愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

RAKUTOの新年度は2月からはじまります。

2017年04月29日 06:00  学び~理科

人工衛星GCOM-CとSLATS~それぞれ名前募集中!

日本の宇宙航空研究開発機構(うちゅうかいはつけんきゅうきこう:JAXA)が、今年2017に打ち上げ予定の、ふたつの人工衛星(じんこうえいせい)の名前を募集してるよ。

一つ目は、GCOM-Cという衛星。

大気や海、雲、そして生き物。
いろいろなものが、地球の気候に大きくかかわっている。
そして、それらが、気候にどんなかかわりを持っているのか、その研究はどんどん進んでいる。

そんな中、いまひとつよくわかっていないことがふたつある。


ひとつは、空気の中のちりやほこりが気候にもたらす影響。

空気中のちりやほこりは、少なからず日光をさえぎっていると考えられる。
これらによって、どれくらいの量の日光がさえぎられているのか、よくわかっていない。
これをしっかりと調べることができれば、地球の気温がどうなるのか、予測がしやすくなるはずだ。

そして、もうひとつが、生物による二酸化炭素(にさんかたんそ:CO2)の吸収能力(きゅうしゅうのうりょく)。

植物の光合成をはじめ、一部の生物は、空気中の二酸化炭素をとりこんで、別の形にかえることができる。
その量をしっかりと調べることができれば、地球温暖化がどうなっていくのか、より正確に予想できる。


GCOM-Cの主なミッションは、よくわかっていないこの2つのことを、解明することだ。


もうひとつの衛星は、SLATS。

こちらは、低い場所で、地球の周りをまわる実験を行う。

ふつう、人工衛星が飛んでいる高さは、地表から600~800キロメートルくらいの場所。
それに対して、SLATSが目指すのは、高さ180~300キロメートルの低いところ。

低い場所は、大気がこい。
大気がこいと、衛星本体が大気にぐいぐいおされるため、気が付くと高さがおちてくる。
高さをもとに戻すためには、エンジンをふかして、衛星を持ち上げなければいけない。

ところが、そうたびたびエンジンをふかしていては、すぐに燃料がなくなってしまう。
燃料がなくなった衛星は、使い物にならない。
だから、低い場所で衛星をまわらせるのは、とても難しい。

SLATSには、新しく開発されたイオンエンジンが積まれている。
このエンジンを使えば、燃料は今までの10分の1で済む。

このエンジンを使って、うまく宇宙の低い場所を回り続けることができるか?
それを実験するのが、SLATSのミッションだ。


さて、JAXAでは、このふたつの名前を募集中。
インターネットを使って、だれでも応募できるよ。

名前は、カタカタもしくはひらがな。
それぞれの衛星や、衛星のミッションをイメージできること。
すでにある名前(リンク先を見てね)は、使わない。

さて、いったい、どんな名前がいいだろう?
みんなも、考えてみて。

最優秀に選ばれた人は、ロケットを発射する場所に、ご招待してくれるんだって。
ぜひ、行ってみたいね。

応募は、こちらから。
http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/9816.html

写真は、地球の大気。ウィキペディアより。
田かさ00キロメートル以下が、地球の大気圏といわれている。
ちなみに、宇宙と地球上を区別するのが、高さ100キロメートルにある、カーマン・ライン。
カーマン・ラインよりも上が、宇宙ということになる。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月28日 06:00  学び~国語

国会で論戦~「そもそも」って、どんな意味?

国語ネタが少ない、このブログ。
たまには、国語ネタを。
舞台は、国会だ。

『首相答弁の「そもそも」、意味はそもそも? 国会で論戦』 朝日新聞

今、国会では、ある大切な法案、つまり法律の案が話し合われている。
どんなことが話し合われているかをかんたんに言うと、「どんなことをすると犯罪(はんざい)とみなされて、警察に逮捕(たいほ)されちゃうかどうか」ということ。

犯罪とは、その行いによって、だれかに悪い影響をあたえてしまうこと。
たとえば、人のお金をぬすんだり、人を傷つけてしまえば、それは犯罪だ。
犯罪をしてしまった人は、もちろん、警察に逮捕される。


今の日本では、じっさいに悪い影響をあたえなかった場合でも、犯罪とみなされることがある。

犯罪をしようとしたけど、うまくいかなかった。
こうした場合は、未遂罪(みすいざい)という罪をあたえられる。

犯罪をするために、いろいろな道具を買いそろえた。でも、じっさいに犯罪を行うことはできなかった。
こんな場合は、予備罪(よびざい)だ。

今回、国会で話し合われているのは、上のふたつの罪に、もうひとつ「共謀罪(きょうぼうざい)」というものを追加しようというもの。

犯罪にはまったくかかわっていないんだけど、犯罪を起こしてしまった人と、何らかの話し合いなどをしていた場合、共謀罪として逮捕される。


みんなが、だれかとこんな話をした場面を想像してみて。

「あの先生、こわいからきらい。」
「こんど、いたずらしちゃおうか?」
「いいね、それ。」

じっさいにいたずらをした子がおこられるのは当然だ。
もし学校のルールとして共謀罪というものがあったとしたら、こうした会話をしたみんなも、「あんな話をしたお前も悪い。」といわれ、いっしょにおこられることになる。

そして、「あの子も、こんなこと言ってたよ。」、「そいういえば、あの子も・・・。」と、悪口の言い合いになりかねない。

もしも日本で共謀罪をみとめてしまえば、こんな言い合いが、日本中で起こるかもしれない。
だから、反対している人が多い。
反対している人が多いから、国会でもいろいろな話し合いが行われている。


今年2017年4月19日、国会で安倍首相は、こんな意味のことを言った。

「今回の法案があてはめられるのは、そもそも犯罪を犯すことを目的としている集団でなければならない。」

それに対して、ある議員さんが、こんな意味のことを言った。
「そもそもということは、オウム真理教(オウムしんりきょう)はそもそもの目的が宗教だから共謀罪にはならないのか。」。

むかし、オウム真理教という、ある宗教を信じる人たちの集団がいた。
オウム真理教の人たちは、1995年に東京の地下鉄で、サリンという毒薬(どくやく)をばらまき、たくさんの人を死なせてしまった。


ここで、問題になったのが、「そもそも」の意味。

みんな、「そもそも」って言葉、使ったことがある?

「学校は、そもそも勉強する場所なんだぞ。」
「ぼくは、そもそも本を読むのがきらいだ。」
「うちには、そもそもゲーム機がない。」

「そもそも」って、どういう意味?



・・・

記者さんが、辞書で「そもそも」を調べると、「元来(がんらい:もともとはの意味)」、「最初から」、「はじめ」などと書かれていたとのこと。

これを安倍首相の言葉にあてはめてみると、「もともと犯罪を犯すことを目的にしている集団」でなければ、共謀罪はあたえられないということになる。

そして、議員さんも、「そんなオウム真理教は、もともとは宗教を目的とした団体だから、罪に問われないのか?」という意味の質問をしたんだね。

あんな悪いことをしたオウム真理教が共謀罪にとわれないのは、おかしい。
議員さんの言いたいことは、そういうことだ。

この議員さんに対して、安倍首相は、「「そもそも」には、「基本的な」という意味もある。オウム真理教は、基本的に犯罪を目的とした団体なので、共謀罪があてはまる。」という意味の回答をしたんだって。

「そもそも」に「基本的な」という意味があるって、本当かな?

こちらのWeblio類語辞書という辞書を見ると、「基本的に」という意味はありそうだ。
http://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%81%9D%E3%82%82%E3%81%9D%E3%82%82

・・・ということは、安倍首相の言い分が正しいのかな?
みんなは、どう思う?

写真は、地下鉄サリン事件の舞台となった、霞ヶ関駅(かすみがせきえき)。ウィキペディアより。
オウム真理教によるこの事件は、毒薬を使ったテロとしては、世界ではじめてのものだった。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月27日 06:00  学び~理科

ただいま名前投票受付中~サーバルってどんな動物?

『「サーバル」公開 名前決めてね』 朝日新聞

わがはいは、サーバルである。
名前は、まだない。
・・・ということで、愛知県にある豊橋総合動植物園のサーバルちゃんが、名前を決めてほしいらしい。

今年2017年4月18日から公開されたサーバルちゃん。
ただいま、名前を決めるための投票を受付中。

ところで、サーバルって、どんな動物なんだっけ?
せっかくなので、調べてみよう。

・・・
サーバルは、食肉目ネコ科の動物。
ネコはもちろん、トラやライオンと同じ仲間だ。

大きさは、60~100センチメートル。
体重は、9~18キログラムくらい。
トラやライオンほど大きくはないけど、かなり大きなネコといったところ。

住んでいるのは、アフリカのサバンナや草原、森の中など。
肉食なので、鳥などを好んで食べる。

特ちょうは、耳。
ネコ科の動物たちは、みんな耳がいいけど、サーバルの耳は、特にすごい。
大きさも、顔のわりには、そうとう大きい。
その大きな耳で、獲物を探し出し、狩りをする。

狩りの時の必殺わざは、スーパージャンプ。
高さ2メートル、飛ぶ距離は4メートル。
すごいジャンプ力で、えものにおそいかかる。

サーバルのもうひとつの特ちょうは、美しい毛皮。
この美しい毛皮をもとめて、たくさんのサーバルが人間の手によって殺されている。
そのせいもあって、サーバルの数は、年々減っているんだって。

さて、こんなサーバルが、この4月18日から、豊橋総合動植物園にて公開中。
昨年の11月に生まれたばかりの、子どもでメスのサーバルちゃんだ。

豊橋総合動植物園では、このサーバルちゃんに名前をつけようと、ただいま投票を受付中。
候補は、こんな感じ。
それぞれアフリカの言葉で、()内は、日本語に直したもの。

1:ステル(星)
2:ケルス(桜)
3:レンテ(春)
4:フュール(火)
5:プラフタフ(美しい)

どの名前がサーバルちゃんにふさわしいかな?
みんな、考えてみてね。
ちなみに、投票は、豊橋総合動植物園内で、5月7日まで。
近くに住んでいる子は、ぜひサーバルちゃんに会いに行こう。

写真は、サーバル。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月26日 15:30  説明会/体験授業もののしくみ研究室

もののしくみ研究室~体験レッスンの日程について(2017年5月)

---------------------------------------------
※こちらは、「もののしくみ研究室」の体験レッスンのご案内です。RAKUTO豊田校のコースの体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「RAKUTO豊田校~体験授業および説明会のご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html
---------------------------------------------



2017年5月の体験レッスンの日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


「もののしくみ研究室」の体験レッスンでは、パソコンとブロックを使い、簡単なプログラミング作業を体験していただきます。

対象は、小学4年生~中学生。
小学3年生以下の受講については、一度ご相談ください。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、必ず事前にご予約をお願いします。
なお、定員は、各回6名までとなっております。


◇ 2017年5月7日(日) 午後2:00~3:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年5月7日(日) 午後4:00~5:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年5月14日(日) 午後4:00~5:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年5月15日(月) 午後6:00~7:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年5月21日(日) 午後2:00~3:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年5月21日(日) 午後4:00~5:00
     <この日程で申し込む>


他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月26日 06:00  学び~社会

世界最高の国ランキング~1位になったのはどんな国?

『世界一居心地のいい国は?』 朝日新聞

今年2017年3月。
アメリカの会社や大学が協力して作った、「世界最高の国」ランキングが発表されたよ。

教育はしっかりとしている?
政治はどう?
仕事は?
そして、質の良い生活ができている?

こうした点を、それぞれの国について評価して、ランキングが作成された。


さて、ここで、想像タイム。

世界最高の国ベスト5には、どんな国が入っているとおもう?
そして、1位はどこ?
日本は、何位?

想像してみてね。



・・・



世界最高の国ランキング。

見事1位になったのは・・・スイス!
去年の1位はドイツだったけど、テロ事件などがあって、順位を下げた。
かわりに1位になったのが、スイスだ。

ベスト5は、こんな感じ。

1位 スイス
2位 カナダ
3位 イギリス
4位 ドイツ
5位 日本

われらが日本は、5位。
ちなみに、アメリカは7位だった。


今回の調査では、「世界最高の国」の他にも、いろいろなランキングが作成されている。

そのひとつが、「世界最強の国」ランキング。
ここで評価されるのは、何も「戦争に強い」ということだけではない。

戦争に強いこと以外にも、政治や経済において、他の国に、どれくらいの影響をあたえることができるかが、評価されている。

こちらも、ベスト5を想像してみてね。
1位は、どこだと思う?
そして、日本は?



・・・



世界最強の国ランキングの結果は、こんな感じ。

1位 アメリカ
2位 ロシア
3位 中国
4位 イギリス
5位 ドイツ

われらが日本は、7位。


もうひとつ、興味ぶかいラインキングを。

「子どもにとって世界最高の国」ランキング。

子どもにやさしい国、ベスト5。
どこの国が入っていると思う?
そして、日本は?
こちらも、想像してみてね。



・・・



子どもにとって世界最高の国ランキング。

1位 スウェーデン
2位 デンマーク
3位 ノルウェー
4位 フィンランド
5位 カナダ

ヨーロッパの国が多いね。
ちなみに、アメリカや日本は、こんな感じ。

19位 アメリカ
20位 日本

日本は、いい国だけど、子どもにはやさしくないみたい。
ちょっと、悲しいね。

写真は、世界最高の国スイスの首都ベルン。ウィキペディアより。
きれいな街だね。
ぜひ一度、おとずれてみたい。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月24日 13:07  教室点景

先週の教室より~サナギになってみよう♪

4月のホップ理科は、『こん虫』。
3週目のメインテーマは、完全変態と不完全変態。
そして、最後は、瞑想タイム。

「まずは、深呼吸。ゆっくり大きく息をすったら、目を閉じて。」
「みんなの体が、かたいカラにつつまれたよ。サナギになったんだね。サナギになった気分は、どう?」

「あったかい感じ。」
「気持ちいいい♪」

「サナギの中で、みんなの体はとけるようにして、生まれ変わるよ。まずは、頭と胴と腹にわかれて・・・。」
「胸から、足が6本、生えてくるよ。」

「うぉ!」
「なんか、気持ち悪い・・。」

「そろそろ、羽が生えてくるよ。どんな気分?」

「わたし、飛べそうな気がしてきた。」

「よし、じゃあ、サナギから飛び出そう!」

「なんか、目の前が明るくなった!」

たまには、瞑想するのも悪くないでしょ?
気分は、すっかりこん虫だ(^^)/





ステップ算数は、4月から中学受験向けの文章題。

受験塾などに通っていて解き方を知っている子は、すぐに問題を解こうとするけど、ちょっと待て。
まずは、マインドマップを使って、わかっていることや聞かれていることを、しっかりと整理整頓。

その後は、わかりやすくイメージ化。
解き方・テクニックではなく、自分の頭で問題をかみくだこう。

イメージは、低学年の子でも、わかるようにしてね(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月24日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~日本列島とまわりの海(小学3~4年生)

3月のホップ地理は、『日本列島とまわりの海』。

「海って、むかしから、戦争の火種になることが多いんだよね。ロシアなんかは、むかしむかしから、温かい地方の海がほしくて、しょうがない感じだし。で、この日本海では・・・って、みんな、日本海の向こう側にある国って、知ってる?」

こんなことを尋ねると、多くの子が「中国!」と答えてくれる。
でも、実は、韓国やロシアだったりするのだ。

「で、韓国とは、竹島という島の取り合いをしているんだよ。」

本題ではないものの、領土争いのお話しには、みなさん、興味津々でした(^^)/








⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月22日 06:00  学び~社会

日本の人口~増えた県、大きく減った県はどこ?

『日本の人口推計 6年連続で減少』 朝日新聞

前回は、日本の人口について、紹介したよ。

『日本の人口~6年連続で減っちゃった!』
http://rakuto-toyota.jp/e403251.html

今回は、その続き。

総務省(しょうむしょう)によると、2016年10月1日時点での日本の人口は、1億2693万3000人。
去年よりも16万2000人(0.13パーセント)減ってしまった。
都道府県別にみてみると、増えたところもあれば、同じくらいのところや減ってしまったところもある。

ここで、想像タイム。
今回の調査で、人口が増えた都道府県は、全部で7つ。

どこだと思う?
予想してみてね。



・・・



こちらが、前回2015年とくらべて人口が増えた、もしくはあまり減らなかった都道府県のベストテン。

 1位 東京都  +0.80パーセント
 2位 沖縄県  +0.40パーセント
 3位 埼玉県  +0.32パーセント
 3位 愛知県  +0.32パーセント
 5位 千葉県  +0.21パーセント
 6位 神奈川県 +0.20パーセント
 7位 福岡県  +0.06パーセント
 8位 滋賀県  -0.01パーセント
 9位 大阪府  -0.08パーセント
10位 宮城県  -0.16パーセント

1位は、東京都。
さすが、日本の首都だよね。
8位の滋賀県は、ちょっとだけマイナス、つまり人口が減ってしまった。

ちなみに、こちらが2013年の人口増減。

 1位 東京都  +0.53パーセント
 2位 沖縄県  +0.44パーセント
 3位 愛知県  +0.21パーセント
 4位 埼玉県  +0.14パーセント
 5位 神奈川県 +0.13パーセント
 6位 宮城県  +0.11パーセント
 7位 滋賀県  +0.09パーセント
 7位 福岡県  +0.09パーセント
 9位 千葉県  -0.04パーセント
10位 大阪府  -0.08パーセント

2016年と2013年のデータをならべてみると、関東地方の都道府県や愛知県などの増え方が、大きくなっていることがわかる。
東京都は、+0.53パーセントから、+0.80パーセント。
3位の愛知県も、+0.21パーセントから、+0.32パーセントと増えている。


さて、今度は、人口が大きく減ってしまった都道府県、ワースト10を見てみよう。

37位 山口県  -0.74パーセント
37位 徳島県  -0.74パーセント
39位 愛媛県  -0.75パーセント
39位 長崎県  -0.75パーセント
41位 新潟県  -0.80パーセント
42位 岩手県  -0.91パーセント
43位 山形県  -0.96パーセント
44位 和歌山県 -0.99パーセント
45位 高知県  -1.00パーセント
46位 青森県  -1.13パーセント
47位 秋田県  -1.30パーセント

高知県以下、-1パーセントを超えて減っている県は、100人に1人以上の人が減ってしまった計算だ。
東京都などの増え方が大きくなっている分、こうした都道府県の減り方も大きくなっているところが多い。

新潟県は、2015年に-0.69パーセントだったものが、2016年は-0.80パーセント。
岩手県は、2015年に-0.78パーセントだったものが、2016年は-0.91パーセントとなってしまった。


ランキングには登場していないけど、去年とくらべて人口の減り方がもっとも大きくなったのが、熊本県。

2015年が-0.47パーセントだったものが、2016年は-0.67パーセント。
0.2パーセントも、減り方が大きくなってしまった。

熊本県の人によると、大きな地震のせいで、県外に引っ越していった人が多いのではないかとのこと。
熊本では、去年2016の今頃、4月14日から16日にかけて、大きな地震があったよね。

さて。
今回の調査でわかったことは、東京のような大きな町にたくさんの人が集まる一方で、大都市から遠い地方では人がどんどん減っているということ。
国は、総務省をはじめ、地方を元気にする「活性化(かっせいか)」作戦を行っている。
地方を元気にする作戦。
どんな作戦がある?
みんな、想像してみてね。

こちらは、参考まで。
地域の元気創造プラットフォーム
http://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/index.html


写真は、RAKUTO豊田校前。
再開発ビルを建設中で、この秋完成予定。
豊田市は、人口が増え続けている町のひとつだけど、商店街などは元気がない。
再開発による活性化、うまくいくのかな?





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月21日 06:00  学び~社会

日本の人口~6年連続で減っちゃった!

『日本の人口推計 6年連続で減少』 朝日新聞

今回は、日本の人口のお話し。

さっそくだけど、想像タイム。
みんな、今の日本の人口、つまり今の日本に、何人くらいの人が住んでいるか知ってる?
知らない子は、想像してみてね。



・・・



今年2017年4月。
日本の総務省(しょうむしょう)が、新しい日本の人口推計(じんこうすいけい)を発表したよ。

それによると、2016年10月1日時点での日本の人口は、1億2693万3000人。
去年よりも16万2000人(0.13パーセント)減ってしまった。
人口が減ったのは、これで6年連続だ。


さて、ここでもう一度、想像タイム。

日本の人口のうち、65才以上の高齢者(こうれいしゃ)の割合は、どれくらいだと思う?

10パーセント?
20パーセント?
もっと、多い?

町の中で出会う人を想像してみて。
何人にひとりくらい、高齢者の人がいる?
10パーセントならば、10人にひとり。
20パーセントならば、10人にふたりだ。


・・・



今回の調査では、高齢者の割合は、27.3パーセント。
町で出会う人の、およそ4人にひとりくらいが、高齢者ということだ。


ついでに、子どもの割合も想像してみよう。

15才以下の子どもの割合は、どれくらいだと思う?
こちらも、町で出会う人を想像してみてね。



・・・



15才未満の人の割合は、12.4パーセント。
10人にひとりくらいが、子どもだということになる。

ちなみに、高齢者の27.3パーセントは、過去最高。
15歳未満の12.4パーセントは、過去最低。

日本の人口が、どんどん高齢化しているっていうのが、見て取れる。


今度は、外国人。

日本の人口1億2693万3000人のうち、外国人の数は、どれくらいだと思う?
こちらも、想像してみてね。



・・・



外国人の数は、191万3000人。
割合にすると、0.015パーセント。

100人の人とすれちがうと、そのうち1~2人が外国人だということになる。

日本人の数が大きく減っているのに対して、外国人の数は、増えている。
去年とくらべると、+13万7000人増えた。
割合にすると、7.71パーセントも増えている。
言われてみれば、前よりも、町で外国の人を見かける数が、増えているような気がする。


さて、次回は、都道府県別に、去年よりも増えたところ、減ったところを見てみよう。

全国47都道府県のうち、人口が増えたところは、どのくらいあると思う?
増えた割合が、一番多いのは、どこだろう?
一番少ない、もしくは一番たくさん減ってしまったのは、どこ?
想像してみてね。


写真は、東京都の人口の増減イメージ。ウィキペディアより。
1300万人もの人がくらす、東京都。
そんな東京都の中でも、人口が増えている場所、減っている場所があるのがわかるね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月20日 06:00  学び~理科

小惑星衝突危機~どんな対策があるの?

前回は、地球と隕石(いんせき)などの天体の衝突について、紹介したよ。

『小惑星衝突危機~天体が地球にぶつかってくる!?』
http://rakuto-toyota.jp/e402594.html

地球に大きな天体が近づいてきて、衝突しそうになったら、どうしよう?
そんな話し合いを目的にした会議が、今年2017年5月、東京で開かれる。

『小惑星衝突危機、そのとき人類は 100m級でも大被害』 朝日新聞


隕石や彗星(すいせい)などの天体が地球にぶつかりそうだ!
そうなった時、どんな方法で地球を救うことができるんだろう?

みんな、何かいいアイデアはある?
ちょっと想像してみてね。



・・・



方法のひとつとして考えられるのは、天体を破壊(はかい)してしまおうというもの。
隕石に宇宙船をぶつけて、破壊する。

2005年、アメリカ航空宇宙局(アメリカこうきゅううちゅうきょく:NASA)は、宇宙船「ディープインパクト」を彗星にぶつけることに成功している。
しかし、宇宙船の大きさやスピードも限られており、必ず成功するとはかぎらない。
また、成功したとしても、破片(はへん)が地球に落ちてくることには変わりがなく、その破片によって大きな被害が出ることも考えられる。

今、考えられているのは、天体とならぶように宇宙船を飛ばす方法。
宇宙船の引力で、少しづつ天体をひっぱって、進む方向を地球からそらそうという方法だ。

こうした対策は、話し合いが始まったばかり。
本当に実現できるのかどうかは、まだわからない。


とはいえ、ただただ手をこまねいているというわけにはいかない。

2013年、国際連合(こくさいれんごう:国連)は、「国際小惑星警報ネットワーク」を設置。
このネットワークは、地球に近づいてくる天体をみはる役割をしている。

また、国連は、「宇宙ミッション計画アドバイザリーグループ」も設置。
こちらは、天体が地球に近づいてきた時に、どう対策するのかを考えるのが、その役割だ。
アメリカは、昨年2016年に、天体の衝突にそなえた戦略を発表している。

いずれにしても、話し合いは始まったばかり。

いざ問題が起こったとき。

作戦の指示は、だれが行うのか?
対策を行うための宇宙船は、どこの国が打ち上げるのか?
その費用は、どうするのか?
予報がはずれたり、作戦が失敗した時に、どう対応するのか?

問題は、山積みだ。
しっかりと話し合って、対策をねってほしいね。


写真は、アフリカのナミビアで発見された隕石。ウィキペディアより。
重さ66トン。見つけっている隕石の中では、もっとも大きい。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ