愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会

もののしくみ研究室

2017年07月22日 06:00  学び~社会

地球温暖化~あの乗り物にも影響が!?

二酸化炭素(にさんかたんそ)やメタンガスがひとつの原因といわれている地球温暖化(ちきゅうおんだんか)。
このまま温度が上がっていくと、いろいろなことがおこると言われている。

北極や南極の氷がとけて、海の水が増える。
海の水が増えることで、海に沈んでしまう町も。

温度が高くなることで、大気の状態は不安定に。
異常気象(いじょうきしょう)にみまわれる回数が多くなりそう。

また、ある生き物は小さくなるし、ぎゃくに大きくなる生き物もいるのではと言われている。

『温暖化でちっちゃくなるの!?(再掲)』
http://rakuto-toyota.jp/e310239.html
『温暖化で大きくなるの!?(再掲)』
http://rakuto-toyota.jp/e310240.html

こんな地球温暖化。
実は、ぼくたち人間が使う、ある乗り物にも影響をあたえるらしい。

気温が高くなると困る乗り物。
みんなの中には、乗ったこともある人もいれば、乗ったことのない人もいると思う。
いったいどんな乗り物?
みんな、想像できる?



・・・



答えは、こちらの記事から。

『温暖化進めば、航空機の1~3割に重量制限も 揚力不足』 朝日新聞

気温が上がって困るのは、航空機(こうくうき)、つまり飛行機だ。

飛行機は、そのつばさによって、空気の流れを上にあがっていく力に変えている。
この上にあがっていく力を、揚力(ようりょく)という。
新聞記事によると、気温が高くなると、この揚力を十分にえることができなくなるらしい。

空気の温度が上がると、その密度(みつど)、つまり濃さがうすくなる。
空気がうすいので、そこにつばさをぶつけても、十分な揚力をえることができない。
そんな仕組みなんだって。

アメリカのコロンビア大学の研究チームによると、今世紀後半、つまり2050~2100年にかけて、世界中で飛行機で、乗ることのできる人数を減らさなくてはいけなくなるらしい。
例えば、160人のりの飛行機の場合、12~13人くらい、乗る人を減らさなければいけないんだって。
1機の飛行機に乗ることのできる人数が減ると、飛行機代も高くなりそう。
これは、困ったね。

こうした飛行機への温暖化の影響は、すでに出始めている。
アメリカのアリゾナ州にあるフェニックスの空港では、今年2017年6月に気温が45度を超えると予想される日があった。
そのため、40便の飛行機が欠航となった。

また、もともと気温の高い南アメリカなどの空港では、昼間の便を減らして、夕方や夜の便を増やしているんだって。

地球温暖化、意外なところにも影響があるんだね。


写真は、飛行機から見た青森県。恐山あたり(だと思う)。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年07月21日 06:00  学び~社会

外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは?

『「日本信頼できる?」韓国13%中国16% 6カ国調査』 朝日新聞

朝日新聞によると、新聞通信調査会(しんぶんつうしんちょうさかい)というところが、対日メディア世論調査(たいにちメディアよろんちょうさ)の結果を発表したらしい。
外国の人たちに、いろいろと日本のことを聞いてみて、その結果をまとめたものだ。

対象となった国は、アメリカ・イギリス・フランス・中国・韓国・タイの6つの国。
まずは、これらの国の人たちに、日本のことを信頼できる国かどうかを聞いてみた。

ここで、想像タイム。

これら6つの国の中で、日本のことを信頼できるといってくれた人の割合が多い国は、いったいどこ?
一方で、日本のことを信頼してくれる人の割合が少ない国は?

みんな、想像してみてね。



・・・



その結果、「日本は信頼できる!」としてくれた人の割合は、こんな感じ。

アメリカ 76.7パーセント
イギリス 65.4パーセント
フランス 80.4パーセント
中 国  16.9パーセント
韓 国  13.8パーセント
タ イ  89.0パーセント

一番信頼してくれているのは、タイ。
フランスの人も、80パーセントを超える人たちが信頼してくれている。
これは、うれしいね。

一方で、おとなりの中国や韓国の人は、日本のことをあまり信用してくれていない。
むかしの戦争のことや、領土争いの影響があるのかな?
ちょっと、さびしい感じだね。


面白いのは、次の調査。
アメリカ・イギリス・フランス・中国・韓国・タイの人たちに、知っている日本人の名前を1人、あげてもらった。


まずは、アメリカ。
アメリカの人が知っている日本人。

一番たくさん名前が出たのは、だれだと思う?
2位は、だれ?
3位は?

予想してみてね。



・・・



アメリカの人たちに聞いてみた結果は、こんな感じ。

1位 安倍首相 80人
2位 昭和天皇 55人
3位 イチロー 11人

どう?
予想は、あたった?

ちなみに、安倍首相は、中国や韓国、タイでもトップ。
イギリスやフランスでは、昭和天皇がトップだったみたい。


ちなみに、タイで2位に入ったのは・・・
ここで、またまた想像タイム。

タイで2位に入ったのは、小学生ならだれもが知っている、テレビなどで人気のあのキャラクター。
いったい、だれ?

予想してみてね。



・・・



答えは、ドラえもん。
安倍首相や昭和天皇にまざって、まさかの2位。
ドラえもん、がんばったね。

写真は、タイの首都、バンコク。ウィキペディアより。
タイでは、日本に負けずおとらず、ドラえもんが大人気なんだって。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年07月20日 06:00  学び~社会

海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?

前回は、海流についてお話ししたよ。

『海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について』
http://rakuto-toyota.jp/e412734.html


今日は、こちらの記事から。

『世界初「海流××」、夏から実証試験 IHI』 朝日新聞

IHI(アイ・エイチ・アイ)という日本の会社が、日本の周りを流れる海流を利用して、あれを作ろうとしているらしい。
あれって、いったい何?
ヒントを出すので、みんな想像してみてね。

日本のあれは、主に火の力を使って作っている。
90パーセント近くが火の力。
地球温暖化(ちきゅうおんだんか)のひとつの原因と言われている、二酸化炭素(にさんかたんそ)がたくさん出てしまうので、なるべく減らしていきたいところ。

次に多いのは、水の力を使って作ったもの。
水といっても、川の水。
ダムを作って水のパワーをためこみ、それを使う。

他には、原子の力を使う場合も。
ただし、こちらは、2011年に福島で事故が起こって以来、あまり使われていない。

最近では、太陽光や風の力を使って作ることもある。
地熱やバイオマスなど、いろいろな方法で作ることができるんだ。

で、何を作るんだっけ?
みんな、わかった?


・・・



答えは、電気。

電気は、何かの力を使ってモーターを回せば、作ることができる。
火の力や水の力、風の力。
今、日本では、いろいろな力を使って、電気を作っている。

そして、IHIがやろうとしているのが、海流の力を使って電気を作る、海流発電だ。

海流は、風とはちがい、いつも同じ場所を、同じくらいの速さで流れている。
ここに、水車みたいな羽根を取り付ければ、ぐるぐるいきおいよく回るはず。
ぐるぐる回る羽根にモーターをとりつければ、うまく発電できるはずだ。


今回、IHIが用意したのは、直径11メートルの大きな羽根。
この羽根を、日本海流が流れる鹿児島県の海にしずめて、電気を作る。

この実験は、今年2017年の8月から行われる。
本格的な海流発電の実験が行われるのは、世界ではじめて。
うまくいけば、2020年には、使えるようになるらしいよ。

太陽光や風力などによる発電は、その日の天気によって作ることができる電気の量がかわってくる。
その点、海流発電は、安定して電気をつくることができる。
火力発電のように、二酸化炭素を出すこともないので、地球にやさしい。
海流発電のこれからに、期待したいね。


写真は、日本の周りの海流。ウィキペディアより。
海流の力をいかすことができるのも、島国日本の強みのひとつだよね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年07月19日 06:00  学び~社会

海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について

しばらく前に、風がふく仕組みについて、紹介したよ。

『東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e408585.html


風がふくのは、場所によって温度に差ができて、高気圧や低気圧とよばれるものができるから。
これと同じようなことが、実は、海の水でも起こっている。

風の流れと同じように、海の水にも流れがある。
海流(かいりゅう)というよ。

海流は、風によって海の水が動かされたり、風と同じように海水の温度差によっておこったりする。
そして、われらが日本列島は、4つの海流に囲まれているんだ。


まずは、南の方から流れてくるあたたかい海流を紹介するよ。


太平洋側を南から北にむかって流れるのが、日本海流。

プランクトンが少なくて、水がとてもきれい。
水がきれいなので、上から見ると黒に近い濃い青色に見える。
だから、「黒潮(くろしお)」と呼ばれているよ。


日本海側を、南から北に流れるのは、対馬海流(つしまかいりゅう)。

この海流は、もともとは、日本海流の一部。
それが、日本列島によって分断されて、日本海側に流れてきたものだ。

もともとは日本海流なので、プランクトンが少なく、水がとてもきれい。
青潮(あおしお)などと、呼ばれることもある。

そして、日本海流と同じく、とてもあたたかい。
冬でもあたたかいので、この海流を流れる水は、水蒸気(すいじょうき)となって、雲を作る。

この雲が、日本海側にたくさんの雪を降らせるんだ。
日本海側で雪がたくさん積もるのは、対馬海流のおかげでもある。


お次は、北の方からやってくる、つめたい海流。


太平洋側を、北から南に向かって流れるのは、千島海流(ちしまかいりゅう)。

こちらは、日本海流とはちがって、プランクトンがたくさん。
魚にとっては、栄養がいっぱいの、素敵な海流だ。
魚を育ててくれる親のような海流なので、親潮(おやしお)とも呼ばれている。

南からやってくる日本海流と、北からやってきる千島海流は、東北地方の沖合で、がつんとぶつかる。
ぶつかった場所は、潮目(しおめ)と呼ばれる。
この潮目、漁師さんたちにとっては、とてもよい漁場となる。


ここで、想像タイム。

あたたかい海流とつめたい海流がぶつかりあう潮目。
魚をとってくらしている漁師さんたちにとっては、最高の漁場なんだ。

その理由は、なんでだろう?
想像できる?



・・・



南からは日本海流にのって、あたたかい海が好きな魚がやってくる。
北からは千島海流にのって、つめたい海が好きな魚がやってくる。
潮目では、たくさんの種類の魚をとることができるんだ。

しかも、プランクトンもたくさんいて、魚がたくさん集まってくる。
こんな素敵な漁場は、世界でもめったにないんだ。

ちなみに、潮目でぶつかりあったふたつの海流は、北太平洋海流としてひとつにかたまり、アメリカの方へ流れていくよ。


最後に紹介するのは、リマン海流。
日本海側を、北から南に向かって流れる、つめたい海流だ。

「リマン」とは、ロシア語で、大きな川の河口という意味。
リマン海流は、ロシアを流れるアムール川の河口あたりから流れてくる。
だから、こんな名前がついたんだね。


さて、日本の周りの海流について紹介したところで、新聞記事から。

『世界初「海流××」、夏から実証試験 IHI』 朝日新聞

日本のIHIという会社が、海流の力を使って、何かを作ろうとしているよ。
なんでも、世界ではじめての試みらしい。
いったい、何だと思う?

長くなったので、続きは次回。
写真は、世界を流れる主な海流。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年07月15日 06:00  学び~社会

目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲)

『中国逆転ならず、××××引き続き1位 世界遺産登録数』 朝日新聞

国連教育科学文化機関(こくれんきょういくかがくぶんかきかん:ユネスコ)が定める、世界遺産(せかいいさん)。
今年2017年7月に会議が行われ、いくつかの世界遺産が新しく登録されることになった。

今、世界にある世界遺産の数は、1052個。
今回、中国からは、2つの世界遺産が誕生。
中国にある世界遺産の数は52になり、今まで一番多かったあの国を抜くかとおもわれた。

と、ここで、問題。
世界遺産が一番たくさんある国、いったいどこ?

1.日本
2.イギリス
3.イタリア

さ、どこだと思う?



・・・



答えは、3番。
イタリアだ。

今回の会議が始まる前、イタリアの世界遺産は、51だった。
だから、今回52となった中国に、ぬかれるはずだった。

ところが一転、イタリアからも、2つの新たな世界遺産が登録されることになった。
その結果、イタリアの世界遺産は、53に。
イタリアが1位のままで、中国は2位だ。

ちなみに、今回、日本からも新しい世界遺産が登録されることになった。
日本の世界遺産は、これで21。

ここからは、新しい日本の世界遺産について、むかしの記事で復習だ。


----------------------------------------------

今年、2015年7月、日本の遺産が、新しく世界遺産として登録された。
登録されたのは、『明治日本の産業革命遺産』。
ニュースや新聞でたくさん取り上げられたので、みんなも聞いたことあるよね。
このブログでも、何回かに分けて取り上げたよ。

『日本から新たな世界遺産~世界遺産って、なんだっけ?』
http://rakuto-toyota.jp/e317387.html
『日本から新たな世界遺産~今の日本の世界遺産は?』
http://rakuto-toyota.jp/e317397.html
『日本から新たな世界遺産~遺産の背景にあるものは?』
http://rakuto-toyota.jp/e317804.html
『日本から新たな世界遺産~明治の産業革命って?』
http://rakuto-toyota.jp/e317806.html

さて、そんなニュースが、まだまだ記憶に新しい7月28日。
日本では、文化審議会(ぶんかしんぎかい)が開かれて、新しく世界遺産をめざす候補が決まったよ。

『世界遺産候補に内定 沖ノ島はどんな島?』 朝日新聞

2017年の世界遺産登録を目指すその遺産は・・・沖ノ島だ。
遺産の名前は、『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』。
いったい、どんな遺産なんだろう?
みんな、まずは名前から想像してみてね。

宗像(むなかた)というのは、宗像大社という神社の名前だよ。
ということは、島に神社があるのかな?
神宿る島(かみやどるしま)って、いったいどんな島なんだろう?

・・・

福岡県宗像市(むなかたし)。
九州本土からおよそ60キロメートルはなれた場所に、沖ノ島は浮かんでいる。
島の周りは、およそ4キロメートル。
小さな島だ。

そして、島には沖津宮(おきつみや)という神社がある。
この神社には、昔から海の女神としてあがめられてきた宗像大社の3人の女神のひとり、田心姫神(たごりひめのかみ)がまつられている。

今から1700年の大昔。
4世紀から9世紀にかけてのおよそ500年間。
沖ノ島では、海の安全を祈る祭祀(さいし)が行われていた。
そして、今でのその跡が手つかずで残っているんだ。

沖ノ島は、島そのものがご神体、つまり神様としてあがめられている、とても神聖な場所。
だから、簡単に島に入ることはできない。

神職(しんしょく)、つまり神様につかえる人を除くと、島に入ることができるのは、5月27日の一日だけ。
しかも、入ることができるのは、抽選で選ばれた200人だけなんだ。
女性は入ることができず、男性のみが入ることができるんだって。

他にも・・・
島に行った人は、島で見たり聞いたりしたことをしゃべっていはいけない。
島の草や木、石を持ち帰ってはいけない。
・・・などなど、とてもきびしい決まり事があるんだ。
なんか、とても神秘的な感じがするよね。


沖ノ島は、「海の正倉院」とも呼ばれているよ。
正倉院(しょうそういん)は、今から1300年くらい前西暦700年ころに、聖武天皇(しょうむてんのう)たちが集めたお宝がぎっしりつまっている。
沖ノ島にも、負けず劣らずのお宝が、たくさんあるんだ。

古代の鏡(かがみ)や馬具(ばぐ)、朝鮮半島製の金の指輪、イランのガラス製品などなど。
8万点ものお宝が、国宝に指定されている。
これは、すごいね。


そんな沖ノ島が目指すのは、2017年の世界遺産への登録だ。
はたしてどうなるのか?
楽しみだね。

写真は、宗像大社沖津宮。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年07月08日 06:00  学び~社会

赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!?

次にあげる数字は、とあるくだものの収穫量に関する都道府県別ランキング。

1位 青森県 470000トン
2位 長野県 157200トン
3位 山形県   5060トン

青森県だけで、全国の60パーセント。
青森県と長野県を合わせると、全国の80パーセントをしめているこのくだもの。
いったい、何だと思う?
ヒントは・・・赤。



・・・



答えは、リンゴ。

リンゴは、バラ科リンゴ属の被子植物(ひししょくぶつ)で、双子葉類に分類される。
RAKUTOっ子のみんなは、『被子植物の分類』の歌を思い出してね。


さて、リンゴといえば、赤。
RAKUTOでよくやっている連想ゲームでも、「赤」といえば「リンゴ」と出てくることが多い。
朝日新聞の記事によると、そんな赤いリンゴが、消えるかもしれないらしいよ。

『赤いリンゴ消える? 黄色品種に植え替え…農家の事情』 朝日新聞


おいしいリンゴを育てるのは、けっこう大変だ。

1月から3月にかけて、まだ雪の残るリンゴ農園では、剪定(せんてい)作業が行われる。
よけいな枝を切り落とし、日光が木の中まで入ってこられるようにするんだ。
これをやらないと、おいしいリンゴは育たない。

5月中ごろに行われのは。受粉(じゅふん)の作業。
人の手で行うこともあれば、ハチさんの力を借りることもあるんだって。

6~7月には、摘果(てきか)が行われる。
5つくらい咲いている花から、一番いいリンゴになりそうな花だけのこして、他の花は摘んでしまう。
こうすることで、大きくておいしいリンゴができあがるんだ。

9月から11月にかけて行われるのは、菜つみと玉回し。
菜つみは、余計な葉っぱを取り除く作業。
言葉から、なんとなく想像できるよね。

では、玉まわしとは、どんな作業?
みんな、想像できる?



・・・



玉まわしは、文字通り、実、つまりリンゴを、玉のようにくるりと回す作業だ。

リンゴは、日光がしっかりと当たったところだけが赤くなる。
きれいな赤いリンゴを育てようと思うと、人の手でりんごを回して、全体が赤くなるようにしなければいけない。
これがけっこう難しい作業で、下手な人がこの作業をやると、まわしすぎてリンゴがポロリと落ちてしまうことになる。


このように、リンゴを赤くするためには、とても手間がかかる。
ただでさえ人手が不足している農家の人たちにとって、この作業はとても大変なんだ。
そこで、最近では、赤いリンゴをやめて、黄色いリンゴを育てる農家が増えているんだって。

見た目は黄色でも、味は赤いリンゴと変わらない。
とても、おいしい。

欠点は、なしと間違えちゃう人がいるところ。
なしと間違われないようにするには、どうしたらいいんだろう?
みんな、何かいい方法ない?



・・・



これは、もう、しっかり宣伝するしかないよね。

青森県では、2014年から15年にかけて、テレビやインターネットで、黄色いリンゴのキャンペーンを行ったんだって。
そのキャンペーンの中で、黄色いリンゴを食べたひとのアンケートによると、90パーセントの人が「おいしい」と答えたらしいよ、
黄色いリンゴ、食べてみたいね。

写真は、リンゴ畑。ウィキペディアより。
地面に引いてあるシートは、日光を反射させて、リンゴの下あてるためのもの。
リンゴの下の方を赤くしようと思うと、こうしたシートが必要だ。
このシートを畑に敷き詰める作業も、相当大変なものらしいよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年07月07日 06:00  学び~社会学び~国語

今日は七夕~なんで「たなばた」?

今日は、七夕。

「七夕」と書いて「たなばた」と読む。
ふしぎだよね。
なんで、こんな読み方をするんだろう?

七夕は、もともとは中国の行事で、日本に伝わったときは、「しちせき」と呼ばれていたんだ。

一方で、日本には、「棚機(たなばた)」という、独自の風習があった。
乙女が、着物を織って、棚にそなえて、秋の豊作をいのったり、人々のけがれをはらったりしていた。
この行事のために選ばれた乙女は、「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれていた。

中国から仏教が伝わって以来、日本の「棚機(たなばた)」は7月7日に行われるようになり、いつしか「七夕」も「たなばた」と呼ばれるようになったんだって。
面白いね。

さて、七夕といえば、織姫と彦星の話が有名だよね。

とても仲良しの彦星と織姫。
仕事もほったらかして、2人で遊んでばかり。
それをみた天帝が、「こらー!」と怒って、ふたりを引き離してしまった。

天の川をはさんで、こちらに彦星、あちらに織姫。

しかし、天帝もやさしかった。
悲しむ二人のために、年に一度だけ、会うことを許してあげることにした。

そう、七夕の夜、この一夜だけ、ふたりは会うことができるんだ。


さて。


彦星と呼ばれているのは、わし座の一等星アルタイル。
夜の8時くらい、東の空、天の川のちょっと下に輝いている。

織姫は、こと座の一等星ベガ。
アルタイルよりほんのちょっと北より、天の川の上に輝いている。


まずは、アルタイル。

明るさ0.77等。
夜空の星の中で、12番目に明るい星。
夏の大三角形のひとつ。

大きさは、太陽の1.8倍。
まだ若い(といっても、数億才)。

超高速で、ぐるぐる回っている。
だから、形はだ円形。


おつぎは、ベガ。

明るさ、0.03等。
こちらは、5番目に明るい。

明るさがあまり変わらない。
星の明るさを表す「等級」という単位。
それの基準となっているのが、このベガという星。
ベガを0として、他の星の明るさを決めている。
やはり、夏の大三角のひとつ。

大きさは、太陽の2.7倍。

こちらも、超高速回転中。
もう少し速くなると、星そのものが壊れちゃうくらい速い。


アルタイルとベガ。
どちらも、超高速ぐるぐる回転中。
そんなふたりがデートするんだ。
きっと・・・迫力満点!

それにしても・・・夜、晴れるといいね。

七夕といえば、願い事。
みんなは、どんな願い事を書いた?
写真は、うちの子が1年生の時に書いた願い事。
ヘビになりたいらしい(^^;




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年07月01日 06:00  学び~社会

世界で一番高い山~その高さが変化している?

いきなり問題。

日本で一番高い山は、富士山。
高さは、3776メートル。

では、世界で一番高い山はどこ?
その高さは、どのくらい?

2番目の山は?
3番目の山は?



・・・



世界の山の高さベスト3は、以下の通り。

1位 エベレスト     8848メートル
2位 K2        8611メートル
3位 カンチェンジュンガ 8586メートル

世界一高い山は、エベレスト。
その高さは8848メートルで、富士山の2倍以上。
これは、高いね。


エベレストが見つかったのは、1950年ころのこと。
当時、高い山の調査をしていたインドのウォーさん。
世界一高い山とされていたカンチェンジュンガの高さを調べていた。

その時、ある山が気になった。
カンチェンジュンガの奥の方にたたずむ山だ。

「ひょっとしたら、カンチェンジュンガよりも高いのでは?」とうたがったウォーさん。
その山の高さを調べてみたところ、8840メートルもあることがわかった。

そして、この山に、自分の上司であるエベレストさんの名前をつけた。
これが、エベレストのはじまりだ。

1955年、エベレストの高さが測りなおされ、8848メートルとされた。
この8848メートルが、今もエベレストの高さとされている。

ところが。
最近、この8848メートルという高さが、正確ではないのではないか?といわれるようになってきた。
その原因は、地球温暖化や、地震、地殻変動(ちかくへんどう)など。

大昔、インド半島がオーストラリアの方から移動してきて、ぶつかった。
そのぶつかった場所がゆがむようにしてできたのが、エベレストなどをふくむヒマラヤ山脈。
エベレストは、もともと、地球の地殻変動でできた山なんだね。

地殻変動は、今でも続いている。
ということは、エベレストの高さも、今も変わっているかもしれない。

地殻変動だけではない。
地球温暖化や地震なども、ひょっとすると山の高さに影響をあたえているかもしれない。
そこで、エベレストのあるネパールという国の政府が動き出した。


『エベレストの正確な高さ、ネパール政府が計測へ本腰』 CNN

記事によると、今年2017年7月ごろから作業をはじめ、2年以内に結果を出す予定らしい。

エベレスト。
8848メートルよりも高くなっているのか?
それとも低くなっているのか?
みんなは、どっちだと思う?
結果が、楽しみだね。

写真は、エベレスト。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月30日 06:00  学び~社会

標高日本一の小海線~いったい何をアピールしよう?

JRの小海線(こうみせん)。
山梨県の小淵沢駅(こぶちざわえき)から、長野県の小諸駅(こもろえき)をむすぶ鉄道だ。
八ヶ岳という高い山を通りぬけるため、別名「八ヶ岳高原線」とよばれている。

この鉄道の特ちょうは、とても高い場所を走ること。
甲斐小泉駅(かいこいずみえき)から松原湖(まつばらこ)の間には、9つの駅がある。
これら9つのすべての駅が、標高の高い駅ベスト9に入っている。
途中にある野辺山駅(のべやまえき)の標高は、1345メートル。
JRでは一番高い場所にある駅だ。

清里(きよさと)から野辺山に向かう途中には、JRで一番高い場所を通りぬける。
その場所の標高は、1375メートル。
すんだ山の空気が、とても心地よい場所だ。

さて、こんな小海線(こうみせん)。
今年2017年の夏に、あるキャンペーンを行うらしい。
キャンペーン期間中は、特別な列車が用意される。

列車の名前は、「HIGH RAIL(ハイレール) 1375」。
列車に乗っている間、あることを楽しむことができるように、いろいろなしかけがあるんだって。

いったい、何を楽しむことができるんだろう・・・と、ここで想像タイム。

みんな、JRの会社の人になったことを想像してね。

小海線の特ちょうは、とても高い高原を走ること。
この列車を、たんさんの人に楽しんでもらいたい。

いったい、どんな楽しみを用意したらいいと思う?


すんだ空気
きれいな星空

いろいろとアピールできそうだよね。

・・・

HIGH RAIL(ハイレール) 1375」の特ちょうは、窓の景色をめいっぱい楽しむことができる、大きな窓。
そして、天井のドームに映し出される星空だ。

JRでは、標高1375メートルの場所を走る「天空に一番近い列車」として、星空観察を楽しんでもらうしかけを用意したんだって。
中には、日本一高い場所にある野辺山駅で、1時間の星空観察ができる列車も用意されるらしいよ。

『「天空に一番近い」観光列車…車内で星空映像も』 読売新聞


八ヶ岳高原から見る星空。
とてもきれいなんだろうね。
JRの小海線(こうみせん)。
山梨県の小淵沢駅(こぶちざわえき)から、長野県の小諸駅(こもろえき)をむすぶ鉄道だ。
八ヶ岳という高い山を通りぬけるため、別名「八ヶ岳高原線」とよばれている。

この鉄道の特ちょうは、とても高い場所を走ること。
甲斐小泉駅(かいこいずみえき)から松原湖(まつばらこ)の間には、9つの駅がある。
これら9つのすべての駅が、標高の高い駅ベスト9に入っている。
途中にある野辺山駅(のべやまえき)の標高は、1345メートル。
JRでは一番高い場所にある駅だ。

清里(きよさと)から野辺山に向かう途中には、JRで一番高い場所を通りぬける。
その場所の標高は、1375メートル。
すんだ山の空気が、とても心地よい場所だ。

さて、こんな小海線(こうみせん)。
今年2017年の夏に、あるキャンペーンを行うらしい。
キャンペーン期間中は、特別な列車が用意される。

列車の名前は、「HIGH RAIL(ハイレール) 1375」。
列車に乗っている間、あることを楽しむことができるように、いろいろなしかけがあるんだって。

いったい、何を楽しむことができるんだろう・・・と、ここで想像タイム。

みんな、JRの会社の人になったことを想像してね。

小海線の特ちょうは、とても高い高原を走ること。
この列車を、たんさんの人に楽しんでもらいたい。

いったい、どんな楽しみを用意したらいいと思う?


すんだ空気
きれいな星空

いろいろとアピールできそうだよね。

・・・

HIGH RAIL(ハイレール) 1375」の特ちょうは、窓の景色をめいっぱい楽しむことができる、大きな窓。
そして、天井のドームに映し出される星空だ。

JRでは、標高1375メートルの場所を走る「天空に一番近い列車」として、星空観察を楽しんでもらうしかけを用意したんだって。
中には、異本一高い場所にある野辺山駅で、1時間の星空観察ができる列車も用意されるらしいよ。

『「天空に一番近い」観光列車…車内で星空映像も』 読売新聞


八ヶ岳高原から見る星空。
とてもきれいなんだろうね。
小海線、乗ってみたいね。

写真は、小海線(こうみせん)。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月23日 06:00  学び~社会

世界遺産のヘンダーソン島~あれがたくさん流れ着いちゃった!?

イギリスにある、ヘンダーソン島。
南太平洋にぽっかりとうかぶ、小さな無人島だ。

面積は、およそ37平方キロメートル。
RAKUTO豊田校のある豊田市のおとなり、日進市と同じくらいの大きさだ。

ヘンダーソン島が世界遺産に登録されたのは、1988年のこと。
手つかずの自然がたくさん残っていて、ヘンダーソンオウム、ヘンダーソンクイナなど、この島にしかいない生き物もたくさんいる。
昆虫やカタツムリの多くは、この島にしか住んでいない、固有の種なんだって。

自然がすごいヘンダーソン島。
最近、世界中から、あるものが流れ着いて、困っている。

南半球をめぐる海流のせいで、海をただよっているあれが、たくさんヘンダーソン島に流れ着いているんだって。
中には、日本で作られたものもあるらしい。

いったい、何が流れ着いていると思う?
ヒントは・・・毎日毎日、いろいろなところで、誰かが出しているもの。
みんなも、一日に何個かは、出しているはずだ。



・・・



答えは、ゴミ。

2015年、イギリスなどの研究機関が、ヘンダーソン島の海岸にうちあげられたゴミの調査を行った。
島全体でみつかったゴミの数は、3770万個。
重さにして、17トン。

わかりやすく、1メートル四方で見てみよう。
1メートル四方あたりのゴミの数は、671個。
砂浜に埋まっている小さなゴミは、4496個。
これは、まさに、「ゴミだらけ」の状態だよね。

さらに、研究機関は、それらのゴミが、どこから流れ着いたものかを調べてみた。
一番多かったのは、日本と中国で、それぞれ18パーセントずつ。
他にも、チリやアメリカ、ロシア、スペインなどから流れ着いたとみられるゴミもあった。

今、ヘンダーソン島では、貝がらと間違えてゴミの容器を背負って歩いているヤドカリがいるらしい。
漁でつかう網にからまって死んでしまったウミガメも見つかっている。

『ごみ背負うヤドカリ…世界遺産の島に大量プラ、日本製も』 朝日新聞

日本のゴミが、イギリスの大切な自然をこわしているなんて、悲しいよね。
ゴミは、なるべく減らしていきたいね。

写真は、ヘンダーソン島。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ