愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 沖縄のカニが名古屋港に!?

もののしくみ研究室

2014年10月15日 06:00  学び~理科

沖縄のカニが名古屋港に!?

沖縄のカニ、なぜか名港に 朝日新聞

沖縄のカニが、名港、つまり名古屋港でとれたんだって。
どんなカニかというと、「トゲノコギリガザミ」だ。
「トゲ」とか「ノコギリ」とか、なんか危険な感じがするね。
いったい、どんな生き物なんだろう?


・・・


みんな、「ガザミ」って知ってる?
別名「ワタリガニ」。
エビ目・カニ下目・ワタリガニ科のカニだ。

食べるととてもおいしいので、スーパーなどでよく売られているよ。
みんなも、目にしたことがあるんじゃないかな?
今日は、せっかくだから、ガザミの生態について調べてみよう。


ガザミのお母さんが、おなかに卵をかかえるようになるのは、夏から秋にかけて。
ちょうど今くらいだね。

卵をかかえたお母さんガザミは、そのまま冬眠する。
冬は、寝て過ごすんだ。
ヘビやカエル、クマなんかと同じだね。

春。
冬眠から目覚めたお母さんガザミは、卵を産む。

さらに、夏。
お母さんガザミは、もう一度卵を産むよ。
ガザミは、年に2回卵を産む、めずらしい生き物なんだ。


さて。

卵からかえったガザミの赤ちゃん。
自分では泳ぎ回ることができずに、海の中をふわふわただよう生活をおくる。
そう、ガザミの赤ちゃんは、プランクトンなんだ。

プランクトンのガザミ赤ちゃんは、そのほとんどが他の魚に食べられちゃう。
生き残ることができるのは、ほんのわずかなんだって。

プランクトンとしての生活は、一か月ほど。
その一か月を運よく生きぬいた赤ちゃんは、脱皮を繰り返し、子どもガザミに成長する。

子どもガザミは、もうプランクトンじゃないので、自分で泳ぎ回ることができる。
海の浅い場所にも、よくやってくるので、運がよければ、海水浴場などでお目にかかることができるかもしれない。

その後、ガザミは大人になる。
大人になったガザミは、とてもおいしいよ。
だから、食用とされることが多い。
われらが三河湾も、ガザミの産地として有名なんだよ。


さて、話を記事に戻すと・・・

今回、名古屋港でとれたのは、トゲノコギリガザミ。
普通のガザミとくらべると、こうらの周りがトゲトゲしてる。

こうらの幅が25センチメートル。
大きい!

左右のハサミの大きさが違うんだよ。
小さい方のハサミで貝をはさんで、大きい方のハサミで割ってたべるんだって。
器用だね。


このトゲノコギリガザミ、実は沖縄などの暖かい海に住んでいるカニだ。
名古屋港のある伊勢湾で、このカニが見つかったのは、初めてなんだって。
いったい、どうやって沖縄からやってきたんだろう?

名古屋港水族館の松田さんによると、「なぜここにいるのか、わからない。」とのこと。
ナゾだ。
ひょっとしたら、地球温暖化とか、関係してるのかな?


このトゲノコギリガザミくん、名古屋港水族館で展示される予定。
一度、見に行きたいな。

写真は、アミメノコギリガザミ。ウィキペディアより。
トゲノコギリガザミは、もっとトゲトゲしてるのかな?






もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
育て竜の子~どんな苦労があったの?
育て竜の子~いったいどんな動物?
名古屋好きの珍鳥~どんな鳥?
年々数が減少~どうして減っちゃったの?
年々数が減少~日本のネコは何種類?
プラ食う虫~虫が解決してくれる?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 育て竜の子~どんな苦労があったの? (2017-05-27 06:00)
 育て竜の子~いったいどんな動物? (2017-05-26 06:00)
 名古屋好きの珍鳥~どんな鳥? (2017-05-25 06:00)
 年々数が減少~どうして減っちゃったの? (2017-05-22 06:00)
 年々数が減少~日本のネコは何種類? (2017-05-20 06:00)
 プラ食う虫~虫が解決してくれる? (2017-05-19 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ