愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?

キンダーコース

もののしくみ研究室

2019年03月01日 06:00  学び~理科

白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?

みんなは、シマウマを見たことがある?
白と黒の、きれいなしましまもようのお馬さん。

ほ乳乳綱ウマ目ウマ科ウマ属。
馬よりも、どちらかというと、ロバの仲間に近いんだって。
耳やしっぽの形、そして鳴き声、どちらもロバによく似ている。

さて、そんなシマウマについて、新聞記事が。

『シマウマなぜしま模様?』 朝日新聞


みんな、シマウマって、なんであんなにしましまもようなのか、考えたことがある?
しましまのもようには、きちんと理由があると思われる。
まずは、自分の頭で考えてみよう。
なんで、シマウマは、しましまなの?
想像できる?



・・・



シマウマが、なぜしましまなのか。
これは、動物の研究をする学者さんたちの間で、ずっとナゾだった問題だ。

ひとつの説は、ライオンなどの敵に、おそわれにくくするため。
でも、しましまもようって、かえって目立ったりしないのかな?

もうひとつの説は、体の温度を調整するためというもの。
太陽の光をあびてあたたまりやすい色は黒。
ぎゃくに、あたたまりにくい色は白。
黒と白のしましまだと、あたたかい場所とあたたかくない場所ができる。
これによって、空気に流れができて、体温をさげることができる。
こんな説だ。
こちらの説は、テレビ番組で行われた実験によって、「ちがう!」ということがわかった。

そして、もうひとつの説が、虫にさされにくくするためというもの。
ハエなどにさされることによって、病気になってしまう動物がたくさんいる。

シマウマと同じ場所に住んでいるハエを調べたところ、他の動物の血は見つかったけど、シマウマの血はほとんど見つからなかった。
このことから、「しましまもようだと、ハエなどの虫にさされにくいのではないか?」という考えた。

でも、本当の理由は、どれなのか?
それが、ずっとわかっていなかった。

そこで、イギリスやアメリカの大学の研究チームは、「虫にさされにくくするため」という説をたしかめるために、ある実験を行った。
研究チームがつてれきたのは、シマウマではなく、ふつうのウマ7頭。
さて、ここで、想像タイム。

しましまもようだと、虫にさされにくいはず。
それをたしかめるためには、ウマ7頭を使って、どんな実験をすればいいんだろう?
自由に、考えてみてね。



・・・



研究チームの人たちが用意したのは、ウマ7頭と黒、白、しましまの3種類のコート。
ウマたちに、3種類のコートをきせて、周りを飛んでいるアブの様子をたしかめたんだ。

それぞれのコートをきたウマを、30分間観察したところ、次のことがわかった。
黒いコートには、およそ60回、アブがとまった。
白いコートでは、およそ80回、アブがとまった。
そして、しましまのコートでは、アブがとまったのは10回よりも少なかった。

60回や80回に対して、10回以下とは、かなりの効果があるってことだね。
研究チームの人によると、しましまもようが、アブの目をこんらんさせているのではないかとのこと。
なるほど。

写真は、シマウマ。ウィキペディアより。
しましまもようだと虫にさされにくい。
ということは、山などに行く時に、しましまもようの服を着ていくと、さされずにすむってことかな。
試してみる価値はありそうだね。

白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら



キンダーコース

もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
鳥類~鳥ってどんな生き物?
爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう
哺乳類と魚類~クジラはどっち?
生き物~ふたつに分けると、何と何?
絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ
バレンタインデーに犬が病気に~いったい、どうして?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 鳥類~鳥ってどんな生き物? (2019-03-14 06:00)
 爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう (2019-03-08 06:00)
 哺乳類と魚類~クジラはどっち? (2019-03-07 06:00)
 生き物~ふたつに分けると、何と何? (2019-03-05 06:00)
 絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ (2019-02-28 06:00)
 バレンタインデーに犬が病気に~いったい、どうして? (2019-02-15 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ