愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科

もののしくみ研究室

2017年08月31日 06:00  学び~理科

水族館大国日本~一番歴史のある水族館は?

前回は、日本の水族館について、紹介したよ。

『水族館大国日本~人気の水族館はどこ?』
http://rakuto-toyota.jp/e417416.html

日本には、100以上の水族館があり、国民ひとりあたりの水族館の数は、世界一だと言われている。
日本は、水族館大国なんだ。

そんな数ある水族館の中で、もっとも歴史がある、つまり一番むかしからやっている水族館。
それは・・・



・・・



富山県魚津市(うおづし)。
ここに、日本で一番歴史のある水族館がある。
魚津水族館だ。

魚津水族館ができたのは、1913年のこと。
今でこそ、それほど大きな水族館ではないと思われてしまうけど、できた当初は、日本でも有数の水族館として話題になった。

1981には、大きな水そうにアクリルでできたトンネルを作った。
アクリルで作られた水中トンネルは、今でこそたくさんあるけど、魚津水族館のこのトンネルが、世界ではじめてのアクリル製トンネルだったらしいよ。

マツカサウオという魚がいる。
この魚、暗くなると体を光らせる。
なぜ光らせるのかはよくわかっていないけど、エサを呼び寄せるためではないかと言われている。

このマツカサウオが、体を光らせる発光魚(はっこうぎょ)であるということを見つけたのは、魚津水族館だ。
どうやって見つけ出したかというと、まったくの偶然(ぐうぜん)。

1914年、魚津水族館ができて、2年目のこと。
水族館で、停電(ていでん)がおこった。

真っ暗になった水族館。
係の人が、マツカサウオの泳いでいる水そうを見てみると・・・
なんと、魚が光っている。

そう、マツカサウオが発光魚だとわかったのは、停電のおかげ。
面白いお話しだよね。


そんな魚津水族館では、今年2017年の夏、ちょっとおもしろい取り組みにチャレンジしている。

『トンボ飛び回る水族館…学芸員、放し飼いに挑戦』 読売新聞


水族館といえば、水そうの中の魚などの生き物が主役。
多くの水族館では、水そうや水そうの中の展示物を工夫して、その生き物たちが生きている自然の環境に、なるべく近づけようと努力している。

魚津水族館では、富山の川を再現してみてもらおうと、いろいろと工夫してきた。
そんな中、水族館ではたらく不破(ふわ)さんは、本物の川には、魚だけではなく、トンボなどの虫もいるよな・・・と、気が付いた。
そこで、本物の川により近づけようと、水族館の中でトンボを放し飼いすることにしたんだって。

トンボの放し飼い。
簡単そうでいて、実はとてもむずかしい。

まずは、エサ。
トンボは、生きている虫しか食べない。

不破さんは、生きているハエをトンボに食べさせようとするんだけど、トンボからすると人間の手からエサをもらうなんて考えられない。
エサをつける針や、エサの向きなどを工夫して、なんとかうまくあげることができるようになった。

もう一つ困ったことが。
トンボたちは、夜になると、水族館の中の池のそばにいって、おやすみする。
ところが、その池には、カエルがいる。
トンボたちは、カエルにとっては、おいしいエサだ。
こうして、カエルに食べられてしまうトンボがたくさんいた。
そこで、不破さんは、水族館がしまった後、毎日トンボたちをアミでつかまえて、夜はかごの中で飼うようにした。

次の日の朝には、トンボをかごから出して、放し飼いに。
そして、夜には、またトンボたちを捕まえる。
これを毎日やるのは、なかなか大変だよね。

そうした苦労もあって、この夏、魚津水族館の水そうの周りには、トンボが飛んでいる。
まるで、本物の川みたい。

魚頭水族館、楽しそうだよね。
近くに行くことがあったら、よってみてね。

写真は、魚津水族館にて。昨年おとずれた時のもの。
記事にも出てきた、アクリル製の水中トンネル。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年08月30日 06:00  学び~理科

水族館大国日本~人気の水族館はどこ?

夏休みも、もうすぐおしまいだ。
みんな、どんな夏休みになったかな?

夏休み中、水族館にお出かけしたなんていう子も多いと思う。
日本にある水族館で有名なところというと・・・

沖縄県の美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)や、大阪の海遊館(かいゆうかん)。
三重県の鳥羽水族館や、千葉県の鴨川シーワールド。
このあたりだと、名古屋市にある名古屋港水族館などが有名だ。

今日は、せっかくだから、全国の水族館のランキングを見てみよう。


まずは、人気ランキング。
2012年の入場者数の多かった水族館。
後ろの数字は、2012年の年間入場者数。

1位 美ら海水族館(沖縄県)         281万人
2位 京都水族館(京都府)          243万人
3位 海遊館(大阪府)            217万人
4位 名古屋港水族館(愛知県)        199万人
5位 すみだ水族館(東京都)         196万人
6位 サンシャイン水族館(東京都)      162万人
7位 横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県) 154万人
8位 葛西臨海水族園(東京都)        152万人
9位 新江之島水族園(東京都)        125万人
10位 神戸市須磨海浜水族園(兵庫県)    113万人


お次は、水族館の広さランキング。
後ろの数字は、広さ。
ここからは、ベスト3まで。

1位 名古屋港水族館(愛知県) 41529平方メートル
2位 海遊館(大阪府)     31044平方メートル
3位 鳥羽水族館(三重県)   24981平方メートル


お次は、展示している生き物の種類が多い水族館。

1位 鳥羽水族館(三重県)    1200種
2位 東京タワー水族館(東京都)  900種
3位 鴨川シーワールド(千葉県)  800種


いろいろな水族館が登場したね。
日本には、100以上の水族館があり、国民ひとりあたりの水族館の数は、世界一だと言われている。
日本は、水族館大国なんだね。

さて、そんなにたくさんある日本の水族館。
その中で、もっとも歴史が古い水族館が、ある面白いことに取り組んでいるみたい。

日本で一番歴史のある水族館って、どこの水族館なんだろう?
何県にあるのかな?

ちょっと長くなったので、続きは次回。

写真は、この夏訪れた、碧南海浜水族館にて。
水そうの中にいるのは、ホライモリ、通称ドラゴンズベビー。
ドラゴンズベビーを見ることができるのは、日本でここだけ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年08月26日 06:00  学び~理科

森の妖精はゴキブリ頼り~いったいどういうこと?

『森の妖精はゴキブリ頼り?』 朝日新聞

森の妖精(ようせい)だって。
いったい、何のことだろう?
しかも、「ゴキブリ頼り」って、いったいどういうこと?



・・・



ギンリョウソウという名前の植物がある。
森に生えているツツジの仲間で、見た目が白くてきれいでまるで妖精のよう。
だから、「森の妖精」と呼ばれている。

ギンリョウソウは、植物のくせに、光合成をしない、かわったやつだ。
光合成をしないということは、自分で栄養分を作ることができないということ。
それならば、どこかから、栄養をもらってこなければならない。

森の中の木のねもとに生えているギンリョウソウ。
どこから栄養をもらっているかというと・・・みんな、想像できる?



・・・



答えは、木。
ベニタケの仲間である菌(きん)と一緒になって木の中に根をおろし、そこから栄養分をもらって生きているんだって。


このギンリョウソウ、どうやってそのタネが広がっていくか、よくわかっていなかった。

多くの場合、植物のタネは、森の中の動物や虫たちが運んでくれる。

まずは、動物たちが植物の実を食べる。
実を食べた動物たちは、森のあちこちでタネのまじったうんちをする。
そのタネが、いずれその場所で芽を出すことになる。

ところが、ギンリョウソウの実を食べる動物や虫は、見つかっていなかった。
だから、ギンリョウソウのタネが、どうやって他の場所に運ばれているのか、よくわからなかったんだ


今回、このなぞを解明したのが、熊本大学の研究チーム。
カメラや人間の目で、30日間ギンリョウソウを観察し続けた。
その結果、ゆいいつゴキブリだけが、ギンリョウソウの実を食べることがわかったんだ。

ゴキブリがギンリョウソウの実をたべて、他の場所に運んでくれる。
だから、ギンリョウソウは、森の中で仲間を増やすことができる。
ギンリョウソウにとっては、まさに「ゴキブリ頼み」だね。


写真は、ギンリョウソウ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(1)

2017年08月25日 06:00  学び~理科

対馬にカワウソ~37年ぶりに、こんにちは

今から5年前、2012年8月のこと。
日本の環境省(かんきょうしょう)が新しいレッドリストを発表した。

海に囲まれ、自然が豊かな日本。
昔は、たくさんの動物が住んでいたんだろうね。
今では人間の数が増えて、絶滅(ぜつめつ)しちゃったり、絶滅の心配がある動物がたくさんいる。
そうした動物たちをリストにしたのが、「レッドリスト」だ。
国が作成し、少なくなった動物を守るために、活用される。

2012年8月には発表されたレッドリストでは、ニホンカワウソが「絶滅した」とされてしまった。

ニホンカワウソって、どんな動物だったんだろう?
何で、絶滅しちゃったんだろう?

カワウソ。
ネコ目イタチ科カワウソ亜科。
ラッコなどと同じ仲間。

泳ぎが得意で、水の中でも生活している。
ラッコを除けば、陸の上でも自由に動き回ることができる。
カワウソは、世界中のいろいろな川や海に住んでいるよ。

ニホンカワウソは、昔から日本に住んでいたカワウソの仲間。
日本中どこにでもいた。
愛媛県では、県の動物に指定されている。

体長は、60~80センチメートルくらい。
体重は、5~11キログラム。
中くらいの犬くらいの大きさかな。

目と鼻が顔の上の方についている。
これは、なぜ?
想像できる?



・・・



これは、水の中から、目と鼻だけを出して、外の様子をうかがうことができるようにするため。
水の外の敵に、おそわれることがないように、けいかいするんだね。

ニホンカワウソは、毛皮がすごくいい。
暖かさを、ずっと保つことができる。

だから、人間はみんな、この毛皮をほしがった。
毛皮ほしさに、ニホンカワウソをいっぱい捕まえてしまった。

国は、1928年に捕ることを禁止したけど、すでに遅かった。
第二次世界大戦が終わるころには、香川県や愛媛県だけで、ほそぼそと生活するようになってしまった。

しかし、そこも、川の水がきたなくなったり、ていぼう工事などで住めなくなってきた。ニホンカワウソの数は、どんどん減り続けた。

最後にニホンカワウソが確認されたのが、1979年。
以来、ずっと見ることができない。
そして、2012年、絶滅したと判断された。

今の日本に、自然の中で生きているカワウソはいない。
かわいそうだよね。

ところが。
今年2017年、新聞にこんな記事が。

『対馬にカワウソ ニホンカワウソ?』 朝日新聞

今年2017年8月17日。
琉球大学(りゅうきゅうだいがく)や環境省が、長崎県の対馬(つしま)で、自然の中で生きているカワウソを見つけたと発表した。
日本で、自然の中で生きているカワウソが見つかったのは、なんと37年ぶりのこと。

対馬の豊かな自然の中で、何匹化のカワウソが生きている。
このカワウソたち、昔からそこに住んでいたのか、それとも韓国などから海をわたってきたのか、まだよくわかっていない。

もしも、昔から対馬に住んでいたとしたら・・・。
絶滅したはずのニホンカワウソである可能性もある。

もしそうだったら、これはうれしいよね。
ただ、ニホンカワウソかどうかを見きわめるのは、とても難しいことらしい。
これから研究が進んでいくんだろうけど、結果に注目だ。


写真は、ニホンカワウソのはく製。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年08月24日 06:00  学び~理科

アメリカで皆既日食~日食ってなんだっけ?

『皆既日食が99年ぶりに米大陸横断、トランプ氏も家族と観測』 CNN

今年2017年8月21日。
アメリカで、とても不思議な天体ショーを見ることができたんだ。
お昼なのに、暗くなっちゃう。
その名も、皆既日食(かいきにっしょく)。
CNNの記事によると、あのトランプ大統領も、日食の天体ショーを楽しんでいたみたいだよ。

日本では、去年、部分日食を見ることができた。
今回は、その時の記事から、日食について復習だ。

-----------------------------------------------

2016年3月9日、つまり明後日、日食を見ることができるよ。

インドネシアでは、皆既日食(かいきにっしょく)として見ることができる。
一方、日本では、部分日食(ぶぶんにっしょく)として見ることができる。
日本では、太陽の3分の1くらいが、欠けて見えるはずだ。

日食のおこる時間は、こんな感じ。
みんなが学校にいる時間だ。
もしも日食を観察する場合は、必ず専用のグラスを用意しよう。

<2016年3月9日の日食>
食の始まり:10時12分11秒
食の最大 :11時8分27秒
食の終わり;12時5分21秒


ところで、日食って、なんだっけ?
2012年の春には、日本で金環日食(きんかんにっしょく)なんてのを見ることができた。
中には、観察した子もいるんじゃないかな?
覚えてる?

・・・

太陽の周りを、地球がくるくる回っている。
一周、365日。
地球の公転(こうてん)というよ。

さらに。
地球の周りを、月がくるくる回っている。
一周、27日とちょっと。
こちらは、月の公転。

太陽と月と地球。
太陽~地球~月の順番でならぶと、満月だよ。
太陽の光がまんまんと月にあたって、月はまんまるに光る。

ただし。
これが、一直線にきれいにならぶと、かわったことが起こる。

地球の公転と月の公転は、それぞれちょっとずつ傾いていて、なかなか一直線にはならない。
でも、年に2~3回だけ、一直線にならぶ時があるんだ。

さて、いったい何が起こるでしょうか?

・・・

答えは、月食。

太陽の光を地球がさえぎって、月にあたらない。
だから、月は光らない。
まるで、消えちゃったみたいに見える。
消えちゃった部分は、実は地球の影なんだ。

太陽~月~地球とならぶと、新月だよ。
太陽の光があたるのは、地球から見て月の反対側。
地球から見える月は、まっくろ。
なんにも見えない。

こちらも、年に2~3回、一直線にきれいにならぶと、かわったことが起こる。
さて、いったい何が起こるでしょうか?

・・・

そう、これが日食。
月が、太陽をかくしてしまう。
日食は、年に2~3回、必ずおこる。

だけど、どこでも見ることができるわけではない。
まっすぐ並んだその時に、ちょうど太陽や月の方向にまっすぐ向いている地域でしかみることができないんだ。

今回の日食を、一番しっかりと見ることができたのは、インドネシア。
インドネシアから見ると、太陽~月~地球~見る場所が、びっしっとまっすぐぴったり並んでる。
そして、太陽の全部が、月にかくれちゃう。
これが、皆既日食と呼ばれるものだ。

太陽がかくれちゃうんで、お昼なのにちょっと暗くなる。
どきどきするね。


皆既日食は、1年半に一回くらい、世界のどこかで見ることができる。
でも、自分の住んでいるところでは、めったに見ることができない。

多くの場合は、ちょっとずれがあって、太陽がまるまるかくれることはなく、一部分だけがかくれる。
これを、部分日食という。


日本では、いつ見ることができるかというと・・・

2035年9月2日。
皆既日食!

富山や長野で見ることができる。
みんなは、何歳になってるかな?

特定の地域で、皆既日食を見ることができるのは、375年に1回くらい。
まだまだ先の話だけど、これはとても貴重な機会なんだ。


一方で、部分日食は、ちょくちょく見ることができるよ。

2016年3月9日(今回)
2019年12月26日
2020年6月21日
こんな感じ。

今回の日食をみのがすと、次の日食は3年後だ。
ぜひ、観察してみたいね。


日食や月食の詳しいことは、関連ブログを見てね。

<関連ブログ>
「日食と月食、どっちが多い?」
http://rakuto-toyota.jp/e274912.html
「12月には皆既月食!」
http://rakuto-toyota.jp/e274910.html
「日食の観察方法!」
http://rakuto-toyota.jp/e272056.html


写真は、月のマインドマップ。






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年08月16日 06:00  学び~理科

火星で天気予報!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成29年8月12日(土)~平成29年8月18日(金)まで、夏季休業です。
通常レッスンはお休みとなります。
ブログは、過去記事を再掲します。

暑い夏といえば、アイスクリーム。
今回は、「アイス」という言葉で探してみたよ。

-----------------------------------------------

火星の天気予報できるかも 朝日新聞

火星だって。
天気予報??
火星でも、雨や雪が降ったりするのかな?


・・・


みんなは、火星について、何か知っていることある?

地球と同じ、太陽系の惑星。
星の表面はさびだらけで、赤い色をしている。

重力は、地球の5分の2くらい。
ぴょんと跳ねると、びゅーんと高く飛ぶことができる。
地球の3倍くらい飛べるはず。

オリンポス山という、大きな山がある。
高さ27000メートル。
なんという高さだ!

火星には、水がない。
だから、生き物もいない。

呼吸に必要な、酸素もない。
空気の中は、二酸化炭素だらけ。
95パーセントが、二酸化炭素。


そんな火星で、天気予報。
そもそも水がないのに、雨や雪など降るのかな?


・・・


今回、火星の天気予報を成功させたのは、東北大学の黒田さんをはじめとした研究者たち。
火星で起こる雪嵐を、発生の数週間前に、予測できたんだ。

黒田さんたちは、地球の天気予報のしくみを改良した。
そのしくみを使って、気温や風の流れなどから、雪を降らせる雲がどうやってできるのかを、調べたんだ。

そして、雪嵐の発生を予測。

アメリカのNASAの探査機が観測した雪嵐と、ぴたりと一致。
天気予報は、見事に大当たり。

黒田さんによると、火星の北側は、気温の上下がはげしいため、地球よりも予測しやすいらしい。


なるほど、そうなんだ・・・って、雪嵐!!

火星でも、雪が降るんだ!!

でも、水がないのに、どうやって雪が降るんだろう?
雪って、水が凍ったやつだよね。

・・・と思ったら。

火星の雪は、水の凍ったものではないらしい。
地球の雪とは違うんだね。

火星の雪は、二酸化炭素が凍ったもの。


ここで、問題。

二酸化炭素が凍ると、いったい、何になるのでしょうか?

ヒントは・・・
アイスクリーム屋さんでお持ち帰りすると、もらえるかも。
さあ、何だ?


・・・


答えは、ドライアイス。

二酸化炭素がいっぱいある火星では、それが凍ってドライアイスになり、雪として降るんだってさ。

ドライアイスの雪、めちゃくちゃ寒そうだね。


写真は、アメリカの探査機が撮影した、火星。
NASA公式サイトより。





<火星に関する過去記事>
「火星に俳句!?」
http://rakuto-toyota.jp/e262887.html
「火星旅行!?」
http://rakuto-toyota.jp/e262888.html
「2018年火星の旅!?」
http://rakuto-toyota.jp/e263078.html
「火星に水!?」
http://rakuto-toyota.jp/e263201.html
「火星って、どんな星?」
http://rakuto-toyota.jp/e270449.html
「火星のゾウさん!?」
http://rakuto-toyota.jp/e272203.html
「火星を目指すぞー!」
http://rakuto-toyota.jp/e275033.html


⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年08月14日 06:00  学び~理科

日本に氷河!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成29年8月12日(土)~平成29年8月18日(金)まで、夏季休業です。
通常レッスンはお休みとなります。
ブログは、過去記事を再掲します。

暑い夏といえば、アイスクリーム。
今回は、「アイス」という言葉で探してみたよ。

-----------------------------------------------

氷河って知ってる?
氷の河。

水が流れる川みたいに、氷が流れている。
積もった雪が夏になってもとけずにいて、年々積もってぎゅうぎゅう押し付けられてできた氷、これが流れる。


どこにあるかというと、とても寒い場所。

南極やグリーンランドには、大陸氷河とよばれる大きな氷河があるよ。
小さなものは、標高が高い山の谷間などに多くある。

水の流れは速いけど、氷の流れは遅い。
一か月に数十センチメートル流れるだけ。

でも、地形づくりは活発だよ。
川と一緒で浸食や体積を行う。
川よりも激しくやっちゃうよ。
だから、氷河地形っていう、とてもかわった地形ができるんだ。


さて、この氷河。

アジアでは、ロシアの北の方にしかないといわれていた。
それが、なんと!
日本でみつかりました!

みつかったのは富山県にある立山連峰。
雄山と剱岳の東側にある3つの雪のかたまり。

小窓雪渓、三ノ窓雪渓、御前沢雪渓。

ずっとただの万年雪かと思われていたんだけど、よくよく調べてみたら動いてる!
一か月に30センチメートルくらい動いてる。

日本氷雪学会では、「重力で長期間にわたり連続して流動する雪と氷の大きな塊」のことを氷河っていうのだと定義している。

ということは・・・

これは、氷河だ!
有名なアイスランドや北極の氷河みたいに大きくはないけれど。
それでも、立派な氷河だね。

写真は、小窓雪渓と三ノ窓雪渓。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年08月12日 06:00  学び~理科

まんまるマリモ~運んだのはだあれ?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成29年8月12日(土)~平成29年8月18日(金)まで、夏季休業です。
通常レッスンはお休みとなります。
ブログは、過去記事を再掲します。

暑い夏といえば、アイスクリーム。
今回は、「アイス」という言葉で探してみたよ。

-----------------------------------------------

以前、巨大化するマリモの記事を書きました。

「直径30cm、まんまるです!」
http://rakuto-toyota.jp/e274894.html


そんなマリモ君に関する、新しいニュースが!

世界のマリモ、阿寒湖起源 釧路の学芸員ら遺伝子解析 by北海道新聞


なにやら難しいことが書いてあるけど、世界のあちこちにすんでるマリモ君は、もともと北海道の阿寒湖のマリモだったんだよってこと。

マリモは、地球の北半分、いろいろな国に住んでいる。
およそ、200の場所にいるんだって。

今回、釧路市の教育委員会にあるマリモ研究所の若菜さんが、オランダなどいろいろな国の人と一緒に、世界中のマリモを調査したんだ。
日本、オランダ、フィンランド、アイスランド、アメリカ、サハリンなど、34の湖に住むマリモを調査した。

そこで遺伝子というものを調べてみたら、阿寒湖のマリモが一番古く、外国のマリモは阿寒湖のマリモが進化したものだということがわかったんだって!


阿寒湖ができたのは、およそ15万年前。
火山が大噴火してできた、カルデラ湖。
そんな日本の湖に、元祖マリモ君だ!
素敵だね!

それにしても、マリモ君、どうやって世界中に広まったんだろう?
手も足も羽もないから、自分の力じゃむりだよね。
どうやって広まったと思う?



・・・




答えは、渡り鳥。
あくまで予想で、本当に正しいとは限らないけど、マリモを食べた渡り鳥が運んだのではないかといわれているらしい。
なるほどねー!



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年08月11日 06:00  学び~理科

夜もズーっと楽しめるゾウ~いったい何を楽しめるの?

夏休みまっさかり。
みんな、どこかにお出かけした?

今日は、夏休みのお出かけに、ぴったりの記事から。

『夜もズーっと楽しめるゾウ』 朝日新聞


ここで、想像タイム。

この記事によると、ある場所が、夜もズーっと楽しめるらしい。
普段は、夜やってないんだけど、夏休みの特別企画で、夜も見られるようにしたんだって。

これって、いったいどんな場所?
記事のタイトルから、想像してね。
「ズー」に「ゾウ」ってあるよね。



・・・



答えは、動物園。
動物園には「ゾウ」がいるし、動物園を英語で言うと「ズー」となる。


愛知県名古屋市(なごやし)。
ここにある、東山動植物園では、特定の期間だけ、営業時間を夜の8時30分まで延長する企画を行っている。
その名も、「ナイトZOO&GARDEN」。

いろいろな動物の飼育スペースを、きれいなライトでライトアップ。
昼間とはちがった、動物たちの姿を楽しめる。

暑い夏、日中はお休みしてあまり動ない動物たちも、夜には起き出して元気に動き回っていることもあるらしい。
夜行性の動物も少なくないし、夜の動物園、昼とはちがった楽しみ方ができそうだ。

東山動植物園では、今日2017年8月11日、12日、13日、15日と、夜の動物たちを見ることができる。

めったに見ることができない、夜の動物園。
面白そうだね。
ぜひ、お出かけしてみたい!


写真は、東山動植物園のゾウさん。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年08月03日 06:00  学び~理科

おっさんの叫び~いったい、どんな動物?

『「おっさんの叫び」暑さ吹き飛ぶ?』 朝日新聞

お、おっさんの叫び(さけび)・・・。
暑さが吹き飛ぶ・・・。
おっさんの叫びで暑さが吹き飛ぶって、いったいどういうこと?



・・・



愛知県名古屋市にある、東山動植物園。
ここで、暑さも吹き飛ぶ「おっさんの叫び」を聞くことができるらしい。

「おっさんの叫び」とは、ある動物の鳴き声をたとえたもの。
新聞の記事によると、その動物が鳴くと、おっさんがバンジージャンプをしながらおたけびをあげているように、聞こえるらしい。

「おっさんがバンジージャンプしながら」って、すごいおたけびだよね。
どんな声で鳴くんだろう?
みんな、想像できる?
そして、この動物の正体は、何者?



・・・



おっさんの叫び声みたいに鳴くのは、ケイジという名前のサル。
30才をこえる、オスのフクロテナガザルだ。

うんていにぶら下がりながら泣き始めるケイジ。
最初のうちは、「おふっおふっ」。
そして、最後には、「アーーーーア!」。

その声は、セミの声もかき消すほど甲高い(かんだかい)。
それこそ、「おっさんの叫び」のよう。

フクロテナガザルのとくちょうのひとつが、のどの下についている「のどぶくろ」。
鳴くときは、この「のどぶくろ」をふくらませて、甲高い声で鳴く。

そして、その鳴き声は、2キロメートル先までひびきわたる。
2キロメートルって、すごいよね。
みんなの声は、何メートルむこうまで、聞こえるかな?


さて。
動物園でケイジの鳴き声を聞いた人によると、この叫びを聞いて「むしむしする夏のいやな感じがふき飛んだ」とのこと。

夏のむしむしさえもふき飛ばす、おっさんの叫び。
ぜひ、本物を聞いてみたいね。

写真は、フクロテナガザル。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ