愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › カエルの合唱~なんで輪唱のように聞こえるの?

キンダーコース

もののしくみ研究室

2019年01月24日 06:00  学び~理科

カエルの合唱~なんで輪唱のように聞こえるの?

みんな、カエルたちが合唱しているのを、聞いたことがある?
カエルの合唱を聞くことができるのは、春、あたたかくなりはじめるころから。
カエルの種類によってちがうけど、多くのカエルは、春から夏にかけて、合唱するんだ。

身近なところだと、田んぼで聞くことができる。
夕方、日がくれてくると、田んぼにすむカエルたちは、合唱をはじめるよ。

ここで、カエルクイズ。
田んぼなどで、がんばって鳴いているカエル。
鳴いているのは、オス?
それともメス?



・・・



答えは、オス。
オスのカエルたちののどには、鳴嚢(めいのう)と呼ばれるやわらかいまくがある。
その鳴嚢をぷくっとふくらませて、大きな声で鳴く。
一方で、メスは鳴嚢をもっておらず、鳴くことができない。

今度は、想像タイム。
オスのカエルたちが、合唱するようになくのは、何のため?
自由に想像してみてね。



・・・


カエルが鳴く主な理由は、およめさん探し。

オスががんばって鳴くのは、およめさんになってくれるメスを引き寄せるため。
メスにもてるのは、きれいで大きな声で鳴くことのできるオス。
だから、オスのカエルたちは、きそいあうようにして大きな声で合唱するんだ。
他にも、なわばりあらそいなどのために鳴くこともあるよ。

さて、そんなカエルの合唱。
なんでも、その鳴き方に、法則性があるらしい。


『カエルの合唱に法則性』 朝日新聞

同じ田んぼの中に、たくさんのカエルが住んでいるとしよう。
1匹1匹のカエルが好き勝手に鳴きだすと、そこら中でゲコゲコゲコゲコ。
とても、合唱とはいえない状況になるはずだ。
それが、合唱のように聞こえるのは、カエルの鳴き方に、ある法則性、つまりお約束事があるからにちがいない。

そう考えて研究をはじめたのは、筑波大学(つくばだいがく)と大阪大学の研究チームだ。
研究チームは、ニホンアマガエルを観察し、研究を進めた。

ニホンアマガエルのオスは、メスをよぶために、「クワッ」と鳴く。
1秒間に、3回鳴くんだって。

そのニホンアマガエルのオス3匹を1匹ずつケースに入れて、その鳴き声を調べた。
その結果、こんなことがわかったんだって。

鳴き始めたカエルたちは、おたがいの声が重ならないように、輪唱をはじめる。
およそ25秒に、全員が鳴きやむ。
そして、およそ5分後、再び輪唱をはじめる。

そう、カエルたちは、おたがいの声が重ならないように、工夫していたんだ。
だから、合唱とか輪唱にたとえられることが多いんだね。

大阪大学の先生によると、この研究結果は、ぼくたちの生活の中のあることに役立つらしい。
おたがいの声がぶつからないように、ずらして鳴いているカエルの合唱。
いったい、どんなことに役にたつんだろう?


・・・


カエルの合唱は、ネットワークの世界で役に立つらしいよ。

インターネットの世界では、パケットとよばれるデータが、そこら中を行き交っている。
データが多くなると、パケットどうしがぶつかりあって、通信がうまくいかない。
このパケットどうしのぶつかりあいをふせぐために、カエルの合唱が役に立つかもしれないんだって。

カエルのおかげで、ネットがスムーズになる。
なんか、面白いね。


写真は、ニホンアマガエル。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



キンダーコース

もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
鳥類~鳥ってどんな生き物?
爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう
哺乳類と魚類~クジラはどっち?
生き物~ふたつに分けると、何と何?
白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?
絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 鳥類~鳥ってどんな生き物? (2019-03-14 06:00)
 爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう (2019-03-08 06:00)
 哺乳類と魚類~クジラはどっち? (2019-03-07 06:00)
 生き物~ふたつに分けると、何と何? (2019-03-05 06:00)
 白と黒~シマウマのしましまもようは何のため? (2019-03-01 06:00)
 絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ (2019-02-28 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ