愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会

もののしくみ研究室

2018年10月12日 06:00  学び~社会

増えるCO2~一番たくさん出しているのは?

『大半のCO2 出す蛇口は』 朝日新聞

前回は、二酸化炭素、CO2のことを書いたよ。
今回は、その続き。

『増えるCO2~CO2って、なにもの?』
http://rakuto-toyota.jp/e460716.html


2011年。
とてつもない大きな地震がおこった。
東日本大震災だ。
その地震によって、とても大きな津波が発生。
東北地方を中心に、大きな被害をもたらした。

福島県にある、福島第一原子力発電所にも、津波はおしよせた。
そして、福島第一原子力発電所は、爆発。
めちゃくちゃに、こわされてしまった。

原子力発電所には、放射能(ほうしゃのう)とよばれる危険なものがたくさんある。
爆発によって、それが、周りの町や村にふりかかってしまった。

たくさんの放射能をあびると、人間は病気になったり死んでしまったりする。
だから、周りの町や村の人たちは、自分の住んでいた場所から逃げなければいけない。
原子力発電所の周りは、人の住めない場所になってしまったんだ。

この事故のあと、日本の人たちは、原子力発電所がいかに危険であるかを実感した。
そして、全国の原子力発電所を、ストップしたんだ。

事故の起こる前、2010年には、日本で使われている電気のうちの32パーセントを、原子力発電所が作っていた。
それが、事故のあと、2012年には、たったの2パーセントまで減った。

そのかわりにかつやくしたのが、火力発電所だ。
石油を燃やして発電する火力発電所は、4パーセントだったものが19パーセントに。
液化天然ガス(えきかてんねんがす:LNG)を燃やして発電する火力発電所は、33パーセントだったものが47パーセントに。
日本の電気の大半は、火力発電所で作られるようになった。

昨年2017年の、日本における発電の割合は、以下の通り。

火力発電    81.7パーセント
原子力発電    2.8パーセント
水力発電     7.6パーセント
太陽光発電    5.7パーセント
風力発電     0.6パーセント
地熱発電     0.2パーセント
バイオマス発電  1.5パーセント

今、日本の電気は、火力発電にたよっている。
ものを燃やすと出てくるのが、二酸化炭素。
火力発電所からは、たくさんの二酸化炭素が出されている。
地球温暖化という問題をかかえている今の地球にとって、火力発電所はうれしいものではない。

火力発電の内訳は、次の通り。

石炭  30.4パーセント
LNG 38.7パーセント
石油   4.1パーセント
その他  8.5パーセント

火力発電所では、石炭や石油、ガスなどを燃やして電気を作っている。
これらは、いずれも、地球の地下などに眠っている資源だ。
取ることのできる量にかぎりがあり、大切にしなければいけない地球の資源。
それを、がんがん燃やしている。

2018年9月。
兵庫県神戸市(こうべし)の人たちが、ある裁判をおこした。

神戸製鋼所などが新しくつくろうとしている石炭火力発電所。
この発電所をつくることを、やめてほしいという裁判だ。

二酸化炭素を出す量を減らして、地球温暖化をストップする。
今、日本をはじめ、世界の国々が、この問題に取り組んでいる。
日本の目標は、2050年までに、二酸化炭素をはじめとする温暖化ガスを80パーセント減らすこと。


ここで、もう一度、記事のタイトルを。

『大半のCO2 出す蛇口は』 朝日新聞

今、日本で、一番多く二酸化炭素を出している、つまり蛇口(じゃぐち)となっているのは、発電所だ。
全ての二酸化炭素のうち、33パーセントが発電所から出されている。

石炭火力発電所のような、特にたくさんの二酸化炭素を出す発電所を新しく作ることは、これからの地球にとってよくないことだ。
裁判を起こした人たちは、こうした思いを持っている。

世界中の多くの国々では、石炭火力発電所をあたらしくつくらないのが当たり前。
そんな中、日本では、30か所以上の石炭火力発電所をつくる計画がある。
世界中の人たちは、そんな日本を見て、びっくりしているらしいよ。

写真は、横浜にある火力発電所。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年10月11日 06:00  学び~社会

増えるCO2~CO2って、なにもの?

『大半のCO2 出す蛇口は』 朝日新聞

CO2(シーオーツー)だって。
聞いたことある?
二酸化炭素(にさんかたんそ)ともいうよ。


CO2は、みんなの身近な所にも、たくさんある。

まずは、気体のCO2。

コーラなどの炭酸飲料(たんさんいんりょう)。
シュワシュワ飛び出す泡は、CO2。
車の排気ガスにもCO2がふくまれている。
そして、みんなが吐き出す息にも、CO2が。


次に、固体のCO2。

冷たい物を買った時にたまについてくる、ドライアイス。
これは、CO2を凍らしたもの。
水に入れると、シュワシュワとけむりが出てくる。
このけむりにまじって、気体に戻ったCO2が出てくる。
けむりそのものは、水蒸気(すいじょうき)。
CO2ではないので、間違えないように。


そんな身近なCO2。

あまりにたくさんあると、地球にとってよくないらしい。

地球には、たくさんの熱エネルギーがある。
太陽からもらう熱、地球内部の熱、人間が作り出す熱、いろいろある。

放っておくと熱がたくさんたまって暑くなりそうだけど、たまった熱は宇宙空間に放出されるので、ご安心。

ところが。

空気中にCO2がたくさんあると、熱がうまく宇宙空間に逃げて行かない。
すると、地球の温度が上がってしまう。

地球温暖化(ちきゅうおんだんか)というわれる現象だ。
今、地球でくらす人たちは、CO2をなるべく減らそうとがんばっている。

車や工場の排ガスにも、なるべくCO2が出ないような工夫がされている。


そんな中。

日本では、ある事件がきっかけになり、CO2がどんと増えている。

2011年。
東北地方を中心に、とてつもない大きな地震がおこった。。
東日本大震災だ。
この地震のせいで、あるものがこわれてしまった。
いったいなんだと思う?


・・・


答えは、福島第一原子力発電所。

原子量発電所がこわれてしまったことで、そうしてCO2が増えるの?
みんな、予想できる?

続きは、次回。


写真は、ドライアイスで実験中の子どもたち。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年10月05日 06:00  学び~社会

日本の都市特性評価~1位になったのは、どこの都市?

2018年10月3日、森記念財団(もりきねんざいだん)の都市戦略研究所(としせんりゃくけんきゅうじょ)が、「日本の都市特性評価(としとくせいひょうか)」というものを、発表したよ。

今、世界では人口が増え続けている。
一方で、日本は少子高齢化(しょうしこうれいか)、つまり、子供の数が少なくて、お年寄りの人が多い状態が進んでいる。
このままでは、いっきに人口が減ると思われる。

人口が減っていく中で、日本ががんばっていくためには、日本にあるそれぞれの都市がその特性、つまりよいところをいかして、よりよい都市を作らなければならない。
そのために、まずは、それぞれの都市の特性を明らかにしなければならない。

そんな思いで行われたのが、「日本の都市特性評価」だ。

調査の対象となったのは、東京都23区を除く、日本の主な都市。
大都市はもちろん、それぞれの県内で人口の多い都市など、全国の72の都市が対象だ。
愛知県からは、名古屋市と豊田市が、対象となっている。

この調査では、対象となったそれぞれの都市について、賃金水準(ちんぎんすいじゅん)や文化財の数など83の項目を調べ上げた。
それらを、「経済・ビジネス」や「文化・交流」といった6つの分野に分けて点数をつけ、ランキングしたんだって。

その結果、ベストテンに選ばれたのは、つぎの10都市。

札幌市(さっぽろし) 北海道
仙台市(せんだいし) 宮城県
つくば市 茨城県
横浜市(よこはまし) 神奈川県
浜松市(はままつし) 静岡県
名古屋市(なごやし) 愛知県
京都市 京都府
大阪市 大阪府
神戸市(こうべし) 兵庫県
福岡市 福岡県

さて、ここで想像タイム。
うえの10の都市のうち、1位になったのは、どこだと思う?
2位は?
3位は?

もうひとつ、われらが愛知県代表の名古屋市は、何位だと思う?
こんな調査もあったくらいだから、あまり期待できないかな?

『行きたい街ランキング再び~名古屋市の結果は?』
http://rakuto-toyota.jp/e457622.html


さらにさらに、豊田市に住んでいる子は、豊田市の順位も予想してね。
ベストテンには入っていないけど、72都市のうち、何番目だと思う?



・・・


まずは、1位。

『「日本の都市力」1位は京都』 朝日新聞

そう、1位は、京都市だ。

「文化・交流」でだんとつ1位。
なんといっても、世界的な観光地だもんね。

でも、それだけではない。
大学の数や、論文の数も、日本で一番多かった。
京都、すごいね。


お次は、2位。

2位は、福岡市。
「経済・ビジネス」で高得点。
新しくお仕事を始める人が、とても多い。
交通も便利。


お次は、3位。

3位は大阪市。

「経済・ビジネス」と「交通・アクセス」が高得点。
ものを売ったり買ったりと、お金がたくさん動く街なんだって。
外国人にむけた案内看板などが充実しているのも、大阪市の特ちょう。


そして、4位。

4位は、名古屋市。
「研究・開発」で高得点。
名古屋市は、教育や研究に関する施設が、たくさんある。
東京と大阪の間にあって、交通も便利。

5位以下は、次の通り。

5位 横浜市
6位 神戸市
7位 札幌市
8位 仙台市
9位 つくば市
10位 浜松市

どう?
みんなの予想、あたった?

さて、最後に、われらが豊田市を見てみよう。

豊田市の順位は・・・14位!

72都市中14位って、けっこうがんばってるね。


この調査について、詳しいことを知りたい子は、こちらのリンクから情報をもらえるよ、
http://mori-m-foundation.or.jp/ius/jpc/

写真は、夜の名古屋駅。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年09月28日 06:00  学び~社会

飢餓人口8.2億人~世界にはどのくらいの人が住んでいるの?

『飢餓人口8.2億人』 朝日新聞

飢餓(きが)、つまり食べるものがなくて苦しんでいる人たちが、世界に8.2億人もいるんだって。

飢餓で苦しむ人たちは、2005年には9億4500万人もいたんだけど、少しずつ減ってきていた。
それが、ここ3年、また増え始めているらしい。
異常気象によってひきおこされた洪水(こうずい)や干ばつによって、十分な食料を作ることができなくなっているんだって。

昨年2017年のデータを見てみると、アフリカに住む人のうち、およそ20パーセントの人が、飢餓に苦しんでいる。
アジアでも、12パーセントの人が、苦しんでいる。
そして、5才よりも小さい子どものうち、栄養が不足してうまく成長できない子が1億5000万人もいる。

異常気象などは、これからも起こるだろう。
一方で、世界の人口はどんどん増え続ける。
食べ物不足は、もっともっと大変なことになるかもしれない。

ところで、みんな、今、世界にどれくらいの人が住んでいるか、知ってる?
ちょっと想像してみてね。

ここからは、6年前の記事から。
世界の人口について。



------------------------------------------------------------------

一昨日、海の健康チェックについて、記事にしました。

「海の健全度!?」
http://rakuto-toyota.jp/e270437.html

その中で、世界の人口が、どんどん増えていることを、紹介したよ。
今日は、世界の人口が、どんな具合に増えているか、みてみよう。


2011年、世界の人口は、70億人を突破したんだって。

200年ちょっと前までは、10億人くらい。

20億人を超えたのが、1927年。
今から、85年前。
200年前から10億人増えるのに、120年かかっている。


さらに10億人増えたのが、1961年。
34年間で、10億人増えたんだ。


このあたりから、世界の人口は、一気に増え始める。

1961年が、30億人。
その10年後、1971年に、40億人。
その16年後、1987年に、50億人。
その11年後、1998年に、60億人。
その13年後、2011年に、70億人。

人口は、これからもどんどん増える。

2050年に、90億人。
2100年までに、100億人を超える。
そんな、予想もある。


こうして、どんどん人口が増えることを、「人口爆発(じんこうばくはつ)」というんだ。
人口が、爆発的に増えるってことだね。

人間が増えれば、仲間が増えるね。
友達も増えるかも。
でも、決して、いいことばかりではないんだよ。


人口が増えすぎると、いろいろな問題が起こる。
みんなは、どんな問題が、起こると思う?


・・・


人口が増えすぎると、いろいろなものが、不足するんだ。

食べ物

住むところ
働く場所
エネルギー

こうしたものが、どんどん不足していく。


食べ物や水を買うのにお金がかかるので、お金持ちの人とそうでない人との生活の差が大きくなる。

仕事が不足すると、都市に人が集まりすぎる。
都市の設備やサービスが、足りない状態になっちゃう。

エネルギーの不足は、時には国どうしの戦争を引き起こすこともある。
こわいよね。


でも、対策もきちんと考えられているよ。

食べ物を、かんたんに安く作り出す技術が開発されたりしている。

エネルギーも、新しい作り方の研究が進んでいる。

国によっては、産んでよい子どもの数を制限しているところもある。

移民といって、人が多すぎる国から、少ない国へ、人が移動することもある。


いまから100年後の地球。
いったい、どうなっているのかな?

今、できること。
きれいな地球、きれいな海を守っていくこと。
とても、大切なことだよね。


写真は、地球。ウィキペディアより。
いつまでも、きれいな星であってほしい。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年09月21日 06:00  学び~社会

北方領土~ロシアと日本の関係は?(再掲)

『共同経済活動へ行程表 日ロ首脳、作成で一致 領土交渉は進まず』 朝日新聞

今年2018年9月10日から13日にかけて。
日本の首相である安倍さんが、ロシアを訪問して、ロシアの大統領のプーチンさんと、いろいろとお話しした。
その中で、話題になったのが、北方領土(ほっぽうりょうど)の問題。

プーチンさんは、北方領土の問題はとりあえずほうっておいて、日本とロシアが仲良くできるように、平和条約を結ぼうというむねの話をした。
それをうけて、日本では、たくさんのニュースが流れたんだ。

平和条約の前に、北方領土の問題をなんとかしなさい。
そんな声が、たくさん聞こえてきた。

そもそも、北方領土の問題って、どんなものなの?

ここからは、2年前の記事で、復習だ。
今回は、前回の続き。

『北方領土~島の名前が読めないよ!?(再掲)』
http://rakuto-toyota.jp/e458187.html



------------------------------------------------------------------


前回は、北方領土(ほっぽうりょうど)の4つの島について、簡単に紹介したよ。

『北方領土~島の名前が読めないよ!?』
http://rakuto-toyota.jp/e352855.html


北方領土の島は、もともと日本のものだったのに、今はロシアが占領(せんりょう)していて、返してくれない。
いったい、どうしてそんなことになっちゃったんだろう?
今日は、そのあたりを見てみよう。


みんなは、第二次世界大戦(だい2じせかいたいせん)とか、太平洋戦争(たいへいようせんそう)って、知ってる?
1939年から1945年にかけて、世界中の国が、戦争に巻き込まれてしまった。
戦ったのは、枢軸国(すうじくこく)と呼ばれる国々と、連合国(れんごうこく)という国々。

枢軸国として戦ったのは、日本、ドイツ、そしてイタリアの3カ国。
一方で、連合国として戦ったのが、イギリス、ロシア(当時はソビエト連邦)、アメリカ、および中国など。

いろいろな国を占領しようとする日本、ドイツ、イタリアの3つの国に対して、世界中の国が連合して戦った。
そんな戦争が、第二次世界大戦だ。

太平洋戦争というのは、その第二次世界大戦の終わりがけに起こった戦争。
こちらは、日本対連合軍の戦争だ。
この時、連合軍の中心にいたのがアメリカで、他にもイギリスやオランダなどが日本と戦った。


1939年にはじまった第二次世界大戦。
1943年7月に、イタリアが降伏(こうふく)し、負けが決まる。
さらに、1945年5月には、ドイツが降伏。
連合軍にとって、残る敵は、日本だけとなった。

1945年2月。
ドイツが降伏する、少し前ののこと。

ロシア(当時はソ連)のヤルタという街で、連合軍の話し合いが行われた。
集まったのは、アメリカ、イギリス、そしてロシアの首脳(しゅのう)たち。

この時、ドイツの負けはほぼ決まっていた。
この会議で話し合われたのは、日本をいかに早く負けさせるかということ。

少しでもはやく戦争を終わらせたいアメリカは、当時、日本と少しだけなかの良かったロシアに、「日本と戦争してくれないか?」とお願いした。
ロシアも、ただでは動かない。

「日本と戦う代わりに、勝ったあと、北方領土をふくむ千島列島(ちしまれっとう)を、ロシアがもらうからね。」
そして、アメリカも、それをみとめた。

この会議の結果、連合国の間でまとめられた約束ごとが、ヤルタ協定(きょうてい)だ。


1945年8月8日。

いよいよロシアが動き出す。
日ソ中立条約(にっそちゅうりつじょうやく)という、「日本とは戦争しないからね。」というお約束を破棄(はき)。
日本に戦争をしかける。


同じく8月14日。

日本は、連合国からの「もういいかげん、おとなしく負けをみとめなさい。」という内容のポツダム宣言(せんげん)を受け入れ、負けを認める。


そして、8月15日。

天皇陛下が、日本の国民に対して、「日本は負けたんだよ。」といことをお知らせになった。
この8月15日が、日本にとっての終戦記念日。
今でも、この日になると、各地で戦争にかんする式典やイベントが行われるよ。


その後、ロシアは、ヤルタ協定にのっとって、日本の北方領土に攻め込んだ。
「戦争に勝てば、北方領土はロシアのもの。」
アメリカとの間で、そんな約束がなされていたから、ロシアとしては当たり前。

いきおいに乗るロシアは、アメリカに対して「北海道の東半分も、ロシアにちょうだい。」と言ったらしい。
これには、アメリカも、「ダメ」とことわった。
もしも、アメリカがこれをことわっていなければ、北海道の半分も、ロシアに占領されていたかもしれないね。


こうした歴史によって、今、北方領土は、ロシアが占領した状態になっている。

「ロシアが北方領土に攻め込んだのは、8月14日に負けを認めた後だ。負けを認めた相手を攻めることはゆるされない。だから、北方領土は日本のもの。返してちょうだい。」
日本の言い分はこんな感じだ。

一方で、ロシアの言い分は、こんな感じになるだろう。
「何言ってるの。北方領土は、ヤルタ協定にもとづいて、ロシアがもらったんだよ。なんで、返さなきゃいけないの?」


戦争が終わって、70年。
日本とロシアの間には、いまだ北方領土問題がくすぶっている。
おたがいが納得できる形で、早く仲直りできるといいね。

写真は、第二次世界大戦の時にとられたもの。ウィキペディアより。
戦争は、たくさんの悲劇を生む。繰り返すことのないようにしてほしいね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年09月20日 05:00  学び~社会

北方領土~島の名前が読めないよ!?(再掲)

『共同経済活動へ行程表 日ロ首脳、作成で一致 領土交渉は進まず』 朝日新聞

今年2018年9月10日から13日にかけて。
日本の首相である安倍さんが、ロシアを訪問して、ロシアの大統領のプーチンさんと、いろいろとお話しした。
その中で、話題になったのが、北方領土(ほっぽうりょうど)の問題。

プーチンさんは、北方領土の問題はとりあえずほうっておいて、日本とロシアが仲良くできるように、平和条約を結ぼうというむねの話をした。
それをうけて、日本では、たくさんのニュースが流れたんだ。

平和条約の前に、北方領土の問題をなんとかしなさい。
そんな声が、たくさん聞こえてきた。

そもそも、北方領土の問題って、どんなものなの?

ここからは、2年前の記事で、復習だ。


------------------------------------------------------------------


『「歯舞、何回も頭の中で言って覚えて」北海道知事が苦言』 朝日新聞


最近、テレビや新聞で、北方領土(ほっぽうりょうど)が話題になることが多いよ。

北方領土といえば、日本とロシアの外交問題(がいこうもんだい)として、よく取り上げられる。
「この島は、日本のものだから、日本に返しなさい。」
「いやいや、この島は、ロシアのものだよ。返さないからね。」
・・・と、数十年にわたって、こんなやりとりが、日本とロシアの間でなされている。

ところが。
最近のニュースで話題になる北方領土は、そういった外交問題ではないらしい。

2月9日、沖縄・北方担当大臣(おきなわ・ほっぷたんとうだいじん)の島尻(しまじり)さんが、記者会見を行った。
そこで北方領土のことを紹介しようとしたんだけど、漢字で書いてあった島の名前を、読むことができなかった。
それで、はじをかいちゃったんだって。

北方領土を担当する大臣が、北方領土の島の名前を読めないなんて、とてもはずかしいよね。
それで、いろいろなニュースで取り上げられることになったんだ。
ある雑誌では、「おバカ」扱いされてしまっているよ。
島尻さんには、大臣として、しっかりと勉強してほしいね。

今日は、みんなも、島尻さんに負けないように、北方領土のことを勉強しておこう。
まずは、想像タイム。

北方領土って、どこのことだと思う?
日本地図が手元にあったら、それをながめながら想像してみて。



・・・



北方領土は、読んで字のごとく、「北方」、つまり北の方にある。

地図でいうと、北海道の右上の方。
右上にむかって、いくつかの島が浮かんでいるよね。
これらの島が、北方領土だ。

主な島は、次の4つ。
歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島だ。

さあ、島尻さんが読めなかった漢字が登場したよ。
みんなは、読めるかな?



・・・



北方領土の一番南。
北海道の根室市(ねむろし)のすぐ近くに、いくつかの小さな島がある。

これが、歯舞群島。
「はぼまいぐんとう」と読むよ。

「歯舞」とは、アイヌ語で、「流氷(りゅうひょう)がひくと見える小さな島」という意味。
昔から日本の領土(りょうど)だったけど、今はロシアが占領(せんりょう)している。


歯舞群島の右上に、ちょっと大きめの島がある。

これが、色丹島。
「しこたんとう」と読むよ。

こちらは、アイヌ語で、「大きな村」という意味。
やはり、ロシアが占領している。


歯舞群島や色丹島の上には、大きな島がある。

これが、国後島。
「くなしりとう」と読むよ。

こちらは、アイヌ語で、「草の島」という意味。
とても大きなこの島も、やはりロシアが占領している。


その国後島の右上には、もっと大きな島がある。

これが、択捉島。
「えとろふとう」と読むよ。
アイヌ語で、「岬のある所」という意味。

日本の周辺では、本州、北海道、九州、四国についで、5番目に大きな島だ。
その大きさは、沖縄本島の2.7倍。
こんな大きな島も、やはりロシアが占領している。


さて、ここまで、北方領土の4つの島を、かんたんに紹介したよ。
みんな、大臣に負けないように、島の名前を読めるようにしておこうね。

今回紹介した北方領土の島は、もともとは日本の領土。
アイヌ語でつけられた名前からもわかるように、アイヌの人たちにも親しみのあった場所だ。
それが、今ではすべてロシアに占領されてしまっている。
そして、日本はロシアに、「返してください。」とお願いしている。

いったい、どうしてそんなことになっちゃったんだろう。
次回は、その歴史をみてみよう。


写真は、択捉島。ウィキペディアより。
大きな山があるね。散布山(ちりっぷやま)という、ちょっと変わった名前の山だよ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年09月19日 06:00  学び~社会

ノルウェーの地球にやさしいホテル~いったいどんなホテル?

地球が温暖化(おんだんか)、つまり、あたたかくなってくる中で、北極の近くを旅行でおとずれる人が増えているらしいよ。
地球があたたかくなって、氷が少なくなる前に、ぜひ行ってみたいという人が多いらしい。

北極に近い国、ノルウェー。
2015年に旅行でノルウェーに行った人は、360万人。
前の年よりも、12パーセントも増えたんだって。

氷につつまれた、美しい自然。
たしかに、一度、見てみたい。

そんなノルウェーにある、スヴァルティセン氷河(ひょうが)。
氷が川のように流れている。
だから、氷河。

このスヴァルティセン氷河に、新しいホテルができるんだって。
大自然の中にホテルなんか作ったら、自然の景観がこわれちゃうし、ホテルから出されるエネルギーで、よけいに地球があたたかくなってしまいそう。

ところが、ご安心。
このホテル、普通のホテルとは、ちがうのだ。

『世界初の「エネルギーを生み出す」ホテル、北極圏で2021年にオープン』 CNN


ホテルの名前は、「スヴァルト」。
2021年のオープンを目指している。

ホテルのような大きな建物をたてようと思うと、とても多くのエネルギーが必要だ。
また、ホテルがたった後も、その運営には、とてもたくさんのエネルギーが必要。
さらに、ホテルが古くなって、建て替えや取り壊しが必要となると、ここでもまた、たくさんのエネルギーが必要だ。

「スヴァルト」は、そうしたエネルギーのすべてを、自分で作り出す。
それどころか、必要となるよりも多くのエネルギーを作り出し、あまった電力は、電力会社に送り出す。

いったい、どうやったら、そんなことができるんだろう?
みんな、想像できる?



・・・



まずは、建物。
石や木材など、なるべく自然の素材を使って建てる。
セメントや鉄などは、使わない。

セメントや鉄は、作る時に石油などの地球の大切な資源を使うので、地球にやさしくない。
また、作る時には、たくさんの二酸化炭素(にさんかたんそ)を出すので、地球温暖化が進んでしまうかもしれない。
その点、自然の素材ならば、そんな心配はご無用だ。

建物を下から支えるのは、木の柱。
水の中に建てた木の柱の上に、ホテルの建物がのっている感じ。
これならば、ホテルが古くなって取り壊すことになっても、自然をもとどおりにすることができる。


次に、省エネ。
省エネとは、電気などのエネルギーを、なるべく使わないように工夫すること。
「スヴァルト」では、テラスを日かげにしてすずしくするなど、たくさんの工夫がされている。
その結果、普通のホテルとくらべると、使うエネルギーを85パーセントも減らすことができるんだって。
これは、すごい。


そして、電気の作り方。
太陽の光がどのように当たるかを、しっかりと調べ上げた。
これによって、太陽の光を、とても効率よく集めることができるようになった。

地球のとてもやさしいホテル、「スヴァルト」。
ノルウェーは遠いけど、ぜひ一度、行ってみたいね。

写真は、ノルウェーの氷河。ウィキペディアより。
氷が、川のように流れている。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年09月13日 06:00  学び~社会

行きたい街ランキング再び~名古屋市の結果は?

おととし2016年。
愛知県の名古屋市が、日本の主な都市についてアンケートを行った。
どんなアンケートかというと、「その年に行ってみたい?それとも行ってみたくない?」というようなもの。
その結果、名古屋市がダントツの最下位になってしまった。

『行きたい街ランキング~名古屋市の結果やいかに? 』
http://rakuto-toyota.jp/e379299.html


あれから、2年。
今年2018年、改めて同じ内容のアンケートを行った。

前回の結果を受けて、名古屋市ではいろいろと対策をねってきた。
だから、今回のアンケートでは、順位があがっているはず。
さて、そのアンケートの結果は・・・

『名古屋また魅力度最下位』 中日新聞


なんと、またも最下位。
なんとも残念な結果に。

前回のアンケートでは、7位大阪市が16.8ポイントに対して、8位名古屋市は1.4ポイント。
ダントツの最下位だった。

今回の結果は、どうだったんだろう?
さっそく見てみよう。


対象となった8つの都市は、東から順に、こんな感じ。

札幌市(北海道)
東京23区(東京都)
横浜市(神奈川県)
名古屋市(愛知県)
京都市(京都府)
大阪市(大阪府)
神戸市(兵庫県)
福岡市(福岡県)

結果を見る前に、ちょっと想像してみよう。
上にあげた都市のうち、みんなが行きたいって思うところはどこ?
ぎゃくに、行きたくないと思う都市は?



・・・


まずは、行きたい街ランキング。

1位 41.7ポイント 札幌市
2位 34.8ポイント 京都市
3位 28.7ポイント 横浜市
4位 28.6ポイント 東京23区
5位 26.1ポイント 神戸市
6位 24.7ポイント 福岡市
7位 18.8ポイント 大阪市
8位  2.7ポイント 名古屋市

名古屋市は、またしても、ダントツ最下位だ。


お次は、魅力(みりょく)にかける、つまり行ってもしょうがないと思われている街ランキング。
こちらは、行きたい街ランキングとは逆で、上の順位の方が、悪い結果になる。
いちばん魅力がなくて、行きたくない街が、1位になるよ。

1位 31.9ポイント 名古屋市
2位 15.7ポイント 福岡市
3位 14.4ポイント 大阪市
4位 14.3ポイント 東京23区
5位  7.6ポイント 札幌市
6位  6.2ポイント 神戸市
7位  5.3ポイント 横浜市
8位  4.7ポイント 京都市

こちらは、名古屋市がダントツのトップ。
魅力ないない街ナンバー1なんて、なんとも悲しい結果だね。

多くの人は、自分が住んでいる街に、少なからず魅力を感じているらしい。
名古屋市をのぞく7つの都市では、自分の街に魅力を感じている人は、26~55パーセントほどいることがわかった。
それに対して、名古屋に住んでいる人で、名古屋市に魅力を感じている人は、たったの17パーセント。
地元の人にも、評価が低いんだね。

さて、前回2016年の結果をうけて、キャチコピーをつくったりと、がんばってきた名古屋市。
結果は、またも前年なことに。
もっともっと、がんばらないといけないのかもね。

ちなみに、2016年の結果をうけて作られた名古屋市のキャッチコピーは、「名古屋なんて、だいすき」。
なかなかいいキャッチコピーだと思うけど、思ったほど広まらなかったのかな。
みんなも、自分の街のキャッチコピーを考えてみて。

写真は、名古屋市にあるパロマ瑞穂(みずほ)スタジアム。
名古屋グランパスのホームスタジアムだよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年08月30日 06:00  学び~社会

幸せのバスケット~ルワンダってどんな国?

愛知県名古屋市(なごやし)の三越百貨店で、ちょっと変わったバスケット(=かご)が売りだされるらしいよ。
名前は、「幸せのバスケット」。
ルワンダという国で作られたらしいよ。

『ルワンダ 幸せのバスケット』 朝日新聞

ルワンダって、どんな国だっけ?
そして、なんで「幸せのバスケット」って呼ばれているんだろう?


ルワンダがあるは、アフリカ大陸の真ん中に近い場所。
海はなく、高地や平原がたくさんある。
丘がいっぱいなので、「千の丘の国」と呼ばれることもあるんだって。

低い場所には、沼地や湖がたくさん。
そして、あの川の源流も、ルワンダにある。

あの川とは、世界で一番長い川。
何と言う川だっけ?
みんな、知ってるかな?



・・・

答えは、ナイル川。
ルワンダから流れ出したこの川は、アフリカ大陸の東よりを、北に向かって流れていく。
そして、エジプトのピラミッドのそばを通って、海へ流れ出るんだ。

その長さは、6650キロメートル。
日本列島を一往復したよりも、長い。
ちなみに、日本で一番長い信濃川(しなのがわ)が367キロメートル。
ナイル川は、比べ物にならないくらい長いよね。

ルワンダの広さは、およそ2万6000平方キロメートル。
日本の14分の1ほどの広さしかない。

人口は、およそ865万人。
広さのわりにたくさんの人が住んでいて、人口密度はアフリカで一番多い。

ルワンダは、かつて、ドイツやベルギーの植民地だった。
そのせいもあって、新しく入ってきた人たちと、もともと住んでいた人たちの間で、紛争が起こったりしている。
1990年前後には、ルワンダ紛争とよばれる、大きな内戦が起きたりもしている。

今回、名古屋の百貨店で売られるバスケットは、そんなルワンダのマヤンゲ村というところで作られたもの。
数十人の女性が、手作りで作っているんだって。

マヤンゲ村では、男の人が病気や紛争でたくさん死んでしまった。
だから、女性たちが、がんばっているんだね。

新聞記事によるとバスケットを作っている女性は、こう語っている。
「バスケットのおかげで食べ物や薬など、大切なものを子どもに与えられる。自分も幸せ。」
なるほど、これは確かに、「幸せのバスケット」だね。

バスケットは、イシンギ草を編んでできている。
染料を使って色がつけられていて、とてもかわいい感じ。
名古屋に行くことがあったら、ぜひ手に取ってみたいね。


写真は、ルワンダを流れるカゲラ川。ウィキペディアより。
ナイル川の源流の一つなんだって。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年07月06日 06:00  学び~社会

一人当たりのプラごみの量~世界で一番はどこの国?

前回もそうだけど、最近、プラごみ、つまりプラスチックのごみのお話しをたくさんしているよ。

『オーストラリアもレジ袋禁止~お客さんの様子は?』
http://rakuto-toyota.jp/e450127.html
『プラスチックのスープ~海をよごす悪い奴』
http://rakuto-toyota.jp/e331987.html
『プラスチックのゴミ~魚よりも重くなっちゃう!?』
http://rakuto-toyota.jp/e350428.html
『プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには?』
http://rakuto-toyota.jp/e405432.html
『プラスチックのゴミを減らせ~今度は、細菌!?』
http://rakuto-toyota.jp/e442452.html


そんな中、昨日、2018年7月5日の新聞に、またもプラごみの記事が。

『プラごみの量 日本×位』 朝日新聞

国連環境計画(こくれんかんきょうけいかく:UNEP)というところが、ある報告書を出したんだって。
どんな報告書かというと、プラごみを出す量を、国ごとにまとめたもの。

この報告書を見ると、国民ひとりあたりが1年間に出すプラごみの量が、国ごとにわかる。
そして、今回、1位、つまり、もっともたくさんのゴミを出した国は・・・

みんな、どこだと思う?
そして、日本は何位?
想像してみてね。



・・・



まずは、1位から。

国民一人当たりのプラごみの量、世界で1位になったのは・・・アメリカだ。
そして、日本は・・・なんと、2位。


日本とアメリカ、それぞれの国民ひとりあたりが1年間に出すプラごみの量は、こんな感じ。

1位 アメリカ 45キログラム
2位 日本   32キログラム

32キログラムって、けっこうな重さだよね。
日本って、ひとりあたりで、こんなにたくさんのプラごみを出しているんだね。

ちなみに、プラごみの量が最も多いのは中国。
でも、中国は人の数も多いからね。
ひとりあたりにした場合、アメリカや日本の方が多いということになる。

以前の記事で紹介したけど、今、海をよごすプラごみが、世界中で話題になっている。
今年2018年6月に、カナダで行われたサミットでも話題になり、「海洋プラスチック憲章」というお約束事がかわされた。

そのお約束事に、2つの国がサインしなかった。
それが、アメリカと日本。

サインしなかった2つの国が1位と2位なんて、なんかかっこ悪いね。
日本も、がんばってゴミを減らしたいね。

写真は、こなごなになったプラスチック。ウィキペディアより。
マイクロプラスチックと呼ばれるこのつぶつぶが、海にたくさん流れ込んでいる。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ