愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 宇宙のごみをそうじしよう~いったいどんな方法?

もののしくみ研究室

2017年09月30日 06:00  学び~理科

宇宙のごみをそうじしよう~いったいどんな方法?

『スペース・スイーパーズは宇宙の掃除人』 CNN

シンガポールにあるアストロスケールという会社が、「スペース・スイーパーズ」と呼ばれるプロのチームを作ったんだって。
目標は、宇宙をそうじすること。

宇宙にはたくさんのゴミがあって、それで困ることも少なくないらしい。
「スペース・スイーパーズ」は、東京で宇宙ごみをそうじするための研究を進めている。

宇宙にあるごみって、いったいどんなゴミ?
それを取り除く方法って、どんな方法があるんだろう?

みんな、想像できる?



・・・



宇宙のごみは、ずっと前から問題になっている。
そして、ごみをそうじするための技術も、年々進化している。

前回と前々回は、それぞれ4年前、5年前の記事を振り返ってみた。

『宇宙ゴミをつかまえろ!? (再掲) 』
http://rakuto-toyota.jp/e420972.html
『宇宙ごみ掃除承ります!(再掲)』
http://rakuto-toyota.jp/e420852.html


5年前は、ロボットを使って、ひとつひとつごみをつかまえるという方法が考えられていた。
4年前の記事では、銛(もり)を使って、ごみを集める方法が考えられていた。

そして、今年2017年、アストロスケールという会社が「スペース・スイーパーズ」というチームを作って、ごみを集めようとしている。
ここで使われるのは、ロボットでもなく、銛でもない。
もっとらくちんに、しかもたくさんごみを集められる方法だ。

使われているのは、みんなにもおなじみのものだよ。
いったい、何を使っていると思う?

ヒントは・・・

宇宙のごみの多くは、金属でできている。
金属のものをいっきにたくさん集めようと思ったら、みんなは何を用意する?
理科の実験などでおなじみの、あれを使うとらくちんかも・・・。



・・・



答えは、磁石(じしゃく)。

なるほど、金属のごみならば、磁石でかんたんに引きよせられるよね。
これは、ナイスアイデア。

宇宙のごみは、大きなものはトラックくらい。
小さなものは、1円玉よりも小さい。

小さなごみでも、飛んでいるスピードは、とても速い。
だから、人工衛星(じんこうえいせい)などが、これとぶつかると、大変なことになる。

1センチメートルくらいのごみがぶつかると、手りゅう弾(しゅりゅうだん)が爆発したのと、同じくらいのエネルギーが発生するんだって。
そんなものがぶつかったら、人工衛星もこわれてしまう。

ロボットや銛を使う方法だと、大きなごみをとらえることはできると思うけど、1円玉ほどの小さなごみをつかまえるのは、なかなか簡単ではなさそう。
それに比べて、磁石を使う方法ならば、小さなごみも、どんどん集められそうだよね。

2019年10月には、最初のデモンストレーションを予定しているこの方法。
ぜひ成功して、宇宙をきれいにしてほしいよね。

写真は、磁石で遊ぶRAKUTOっ子たち。くっつけすぎでしょ(^^;




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
あの昆虫が大量発生~いったいどうして?
富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2)
富士山噴火~どんな被害が予想されるの?
富士山噴火~本当にそんなことがおこるの?
2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの?
2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 あの昆虫が大量発生~いったいどうして? (2017-10-21 06:00)
 富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2) (2017-10-13 06:00)
 富士山噴火~どんな被害が予想されるの? (2017-10-12 06:00)
 富士山噴火~本当にそんなことがおこるの? (2017-10-11 06:00)
 2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの? (2017-10-06 06:00)
 2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について (2017-10-05 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ