愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

2016年12月03日 06:00  学び~理科

南極観測60年~ついでに北極もみてみよう

『南極観測60年 どんな成果があった?』 朝日新聞

朝日新聞によると、日本の南極観測(なんきょくかんそく)が始まって、今年で60年がたつんだって。

最初の南極観測隊が日本を旅立ったのが、1956年11月。
1957年1月には、南極に昭和基地を開いた。

それから60年。
日本の南極観測は、今も続いている。

前回までは、南極のことを紹介したよ。
今回は、せっかくだから、昔の記事で北極についても、みてみよう。

--------------------------------------------

前回と前々回は、南極のことを紹介したよ。

『南極観測60年~南極って、どんなところ?』
http://rakuto-toyota.jp/e389069.html
『南極観測60年~どんなことを調べているの?』
http://rakuto-toyota.jp/e389070.html


今回は、南極の反対側、北極について紹介するね。

まずは、いきなり、想像タイム。
南極と北極で、ちがうところ。

いったい、どんなちがいがあると思う?
地図や地球儀があったら、それを見ながら想像してね。



・・・



ひとつめの大きなちがいは、南極が大陸であること。
南極がしっかりとした陸地をもつ大陸であるのに対して、北極はただの海。
陸地はない。
北極は、海がこおって、陸地のようななった場所なんだ。

陸地がないから、「ここから先は、北極だよ。」というさかい目もない。

ある人は、北緯(ほくい)66.5度よりも北のことを、北極とよぶ。
しかし、ある人は、寒すぎて植物が育ちにくい場所のことを、北極とよぶ。
また、ある人は、1年で1番あたたかい月の平均気温が10度よりもひくい場所のことを、北極とよぶ。

このように、北極のとらえ方は、ひとそれぞれなんだ。


もうひとつ、南極と北極のおおきなちがい。
それは、人がすんでいるかどうか。

南極は、どこの国のものでもない。
そして、人は住んでいない。
いるのは、世界から集まった、研究者たちだけだ。

一方で、北極には、人がすんでいる。
だれのものでのない南極に対して、北極は、ある国の一部、つまり領土(りょうど)となっている場所がある。


ここで、想像タイム。

北極に領土(りょうど)を持つ国は、全部で8つ。
どこの国?
8つのうち、何個あてることができるかな?



・・・



答えは、次の通り。

アメリカ、カナダ、デンマーク、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ロシア。
みんな、何個わかった?


ところで、北極と南極って、どちらが寒いんだろう?

たとえば、南極のドームふじ基地。
一年間の平均気温は、だいたいマイナス50度くらい。
寒い時は、マイナス70度を下回る。

それとくらべて、北極の気温は高い?
それとも、低い?
予想してみてね。

ヒントは・・・
南極は大陸で、高い山もある。
それに対して、北極は、海の上にはった氷だよ。



・・・



答えは・・・
北極の気温は、南極よりも高い。
北極の気温を平均すると、南極よりも、だいたい20度くらい高い。

北極にある日本の研究施設、ニーオルスン観測基地。
ここの一年間の平均気温は、マイナス6度くらい。
寒い時で、マイナス40度くらい。
北極の基地とくらべると、ずっとあたたかい。

南極のふじドーム基地があるのは、標高3810メートルの高い場所。
一方で、ニーオルスン観測基地があるのは、標高8メートル。
気温の差は、標高の差でもあるんだね。

大陸のある南極は、標高の高い場所もたくさんある。
だから、北極よりも南極の方が気温が低いんだ。


さて、最近たびたび登場している、日本極地研究所(にほんきょくちけんきゅうじょ)。
この北極でも、いろいろな研究をしているよ。
いったい、どんな研究をしているんだろう?
続きは、次回。


写真は、ホッキョクグマの親子。ウィキペディアより。
かわいいね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年12月02日 06:00  学び~理科

南極観測60年~どんなことを調べているの?

『南極観測60年 どんな成果があった?』 朝日新聞

朝日新聞によると、日本の南極観測(なんきょくかんそく)が始まって、今年で60年がたつんだって。

最初の南極観測隊が日本を旅立ったのが、1956年11月。
1957年1月には、南極に昭和基地を開いた。

それから60年。
日本の南極観測は、今も続いている。

今回は、前回に続いて、昔の記事で南極について勉強しよう。

--------------------------------------------

前回は、南極のことを紹介したよ。

『南極観測60年~南極って、どんなところ?』
http://rakuto-toyota.jp/e389069.html


日本極地研究所(にほんきょくちけんきゅうじょ)は、この南極で、いったいどんな研究をしているんだろう?
南極のことを知ることで、何かいいことがあるのかな?


・・・


病気を治すには、体のことをよく知らなければならない。
それと同じで、地球の環境をよくしようと思ったら、地球のことをよく知らなければならない。
極地研究所が南極の昭和基地(しょうわきち)で行っている研究は、地球のことをよく知るために行われているんだ。

では、じっさいにどんな研究をしているんだろう?
今日は、その研究内容について、いくつか紹介するよ。


まずは、空で起こるあの現象の観測(かんそく)だ。

太陽からやってくる粒子(りゅうし)たち。
これが地球の大気とぶつかると・・・
酸素(さんそ)やチッ素が、チカチカ光る。
その光が空に広がって、とてもきれいな「あれ」になる。

南極や北極に近い場所でしか見ることのできない「あれ」。
何か、わかる?


・・・


答えは、オーロラ。
昭和基地では、オーロラのことをもっとくわしく知るために、オーロラ観測を続けているんだ。


お次は、やはりこちらも、宇宙からやってくるもの。

それは、宇宙のかなたから飛んできて、地球の大気につっこんでくる。
多くは大気の中でもえつきるけど、大きなものは地上まで落ちてくることもある。
そう、隕石(いんせき)だ。
2013年には、とても大きな隕石が落ちてきて、ロシアでおおさわぎになったよ。

『ロシアに隕石!?』
http://rakuto-toyota.jp/e263092.html


隕石は、世界中のあらゆるところに落ちてくる。
でも、世界は広い。
それを見つけようと思うと、とても大変だ。

ところが、南極では、隕石が集まりやすい場所があるんだって。
それは、山脈(さんみゃく)といって、大きな山がつらなっている場所のふもと。

南極の氷におちた隕石は、氷と一緒に海の方へ流される。
その氷が行きつく場所が、山脈のふもとなんだ。
こうして、南極におちた隕石は、山脈のふもとに集まる。
そこを探せば、たくさんの隕石を見つけることができるというわけだ。

それに気が付いた日本の研究者たちは、たくさんの隕石を集めることができた。
その結果、およそ17000個もの隕石を、日本が保有している。
これは、世界のすべての隕石の、3分の1にあたる数なんだって。
宇宙からやってきた隕石を研究すれば、よりふかく宇宙のことを知ることができるよね。


オゾンホールの観測も、ずっと続けているよ。
オゾンホールを世界ではじめて見つけたのは、実は日本の観測隊なんだって。
オゾンホールについて知りたい子は、むかしの記事を見てね。

『大事なオゾンをこわすやつ!?』
http://rakuto-toyota.jp/e267489.html
『大事なオゾンをこわすやつ!?~その2』
http://rakuto-toyota.jp/e267488.html


あとは、氷の底の研究。
昭和基地では、南極のふかいふかい場所にある氷を取り出して、それを調べている。

2007年には、3035メートルの深さの場所から、氷を取り出すことに成功した。
この氷は、およそ72万年も昔に凍り付いたもの。
これを調べれば、昔の地球の環境について知ることができる。
昔の地球を知ることができれば、未来の地球の姿を予想することができるというわけだ。


極地研究所が行っている研究、すごいものばかりだね。
研究が進めば、地球の未来がわかる。
研究が進んでいくのが、楽しみだね。

南極について、もっとよく知りたい子は、こちらのリンクを見てね。

『南極もっと知り隊』
http://www.nipr.ac.jp/publication/PDF/nankyoku_kids_2014.pdf


写真は、国際宇宙ステーションから見たオーロラ。NASA公式ページより。
きれいだね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年12月01日 06:00  学び~理科

南極観測60年~南極って、どんなところ?

『南極観測60年 どんな成果があった?』 朝日新聞

朝日新聞によると、日本の南極観測(なんきょくかんそく)が始まって、今年で60年がたつんだって。

最初の南極観測隊が日本を旅立ったのが、1956年11月。
1957年1月には、南極に昭和基地を開いた。

それから60年。
日本の南極観測は、今も続いている。

南極を調べることで、いったい何がわかるんだろう?
今回からしばらく、昔の記事で南極や北極のことを勉強しよう。

--------------------------------------------

昨日のブログに登場した、日本極地研究所(にほんきょくちけんきゅうじょ)。

『冷凍クマムシが生き返った~クマムシってどんな生き物?』
http://rakuto-toyota.jp/e349568.html


極地研究所って、いったい何を研究する所なんだろう?
極地って、どこのこと?
みんな、想像できる?



・・・



極地とは、南極(なんきょく)や北極(ほっきょく)のこと。
そう、極地研究所では、南極や北極のことを研究しているんだ。


今回は、せっかくだから、南極と北極について、紹介するね。
まずは、南極のことから。

みんなは、南極のこと、何か知っている?
南極についてみんなが知っていること、思い出してみてね。



・・・



南極は、地球の南のはて。
日本からの距離は、14000キロメートル。
オーストラリアを超えて、もっと南にいった所にある。

南極は、氷の大陸だ。
ぶあつい氷でできている。

ここで、想像タイム。
とてもぶあつい南極の氷。
一番あついところの氷は、どのくらいのあつさがあると思う?

100メートル?
1000メートル?
それとも、もっともっとあついのかな?



・・・



答えは、4776メートル。
3776メートルある富士山の高さよりも、ぶあつい。
富士山よりも大きな氷を、想像してみて。
すごい氷だよね。


南極は、寒い。
夏の気温は・・・

これも想像してみよう。
夏の南極。
その気温は、いったいどのくらいだと思う?

10度くらい?
0度?
それとも、マイナス?



・・・



答えは、マイナス40度。
冬ともなると、マイナス70度だ。
とんでもなく寒い。


そんな寒い南極にも、たくさんの動物がくらしているよ。
南極でくらしている動物、何か知っている?



・・・



まずは、ペンギン。
コウテイペンギンやアデリーペンギンなど、水族館などでおなじみのペンギンたちがくらしているよ。
他には、アザラシやシャチ、真っ白な体のユキドリ、ナンキョクオキアミとよばれる小さなエビなどもくらしている。


南極では、かわった自然現象を見ることもできる。

たとえば、太陽。
夏の南極では、朝から夜まで、太陽がしずまない日がある。
いつになって、暗くならないんだって。

また、風にふかれた雪が、勝手にころころころがって、まん丸の雪玉になっちゃう。
白いマリモみたいに、見えるらしいよ。


さて。
こんな南極で、研究を重ねる極地研究所。
いったい、何を研究しているんだろう?

南極だからこそわかることが、きっとあるんだよね。
想像してみてね。
長くなったので、続きは次回。


写真は、南極にある火山のひとつ、エレバス山。ウィキペディアより。
南極大陸やまわりの島には、こうした火山がいくつかあるんだ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年11月30日 10:58  教室点景

先週の教室より~首都に必要なものって何?

ホップ地理は、関東地方。
11月最終週となった先週は、いよいよ首都東京が登場。
まずは、首都について、ディスカッション。

「東京は、日本の首都なんだ。首都に必要なものって、なんだろうね?」

「う~ん、大統領!」
「人!」
「首。大統領の首!」

なるほど、「首」都だからね。

「ビル!」
「神宮球場!」

じ、神宮球場・・・(^-^;
そうか、きみ、山田哲人大好き人間だったな。


そして、歌。
先々週、都道府県ランキングのドベだと紹介した茨城県。
茨城県の歌詞は、「そべです、いばらき♪」で始まるのだけど・・・

2年生男子。
歌詞カードの「そ」を×で消して、「ど」に書き換えてる。
そのうえで、「どべです、いばらき♪」と大声で歌っている・・・と(^-^;

写真は、先々週の教室より。
都道府県ブランドランキングを見ながら、みんなでディスカッション中。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年11月30日 06:00  教室点景ニュース

クリスマスチャリティーイベント「サンタと一緒にマインドマップを楽しもう♪」を開催しました(^^)/

2016年11月27日。
毎年恒例、名古屋マインドマップ普及会主催クリスマスチャリティーイベント「サンタと一緒にマインドマップを楽しもう♪」を開催しました。

まずは、ホラノサンタの登場。
みんなに、フリクション6色セットをプレゼント。
そして、マインドマップのワークに突入です。


今年のテーマは、「地球温暖化」。

まずは、小さな氷の上で困っているシロクマ君の写真を見ながら、ディスカッション。
ミニマインドマップを使って、シロクマ君のセリフを考えました。

そのあと、地球温暖化などについて、ちょこっとお勉強タイム。
最後に、グループに分かれて、A2用紙に大きなフルマインドマップをかき上げました。


あらためて、みんながかいたマインドマップを見てみると・・・

温暖化を止めるために、「自分にできること」。

電気を無駄遣いしない。
木を増やす。
車じゃなくて自転車で移動する。
人間生活をやめる・・・(^-^;
息を止める・・・(^-^;
ピカチュウを飼う・・・(^-^;

なるほどなるほど。


シロクマ君にあげる「クリスマスプレゼント」。

氷。
家と氷。
マグロ600キログラム。
うんこ・・・(^-^;

一部をのぞき、シロクマ君も、さぞや喜ぶことでしょう。


マインドマップのあとは、こちらも楽しいクイズ大会。

写真を見て誰が映っているのかを言い当てるクイズでは、東郷平八郎やヒトラーなど、ちょっと難しいものをしのびこませました。

「どうだ!わからないでしょー、おしえてあげるよー♪」と言いたいところだったものの、見事にすべて言い当てられてしまいました。
う~む、さすがはRAKUTOっ子(#^^#)


今年の参加者は、総勢34名。
午前と午後にわかれて、2時間ずつたっぷりと楽しみました。

また、募金の方も、おかげさまで29989円を集めることができました。
このお金は、後日しかるべきところに募金したのち、その旨を改めてご報告させていただきます。

最後に・・・
参加してくれたみんな、ありがとーーー(^^)/






















⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年11月28日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~中部地方のうた(小学3~5年生)

10月のホップ地理は、『中部地方のうた』。
いよいよ、われらが愛知県の登場だ。

「みんな、愛知県で一番たくさん人が住んでいる街って、どこか知ってる?」

この質問に対する反応が面白かったのが、混成部隊の土曜日クラス。

「そりゃ、豊田市だよ。」と答えたのは、豊田っ子。
「知立じゃないの?」は、知立っ子。
にやにや笑っているのが、名古屋っ子。

正解はともかく、みんな、自分の街が大好きなんだね(#^^#)

写真は、3~5年生のマインドマップ。
セントラルイメージがいろいろで、面白い(^^)/








⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年11月26日 06:00  学び~社会

2016流行語大賞~どんな言葉がエントリーされていると思う?

毎年恒例の流行語大賞。
今年2016年も、30の言葉がノミネートされたよ。
12月1日に、その30の言葉の中から、大賞やベストテンが決まるんだ。

今年は、どんな言葉がノミネートされているんだろう?
まずは、、想像してみよう。

今年はやったもの、アニメや映画、芸能人、ニュース、いろいろと思い出してみて。
そして、どんなものがノミネートされているか、予想してみてね。



・・・



では、さっそく、見てみよう。
今回ノミネートされたキーワードは、こちら。


アスリートファースト 新しい判断
歩きスマホ      EU離脱
AI         おそ松さん
神ってる       君の名は
クマモン頑張れ    ゲス不倫
斎藤さんだぞ     ジカ熱
シン・ゴジラ     SMAP解散
聖地巡礼       センテンススプリング
タカマツペア     都民ファースト
トランプ現象     パナマ文書
びっくりぽん     文春砲
PPAP       保育園落ちた日本死ね
(僕の)アモーレ   ポケモンGO
マイナス金利     民泊
盛り土        レガシー

以上、30のキーワード。
みんなの知っているものも、あった?


それにしても、こうやってならべてみると、今年もいろいろあったよね。

政治の話では、なんといっても、イギリスのEU離脱(りだつ)に、アメリカの大統領選挙のトランプさん当選。
世界をびっくりさせたこのニュースをうけて、イギリスの今年の単語は、「ポスト・トゥルース」がえらばれた。

『イギリスの今年の単語~ポスト・トゥルースって、どういう意味?』
http://rakuto-toyota.jp/e387728.html

日本の流行語大賞では、どうなるのかな?
「EU離脱」や「トランプ現象」は、ベストテン入りするのかな?


アニメや映画も、けっこうあるね。
おそ松さん、はやったよね。
シン・ゴジラは、とても面白い映画だったみたい。

芸能関係では、なんといっても、ピコ太郎のPPAPかな?
まねしてる子も、多そうだよね。

あとは、なんといっても、ポケモンGOと歩きスマホ。
ポケモンGOがはやりすぎて、歩きスマホやながらスマホで、交通事故がおこってしまったりしているね。


さてさて。

この中から、ベスト10に選ばれるのは、どれだろう?
そして、みごと大賞にかがやくのは、どれ?

みんな、予想してみてね。
12月1日が、楽しみだね。


写真は、国立霞ヶ丘陸上競技場(こくりつかしむがおかりくじょうきょうぎじょう)。ウィキペディアより。
2020年の東京オリンピックにむけて、ただいま建て替え中だ。

東京オリンピックをめぐっては、東京都知事の小池さんを中心に、お金がかかりすぎる部分の見直しが行われている。

今回ノミネートされている「アスリートファースト」という言葉は、「選手のことを、一番に考える」という意味。
アスリートファーストをふまえながら、これからどんな見直しが行われるのか。

東京オリンピックをめぐっては、まだまだ、いろいろなニュースが出てきそうだよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年11月25日 10:02  短期講習

冬休み キミは、つくって学んで夢中になる!~2016冬期講習のご案内

2016冬期講習のご案内です。
各クラス10名の定員となっております。
ご検討いただいている方には、早めのお申込みをおすすめします。


講座内容についての詳細は、こちらのリンクをご覧ください。
http://rakutogroup.co.jp/winter2016.html


★★★ 内容 ★★★

<算数>
『立方体を切ってみよう』

今回のテーマは、立方体の切断面。立方体を平面で切断するときの切り口を十分に体感し、空間認識力を育みます。中学受験や高校受験・公務員試験などにもよく取り上げられる「立方体の切断」の問題。空間認識力を問われるため、苦手意識の高い単元です。見取り図に落とし込むことによって、平面上にかかれた立体から切断面をイメージし、実際に立方体の切断に挑戦します。


<作文>
『すいすい作文講座』

文章の型を身に着け、伝える力を養います。発想やイメージを広げ、自由な創作文をつくることで、文章を書く楽しさを味わくことができる講座です。書きたい内容をマインドマップに整理してから文章を書くことで、文章の構成を自然に意識できるようになります。「じゅんばんことば」や「つなぎことば」の使い方を学び、順序だててわかりやすく説明する力を養います。


<理科>
『「光」と「色」の不思議な世界を解き明かす』

科学的思考力を養う理科のテーマは、「虹」。光には無数の色が隠れていること、光には3つの進み方があることなどを楽しく学習し、虹の不思議と光の世界を楽しみながら解き明かします。「光」や「色」にかかわる疑問を、「自ら予想をたてて→考えて→学ぶ」経験をすることで、科学的思考力を鍛えます。身の回りで起こる理科現象に、疑問を感じる心・知りたい心・発見したい心を育み、理科を楽しむ脳をつくります。


★★★ 日程 ★★★

<前期>
 12月25日(日)・26日(月)
   9:30~11:40 算数
  13:00~15:10 作文
  15:30~17:40 理科

<後期>
 12月28日(水)・29日(木)
   9:30~11:40 作文
  13:00~15:10 算数
  15:30~17:40 理科

※お申込みの締め切りは、各講座の1週間前となっております。



★★★ 定員 ★★★
 各クラス8名となっております。
 お申込みは、お早めにお願いいたします。


★★★ 受講料 ★★★

<算数:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト代:648円
 教材費:600円
 ------------------------
 合計:14,208円

<作文:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト代:648円
------------------------
 合計:13,608円+教材費

<理科:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト代:648円
 教材費:1,100円
------------------------
 合計:14,708円+教材費


 ()内は、RAKUTO生向け価格
 複数講座受講時には、割引があります。
 詳細は、お問い合わせください。

★★★ お申込み・お問い合わせ ★★★
お申込み・お問い合わせは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込み・お問い合わせの方は、下段の「お問い合わせ・お申込み」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
  <お問い合わせ・お申込み>


講座内容についての詳細は、こちらのリンクをご覧ください。
http://rakutogroup.co.jp/winter2016.html



写真は、昨年の夏期講習より。
みなさん、目いっぱい、楽しんでます♪








⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年11月25日 06:00  学び~社会

2016都道府県ブランドランキング~大きく順位をあげた市町村は?

昨日は、都道府県ブランドランキングを紹介したよ。

『2016都道府県ブランドランキング~1位にかがやいたのは、どこの都道府県?』
http://rakuto-toyota.jp/e388149.html


今回は、市町村ランキングを見てみよう。

観光や郷土料理(きょうどりょうり)で有名なところ。
みんなが、「一度はいってみたい」と思えるようなところ。
どうせなら、その街に住んでみたいと思えるようなところ。
そんな市町村がランキング上位にいるのかな?

さて、いったい、どんな市町村がリストアップされてるのか?
みんな、想像してみてね。


・・・


では、さっそくランキング上位を見てみよう。

 1位 46.8点 函館市(はこだてし:北海道)
 2位 45.1点 京都市(きょうとし:京都府)
 3位 43.6点 札幌市(さっぽろし:北海道)
 4位 42.9点 小樽市(おたるし:北海道)
 5位 41.5点 横浜市(よこはまし:神奈川県)
 6位 38.9点 富良野市(ふらのし:北海道)
 7位 38.0点 鎌倉市(かまくらし:神奈川県)
 8位 37.1点 金沢市(かなざわし:石川県)
 9位 37.0点 神戸市(こうべし:兵庫県)
10位 33.8点 別府町(べっぷし:大分県)

1位から10位をみてみると、順位の入れ替えはあったものの、顔ぶれは去年とかわらず。
海鮮(かいせん)のおいしい函館市は、ここ数年、ずっと1位だ。


さて、今回ベスト10には入らなかったけど、注目される市町村がいくつかあるよ。
ここからは、それらの市町村を紹介するね。

まずは、青森市(あおもりし:青森県)と北斗市(ほくとし:北海道)。

青森市の観光意欲度(かんこういよくど)、つまり、「行ってみたい!」って思わせられる力は、前回の60位から、今回は43位と、大きく順位を上げている。
北斗市の観光魅力度も、前回の402位から、298位とジャンプアップ。

この2つの市は、あるものが開通したおかげで、市の名前がテレビや新聞などに取り上げられることが多くなった。
今年開通した、あれ。
なんだったっけ?



・・・



答えは、北海道新幹線。
今年2016年の3月に、開通したよ。


お次は、伊勢市(いせし:三重県)。

昨年16位だった伊勢市の観光意欲度。
今年は、10位とベストテン入り。

こちらは、今年の5月に行われた、国際的な会議によるもの。
今年の5月。
世界中の首脳たちが、伊勢志摩(いせしま)地方に集まったんだよ。

なんていう名前の会議だったっけ?
覚えてる?



・・・



答えは、伊勢志摩サミット。

今年2016年5月。
世界の主要7か国(G7)の首脳たちが、伊勢志摩に集まって会議を行ったよね。

ところで、G7って、どんな国がふくまれるんだっけ?

7つの主要な国。
せっかくなので、復習だ。
思い出してみて。



・・・



答えは、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ。

伊勢志摩サミットについてのくわしいことは、こちらの記事で確認してね。

『伊勢志摩サミット~空港でのおもてなしは?』
http://rakuto-toyota.jp/e349338.html
『世界の首脳がやってくる~いったいどんな会議?』
http://rakuto-toyota.jp/e364128.html
『伊勢志摩サミット~どんなことが話し合われるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e364132.html
『伊勢志摩サミット~どんなことが話し合われるの?(その2)』
http://rakuto-toyota.jp/e364732.html
『伊勢志摩サミット~地球温暖化をストップしよう!』
http://rakuto-toyota.jp/e364834.html
『伊勢志摩サミット~地球温暖化をストップしよう!(その2)』
http://rakuto-toyota.jp/e364839.html
『伊勢志摩サミット~お食事やお土産はどんなもの?』
http://rakuto-toyota.jp/e365607.html


他の市のランキングが気になる子は、こちらの見てね。
ベスト100位までの市町村を、確認できるよ。
http://tiiki.jp/news/wp-content/uploads/2016/10/2016_city_ranking1.pdf


ちなみに、われらが愛知県からベスト100位した市町村は、たったの一つ。
26位の名古屋市だけ。
豊田市も、香嵐渓(こうらんけい)など、けっこう有名な観光地があるんだから、もっとがんばってほしいね。


写真は、北斗市にある、新函館北斗駅。ウィキペディアより。
北海道新幹線、のってみたいね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2016年11月24日 06:00  学び~社会

2016都道府県ブランドランキング~1位にかがやいたのは、どこの都道府県?

11月のホップ地理は、『関東地方』。
そのレッスンの中で話題になっているのが、都道府県ブランドランキング。

今年2016年10月に発表されたブランドランキングでは、なんと関東地方の3つの都道府県が、45~47位、つまりドベからドベ3までを独占したんだ。


ブランドランキングというのは、かんたんにいうと、人気ランキング。
どの都道府県がみんなに人気があるかを調査して、ランキングにしたものだ。

調査を行っているのは、ブランド総合研究所。
インターネットなどを使って、全国の3万人近い人にアンケートを行った。

アンケートの項目は、こんな感じ。

<認知度(にんちど)>
その県や市の名前を、知ってる?

<魅力>
その県や市に、魅力を感じるか?

<情報接触(じょうほうせっしょく)及び経路(けいろ)>
その県や市の情報を、見たことがあるか?
その情報を、どうやって手に入れたか?

<観光意欲>
その県や市に、観光しに行ってみたい?

<居住意欲>
その県や市に、住んでみたい?

<訪問経験>
その県や市に、行ったことがある?

<まちのイメージ>
その県や市に、どんなイメージを持っている?

<産品購入意欲>
その県や市の食べ物やお土産を、買いたいと思う?


こうしたアンケートの結果をもとに作られたのが、ブランドランキングなんだ。

ここで、想像タイム。

今年2016年の都道府県ブランドランキング。
トップ10には、どこの都道府県が入っていると思う?
1位はどこ?
そして、みんなの住んでいる都道府県は、何位くらい?

予想してみてね。



・・・



では、結果発表。

 1位 54.2点 北海道
 2位 46.3点 京都府
 3位 35.1点 東京都
 4位 32.7点 沖縄県
 5位 30.2点 神奈川県
 6位 28.7点 奈良県
 7位 24.1点 大阪府
 8位 24.0点 長野県
 9位 23.3点 石川県
10位 21.4点 福岡県

われらが愛知県は、何位くらいだろう?
しばらく前に、「行きたい街ランキング」なんていうのがあって、名古屋市がダントツドベだったから、都道府県ランキングも低いのかな?

『行きたい街ランキング~名古屋市の結果やいかに?』
http://rakuto-toyota.jp/e379299.html


・・・

愛知県は、17.2点で、13位。
結構、人気がある方なんだね。

そして、ドベ3を見てみると・・・

45位 8.5点 群馬県
46位 7.8点 栃木県
47位 7.7点 茨城県

見事に、関東地方の都道府県で独占されている。
特に、茨城県は、毎年最下位争いをしているんだ。

『不人気県の逆襲!?』
http://rakuto-toyota.jp/e260463.html
『不人気県の逆襲!?~その2』
http://rakuto-toyota.jp/e260462.html


目指せ最下位脱出。
がんばれ、茨城県。

ところで、みんなの住んでいる都道府県は、何位くらいだろう?
気になる子は、こちらで調べてみてね。
http://tiiki.jp/news/wp-content/uploads/2016/10/2016_pref_ranking1.pdf

写真は、ブランドランキング1位の北海道にある、知床半島(しれとこはんとう)。ウィキペディアより。
手つかずの自然の宝庫。世界遺産にも登録されているよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ