朝日新聞

今年2017年10月3日、ノーベル物理学賞の受賞者が発表されたよ。
受賞したのは、アメリカのマサチューセッツ工科大学のレイナー・ワイスさんと、カリフォルニア工科大学のバリー・バリッシュさんとキップ・ソーンさんの3人。
受賞した理由は、2015年9月に、重力波(じゅうりょくは)と呼ばれるものを観測(かんそく)したこと。

重力の波と書いて、重力波。
いったい、なにものなんだろう?

ここからは、去年の記事で、復習しよう。
前回は、アインシュタインの相対性理論について紹介したよ。

『2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について』
http://rakuto-toyota.jp/e421649.html


今回は、メインテーマである重力波について。

-------------------------------------------------------------

光のスピードで走ると体がちぢまっちゃったり、重たいものの横では空間がぐにゃっとまがったり。
よくわからないけど、面白そうな相対性理論。
そんな相対性理論をあみだしたアインシュタインが、100年前に「これ、あるはずだよ!」と予言したものがある。

予言はしたけど、じっさいにそれを見ることがむずかしい。
この100年間、それを見た人はだれもいなかった。
それは、重力波(じゅうりょくは)と呼ばれるもの。

『重力波 未知の窓開く』 朝日新聞

世界中の物理学者たちが、みたくてみたくてしようがなかった重力波。
いろいろな国のチームが、きそうように研究を続けてきた。
そしてついに、アメリカのチームが、重力波を見ることに成功したんだ。

ところで、重力波って、なにものなの?



・・・



今から100年前、1916年のこと。
天才アインシュタインは、「ぼくの理論が正しければ、こういうものがあるはずだよ!」と予言した。
重力波と呼ばれるものだ。

相対性理論によれば、重たいものがあると、時空(じくう)、つまり空間や時間がゆがむ。
そのゆがみが、波になって遠くまで伝わっていく。
それが、重力波だ。

池に、石をほうりこんだところを想像してみて。
まず、石のおちた場所の水がゆがんで、そこからまわりに波がひろがっていくよね。
これと同じことが、時空でもおこっているはず。
アインシュタインは、そう考えたんだ。


重力波は、重さのあるものがスピードを出して動くときに発生する。

たとえば、うでをブンと振ってみる。
うでには重さがあるので、そこでは時空にゆがみが発生する。
そのゆがみは、波のように、まわりに伝わっていく。
しかし、重力波は、とても弱い波なんだ。
だから、うでを振ったくらいでは、ほとんど波がおきていないと同じこと。

重力波をとらえようと思ったら、もっともっとめちゃくちゃ重たいものが、大きく動いた時に発生したものをとらえるしかない。
そこで、アメリカの研究チームLIGO(ライゴ)が注目したのは、ブラックホールだ。

地球からおよそ13億光年はなれた場所で、ふたつのブラックホールが合体した。
ブラックホールの重さは、はんぱではない。
めちゃくちゃ重い。
それがふたつ、どんとぶつかった。
その時には、とても大きな重力波が起こっているはずだ。

ただし、その波も、地球に届くころには、すっかり弱くなっている。
それを、目に見えるかたちでとらえるのは、やはり至難の業(しなんのわざ)だ。

そこでLIGOが用意したのは、2本のパイプ。
その長さは、それぞれ4キロメートルで、パイプのはしには、かがみがついている。

そのパイプの中を、光を通す。
光は、かがみで反射して、もどってくる。

それぞれのパイプで、もどってくるまでの時間を図る。
どちらかのパイプで、重力波による時空のゆがみが発生していれば、光のもどってくる時間に差ができる。
そんな実験をとおして、LIGOは重力波をとらえたんだ。

世界中の研究チームがいどんでいた重力波。
まずは、アメリカのチームが、その姿をとらえた。

次の競争は、宇宙が生まれた時に発生した重力波をとらえること。
それをとらえることができれば、今までわからなかった宇宙誕生のナゾにせまることができるはず。

日本でも、KAGRA(かぐら)という観測装置が、もうすぐ完成予定。
日本のチームにも、がんばってほしいね。

写真は、KAGRA公式ページ(リンク)より。
世界中の研究チームが、時には競い合いながら、時には協力し合いながら研究を進めているよ。
http://gwcenter.icrr.u-tokyo.ac.jp/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年10月05日 06:00  学び~理科

2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について

『重力は観測 ノーベル賞』 朝日新聞

今年2017年10月3日、ノーベル物理学賞の受賞者が発表されたよ。
受賞したのは、アメリカのマサチューセッツ工科大学のレイナー・ワイスさんと、カリフォルニア工科大学のバリー・バリッシュさんとキップ・ソーンさんの3人。
受賞した理由は、2015年9月に、重力波(じゅうりょくは)と呼ばれるものを観測(かんそく)したこと。

重力の波と書いて、重力波。
いったい、なにものなんだろう?

ここからは、去年の記事で、復習しよう。
まずは、第一弾、アインシュタインの相対性理論について。


-------------------------------------------------------------

みんな、アインシュタインって知ってるよね。
世界的に有名な、物理学者だよ。
相対性理論(そうたいせいりろん)と呼ばれるものを考え出したんだ。

相対性理論というと、とても難しい感じがするけど、その通り、とても難しい。
でも、この相対性理論によってわかったことは、けっこう面白い。
今日は、その一部を、かんたんに紹介するね。


まずは、「光より速いものはない」ということ。

相対性理論によると、スピードがあがると、そのものは重くなるんだって。
つまり、走っているものは、止まっている時よりも重いということ。
そして、スピードをあげるたびに、どんどん重くなる。

光のスピードに近づこうと思ったら・・・重すぎて、とてもじゃないけどそんなスピードで走れない。
だから、人間には、光よりも速いものを作ることができない。

この理論によれば、みんなも、立っている時よりも走っている時の方が、体重が重いはず。
でも、ほんのほんのほんのちょっとのことなので、測ることはできないよ。


次に、「スピードを出して動いているものは、長さがちぢんで見える」ということ。

たとえば、みんなの目の前を、車が走り抜けたとしよう。
みんなが見ている「走っている車」は、「止まっている車」よりも、ちぢんで見えているはずだ。
だけど、ちぢむ長さは、ほんのほんのほんのちょっとなので、目でたしかめることはできないんだ。

これは、人間も一緒。
止まって立っている時よりも、走っている時のほうが、ちぢんで見える。
すごいスピードで走ると、スマートに見えるってことだね。
太り気味でそれが気になっている子は、すごいスピードで走ってみよう。
光に近いスピードになれば、けっこうスマートに見えるはず・・・って、そんなことできるわけがないよね。


次は、「重いものの周りでは、時間の流れがゆっくりになる」ということ。

宇宙にあるブラックホール。
大きさは小さい(小さいというよりも、ほぼ無いにひとしい)けれど、その重さははんぱではない。
ブラックホールのようにとても重たいものがよこにあると、そこでは時間がゆっくり流れる。

ぎゃくに言うと、重たいものから遠い場所では、時間は早く流れるということになる。
高い高い空の上。
地球の周りをくるくる回っている、人工衛星(じんこうえいせい)。
みんなのいる地上よりも、重たい地球からはなれている。
人工衛星では、地上にくらべて、時間が早く流れてしまう。
だから、ちょくちょく時計の時間を、地上の時間に合わせているんだ。

みんなも、横に重たいものを置いてみよう。
すると、時間がゆっくりになるはずだ。
でも、ゆっくりになるのは、ほんのほんのほんのちょっとのことなので、それを感じ取ることはできないよ。


さいごに、「重たいものがあると、空間がゆがむ」ということ。

ブラックホールのように、とてつもなく重たいものがあると、その周りの空間は、ぐにゃっとゆがむ。
空間がゆがむので、そこを通り抜けようとするものもゆがんでしまう。

もしも、みんながブラックホールの横を走り抜けようとすると・・・
みんなの体は、ぐにゃってゆがんじゃう。
光でさえも、ゆがんじゃう。


むずかしいけど、なんか面白そうな相対性理論。
そんな相対性理論をあみだしたアインシュタインが、100年前に「これ、あるはずだよ!」と予言したものがある。

予言はしたけど、じっさいにそれを見ることがむずかしい。
この100年間、それを見た人はだれもいなかった。

そして、ついに。
この2月、アメリカの研究チームが、それを見ることに、成功したらしい。

『重力波 未知の窓開く』 朝日新聞

重力波(じゅうりょくは)だって。
いったい、何もの?
まずは、名まえから、想像してみてね。
続きは、次回。

写真は、ウィキペディアより。
重たい地球が周りの空間をゆがめている。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年10月04日 06:00  学び~理科

豊橋のミーアキャット~13匹の大家族に

『ミーアキャット13匹で仲良く』 朝日新聞

みんな、ミーアキャットって、知ってる?
マングース科スリカータ属の動物で、マングースの仲間。
アフリカなどのサバンナに住んでいるよ。

大きさは、25~30センチメートルくらい。
体重は、600グラム~1キログラム。

穴の中に住んでいて、朝になると穴から出てくる。
出てきて最初にするのは、日光浴。
しっぽをうまく使って、ひょこっと立ったようにすわって、おなかをあたためる。

この立ち座りしたすがたがとてもかわいいということで、とても人気があるんだよ。

日光浴で体があたたまったら、エサをさがしにおでかけする。
エサは、木のみやくだものから、昆虫、トカゲ、鳥など、なんでも食べる。
サソリやヘビ、クモなど、毒をもった危険なやつも食べる。
かわいいすがたに反して、性格はとてもどうなんだ。
「サバンナのギャング」とよれることもあるくらい。

ミーアキャットは、みんなで群れ(むれ)をつくって、くらしている。
群れには、リーダーとなるオスとメスがいて、その2匹が子供を作る。

他のメンバーは、サポート役。
おちちをあげたりして、赤ちゃんの世話をする。

子供たちが大きくなってくると、教育係のメンバーが、エサのとり方などを教えこむ。
サソリなどの危険なやつを、上手に捕まえて食べることができるように、しっかりと教育するんだ。

さて、この2017年8月。
愛知県豊橋市にある豊橋総合動植物公園で、2匹のミーアキャットの赤ちゃんが生まれたよ。
そして、この9月、その赤ちゃんが公開された。

この動物園では、5月にも4匹の赤ちゃんが生まれていて、大人もあわせると全部で13匹の大家族になったんだって。
ぜひ、一度、行ってみたいね。
かわいい立ち座りが、見られるかも。


写真は、ミーアキャット。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月30日 06:00  学び~理科

宇宙のごみをそうじしよう~いったいどんな方法?

『スペース・スイーパーズは宇宙の掃除人』 CNN

シンガポールにあるアストロスケールという会社が、「スペース・スイーパーズ」と呼ばれるプロのチームを作ったんだって。
目標は、宇宙をそうじすること。

宇宙にはたくさんのゴミがあって、それで困ることも少なくないらしい。
「スペース・スイーパーズ」は、東京で宇宙ごみをそうじするための研究を進めている。

宇宙にあるごみって、いったいどんなゴミ?
それを取り除く方法って、どんな方法があるんだろう?

みんな、想像できる?



・・・



宇宙のごみは、ずっと前から問題になっている。
そして、ごみをそうじするための技術も、年々進化している。

前回と前々回は、それぞれ4年前、5年前の記事を振り返ってみた。

『宇宙ゴミをつかまえろ!? (再掲) 』
http://rakuto-toyota.jp/e420972.html
『宇宙ごみ掃除承ります!(再掲)』
http://rakuto-toyota.jp/e420852.html


5年前は、ロボットを使って、ひとつひとつごみをつかまえるという方法が考えられていた。
4年前の記事では、銛(もり)を使って、ごみを集める方法が考えられていた。

そして、今年2017年、アストロスケールという会社が「スペース・スイーパーズ」というチームを作って、ごみを集めようとしている。
ここで使われるのは、ロボットでもなく、銛でもない。
もっとらくちんに、しかもたくさんごみを集められる方法だ。

使われているのは、みんなにもおなじみのものだよ。
いったい、何を使っていると思う?

ヒントは・・・

宇宙のごみの多くは、金属でできている。
金属のものをいっきにたくさん集めようと思ったら、みんなは何を用意する?
理科の実験などでおなじみの、あれを使うとらくちんかも・・・。



・・・



答えは、磁石(じしゃく)。

なるほど、金属のごみならば、磁石でかんたんに引きよせられるよね。
これは、ナイスアイデア。

宇宙のごみは、大きなものはトラックくらい。
小さなものは、1円玉よりも小さい。

小さなごみでも、飛んでいるスピードは、とても速い。
だから、人工衛星(じんこうえいせい)などが、これとぶつかると、大変なことになる。

1センチメートルくらいのごみがぶつかると、手りゅう弾(しゅりゅうだん)が爆発したのと、同じくらいのエネルギーが発生するんだって。
そんなものがぶつかったら、人工衛星もこわれてしまう。

ロボットや銛を使う方法だと、大きなごみをとらえることはできると思うけど、1円玉ほどの小さなごみをつかまえるのは、なかなか簡単ではなさそう。
それに比べて、磁石を使う方法ならば、小さなごみも、どんどん集められそうだよね。

2019年10月には、最初のデモンストレーションを予定しているこの方法。
ぜひ成功して、宇宙をきれいにしてほしいよね。

写真は、磁石で遊ぶRAKUTOっ子たち。くっつけすぎでしょ(^^;




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月29日 06:00  学び~理科

宇宙ゴミをつかまえろ!? (再掲)

『スペース・スイーパーズは宇宙の掃除人』 CNN

シンガポールにあるアストロスケールという会社が、「スペース・スイーパーズ」と呼ばれるプロのチームを作ったんだって。
目標は、宇宙をそうじすること。

宇宙にはたくさんのゴミがあって、それで困ることも少なくないらしい。
「スペース・スイーパーズ」は、東京で宇宙ごみをそうじするための研究を進めている。

宇宙にあるごみって、いったいどんなゴミ?
それを取り除く方法って、どんな方法があるんだろう?

みんな、想像できる?



・・・



宇宙のごみは、ずっと前から問題になっている。
そして、ごみをそうじするための技術も、年々進化している。

前回は、5年前の記事を振り返ってみた。

『宇宙ごみ掃除承ります!(再掲)』
http://rakuto-toyota.jp/e420852.html

ここでは、ロボットを使って、ひとつひとつごみをつかまえるという方法がとられていた。
今回は、4年前の記事から。
4年前に考えられていた、宇宙ごみをとりのぞく方法。
いったい、どんな方法なんだろう?

-------------------------------------------------
宇宙ごみ対策に新構想 銛を打ち込み牽引、大気圏で燃やす CNN

宇宙ゴミ対策だって!
銛(もり)って、魚をとる時に使うやつだよね。
もりを使って、どうやって宇宙ゴミを片付けるんだろう?

・・・


ところで、宇宙ゴミって、聞いたことある?

ブログでも、何回かとりあげているんだけど、地球の回りは、ゴミがいっぱい。

「宇宙のゴミがぶつかりそう!?」
http://rakuto-toyota.jp/e267486.html
「宇宙ごみ掃除承ります!」
http://rakuto-toyota.jp/e420852.html
「地球の周りはゴミだらけ」
http://rakuto-toyota.jp/e274966.html


ゴミがいっぱいといわれても・・・

地球の上ならば、ぎょうぎの悪い人が、公園にゴミを散らかしたりするかもしれないけど。

宇宙だもんね。

宇宙のゴミって、いったい何者なんだろう?
いったい、どんなゴミがあると思う?


・・・


宇宙ゴミには、たとえばこんなものがある。

古くなって動かなくなった人工衛星。
事故などで使えなくなってしまった人工衛星。
衛星を打ち上げるのに使った、ロケット。
衛星やロケットの部品や、破片。
宇宙飛行士が落としてしまった、工具。
いろいろ、あるね。

こうした宇宙ゴミは、信じられないくらいたくさんある。
10cmを超えるもの、2万個以上。
10cm以下だと、数千万個。
ものすごい数でしょ?

これだけのゴミがあると、いつの日か、まだ宇宙でかつやくしている人工衛星や、宇宙ステーションにぶつかることがあるかもしれない。

小さな部品が多いけど、スピードが速い。
秒速7~8キロメートルで回ってる。
1秒間に、7キロメートル以上進んじゃう。
ぴゅーんって感じ。
ものすごく速い。

もしも、このスピードで1円玉がぶつかってくると、バイクが時速60kmでぶつかったくらいのしょうげきがあるらしい。
いくら小さな部品でも、これはこわい!
大切な人工衛星や宇宙ステーションが、こわれてしまう。


そこで、世界中のたくさんの学者の人が、ゴミを減らすための研究をしている。

今回のニュースの主役は、フランスのアストリアムという会社。


アストリアム社が、ゴミを減らすために考えた作戦とは・・・

無人の宇宙船で、ゴミを追いかける。
ゴミに近づいたら、もりを発射して、ゴミを捕まえる。
捕まえたゴミを、地球の大気圏まで引っ張り込んで、燃やしてしまう。

う~ん、なんかすごい作戦だ。

うまくいけば、1回の作戦で、10個くらいのゴミを燃やすことができるらしい。

宇宙ゴミは、今でも増え続けているけれど、1年間に5~10個くらいを片付けることができれば、ゴミが大きく増えることはないらしい。

なるほど、これは期待できるね。


この作戦、現在、イギリスで実験中。

人間たちが汚してしまった、宇宙空間。
人間の手で、しっかりとお片付けしたい。

がんばって、作戦を成功させてほしいね。


写真は、この計画のイメージ図。
欧州宇宙機関(ESA)サイトより。
http://www.esa.int/Our_Activities/Operations/Space_Debris/Global_experts_agree_action_needed_on_space_debris





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月28日 06:00  学び~理科

宇宙ごみ掃除承ります!(再掲)

『スペース・スイーパーズは宇宙の掃除人』 CNN

シンガポールにあるアストロスケールという会社が、「スペース・スイーパーズ」と呼ばれるプロのチームを作ったんだって。
目標は、宇宙をそうじすること。

宇宙にはたくさんのゴミがあって、それで困ることも少なくないらしい。
「スペース・スイーパーズ」は、東京で宇宙ごみをそうじするための研究を進めている。

宇宙にあるごみって、いったいどんなゴミ?
それを取り除く方法って、どんな方法があるんだろう?

みんな、想像できる?



・・・



宇宙のごみは、ずっと前から問題になっている。
まずは、5年前の記事で、宇宙ごみと、その当時考えられていたそうじの方法について、もう一度。

-------------------------------------------------

宇宙ごみ掃除承ります【「宇宙ごみ」清掃計画】スイス大、3~5年後に


以前、地球の周りには、ゴミがいっぱいあるよという記事をかきました。

「地球の周りはゴミだらけ」
http://rakuto-toyota.jp/e274966.html


そう、地球の周りはゴミがいっぱい。
衛星からはがれた塗料の破片などが、いっぱいある。
10cmを超えるもの、2万個以上。
10cm以下だと、数千万個。

長い間、人は宇宙が汚れることに無関心だったみたい。
1963年には、アメリカの大学では、こんな実験を行った。

目的は、長い距離で通信。
これをやろうとするとしっかりしたアンテナが必要なんだけど、そのかわりにちょっとした小物を用意して、宇宙空間に飛ばしちゃった。

何だと思う?


答えは、針。
長さ2センチメートル。
これを、なんと4億8千万個も宇宙空間に放り出した。
今でも、たくさんの針が、地球の周りを回っているんだ。
困ったもんだよね。


最近、こうしたゴミが人工衛星にぶつかる事故が何件か起きている。

1981年 ロシアの衛星コスモス1275号
1996年 フランスの衛星スリーズ
2006年 ロシアの衛星エクスプレス


これは、いよいよ掃除が必要だ!
ということで、ついにスイスの大学が動き出しました。

「宇宙ごみ」清掃計画!

開発するのは、宇宙ゴミをつかむための腕のついたロボット。
これを宇宙に飛ばして、ゴミ拾いをするんだって。
ゴミ拾いが終わったら、地球の大気圏に突入して、ロボットもゴミも一緒に燃やしちゃう。
8億5千万円ものお金をかけて、これから開発するよ。

目標は、3~5年後。
うまくいって、宇宙がきれいになるといいね!


写真は、高さ2000キロメートル上空のゴミの分布。
ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ