愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~国語

もののしくみ研究室

2017年12月15日 06:00  学び~社会学び~国語

2017年今年の漢字~2位以下は、どんな漢字?

前回は、今年2017年の「今年の漢字」を紹介したよ。

『2017年今年の漢字~選ばれたのは? 』
http://rakuto-toyota.jp/e429454.html

今年の漢字に選ばれたのは、「北」。
応募総数15万3594票のうち、7104票を集めたよ。

さて、今日は、2位以下の漢字を見てみよう。
まずは、ベストテンをずらっとならべてみるね・・・と、その前に想像タイム。

たくさんの人がえらんだ「今年の漢字」。
「北」のほかには、どんな字がえらばれた思う?
今年一年を振り返りながら、想像してみてね。



・・・



こちらが、2017年の「今年の漢字」ベストテン。

 1位 「金」 7104票
 2位 「政」 3571票
 3位 「不」 3323票
 4位 「核」 3138票
 5位 「新」 2958票
 6位 「選」 2880票
 7位 「乱」 2782票
 8位 「変」 2717票
 9位 「倫」 2538票
10位 「暴」 1945票


2位の「政」は、政治(せいじ)の「政」。

何で、この漢字が2位に選ばれたのかな?
みんな、想像できる?



・・・



今年2017年は、政治の問題が、よく話題にのぼった年でもある。

大阪に新しくできる予定だった小学校で、土地のやりとりにおかしなところあったり。
獣医(じゅうい)さんを育てる大学を愛媛県に作ることになったんだけど、その選び方が問題になったり。

他にも、大きな選挙があったり、アメリカのトランプ大統領が日本にやってきたなんてニュースもあった。


3位の「不」は、「~ではない」という意味。
例えば、「不透明(ふとうめい)」は、透明ではなくすっきりしないという意味。
「不正(ふせい)」は、正しいことが行われていない状態。

この漢字が選ばれた理由も、想像してみよう。
今年は、どんな「不××」があった?



・・・



まずは、「不透明」。

「政」のところにでてきた政治の問題、大阪の小学校の問題や、愛媛の大学の問題は、政治家どうしのやりとりが不透明だ。
それで、おかしなことになっている。

そして、「不安定」。

2017年は、北朝鮮の問題など、外国との関係が不安定な一年だった。
これを「不安」に感じる人も、たくさんいたと思われる。

一方、日本の国内では、会社による「不正」がめだった年でもある。

新しく作られた自動車の点検が、正しく行われなかったり。
作られた製品の品質が、十分でなかったり。
いくつかの日本の会社で、そうした「不正」が行われていたことがわかった。

また、漁業では、魚があまりとれない「不漁(ふりょう)」の一年だった。

『サンマがとれない~がんばれ日本の漁業! 』
http://rakuto-toyota.jp/e420305.html


・・・ということで、今回は、2位と3位の漢字を、くわしく紹介したよ。
4位以下の漢字が気になる子は、の本漢字検定協会のホームページ(リンク)を見てみてね。

http://www.kanken.or.jp/kanji2017/common/data/release_kanji2017.pdf


写真は、「今年の漢字」の発表の舞台、清水寺。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年12月14日 06:00  学び~社会学び~国語

2017年今年の漢字~選ばれたのは?

12月に入って、いよいよ年末が近づいてきたね。
この時期になると、必ず話題になるニュースがあるよ。
流行語大賞とか、インターネットサイトの検索大賞など、一年を振り返るニュースたちだ。

そして、この2017年12月12日。
毎年恒例の「今年の漢字」が、発表された。

「今年の漢字」には、日本漢字能力検定協会が集めるアンケートで、一番票の多かった漢字が選ばれる。

今年集まった票は、全部で15万3594票。
1位となった漢字には、このうち、7104の票が集まった。
その1位になった漢字とは・・・

「北」

『今年の漢字は「北」 その理由は・・・』 朝日新聞


何で、「北」が選ばれたんだろう?
みんな、なにか思い当たるニュース、ある?
今年って、どんな出来事があったっけ?



・・・



うれしい話題ではないけれど、今年何回もニュースになったのが、北朝鮮問題。

今年2017年も、北朝鮮から、ミサイルがたくさん発射された。
その数、16回。
去年より回数は減っているものの、ミサイルの性能はぐんぐん上がり、今ではアメリカにも届いてしまいそうないきおい。

アメリカと北朝鮮の間で、戦争がおこるのではないか?
たくさんの人が、心配している。

豪雨(ごうう)や台風などの被害でも、「北」が目立った。

7月5日から6日にかけて、九州北部は、はげしい雨にみまわれた。
これにより、福岡県で24人、大分県で3人もの人が亡くなった。

北海道からは、ジャガイモが不足しているというニュースが。
これによって、ポテトチップスが、コンビニなどの店頭から消えた時期がある。

原因は、去年2016年の天候不順。
めったの台風がやってこない北海道に、2つも台風がやってきた。
おかげで、たくさんのジャガイモ畑が、ダメになってしまったんだ。

『ポテチ販売休止~あれのせいでジャガイモが足りない!』
http://rakuto-toyota.jp/e402488.html


スポーツのニュースで話題になったのは、プロ野球チームの北海道日本ハム。

大谷翔平(おおたにしょうへい)選手が、アメリカの大リーグに移籍(いせき)。
その一方で、ナンバーワン高校生の清宮幸太郎(きよみやこうたろう)選手が入団した。

他にも、競馬で、キタサンブラックという馬ががんばったなんていうのも、「北」が選ばれた理由のひとつなんだって。


ということで、2017年の「今年の漢字」に選ばれたのは、「北」。
次回は、2位以下の漢字も、見てみよう。
せっかくだから、2位から5位までに入った漢字を、予想してみてね。

写真は、北朝鮮にある白頭山という山の頂上。ウィキペディアより。
きれいな景色。戦争なんかやめて、世界中の人が、こういう場所を安全に観光できるようになるといいね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月11日 06:00  学び~社会学び~国語

2017流行語大賞~エントリーされたのは、どんな言葉?

『「×ー×ー×ー×ー×ー!」「忖度」 流行語大賞候補に』 朝日新聞

毎年恒例の流行語大賞。
今年2017年も、30の言葉がノミネートされたよ。
12月1日に、その30の言葉の中から、大賞やベストテンが決まるんだ。

今年は、どんな言葉がノミネートされているんだろう?
まずは、想像してみよう。
今年はやったもの、アニメや映画、芸能人、ニュース、いろいろと思い出してみて。

さて、新聞記事のタイトルにあった、「×ー×ー×ー×ー×ー!」。
ある政治家が残してくれた、名言(?)だ。
「この、はげーーー!」とかといっしょに、ニュースでたくさん流れてたよ。
ニュース好きのRAKUTOっ子たちの間でも、はやっていた言葉だ。
いったい、何?
みんな、わかる?

あと、小学生たちの間で、とてもはやった「あれ」もノミネートされてるよ。
くるくる回すだけなんだけど、なぜか面白いやつ。
なんだかわかる?

それから、ちょっとかわった漢字ドリルもエントリーされていた。
うちの小学3年生も持っている、あのドリル。
やっている子も多いんじゃないかな?
どんなドリルか、想像できる?



・・・



では、さっそく、見てみよう。
今回ノミネートされたキーワードは、こちら。

アウフヘーベン     インスタ映え
うつヌケ        うんこ漢字ドリル
炎上○○        AIスピーカー
9・98(10秒の壁) 共謀罪
GINZA SIX   空前絶後の
けものフレンズ     35億
Jアラート       人生100年時代
睡眠負債        線状降水帯
忖度(そんたく)    ちーがーうーだーろー!
刀剣乱舞        働き方改革
ハンドスピナー     ひふみん
フェイクニュース    藤井フィーバー
プレミアムフライデー  ポスト真実
魔の2回生       ○○ファースト
ユーチューバー     ワンオペ育児

以上、30のキーワード。
みんなの知っているものも、あった?

こうしてならべてみると、今年も政治に関係するものが多いよね。
国会議員の豊田さんのセリフ「ちーがーうーだーろー!」とか。
「忖度(そんたく)」というのは、安倍首相がよく使った言葉だ。
「〇〇ファースト」といえば、「都民ファースト」。
東京都知事の小池さんが、よく使っていた言葉だね。

北朝鮮問題も、大きく取り上げられたよね。
北朝鮮がミサイルを打つとなりひびくのが、「Jアラート」だ。

「35億」といえば、ブルゾンちえみ。
この35億って、何が35億なの?
みんな、知ってる?



・・・



答えは、世界に住んでいる男性の数。
知ってた?



さてさて。

この中から、ベスト10に選ばれるのは、どれだろう?
そして、みごと大賞にかがやくのは、どれ?

自分だったら、どの言葉を選ぶ?
みんな、予想してみてね。

発表は、12月1日。
楽しみだね。


写真は、弾道ミサイル。ウィキペディアより。
北朝鮮の問題、うまく解決できるといいな。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月03日 06:00  学び~国語

広辞苑~どんな言葉が追加されたの?

みんなは、勉強するときに、辞書(じしょ)を使ってる?
使ってるとしたら、どんな辞書?

日本では、いろいろな辞書が売られているよね。
その中で、特に人気が高いのが、岩波書店が出している広辞苑(こうじえん)と呼ばれる辞書だ。

広辞苑が初めて発売されたのは、1955年のこと。
20万もの言葉が、のっていた。

その後、何年かおきに新しくなった広辞苑。
新しくできた言葉を追加したり、古くなった言葉を消したりしながら、進化を続けてきた。

そして、来年2018年、10年ぶりに、新しい広辞苑が発売されることになった。
中身は、当然、今の時代にあったものだ。
10年前にはなかったけど、今は使われるようになった言葉。
10年前は使われていたけど、今はつかわれなくなった言葉。
10年の間に、意味が変わってしまった言葉。
いろいろあるみたいだよ。

まずは、意味がかわってきた言葉の例を見てみよう。

「保険」
「うまくいかない時のために準備しておく別の手段」という意味を追加。

「気になる」
「興味をそそられる」という意味を追加。

次は、使われなくなって、辞書から消えてしまった言葉の例。
「書留小包(かきとめこづつみ)」
「ダブルーダブルーダブル」
「案のごとく」

最後に、新しく追加された言葉。
みんな、何個くらい、意味がわかる?

「安全神話(あんぜんしんわ)」
「クラウド」
「デトックス」
「ブラック企業」
「惚れ直す(ほれなおす)」
「ごち」
「分刻み(ふんきざみ)」
「エントリーシート」
「キャリーバッグ」
「クールビズ」
「コスプレ」
「絶対数(ぜったいすう)」
「天才肌(てんさいはだ)」
「ドクターヘリ」
「ナルシスト」
「浜通り(はまどおり)」
「ブルーレイ」
「カベルネ・ソーヴィニョン」

「ごち」とか、「ブルーレイ」など、聞いたことのある言葉も多いでしょ?
聞いたことがない言葉も、意味を想像してみると面白いよ。
ちなみに、最後に出てきた「カベルネ・ソーヴィニョン」は、ワインの種類。
これらの他にも、「東京スカイツリー」や「仮面ライダー」などが、追加されたらしい。

最後に、今回追加するかどうしようかまよったけど、追加しなかった言葉たちの例。

「アラサー」
「がん見」
「告る(こくる)」
「ディスる」
「豊洲市場(とよすしじょう)」
「放送禁止用語(ほうそうきんしようご)」
「ゆるキャラ」

どう?
知ってる言葉、あった?

最後に。
今回登場しなかったけど、こんな言葉を追加したらいいのに。
そんなふうに思う言葉、何かない?
想像してみてね。

写真は、広辞苑。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年07月07日 06:00  学び~社会学び~国語

今日は七夕~なんで「たなばた」?

今日は、七夕。

「七夕」と書いて「たなばた」と読む。
ふしぎだよね。
なんで、こんな読み方をするんだろう?

七夕は、もともとは中国の行事で、日本に伝わったときは、「しちせき」と呼ばれていたんだ。

一方で、日本には、「棚機(たなばた)」という、独自の風習があった。
乙女が、着物を織って、棚にそなえて、秋の豊作をいのったり、人々のけがれをはらったりしていた。
この行事のために選ばれた乙女は、「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれていた。

中国から仏教が伝わって以来、日本の「棚機(たなばた)」は7月7日に行われるようになり、いつしか「七夕」も「たなばた」と呼ばれるようになったんだって。
面白いね。

さて、七夕といえば、織姫と彦星の話が有名だよね。

とても仲良しの彦星と織姫。
仕事もほったらかして、2人で遊んでばかり。
それをみた天帝が、「こらー!」と怒って、ふたりを引き離してしまった。

天の川をはさんで、こちらに彦星、あちらに織姫。

しかし、天帝もやさしかった。
悲しむ二人のために、年に一度だけ、会うことを許してあげることにした。

そう、七夕の夜、この一夜だけ、ふたりは会うことができるんだ。


さて。


彦星と呼ばれているのは、わし座の一等星アルタイル。
夜の8時くらい、東の空、天の川のちょっと下に輝いている。

織姫は、こと座の一等星ベガ。
アルタイルよりほんのちょっと北より、天の川の上に輝いている。


まずは、アルタイル。

明るさ0.77等。
夜空の星の中で、12番目に明るい星。
夏の大三角形のひとつ。

大きさは、太陽の1.8倍。
まだ若い(といっても、数億才)。

超高速で、ぐるぐる回っている。
だから、形はだ円形。


おつぎは、ベガ。

明るさ、0.03等。
こちらは、5番目に明るい。

明るさがあまり変わらない。
星の明るさを表す「等級」という単位。
それの基準となっているのが、このベガという星。
ベガを0として、他の星の明るさを決めている。
やはり、夏の大三角のひとつ。

大きさは、太陽の2.7倍。

こちらも、超高速回転中。
もう少し速くなると、星そのものが壊れちゃうくらい速い。


アルタイルとベガ。
どちらも、超高速ぐるぐる回転中。
そんなふたりがデートするんだ。
きっと・・・迫力満点!

それにしても・・・夜、晴れるといいね。

七夕といえば、願い事。
みんなは、どんな願い事を書いた?
写真は、うちの子が1年生の時に書いた願い事。
ヘビになりたいらしい(^^;




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年04月28日 06:00  学び~国語

国会で論戦~「そもそも」って、どんな意味?

国語ネタが少ない、このブログ。
たまには、国語ネタを。
舞台は、国会だ。

『首相答弁の「そもそも」、意味はそもそも? 国会で論戦』 朝日新聞

今、国会では、ある大切な法案、つまり法律の案が話し合われている。
どんなことが話し合われているかをかんたんに言うと、「どんなことをすると犯罪(はんざい)とみなされて、警察に逮捕(たいほ)されちゃうかどうか」ということ。

犯罪とは、その行いによって、だれかに悪い影響をあたえてしまうこと。
たとえば、人のお金をぬすんだり、人を傷つけてしまえば、それは犯罪だ。
犯罪をしてしまった人は、もちろん、警察に逮捕される。


今の日本では、じっさいに悪い影響をあたえなかった場合でも、犯罪とみなされることがある。

犯罪をしようとしたけど、うまくいかなかった。
こうした場合は、未遂罪(みすいざい)という罪をあたえられる。

犯罪をするために、いろいろな道具を買いそろえた。でも、じっさいに犯罪を行うことはできなかった。
こんな場合は、予備罪(よびざい)だ。

今回、国会で話し合われているのは、上のふたつの罪に、もうひとつ「共謀罪(きょうぼうざい)」というものを追加しようというもの。

犯罪にはまったくかかわっていないんだけど、犯罪を起こしてしまった人と、何らかの話し合いなどをしていた場合、共謀罪として逮捕される。


みんなが、だれかとこんな話をした場面を想像してみて。

「あの先生、こわいからきらい。」
「こんど、いたずらしちゃおうか?」
「いいね、それ。」

じっさいにいたずらをした子がおこられるのは当然だ。
もし学校のルールとして共謀罪というものがあったとしたら、こうした会話をしたみんなも、「あんな話をしたお前も悪い。」といわれ、いっしょにおこられることになる。

そして、「あの子も、こんなこと言ってたよ。」、「そいういえば、あの子も・・・。」と、悪口の言い合いになりかねない。

もしも日本で共謀罪をみとめてしまえば、こんな言い合いが、日本中で起こるかもしれない。
だから、反対している人が多い。
反対している人が多いから、国会でもいろいろな話し合いが行われている。


今年2017年4月19日、国会で安倍首相は、こんな意味のことを言った。

「今回の法案があてはめられるのは、そもそも犯罪を犯すことを目的としている集団でなければならない。」

それに対して、ある議員さんが、こんな意味のことを言った。
「そもそもということは、オウム真理教(オウムしんりきょう)はそもそもの目的が宗教だから共謀罪にはならないのか。」。

むかし、オウム真理教という、ある宗教を信じる人たちの集団がいた。
オウム真理教の人たちは、1995年に東京の地下鉄で、サリンという毒薬(どくやく)をばらまき、たくさんの人を死なせてしまった。


ここで、問題になったのが、「そもそも」の意味。

みんな、「そもそも」って言葉、使ったことがある?

「学校は、そもそも勉強する場所なんだぞ。」
「ぼくは、そもそも本を読むのがきらいだ。」
「うちには、そもそもゲーム機がない。」

「そもそも」って、どういう意味?



・・・

記者さんが、辞書で「そもそも」を調べると、「元来(がんらい:もともとはの意味)」、「最初から」、「はじめ」などと書かれていたとのこと。

これを安倍首相の言葉にあてはめてみると、「もともと犯罪を犯すことを目的にしている集団」でなければ、共謀罪はあたえられないということになる。

そして、議員さんも、「そんなオウム真理教は、もともとは宗教を目的とした団体だから、罪に問われないのか?」という意味の質問をしたんだね。

あんな悪いことをしたオウム真理教が共謀罪にとわれないのは、おかしい。
議員さんの言いたいことは、そういうことだ。

この議員さんに対して、安倍首相は、「「そもそも」には、「基本的な」という意味もある。オウム真理教は、基本的に犯罪を目的とした団体なので、共謀罪があてはまる。」という意味の回答をしたんだって。

「そもそも」に「基本的な」という意味があるって、本当かな?

こちらのWeblio類語辞書という辞書を見ると、「基本的に」という意味はありそうだ。
http://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%81%9D%E3%82%82%E3%81%9D%E3%82%82

・・・ということは、安倍首相の言い分が正しいのかな?
みんなは、どう思う?

写真は、地下鉄サリン事件の舞台となった、霞ヶ関駅(かすみがせきえき)。ウィキペディアより。
オウム真理教によるこの事件は、毒薬を使ったテロとしては、世界ではじめてのものだった。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年01月28日 06:00  学び~社会学び~国語

受験生を応援しよう~どんな験担ぎがある?

1月から2月ごろ。
大学や高校、中学校などに入るための、入学試験が全国いろいろなところで行われる。
いわゆる、受験シーズンだ。

そんな中、朝日新聞には、こんな記事が。

『受験生応援 験担ぎ+機能性』 朝日新聞


験担ぎ(げんかつぎ)って、知ってる?

受験生の前で、「おちる」とか「すべる」とか言うと、「そんなこと言わないで。縁起(えんぎ)が悪いから。」なんて言われてしまう。
受験生にとって、「おちる」とか「すべる」という言葉は、ぜったいに聞きたくない言葉なんだ。

一方で、「おちない」ものとか「すべらない」ものは、大人気。
「おちない」ものとか「すべらない」ものを身の回りにおいて、それにあやかって、つまり験を担いで、安心して試験を受けたい。
それが、験担ぎだ。


新聞記事によると、今年も、験を担ぎたい受験生にむけて、いろいろな商品が発売されているらしい。

フジッコという会社は、受験生むけに「カスピ海ヨーグルト」を発売。
ショウガが入っているので、体がぽかぽかあたたまり、気持ちよく勉強できる。

CoCo壱番屋(ここいちばんや)は、納豆やオクラを入れた、ねばねばのカレーを発売。
こちらも、受験生の験担ぎをねらって売り出したものだ。

でも、ヨーグルトとかカレーって、「おちない」とか「すべらない」わけではないし、験担ぎになっていないような気がするけど。

ここで、想像タイム。

ヨーグルトやカレーの験担ぎ。
「おちない」わけでも、「すべらない」わけでもない。

でも、それぞれ、すごくがんばって勉強してほしいという意味がこめられている。
このヨーグルトやカレーを食べると、勉強がよりいっそうがんばれるらしい。

いったい、どういう意味があるの?
想像できる?

ヒントは、ねばねば。



・・・



「カスピ海ヨーグルト」の売り文句は、「ねばって、勝つピ海ヨーグルト」。
ねばり強く勉強してほしいという意味がこめられていたんだね。
そして、「カスピ海」は、「勝つピ海」で語呂(ごろ)合わせ。
なるほど。

CoCo壱番屋のカレーの名前は、「ねばりかつカレー」。
こちらも、ねばり強く勉強したい受験生には、ぴったりだね。


ネスレ日本のキットカット。
おいしい、チョコレートのお菓子だよね。
こちらも、受験生向けに、験担ぎ。

「キットカット」の語呂をちょっと変えると・・・
どうなると思う?
こちらも想像してみて。



・・・



「キットカット」とちょこっとだけ変えてみると、「きっと勝つ」になる。
キットカットを食べれば、きっと受験に勝つことができる。
なるほど。


しばらく前の新聞には、こんな記事が。

『受験生に「スベラナイ神社」』 朝日新聞

愛知県にある南知多ビーチランドでは、受験生向けに「スベラナイ神社」を設置。
ご神体には、「スベラナイ」あれがまつられている。

南知多ビーチランドといえば、水族館。
イルカやアシカ、アザラシなどのショーを見ることができる、人気スポットだ。
でも、イルカやアシカ、アザラシと、「すべらない」って、何の関係があるんだろう?



・・・



神社のご神体としてまつってあるのは、アザラシの爪(つめ)。

アザラシの前足には、するどい爪がついている。
この爪のおかげで、アザラシは氷の上をすべることなく、移動できるんだって。
あと、アザラシのショーで、一発芸がすべらないようにとの思いもこもっているらしい。
これは、面白いね。

みんなの周りにも、受験生たちの験担ぎになりそうなもの、何かないかな?
おちないもの、すべらないもの、語呂を変えると幸せになれそうなもの。
たくさん想像してみてね。

写真は、南知多ビーチランドにて。
イルカさんと、あくしゅ中。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2015年12月26日 06:00  学び~国語

おいしいフグ料理~なんで、「てっちり」?

みなさん、今年のクリスマスは、どうだった?
すてきなプレゼントを、もらえたかな?

クリスマスをすぎたこの時期。
気温もぐっと下がって、寒い日が多くなるよね。
そんな寒い日は、ナベ料理がうれしいな。

みんなは、ナベ料理、好き?
ナベにもいろいろあるけれど、どんなナベが好き?

マインドマップを使って、オリジナルのナベ料理を考えるのも面白そう。
時間があったら、ぜひ、やってみたい。


ところで。
ナベ料理で、高級なものといえば、フグ。

フグのナベ、「てっちり」は、とてもおいしい。
フグの刺身(さしみ)、「てっさ」も、とてもおいしい。
フグの皮、「てっぴ」も、ポン酢とよくあって、こちらもおいしい。

おいしいだらけのフグ料理。

なんで、「フグなべ」ではなく、「てっちり」っていうんだろう?
なんで、「フグの刺身」ではなく、「てっさ」なの?
そして、なんで「てっぴ」?

みんな、なんでだと思う?
すべての料理についている「てっ」って、いったい何のこと?

まずは、ヒントなしで、自由に想像してみよう。



・・・



ここで、ちょっとだけヒント。

江戸時代の人たちは、フグをあるあだ名で呼んでいた。
そのあだ名の、頭二文字が、「てつ」。
さきほど登場した「てっ」は、「てつ」のことだ。

じゃあ、この「てつ」って、なんのこと?
漢字で書くと、どんな「てつ」なんだろう?
鉄?
それとも哲や徹?

みんな、もう一度想像してみて。
ヒントは・・・フグにはとても強いドクがあって、それに「当たると死ぬ」んだって。
「てつ」がついて、「当たると死ぬ」やつって、何があったっけ?



・・・



「てつ」とは、鉄砲(てっぽう)の「鉄」。
そう、江戸時代の人たちは、フグのことを「鉄砲」と呼んでいたんだ。
たしかに、鉄砲もフグも、「当たれば死ぬ」だね。

鉄砲の刺身だから、「てっさ」。
鉄砲の皮だから、「てっぴ」。
「皮」は、「ぴ」とも読むからね。
なるほどなるほど。

で、鉄砲のナベが、「てっちり」・・・って、これはまだわからない。
なんで「ナベ」じゃなくて、「ちり」なんだろう?
これも、考えてみようか。
ヒントは、音。
てっちりを食べる時って、どんな音がするんだろう?



・・・



明治時代のこと。
外国からやってきたお客さんに、てっさ、つまりフグの刺身を出したら、外人さんが困っちゃった。

「ワタクシ、ナマデハタベラレマセーン!」
そう、外人さんは、生で魚を食べたことがなかったんだ。

そこで、近くにあったナベに、フグも刺身を放り込んだ。
うすく切られたフグの刺身は、あついナベの中で、「ちりちり」と小さくちぢまっちゃう。

そう、「てっちり」の「ちり」は、ナベの中でフグの身がちぢまる時の音からきているんだ。

鉄砲が、ちりちりとちぢまるから、「てっちり」。
なるほど。
言葉って、面白いね。


写真は、トラフグ。ウィキペディアより。
おいしいフグ料理、食べてみたいね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2015年12月25日 06:00  学び~国語

クリスマスといえばショートケーキ~なんで「ショート」?

昨日は、クリスマスイブだったね。
クリスマスイブといえば、ケーキでお祝いするおうちも多いよね。
みんなは、昨日、ケーキ食べた?

ケーキといえば、ショートケーキだ。
ところで、この「ショートケーキ」についている、「ショート」っていう英語。
これには、どんな意味があったっけ?
わかる子、いる?



・・・



「ショート」といわれて、ふつうに思いつくのは「短い」だ。
つまり、ショートケーキとは、「短いケーキ」のことなんだね。

・・・ってことは、反対に「ロングケーキ」、つまり「長いケーキ」なんていうものあるのかな?
みんな、想像してみて。



・・・



う~ん。
「長いケーキ」って、なかなか想像できないな。
「ロールケーキのこと?」とも思ったけど、ロールケーキとショートケーキは、まったく形がちがうよね。

ショートケーキの「ショート」って、「短い」とは違う、別の意味があるのかな?
・・・と思って探してみたら、こんな記事をみつけたよ。


『ショートケーキの名前についてのウンチク』
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/breaktime/untiku/090421.html


英語の「ショート」には、「短い」の他に、「もろい」とか「こわれやすい」という意味がある。
そう、「ショートケーキ」とは、「こわれやすいケーキ」のことだったんだ。

ショートケーキが生まれたのは、イギリスのスコットランド。
農家の人たちが作った、大きなクッキーのようなケーキ。
これが、ショートケーキのはじまりだといわれている。

そして、このケーキ、「こわれやすい」らしい。
それにしても、なんで「こわれやすい」ケーキを作ろうなんて思ったんだろう?
これには、きちんとした理由があるらしいよ。

ここで、想像タイム。
スコットランドの人たちは、わざとこわれやすいショートケーキを作るんだって。
その理由は、なんだろう?
みんな、想像してみて。

ヒントは・・・結婚式で使うんだ。
でも、その使い方は、ふつうのウエディングケーキとはちがうよ。
聞いたら、びっくりしちゃうような使い方。
自由に、想像してみてね。



・・・



この地方では、結婚式があると、大きなショートケーキを作る。

そして、それを花嫁さんの頭に・・・
グシャ!

ぶつけるんだって。

その時に、一回でケーキがこわれないと、えんぎが悪いとされる。
それならば、こわれやすいケーキじゃないと、困るよね。

ショートなケーキ、つまりこわれやすいケーキだから、ショートケーキ。
なるほどね。

また、スコットランドは、むかし「ショートランド」と呼ばれることもあった。
「ショートケーキ」には、「ショートランドのケーキ」っていう意味もあるんだって。


さて、今回は、「なぜショートケーキなのか?」を考えてみた。
じつは、ショートケーキがなぜそう呼ばれているのか、はっきりした理由はわかっていなくて、いろいろな説がある。
「作る時間が短い」から「ショート」なんていう説もあるんだって。

せっかくならば、今回紹介したもののように、面白い説がいいよね。
それにしても、花嫁さんにケーキをぶつけるって、すごい習慣だよね。
写真は、ネパールのショートケーキ。ウィキペディアより。
かわったケーキが、たくさんだ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2015年07月07日 06:00  学び~社会学び~国語

なぜ「たなばた」?(再掲)

今日は、七夕(たなばた)だね。
みんな、たんざくに、どんな願い事をかいた?
願い事、かなうといいね。
今日のブログは、七夕に関する記事を、もう一度。

------------------------------

「七夕」と書いて「たなばた」と読む。
ふしぎだよね。
なんで、こんな読み方をするんだろう?

七夕は、もともとは中国の行事で、日本に伝わったときは、「しちせき」と呼ばれていたんだ。


一方で、日本には、「棚機(たなばた)」という、独自の風習があった。
乙女が、着物を織って、棚にそなえて、秋の豊作をいのったり、人々のけがれをはらったりしていた。
この行事のために選ばれた乙女は、「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれていた。

中国から仏教が伝わって以来、日本の「棚機(たなばた)」は7月7日に行われるようになり、いつしか「七夕」も「たなばた」と呼ばれるようになったんだって。

面白いね。

以下、昨年の記事をもう一回。
-----------------------

今日は、七夕。


とても仲良しの彦星と織姫。
仕事もほったらかして、2人で遊んでばかり。
それをみた天帝が、「こらー!」と怒って、ふたりを引き離してしまいます。

天の川をはさんで、こちらに彦星、あちらに織姫。

しかし、天帝もやさしかった。
悲しむ二人のために、年に一度だけ、会うことを許してあげました。

そう、七夕の夜、この一夜だけ、ふたりは会うことができるのです。


さて。


彦星と呼ばれているのは、わし座の一等星アルタイル。
夜の8時くらい、東の空、天の川のちょっと下に輝いている。

織姫は、こと座の一等星ベガ。
アルタイルよりほんのちょっと北より、天の川の上に輝いている。


まずは、アルタイル。

明るさ0.77等。
夜空の星の中で、12番目に明るい星。
夏の大三角形のひとつ。

大きさは、太陽の1.8倍。
まだ若い(といっても、数億才)。

超高速で、ぐるぐる回っている。
だから、形はだ円形。


おつぎは、ベガ。

明るさ、0.03等。
こちらは、5番目に明るい。

明るさがあまり変わらない。
星の明るさを表す「等級」という単位。
それの基準となっているのが、このベガという星。
ベガを0として、他の星の明るさを決めている。
やはり、夏の大三角のひとつ。

大きさは、太陽の2.7倍。

こちらも、超高速回転中。
もう少し速くなると、星そのものが壊れちゃうくらい速い。


アルタイルとベガ。
どちらも、超高速ぐるぐる回転中。
そんなふたりがデートするんだ。
きっと・・・迫力満点!

それにしても・・・夜、晴れるといいね。


写真は、ベガ。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら

  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ