愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

2017年06月26日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~やまなし(小学2~4年生)

5月のホップ国語は、『やまなし』。
宮沢賢治の名作です。
今回のメインワークは、創作文。

まずは、場所の設定。
やまなしと同じく川の中でもいいし、他の場所がよければどこでもいいよ。

次に、主人公。
誰を主人公にする?
見た目はどう?性格は?
そして、物語の最後に、主人公はどうなるの?

ここまでできたら、チャートをかいて、それを見ながら物語作り。

作文が得意な子も苦手な子も、創作文ワークをたっぷりと楽しみました(^^)/











⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月24日 06:00  学び~理科

初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?

外国からやってきて、日本に住み着く生き物。
これを、外来種という。

本当は日本に住んでないはずの外来種。
外国からやってきて、日本の生き物たちのすみかをうばってしまうことも多い。


今年2017年5月16日。
兵庫県神戸市(こうべし)で、新しい外来種が見つかったらしい。
その名も、「ヒアリ」。
小さな小さなアリの仲間だ。

ここで、想像タイム。

ヒアリを漢字で書くと、「火蟻」。
火のアリだ。

どんなアリだと思う?
「ヒアリ」や「火蟻」という名前から、想像してみてね。



・・・



『猛毒「ヒアリ」国内初確認』 朝日新聞

ヒアリは、世界中でおそれられているアリだ。
その理由のひとつは、毒をもっているということ。

ヒアリは、するどい毒針をもっている。
その毒針で、ちくっとさされると、大変なことに。
火が出るような、するどい痛みにおそわれるんだって。
だから、「火蟻」なんだね。

じっさいにさされた人によると、「せんこうの火をジュッと押しつけられたような痛み」とのこと。
とても強い毒で、場合によっては死んでしまうこともあるらしい。
そのため、「殺人アリ」と呼ばれることもある。

ヒアリがもともと住んでいる場所は、アメリカや中国、オーストラリアなど。
アメリカでは、1年間に1400万人の人がヒアリにさされて、苦しんでいる。

ヒアリがこわいのは、毒だけではない。
もうひとつこわいところは、巣をつくる場所。

町の中の、建物や道路の下に穴をほり、そこに住み着く。
これによって、建物がこわされたり、道路に穴があいたりする危険がある。

さらに、ヒアリは電気が大好き。
町の中の電気設備の中に入り込んで、それをこわしてしまうこともある。

ヒアリは、頭もよい。
大雨などで水におそわれると、イカダを作って、それに乗ってすごす。
巣の中で死んでしまった仲間がいると、その仲間の死体を巣の外に運び出し、病気がひろがることをふせぐ。

なかなか、やっかいなアリだね。
こんなのが日本に住み着いたら、これは大変だ。

今回、ヒアリが見つかったのは、神戸港のコンテナおきば。
中国から運ばれたコンテナに、くっついてきたと思われる、

その数、およそ100匹。
神戸市によると、この100匹は、殺虫剤でやっつけることができたらしい。
女王アリやタマゴは見つかっておらず、今のところ、日本に住み着く心配は必要なさそう。

これで一安心・・・と思ったら。
その5日後、21日には、別の毒アリが見つかった。

『神戸港に別の外来毒アリ』 朝日新聞

新たに見つかったのは、アカカミアリ。
こちらは、ヒアリほど強い毒はもっていない。
とはいえ、毒アリにはかわりはないので、やはりこわい。

こちらも、数は100匹ほどで、すべて殺虫剤でやっつけた。
ヒアリと同じく、女王アリやタマゴは見つかっていない。

危険な外来種というと、アリゲーターが-とかカミツキガメなどが思い浮かぶけど、小さいアリはいつ入ってくるかわからないので、そっちの方がこわいかもしれないね。
「かべに耳あり、しょうじにヒアリ」なんてことになったら、それこそおそろしい。
とりあえず、みなれないアリなどを見つけたら、さわらない方がよさそうだね。

写真は、ヒアリ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月23日 13:08  説明会/体験授業

RAKUTO豊田校~体験授業および説明会の日程について(2017年7月)

---------------------------------------------
※こちらは、RAKUTO豊田校のコースの体験授業および説明会に関するご案内です。「もののしくみ研究室」の体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「もののしくみ研究室~体験レッスンのご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e398218.html
---------------------------------------------



2017年7月の体験授業および説明会の日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


なぜ、楽しくないといけないのか?
なぜ、高速リスニングなのか?
なぜ、ディスカッションなのか?
なぜ、マインドマップなのか?
脳科学の見地から、詳しく説明させいていただきます。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、必ず事前にご予約をお願いします。


◇ 2017年7月2日(日) 午前10:00~11:30
     受付終了。お申込み、ありがとうございました。
◇ 2017年7月11日(火) 午後5:00~6:30
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年7月18日(火) 午後5:00~6:30
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年7月23日(日) 午前10:00~11:30
     <この日程で申し込む>

他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html

直近の空席情報は、こちらをご覧ください。
http://rakuto-toyota.jp/e335214.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月23日 13:07  説明会/体験授業

もののしくみ研究室~体験レッスンの日程について(2017年7月)

---------------------------------------------
※こちらは、「もののしくみ研究室」の体験レッスンのご案内です。RAKUTO豊田校のコースの体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「RAKUTO豊田校~体験授業および説明会のご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html
---------------------------------------------



2017年7月の体験レッスンの日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


「もののしくみ研究室」の体験レッスンでは、パソコンとブロックを使い、簡単なプログラミング作業を体験していただきます。

対象は、小学4年生~中学生。
小学3年生以下の受講については、一度ご相談ください。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、必ず事前にご予約をお願いします。
なお、定員は、各回6名までとなっております。


◇ 2017年7月2日(日) 午後2:00~3:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年7月2日(日) 午後4:00~5:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年7月23日(日) 午後2:00~3:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年7月23日(日) 午後4:00~5:00
     <この日程で申し込む>


他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e398218.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月23日 06:00  学び~社会

世界遺産のヘンダーソン島~あれがたくさん流れ着いちゃった!?

イギリスにある、ヘンダーソン島。
南太平洋にぽっかりとうかぶ、小さな無人島だ。

面積は、およそ37平方キロメートル。
RAKUTO豊田校のある豊田市のおとなり、日進市と同じくらいの大きさだ。

ヘンダーソン島が世界遺産に登録されたのは、1988年のこと。
手つかずの自然がたくさん残っていて、ヘンダーソンオウム、ヘンダーソンクイナなど、この島にしかいない生き物もたくさんいる。
昆虫やカタツムリの多くは、この島にしか住んでいない、固有の種なんだって。

自然がすごいヘンダーソン島。
最近、世界中から、あるものが流れ着いて、困っている。

南半球をめぐる海流のせいで、海をただよっているあれが、たくさんヘンダーソン島に流れ着いているんだって。
中には、日本で作られたものもあるらしい。

いったい、何が流れ着いていると思う?
ヒントは・・・毎日毎日、いろいろなところで、誰かが出しているもの。
みんなも、一日に何個かは、出しているはずだ。



・・・



答えは、ゴミ。

2015年、イギリスなどの研究機関が、ヘンダーソン島の海岸にうちあげられたゴミの調査を行った。
島全体でみつかったゴミの数は、3770万個。
重さにして、17トン。

わかりやすく、1メートル四方で見てみよう。
1メートル四方あたりのゴミの数は、671個。
砂浜に埋まっている小さなゴミは、4496個。
これは、まさに、「ゴミだらけ」の状態だよね。

さらに、研究機関は、それらのゴミが、どこから流れ着いたものかを調べてみた。
一番多かったのは、日本と中国で、それぞれ18パーセントずつ。
他にも、チリやアメリカ、ロシア、スペインなどから流れ着いたとみられるゴミもあった。

今、ヘンダーソン島では、貝がらと間違えてゴミの容器を背負って歩いているヤドカリがいるらしい。
漁でつかう網にからまって死んでしまったウミガメも見つかっている。

『ごみ背負うヤドカリ…世界遺産の島に大量プラ、日本製も』 朝日新聞

日本のゴミが、イギリスの大切な自然をこわしているなんて、悲しいよね。
ゴミは、なるべく減らしていきたいね。

写真は、ヘンダーソン島。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月22日 06:00  学び~理科

養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?

今日は、ウナギのお話し。

みんなは、ウナギ、好き?
ウナ丼とか、ひつまぶしとか。
とてもおいしいし、食べると元気が出るよね。

日本で食べられるウナギのほとんどは、養殖(しょうしょく)されたウナギ。
つまり、人間の手で育てられたウナギだ。

養殖といっても、ウナギの赤ちゃんが生まれるところから育てているわけではない。
ウナギの生態にはナゾが多く、タマゴを産ませたり、生まれたばかりの赤ちゃんを育てたりすることは難しい。
だから、海から子供のウナギをとってきて、それを人間の手で育てている。

ところが、最近、海でとれる子供ウナギの数が、とても減ってしまっている。
それにともない、養殖ウナギの数も、減っている。

子供ウナギがもっと増えないと困っちゃう。
そう考えた漁師さんたちは、養殖で育てたウナギを、海にはなしたりしている。

ところが、この養殖ウナギには、ひとつ大きな問題が。

それは、そのほとんどがオスだということ。

人間は、生まれる前から、男なのか女なのか決まっている。
ところが、ウナギは、そうじゃない。
赤ちゃんの時は、みんな一緒で、オスもメスもない。
大人に育っていく途中で、オスになるウナギと、メスになるウナギに分かれていくんだ。

養殖で使う子供ウナギは、まだオスでもメスでもない状態。
養殖用の水そうの中で育つうちに、オスになったりメスになったりする。

自然の中で育ったウナギは、オスとメスが半分ずつくらい。
それなのに、養殖で育てたウナギは、90パーセント以上がオスになる。
メスは、ほとんどいない。

これでは、子供ウナギを増やそうと養殖ウナギを海にはなしても、お父さんばかりということになる。
お母さん、つまりメスのウナギがいなければ、たぶん、子供も生まれない。
これは、困った。

それにしても、いったい、なぜ養殖ウナギはオスばかりになるんだろう?
その理由は、ずっとわかっていなかった。

ここで、朝日新聞の記事。

『ゆっくり育てるとメス増加』 朝日新聞

養殖だとオスばかりになるウナギ。
そのナゾが、ついに解明されたらしい。

キーワードは、「ゆっくり育てる」こと。

養殖のウナギは、なるべく早く成長するように、30度くらいの高い水温の中で育てられる。
水温が高いと、その成長も早く、半年もすればりっぱな大人になる。

愛知県西尾市(にしおし)。
2013年から15年にかけて出荷したウナギの数は、667匹。
このうち、616匹がオスで、メスは49匹だけ。
これらのウナギには、早く成長させるために高い水温で育てらたウナギと、一年かけてゆっくりと育てたウナギが混ざっていた。

そして、そのウナギたちをくわしく調べたところ・・・。

高い水温で早く育てられたウナギは、全部オス。
ゆっくりと育てられたウナギは、オスとメスが半分ずつくらい。

そんなことがわかったんだ。
早く育てようとすると、ウナギがストレスを感じて、メスになるために必要なものがそろわないんだって。

さて、これでメスのウナギを育てる方法はわかった。
メスをたくさん育てて、海にはなすことができれば、子供ウナギの数も増えるかも。
養殖ウナギのこれからに、期待したいね。


写真は、ウナギ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月21日 13:45  短期講習

2017夏期~マインドマップ入門講座のご案内

下記の通り、マインドマップ入門講座を開催します。
記憶+発想の2本立てのワークで、「マインドマップって、使えるね!」を実感してもらうための講座です。
マインドマップに興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

<日時>
7月9日(日) 9時30分~12時30分

※5月14日開催の講座と同じ内容になります。

<参加資格>
小学4年生~大人

<募集人数>
8名

<参加費>
3,000円/一人(RAKUTO生無料)

<講師>
Buzan公認マインドマップインストラクター 伊藤圭

<お申込み・お問い合わせ>
お申込み・お問い合わせは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込み・お問い合わせの方は、下段の「お問い合わせ・お申込み」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
  <お問い合わせ・お申込み>

春開催の講座の様子は、こちらから。
http://rakuto-toyota.jp/e398990.html






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月21日 06:00  学び~社会

愛知県のマンホール~どんなデザインがいいと思う?

『マンホールふた デザイン募集』 朝日新聞

愛知県では、今年2017年7月28日まで、マンホールのふたのデザインを募集するらしい。

マンホールのふたといわれても。
いったい、どんなデザインにすればいいんだろう?

まずは、去年の記事で、いまはやりのマンホールのふたについて。

----------------------------------------

『×××××カード 次々登場』 朝日新聞

朝日新聞の記事によると、愛知県の豊橋市(とよはしし)や岡崎市、豊田市などで、ちょっとかわったカードが配られているんだって。

カードといえば、ポケモンだとか妖怪ウォッチなんかが思い浮かぶけど、豊田市などが作っているカードは、もちろんそんなアニメキャラのようなものではない。

いったい、何のカードなんだろう?



・・・



朝日新聞の記事によると、最近、「蓋女(ふたじょ)」なんて言葉があるんだって。
この蓋女さん、あるものを探して、いろいろな街にでかけていく。
いったい、何を探しにいくと思う?

「蓋(ふた)」っていうんだから、何かの蓋だ。
いったい、何の蓋?
みんな、想像できる?



・・・



答えは、マンホールのふた。

下水道の入り口などをふさぐ、マンホールのふた。
道ばたに、さりげなくたたずんでいる
最近は、そのマンホールのふたに、各地の名物や観光地がデザインされているものも多いらしい。

全国には、こうしたいろいろなデザインのマンホールのふたをおとずれて、写真にとったりして楽しんでいる人たちが、たくさんいるんだって。
さきほど登場した「蓋女」さんも、そんな人たちの一部だ。

豊田市などが配っているのは、「マンホールカード」。
全国のマンホール好きの人たちに、豊田市のマンホールを紹介するために作っったんだって。
カードの裏には、QRコードがついていて、それをスマホにかざすことで、かんたんに目的のマンホールを探すことができる。

ちなみに、豊田市のマンホールカードにのっているマンホールのふたには、香嵐渓(こうらんけい)の待月橋(たいげつきょう)がデザインされている。
豊橋市は、吉田城や手筒花火(てづつはなび)など。
岡崎市は、岡崎城と花火だ。


マンホールのふた。
ふだん、そんなに、じっくり見たことないけど、そんなすてきなデザインのものがあるんだね。

今度、たちどまって、見てみようっと。
みんなのおうちに近くには、どんなマンホールがある?


こちら(リンク)は、「マンホールカード」の公式サイト。
マンホールカードの配布場所などは、こちらのサイトで確認してね。
ちなみに、豊田市のカードは、足助の三州足助屋敷でもらうことができるよ。
http://www.gk-p.jp/mhcard.html

----------------------------------------


なるほど、マンホールのふたに、ご当地の名物などをデザインすればいいんだ。

締め切りは、7月28日。
最優秀作品は、さっそくマンホールとして作成され、県下水道科学館に展示されるんだって。
はやりのマンホールカードも、作られるみたいだよ。

ふたのデザインは、キャラクターや風景など、新しく作られたデザインならば、なんでもOK。
下水道科学館のイメージキャラクター「エッピー」を使ってもよい。


愛知県のご当地名物って、いったい何があったっけ?
何をマンホールにえがくと、いいと思う?

みんな、想像してみてね。


こちらは、RAKUTO豊田校の目の前にあるマンホールのふた。
豊田市の花、ひまわりがデザインされている。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(1)

2017年06月19日 09:51  

2017夏期講習~さぁ、知識の海へ冒険にいくぞ!

2017夏期講習のご案内です。

★★★ 内容 ★★★
内容について、詳細はこちらをご覧ください。
http://rakutogroup.co.jp/summer.html
※日程、タイムテーブルは、豊田校と異なります。

<算数>
今年の算数は「立体の展開図」。立方体・直方体・多面体の展開図にふれていきます。紙の上に書かれた図だけではなかなかイメージしづらい展開図。タングラムを使い自分の手を動かしながら展開図を発見していきます。学んだ知識を生かし11種類の立方体の展開図や多面体の小物入れ作りにも挑戦!たっぷり体感することで空間認識力やイメージ力を育て算数のセンスを磨きます。

<理科>
今年の理科のテーマは「てこ」。たくさんの実験を通して「問題提起→結果予想→実験→考察」を繰り返し、科学的思考力を鍛えます。導き出したきまりは、楽しく定着させましょう。「てこの100ます計算」「てこつりあいゲーム大会」、そして「モビール工作」。講座内には、子供達が夢中になる仕掛けがいっぱい!理科を楽しむ脳をつくります。

<作文>
今年の作文は「紹介BOOK」です。お気に入りの本を紹介、本を読んだ感動をキチンと相手に伝えるためにはルールやコツが必要です。文章を要約してまとめあげるコツ、自分の意見や感動を伝えるコツ、人に読んでもらうための目を引くキャッチコピーのコツなどを学び紹介BOOKを作成することで、伝える力、表現力を身につけます。

<ジオラマ地理>
今年の地理のテーマは、「気候」。世界と日本で同じ農作物の産地を比べると、地形・気候の共通点をみつけることができます。なぜこの土地にこの産業なのか?そこには必ず、地形と気候が影響しているのです。 更に気候の特徴をつかむために雨温図を学んでいきます。雨温図を通して、グラフや資料からデータを読み取り、分析・比較・活用する力を磨きます。

★★★ 日程 ★★★

<前期>

 7月24日(月)~25日(火)

   9:30~11:40 作文
  13:00~16:10 ジオラマ地理

 7月26日(水)~27日(木)

   9:30~11:40 算数
  13:00~15:10 理科


<後期>

 8月10日(木)~11日(金)

   9:30~11:40 算数
  13:00~15:10 理科

 8月16日(水)~17日(木)

   9:30~11:40 作文
  13:00~16:10 ジオラマ地理

※作文・算数・理科は、60分×2回×2日、計240分
※地理は、90分×2回×2日、計360分

★★★ 定員 ★★★
 各クラス8名となっております。
 早めのお申し込みを、お勧めします。

★★★ 受講料 ★★★

<算数:60分×4回>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,296円
 -------------------
 合計:14,256円

<理科:60分×4回>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,620円
 -------------------
 合計:14,580円
 

<作文:60分×4回>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,296円
 -------------------
 合計:14,256円

<地理:90分×4回>
 16,200円(12,960円)
 テキスト・教材費:1,620円
 -------------------
 合計:17,820円

 ()内は、RAKUTO生向け価格
 早期申込み割引7/3まで。RAKUTO生向け価格でご受講いただけます。
 複数講座受講時には、割引があります。
 その他、詳細は、お問い合わせください。

★★★ お申込み・お問い合わせ ★★★
お申込み・お問い合わせは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込み・お問い合わせの方は、各日程下段の「お問い合わせ・お申込み」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
  <お問い合わせ・お申込み>

ちらしをご希望の方は、電話もしくはメールにて、送付先をお知らせください。

写真は、昨年の夏期講習より。







⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月19日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~節足動物(小学3年生)

5月のホップ理科は、『節足動物』。

動物の仲間分けからはじまった、この単元。
楽しい歌のリズムにのって、楽しく節足動物について学びました。

「足に節を持ってる動物♪」のはずが、「足に”すし”を持ってる動物♪」になってみたり。
シオマネキが、塩をかけたマネキンになってみたり。

いろいろあって、とても楽しく思い出に残る単元となりました(^^)/










⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ