愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科

もののしくみ研究室

2018年01月31日 06:00  学び~理科

富士山噴火にそなえて・・・火山灰で困ることは?

今年2018年1月23日。
群馬県にある本白根山(もとしらねさん)という山が、いきなり噴火(ふんか)した。
それにともない、このブログでは、火山の噴火について、数回にわけて取り上げているよ。

『本白根山がいきなり噴火~活火山ってどんな山?』
http://rakuto-toyota.jp/e433314.html
『本白根山がいきなり噴火~活火山の活動度って?』
http://rakuto-toyota.jp/e433414.html
『本白根山がいきなり噴火~噴火警戒レベルって?』
http://rakuto-toyota.jp/e433535.html


今日は、富士山のお話し。
長い間噴火していない富士山。
そろそろ噴火するのではないかと、多くの人が心配している。

富士山が噴火したら、富士山の周りに住んでいる人はもちろんのこと、遠く離れた東京にも、大きな影響をあたえると思われる。

噴火した富士山からは、たくさんの火山灰(かざんばい)がふきあげられる。
その火山灰は、風にのって関東地方へ流れると予想される。

火山灰の被害を特に大きく受けそうなのが、神奈川県。
場所によっては、30センチメートルも積もると言われている。
古い家などは、その重さにたえることができず、くずれてしまうかもしれない。

東京にも、火山灰が降り積もる。
1707年に噴火した時には、1センチメートルの火山灰が積もった。

この程度なら、家がつぶれる心配はなさそうだけど、火山灰はほかにもいろいろと悪さをする。

地面にも、空気中にも、たくさんの火山灰。
いったい、どんな悪さをするんだろう?
みんな、想像してみてね。


・・・


まずは、気軽に外に出られなくなる。

火山灰は、PM2.5などの化学物質とくらべると、健康に与える影響はずっと少ない。
とはいえ、たくさん吸い込むと、肺の病気になってしまうこともある。
むやみな外出は、ひかえるべきだよね。


火山灰は道路にもつもるので、車がうまく走れない。

特に、坂道などは、ずるずるすべって登れない。
視界が悪いので、事故が増えることも考えられる。
同じように、電車も動かなくなるかもしれない。


さらに、飛行機も飛べなくなる。
飛行機のエンジンにとって、火山灰は天敵なんだ。

さらに、困ることがひとつ。
それは、関東地方の電気を作ってくれている火力発電所でおこると思われる。

『富士山噴火・・・発電所守れ』 朝日新聞

火力発電所では、外から空気をどんどん取り入れて、ガスなどを燃やして、電気を作っている。
その空気に火山灰がまじっていたら、うまく発電できなくて、電気は止まってしまう。
だから、発電所の空気取り入れ口には、火山灰防止用のフィルターが設置されている。

東京にある火力発電所では、富士山が噴火したら、2センチメートルほどの火山灰が積もると予想。
噴火後10日ほどで、フィルターが使えなくなると想定していた。

今回、その予想を、20センチメートルと変更。
来年2019年には、あらかじめ予備のフィルターおいておいて、いつでも取り換えできるようにするんだって。

フィルターがつまって、電気を作ることができなくなってしまったら、それこそ大変。
火山の噴火って、いろいろな影響をあたえるんだね。

写真は、富士山。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年01月29日 06:00  学び~理科

本白根山がいきなり噴火~噴火警戒レベルって?

『突然の噴火、警戒レベル「1」で発生 予知の限界指摘も』 朝日新聞

今年2018年1月23日。
群馬県にある本白根山(もとしらねさん)という山が、いきなり噴火(ふんか)した。

本白根山のすぐ横にはスキー場があって、噴火した時には、たくさんのお客さんがスキーを楽しんでいた。
また、同じスキー場では、自衛隊(じえいたい)の人たちが、訓練を行っていた。
そこを、噴火によって空に舞い上がった噴石(ふんせき)が、おそいかかった。
その結果、自衛隊の人1人が死亡、18人の人がけがをしてしまった。


この記事をうけて、前回前々回と、活火山について勉強したよ。

『本白根山がいきなり噴火~活火山ってどんな山?』
http://rakuto-toyota.jp/e433314.html
『本白根山がいきなり噴火~活火山の活動度って?』
http://rakuto-toyota.jp/e433414.html

今回は、その続き。


2007年12月。
いまにも噴火(ふんか)しそうな、火山。
噴火した時に、たくさんの人に影響をあたえそうな火山。
日本にある111の活化火山から、そんな危険な火山をえらんで、監視(かんし)を始めた。

現在、危険として監視されている火山の数は、38。
そして、今回噴火した本白根山とそこに連なる逢ノ峰(あいのみね)、白根山の噴火警戒レベル(ふんかけいかいれべる)は「1」とされていた。
レベル1というのは、噴火の心配はなく、「火山なのでいちおう気を付けておいてね」というレベル。
それがいきなり噴火したものだから、みんなびっくり。

ところで、噴火警戒レベルって、いったい何?
今回は、噴火警戒レベルについて、見てみよう。


・・・



警戒レベルは、5段階に分けられる。

レベル1は、「平常」。
いたって静かな状態。
危険があるとすれば、火口の中くらいだ。
普通の人の生活には、影響なし。

レベル2は、「火口周辺規制(かこうしゅうへんきせい)」。
噴火が発生する可能性があるので、火口の周辺はとても危険。
とはいえ、普通の生活には、影響はない。

レベル3は、「入山規制(にゅうざんきせい)」。
大きな噴火が発生する可能性あり。
山すそ近くに住んでいる人は、要注意だ。
山は、立ち入り禁止になる。

レベル4は、「避難準備(ひなんじゅんび)」。
いよいよ噴火の可能性が高くなっている。
山の周りにすんでいる人は、要注意。
いつでも避難(ひなん)できるように、準備をしよう。

レベル5は、「避難」。
大きな噴火が発生。
山の周りに住んでいる人は、いそいで避難する必要がある。


天気予報に、「注意報」とか「警報(けいほう)」があるよね。
警報になると、その内容によっては、学校がお休みになる。

火山の監視にも、天気予報とおなじように、「警報」というものがある。
レベル2や3は、「警報」にあたる。
レベル4や5は、もっと危険な「特別警報」だ。

今回の噴火をうけて、白根山いったいは、噴火警戒レベルが、「1」から「3」に引き上げられた。
2018年1月現在、日本の活火山で、レベル2以上に指定されている山は、白根山以外にも5つある。

宮崎県と鹿児島県の県境、霧島山(きりしまやま)。
鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)。
そして、鹿児島県の桜島(さくらじま)。
こちら3つの火山と、今回新たに指定された白根山が、レベル3。

群馬県と長野県の県境にある、浅間山(あさまやま)。
鹿児島県の諏訪之瀬島(すわのせじま)。
このふたつの火山は、レベル2。

ところで、火山が噴火すると、どんな影響があるんだろう?
これについては、昔の記事を参考にしてね。

「富士山が噴火!?」
http://rakuto-toyota.jp/e261843.html
「富士山が噴火!?~その2」
http://rakuto-toyota.jp/e262265.html
「富士山が噴火!?~その3」
http://rakuto-toyota.jp/e262396.html


さて。
くり返しになるけど、今回噴火した本白根山とそこに連なる逢ノ峰(あいのみね)、白根山の噴火警戒レベル(ふんかけいかいれべる)は「1」とされていた。
レベル1というのは、噴火の心配はなく、「火山なのでいちおう気を付けておいてね」というレベル。

レベル1で安全とされていた山がいきなり噴火するんだったら、警戒レベルなんてあっても、意味ないよね・・・と思ってしまうよね。
このあたりについては、これから国レベルで話し合いがもたれると思われる。
火山の監視方法や、噴火警戒レベルの設定方法など、いろいろと変わるかもしれないね。



写真は、草津白根山の湯釜。ウィキペディアより。
水温は、18度。
火山ガスをたっぷり含んだ、小さな湖だ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年01月25日 06:00  学び~理科

本白根山がいきなり噴火~活火山の活動度って?

『突然の噴火、警戒レベル「1」で発生 予知の限界指摘も』 朝日新聞

今年2018年1月23日。
群馬県にある本白根山(もとしらねさん)という山が、いきなり噴火(ふんか)した。

本白根山のすぐ横にはスキー場があって、噴火した時には、たくさんのお客さんがスキーを楽しんでいた。
また、同じスキー場では、自衛隊(じえいたい)の人たちが、訓練を行っていた。
そこを、噴火によって空に舞い上がった噴石(ふんせき)が、おそいかかった。
その結果、自衛隊の人1人が死亡、18人の人がけがをしてしまった。


この記事をうけて、前回は活火山について勉強したよ。

『本白根山がいきなり噴火~活火山ってどんな山?』
http://rakuto-toyota.jp/e433314.html

今回は、その続き。
活火山について、もう少しくわしく見てみよう。



・・・



昨日紹介したように、1万年以内に噴火(ふんか)したことがあれば、どれも活火山だ。
しかし、同じ活火山でも、実際に活動している山もあれば、もうすぐ活動しはじめるかもっていう山もあるはずだよね。
9999年前に噴火した山と、10年前に噴火した山では、危険の度合いが全然ちがうと思うんだけど・・・。


そこで、火山噴火予知連絡会(かざんふんかよちれんらくかい)というところが、活火山にランクをつけたんだ。
ランクをつけるにあたり、「100年活動度(かつどうど)」と「1万年活動度」という指数(しすう)を用意した。

100年活動どとは、この100年の間に、その火山がどれだけ活発に活動したかを示す数字だ。
同じように、1万年活用度は、この1万年の間に、その火山がどれだけ活発に活動したかを示す。

すべての活火山について、ふたつの活動度を調べて、ランク付けを行ったよ。


まずは、ランクA。
定義は、こうだ。
「100年活動度、または1万年活動度が特に高い活火山」
いつ噴火してもおかしくない、危険なやつだ。

お次は、ランクB。
「100年活動度、または1万年活動度が高い活火山」
ランクAほどではないけれど、こちらもいつ噴火してもおかしくない火山たちだ。

そして、ランクC。
「100年活動度、および1万年活動度がともに低い活火山」
まあ、よっぽどのことがないかぎり、安心していてだいじょうぶな火山たちだ。


ランクAには、13の火山が指定されている。
北海道の十勝岳(とかちだけ)や、群馬県・長野県の浅間山(あさまやま)、鹿児島県の桜島など。

ランクBには36、ランクCには38の火山が指定されている。
ちなみに、富士山はランクBに指定されているよ。


さて。

このランク付けには、「その火山が噴火した時に、人のくらしにどれだけたくさんの影響を与えることになるのか」は、もりこまれていない。

噴火した時に、たくさんの人に影響をあたえるかもしれない、しかもいつ噴火してもおかしくない、危険や火山はどれだろう?
ランクだけでは、それはわからない。

たとえば、ランクBの富士山。
ランクAほど危険じゃないけど、これが噴火した時の影響は、とてつもなく大きい。

こういう火山については、たとえランクBといえども、いつも監視(かんし)していてほしいよね。


そこで、2009年。

全国110(2017年現在は、111)の火山の中から、人の生活に大きく影響を与えそうな、47の火山がえらばれた。
その後、3つの火山が追加され、あわせて50の火山が、いつも監視されることになった。


さらに。

50の火山の中でも、特に活動する可能性が高い火山については、噴火警戒レベルというものを設定。

国民みんなが、今の火山の状況を、知ることができるようになったんだ。
現在、38の火山で、噴火警戒レベルが設定されている。

次回は、噴火警戒レベルについて、くわしく見てみよう。

写真は、富士山。ウィキペディアより。
富士山も、噴火警戒レベルの対象だ。

「富士山が噴火!?」
http://rakuto-toyota.jp/e261843.html
「富士山が噴火!?~その2」
http://rakuto-toyota.jp/e262265.html
「富士山が噴火!?~その3」
http://rakuto-toyota.jp/e262396.html





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年01月25日 06:00  学び~理科

本白根山がいきなり噴火~活火山ってどんな山?

『突然の噴火、警戒レベル「1」で発生 予知の限界指摘も』 朝日新聞

今年2018年1月23日。
群馬県にある本白根山(もとしらねさん)という山が、いきなり噴火(ふんか)した。

本白根山のすぐ横にはスキー場があって、噴火した時には、たくさんのお客さんがスキーを楽しんでいた。
また、同じスキー場では、自衛隊(じえいたい)の人たちが、訓練を行っていた。
そこに、噴火によって空に舞い上がった噴石(ふんせき)が、おそいかかった。
その結果、自衛隊の人1人が死亡、18人の人がけがをしてしまった。

気象庁では、今回噴火した本白根山と、そこに連なる逢ノ峰(あいのみね)、白根山の3つの山を、ひとつの火山のかたまりと見て、ずっと監視していた。
ただし、関係者の人たちが「噴火するかも」と思って心配していたのは、白根山だ。

白根山は、1976年、1982年、そして1983年には3回と、たびたび噴火している。
しかし、最近はおちついていて、噴火警戒レベルは「1」とされていた。
レベル1というのは、噴火の心配はなく、「火山なのでいちおう気を付けておいてね」というレベル。
それがいきなり噴火したものだから、みんなびっくり。

しかも。
噴火したのは、白根山ではなく、本白根山。
多くの人が心配していたのは、たびたび噴火を起こしてきた白根山。
ここ3000年くらい噴火したことのない本白根山が噴火するなんて、だれもが予想していなかった。


とはいえ、本白根山も、いちおう活火山だ。
活火山とは、およそ1万年以内に、噴火(ふんか)したことのある山のこと。

活火山という名前をきくと、「いまにも噴火しそうな山だ!」という感じがするよね。
1万年もむかしに噴火した火山が、また噴火することがあるのかな?



・・・


もともと、日本では、火山を3つに分類(ぶんるい)していた。

まずは、「活火山」。
1万年前とかではなく、今まさに活動中の火山を「活火山」とよんだ。
鹿児島県の桜島や、長野県と群馬県にまたがる浅間山な
どが、これにあたる。

お次に、「休火山」。
噴火したことはあるけど、今はお休み中の火山だ。
富士山などが、これにあたる。

最後に、「死火山」。
火山なんだけど、歴史をたどってみても、噴火したことがない山。
これを、「死火山」といった。


しかし、活火山と休火山、これを見分けるのは、とても難しい。

そこで、今から50年ほど前、1965年ころからは、噴火した歴史が残っている火山を、全部「活火山」とよぶことにしたんだ。
1968年には、富士山も活火山として分類された。


いつ噴火がおこってもおかしくない「活火山」。
もう噴火する心配のない「死火山」

こうして分類しておけば、どの山が危険で、どの山が安全なのか、よくわかる。


ところが。

1955年、北海道で雌阿寒岳(めあかんだけ)が噴火した。
雌阿寒岳(めあかんだけ)は、死火山と分類されていた。
だから、だれもが噴火するとは思っていなかった。

1968年。
今度は、長野県で御嶽山(おんたけさん)が噴火。
こちらも「死火山」だと思っていたので、みんなびっくり。

かつて「休火山」と分類された火山も、次々と噴火する。

1970年に、秋田駒ヶ岳(あきたこまがたけ)が噴火。
1990年には、雲仙岳(うんぜんだけ)が噴火した。


せっかく、「活火山」「休火山」「死火山」に分類したのに、これでは意味がない。
そこで、1991年、「活火山」の定義(ていぎ)が変更されることになった。

今までは、「今まさに活動中の火山」が「活火山」だった。
これを、「この2000年以内に噴火したことのある火山」と「活火山」とするように変更した。


その後、火山活動に関する研究が、どんどん進み・・・
火山の活動は、とても息が長く、2000年以上お休みしていた火山が、噴火するかもしれないということがわかった。

それをうけて、2003年、またもや「活火山」の定義が変更された。
およそ1万年以内に、噴火(ふんか)したことのある火山と、「活火山」とすることにしたんだ。


現在、日本では、111の火山が「活火山」として分類されている。

その111の火山の中から、人の生活に大きく影響を与えそうな火山がえらばれている。
えらばれた火山の数は、50。
この中には、富士山も入っているよ。

さて、ちょっと長くなったので、今日はここまで。
次回は、記事にある「噴火警戒レベル(ふんかけいかいレベル)」について、見てみよう。

写真は、「火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山」。
気象庁ホームページより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年01月20日 06:00  学び~理科

愛称選んでね~何の赤ちゃん?

今から200年ほど昔、1700年代後半から1800年代はじめにかけてのこと。
たくさんのイギリス人が、オーストラリアに移り住んできた。

オーストラリアに移り住んできたイギリス人たちは、そこで見たこともない動物を目にすることになる。
その動物の大きさは、60から70センチメートルくらい。

木にしがみついて生活するその動物に、イギリス人たちはいろいろな呼び方をつけた。
「サル熊」、「固有のクマ」、「木のクマ」などなど、そんな意味の英語の名前を、その動物に対してつけたんだ。
見た目が、クマに似ていたんだろうね。

ここで、問題。
オーストラリアに住むこの動物。
今では、クマの仲間ではないということがわかって、まったく別の呼び方をされている。

いったい、どんな動物?
想像してみてね。



・・・



答えは、コアラ。
ここで、朝日新聞の記事。

『赤ちゃんコアラ 愛称選んでね』 朝日新聞

愛知県名古屋市にある東山動植物園。
昨年2017年4月、新しくコアラの赤ちゃんが生まれた。

すくすくと元気に育っている赤ちゃん。
母親のホリーといっしょにくらしているよ。

この赤ちゃん、名前がまだない。
そこで、東山動植物園では、コアラの愛称を決めることにした。

愛称は、5つの候補の中から、投票によってえらばれる。
投票には、だれでも参加可能。
みんなも、投票することができるよ。

名前の候補は、つぎの5つ。

「アンマ」
オーストラリアの先住民であるアボリジニーの言葉で、「平原」という意味。

「こまち」
かわいらしく育つようにという思いがこもっている。

「ミユ」
ミライ、希望を結ぶという思いがこもっている。

「ユキ」
雪の時期に、お母さんの袋から出てくるようになったから。

「ヨーク」
オーストラリアにある「ヨーク岬」から。

みんなだったら、どの名前に投票する?

投票は、今年2018年1月28日まで。
動物園の投票箱に入れてもいいし、メールでも投票できる。

詳しくは、東山動植物園のホームページを見てね。
https://news.higashiyama-park.com/entry-3918.html


写真は、東山動物園にて。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年01月11日 06:00  学び~理科

闇があるから愛はかがやく~真っ黒ってどんな色?

『闇があるから愛はかがやく』 朝日新聞

「闇(やみ)」とか、「愛」とか、この記事は、いったいどんなニュースなの?


・・・


実はこれ、極楽鳥(ごくらくちょう)という鳥のニュースなんだ。

極楽鳥は、オーストラリアなどに住んでいる、スズメ目の鳥の仲間だ。
風鳥(フウチョウ)と呼ばれることもある。

極楽鳥のとくひょうのひとつは、オスの羽根が真っ黒なこと。
新聞記事によると、アメリカの研究チームが、極楽鳥の羽根が、光の99.95パーセントを吸収していることをつきとめたんだって。

光の99.95パーセントを吸収って、いったい何がおこっていて、その結果、極楽鳥の羽根がどんな風に見えるんだろう?

ここからは、4年前の記事で、「真っ黒」について復習だ。


--------------------------------------------

5月のホップ理科は、「光」だったよね。
その中で、白いものは、たくさんの光を反射するよってことを勉強した。
だから、夏は白い服を着た方が、すずしく過ごすことができる。

反対に、光をたくさん吸収する色は、何色だったか覚えてる?
光をほとんど反射せずに、どんどん吸収してしまう色。
冬にこの色の服を着ると、ぽかぽかあたたかい。
一方で、夏は、暑すぎ。

さて、何色?


・・・


答えは、黒。
黒は、光をほとんど反射しない。
夜中に黒い服を着て出歩くと、自動車などから見えにくいので、これは危険だ。


今日は、そんな「黒」の話題。

まずは、連想ゲーム。
世の中にある黒いもの、何か思いつく?
紙とえんぴつを用意して、どんどん書き出してみて。
何個くらい、思いつくかな?
マインドマップを使って、最初のブランチを「学校にあるもの」とか「街にあるもの」などとすると、黒いものがどんどん出てくるよ。


・・・


どう?
黒いもの、たくさん思い浮かんだかな?

次に。
いま思い浮かべた黒いものの中で、一番黒いものはどれだろう?
本当の真っ黒って、いったいどんな色?


・・・


実をいうと、本当の真っ黒、つまり光を100パーセント吸収してしまう色を作ることは、相当むずかしいらしい。
光を100パーセント吸収するということは、まったく目に見えない状態になってしまうということだ。

身の回りにある黒いものを見てみると、表面のでこぼこなどがあれば、そのでこぼこを目で見ることができるよね。
たとえば、黒いサイコロがあったとして、前の面と横の面、上の面のちがいは、はっきりとわかるはずだ。
これは、黒いといえども、多少なりとも光を反射しているからだ。

光をまったく反射していなければ、目に見えない状態になって、でこぼこも見えないはず。
本当に真っ黒なものがあると、いったいどんな風に見えるんだろう?


CNNに、こんな記事があったよ。
「世界一黒い物質」、英企業が開発 CNN


イギリスの会社が、世界一黒いものを開発したらしいよ。
さっそく、写真(CNNサイトより)を見てみよう。




黒いものが映っているよね。
本当に真っ黒で、まるで穴があいているようだ。

これは、あるものの上の一部に作られた、黒い色だ。
みんなのおうちにもある、このあるもの。
いったい、何だと思う?

ヒントは・・・

台所にあるよ。
普通は、銀色をしている。
自由に形を変えられるので、お皿みたいにして料理をのせたり、お弁当の中のしきりにも使われる。
わかるかな?


・・・


答えは、アルミホイル。
この写真にうつっているアルミホイルは、わざとしわしわにしてある。
しわしわなのに、黒い部分を見ると、まったくしわがわからないよね。
これこそ、真っ黒だ。


まるでブラックホールのように、光を吸収する黒い物質。
光の99.96パーセントを吸収しちゃうんだって。
普段、生活の仲で目にする黒は、95~98パーセント吸収するのに比べると、すごい吸収率だ。

この黒を使って服をつくると・・・
どんな風に見えると思う?
想像してみてね。


・・・


今回、この「黒」を開発した会社につとめるノーザムさんによると、「2次元のボール紙の切り抜きのように見えるだろう。」とのこと。
体のでこぼこがぜんぜんわからないので、紙を切り抜いたように、ぽかんと穴があいた感じに見えるらしい。
面白いね。


ところで、この黒、いったい何の役立つんだろう?
この黒の使い道、ちょっと想像してみて。


・・・


記事によると、不要な光が機械の中に入らないようにすることで、空撮用のカメラや望遠鏡などの性能アップが見込めるらしいよ。
なるほど!



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年01月06日 06:00  学び~理科

氷の下に生命!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成29年12月24日(月)~平成30年1月7日(日)まで、冬期講習ウィーク及び年末年始の休業のため、通常レッスンはお休みです。
ブログは、過去記事を再掲します。

新しい2018年は、ロシアで大きなイベントがあるよ。
サッカー好きならば誰もが知っている、サッカーのワールドカップだ。
世界中からすごい選手がたくさん集まって、ロシアは大盛り上がりになるはずだ。

今回の過去ブログシリーズは、「ロシア」というキーワードで検索してみたよ。

----------------------------------------

南極 氷の下に生命? 朝日新聞


氷におおわれた、南極大陸。

ここには、たくさんの国の研究基地がある。
ロシアの研究基地、ボストーク基地もそのひとつ。

この、ボストーク基地のすぐ近くに、大きな湖がある。
その名も、ボストーク湖。

長さ250キロメートル。
幅は、40キロメートル。
大きさは、琵琶湖の20倍もある。

深さも、すごい。
深いところでは、800メートルに達する。
日本で一番深い湖は、秋田県にある田沢湖。
田沢湖の深さは、およそ400メートル。
比べてみると、その深さがよくわかる。


それにしても、すべてが凍りつくほどの南極で、湖が凍らずにあるというのは、どういうことなんだろう?

実は、この湖は、氷底湖(ひょうていこ)と呼ばれるものだ。
氷底湖とは、氷の底にある湖の事。
つまり、地下にある。

南極の表面から、地下に4キロメートル。
ボストーク湖は、こんなに深い場所にある。

回りはすべて氷で、閉じ込められるようにして、地下に存在している。

今回の記事は、このボストーク湖が、その舞台だ。


ロシアの研究チームが、ボストーク湖の水をとってきた。
この水を、アメリカのボーリング・グリーン州立大学の研究者が、調査した。

その結果、たくさんの生物の遺伝子(いでんし)が見つかった。

ということは・・・

どうも、ボストーク湖には、生物がいるらしい。


今回の調査によると、ボストーク湖にいる生物のほとんどは、バクテリアと呼ばれるもの。
小さいけれど、りっぱな生物だ。

ボストーク湖が、氷の中にとじこめられたのは、およそ1500万年前。

1500万年もの間、氷に閉じ込められた状態だ。
光もあたらないし、栄養もかぎられている。

まさか、こんな場所に、生物がいるなんて、みんな想像もしていなかった。
研究者の人たちも、びっくり!


ここで、話は、宇宙に飛ぶ。

木星の回りをくるくる回っている衛星、エウロパ。

ここには、海がある。
地球のように、表面にある海ではない。

エウロパの表面は、氷におおわれている。
海は、その氷の下。
つまり、地下にある。

あれ?
これって、ボストーク湖に似てない?


・・・・・


そう、エウロパの海は、ボストーク湖の環境とそっくりだ。

今回、ボストーク湖から、いるはずもないと思っていた生物が見つかった。

ということは・・・

エウロパの海にも、生物がいるかもしれないってことだ。

これは、すごい発見だね。


写真は、エウロパ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年01月03日 06:00  学び~理科

ミサイルとロケット、どっちなのさ!(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成29年12月24日(月)~平成30年1月7日(日)まで、冬期講習ウィーク及び年末年始の休業のため、通常レッスンはお休みです。
ブログは、過去記事を再掲します。

新しい2018年は、ロシアで大きなイベントがあるよ。
サッカー好きならば誰もが知っている、サッカーのワールドカップだ。
世界中からすごい選手がたくさん集まって、ロシアは大盛り上がりになるはずだ。

今回の過去ブログシリーズは、「ロシア」というキーワードで検索してみたよ。

----------------------------------------

北朝鮮、弾道ミサイル発射 人工衛星を軌道投入
北朝鮮「衛星から将軍の歌響く」 発射「100点満点」 朝日新聞


日本のおとなりの国、韓国。
さらにそのおとなりの国、北朝鮮。

12月12日。
その北朝鮮から、ミサイルが発射されたというニュースが飛び込んできた。

ミサイルというと、敵を攻撃するための武器だよね。
ま、今回は、実験なので、本当にどこかを攻撃するわけではない。
でも、こわい!

ところが・・・

北朝鮮の人たちは、ミサイルではなく衛星を打ちあげるためのロケットだといっている。

ロケットならば、戦争のためのものではない。
衛星を運んだりするのが、お仕事。

北朝鮮では、「衛星の打ち上げに成功」というニュースが流れて、みんな大喜びしている。

ミサイル?ロケット?
いったい、どっちが本当なの?


そもそも、ミサイルとロケットの違いは何だろう?

目的は、当然違うよね。

ミサイルは、敵を攻撃するため。
ロケットは、観測衛星(かんそくえいせい)など、人の生活に役立つものを打ち上げるため。


どちらも、空の高い所を飛んで、ものを運ぶというところは同じ。

運ぶものは、ミサイルならば爆弾(ばくだん)、ロケットならば人工衛星など。


ただし、飛ぶ高さがちょっと違うらしい。

ミサイルは、大気圏(たいきけん)を突き抜けて、さらに高い所まで飛んでいく。
そこで、爆弾を切り離し、爆弾は攻撃目標をめがけて飛んでいく。

一方で、ロケット。
こちらは、大気圏を突破してしばらくすると、水平飛行。
ミサイルほど、高い所までは飛んで行かない。
そこで、衛星を切り離す。


構造(こうぞう)などは、どうなんだろう?

実は、ミサイルもロケットも、ほとんど同じ構造らしい。
ロシアのロケットでは、使わなくなったミサイルを、ちょっと改造しただけのものもある。


技術面(ぎじゅつめん)では、どうだろう?

ミサイルもロケットも、構造が同じなので、作り方はほとんど一緒。
ただし、違うところが一点。

ロケットで運んだ衛星は、地球に戻ることなく、地球の周りをくるくる回る。

一方で、ミサイルで運んだ爆弾は、再び地球にもどってくる。
この時、大気園を突破する必要があるんだけど、とてもとても熱くなる。
よほど丈夫なものでないと、燃え尽きてしまうほど熱くなる。

この熱にたえられるものを作るのには、たいへんな技術がいるらしい。


つまり・・・。

ミサイルとロケット。

作り方は、ほぼ同じ。
ただし、技術的には、ミサイルの方が難しい。
ということだ。


さて、今回、北朝鮮が発射したミサイル。

世界中の多くの国では、「衛星を運ぶのが目的ではなくて、本当は爆弾を運ぶための実験だ」と思っている人が多い。

北朝鮮は、あくまで「衛星を運んだんだよ」と言ってるけど・・・。

いったい、どちらが本当なんだろう?
どちらにしても・・・戦争なんかにならないようにしてほしいね。


写真は、北朝鮮の国旗。
みんなで、一緒に、平和な世界を目指してほしい。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年12月29日 06:00  学び~理科

チーターの速さはどれくらい?~ボルトvsチーター!(再掲)

RAKUTO豊田校では、昨日をもって、2017年冬期講習が終わりました。
受講してくれたみなさん、ありがとう!
楽しんでもらえたかな?

さて、今回の算数では、『速さ』がテーマ。
スライドでは、チーターが大活躍してたよね。
そこで、むかし、こんな記事を書いていたのを思い出したので、改めて。

------------------------------------------

「ボルトの4倍!チーターの武器、速さより瞬発力」 CNN


チーター!
速さより瞬発力(しゅんぱつりょく)だって。

瞬発力がすごいということは、とまってるところから「よーい、どん!」で走り出して、あっという間にすごい速さまで達することができるかということ。

よーい、どん!
ピューン!!
・・・って、感じかな?

ボルトの4倍って、すごいよね。
去年のロンドンオリンピックで、ボルトの走りを見たけど、彼も相当速い。
その4倍というのだから、これはすごい。

チーターがオリンピックの100メートル走に出場したら、いったいどんなタイムが出るんだろうね?
相当、はやいかな?

ボルトがロンドンオリンピックで金メダルを取ったときの記録は・・・
9秒63!

同じくボルトが、2009年の世界選手権で出した、世界最高記録は・・・
9秒58!

チーターが100メートル走を走ると、いったいどんなタイムが出るんだろう?


・・・と、そんなことを考えていたら、こんな記事を見つけたよ。


「チーターのサラ、100メートルを×秒××」 ナショナルジオグラフィック


何年か前の話。
アメリカのオハイオ州にある、シンシナティ動物園。

ここで、チーターの100メートル走が行われた。


出場したチーターは、5頭。

ルールは、オリンピックの100メートル走と同じ。
とまった状態から、「よーい、どん!」して、ゴールを目指す。

チーターたちが本気で走ることができるように、トラックで犬のぬいぐりみを引きずって、エサにみせかける。


チーターたちは、犬のぬいぐるみをおいかけて、猛ダッシュ!

この時、一番速いタイムをたたきだしたのが、サラちゃん。

サラちゃんは、この時、11才。
チーターの寿命は、だいたい12~14年とのこと。
それを思うと、サラちゃん、結構、お年寄りだね。

それでも、がんばって、最高記録を出したサラちゃん。

さて、いったい、どのくらいのタイムをたたきだしたのだろう?

ボルトの世界記録は、9秒58。
この時の、ボルトの最高速度は、時速44キロメートル。

チーターのサラちゃん。
瞬発力は、ボルトの4倍。
レース中の最高速度は、時速98キロメートル。

さて、想像してみよう。
サラちゃんのタイムは、何秒くらいだと思う?


・・・


答えは・・・5秒95!
めちゃくちゃ、速い!

ボルトと一緒に走ると、どのくらいの差がつくんだろう?
サラちゃんとボルトが競争している場面を、想像してみよう!

写真は、チーター。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年12月21日 06:00  学び~理科

東大のチームが開発した新しいガラス~いったいどんなガラス?

みんな、ガラスって知ってるよね。
窓ガラスに使われているガラスだよ。

今日は、東京大学の研究チームが発明した、新しいガラスについて紹介するんだけど、まずは想像タイム。

ガラスが窓ガラスとして使われているのは、ガラスがもっている特徴(とくちょう)がすばらしいから。
ガラスのすばらしい特徴って、いったい何?
ガラスには、どんな特徴がある?
みんな、想像してみてね。



・・・



ガラスには、いろいろな種類のものがあるけど、よく使われているのは「ソーダ石灰ガラス(ソーダせっかいガラス)」と呼ばれているもの。
ケイ素や炭酸ナトリウム(たんさんナトリウム)、炭酸カルシウムなどをまぜあわせて作られる。
ソーダ石灰ガラスはお金もかからず簡単にできるので、窓ガラスなどによく使われる。

さて、ここからは、ガラスの特徴について。

まずは、なんといっても、透明(とうめい)なこと。
もしも窓ガラスが透明じゃなかったら、外の景色を見ることができない。
外の景色を見ることができないと、いろんなことで困ってしまいそう。

次に、ガラスは、かたいくて強い。
よほど大きな力がはたらかないかぎり割れることはないし、雨にさらされてもとけてしまうこともない。
キズもつきにくくて、何年たってもきれいで透明なガラスのまま。
もしもガラスがすぐにこわれてしまうようなものだったら、窓ガラスには使われていないよね。

次は、お母さんがよろこびそうな特徴。
ガラスは、なめらかで汚れ(よごれ)を落としやすい。
つまり、おそうじがかんたん。
多少のよごれであれば、さっとひとふきで、ピカピカになる。
もしも、ガラスの汚れが落ちにくかったら。
いつも汚い窓ガラスは、気分がよくないよね。

すばらしい良いところをたくさんもっているガラス。
その一方で、欠点もある。

なんといっても、割れやすいこと。
強いとはいえ、ある程度の力をこめれば、ガラスにはひびが入る。
されに強い力をこめれば、ぱりんと割れてしまう。

ひびの入ったガラスや、割れてしまったガラスは、人の体を傷つけることもあって、ほうっておくととても危険。
こうしたガラスを直そうと思うと、高温でとかしてくっつけるしかない。

ここで、朝日新聞の記事。

『割れても常温でくっつくガラス』 朝日新聞

朝日新聞によると、東京大学の研究チームが、われても常温(じょうおん)、つまりふだんすごしている気温の中で、ふたたびくっつくガラスを発明したらしい。

この新しいガラスには、ポリエーテルチオ尿素(にょうそ)という、新しい素材が使われている。
もしも割れてしまっても、割れ目を強くおしあてておけば、1~6時間で再びくっつく。
そして、ガラスの強さも、もとどおりになる。

ガラスが割れてしまった場合、普通は1000度くらいの高温で溶かさないと、くっつけることはできない。
それが、常温でくっつけることができる。
これは、すごいガラスだね。

この新しいガラスは、今年2017年12月14日に、アメリカの雑誌で紹介される予定。
もしもわれてしまっても、すぐに直すことができる。
家の窓ガラスがこんなガラスだったら、とても便利だね。

写真は、おなべ。ウィキペディアより。
汚れがつきにくいガラスは、おなべの表面にも使われることがある。
ホーローと呼ばれているものだよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ