愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 南極観測60年~北極では何を調べているの?

もののしくみ研究室

2016年12月05日 06:00  学び~理科

南極観測60年~北極では何を調べているの?

『南極観測60年 どんな成果があった?』 朝日新聞

朝日新聞によると、日本の南極観測(なんきょくかんそく)が始まって、今年で60年がたつんだって。

最初の南極観測隊が日本を旅立ったのが、1956年11月。
1957年1月には、南極に昭和基地を開いた。

それから60年。
日本の南極観測は、今も続いている。

この前は、南極のことを紹介したよ。

『南極観測60年~南極って、どんなところ?』
http://rakuto-toyota.jp/e389069.html
『南極観測60年~どんなことを調べているの?』
http://rakuto-toyota.jp/e389070.html


今回は、北極について、前回の続きだよ。

--------------------------------------------

前回は、北極について、南極と比べながら紹介したよ。

『南極観測60年~ついでに北極もみてみよう』
http://rakuto-toyota.jp/e389071.html

今回は、その北極で、日本がどんな研究を行っているのかを、紹介するね。

ノルウェーの北のはし。
ニーオルスンという場所に、ノルウェーと日本が共同で利用する観測基地(かんそくきち)がある。
ニーオルスン観測基地だ。

主な研究内容は、気候変動(きこうへんどう)について。
気候変動というと、あの言葉が思い浮かぶよね。
そう、地球温暖化(ちきゅうおんだんか)だ。

二酸化炭素(にさんかたんそ)やメタンなどの温室効果ガス(おんしつこうかガス)によって、地球はどんどんあたたかくなっている。
その影響をもっとも多く受ける場所のひとつが、北極だ。

地球温暖化の影響で、北極の氷は、どんどん小さくなっているんだ。
あのホッキョクグマが、裁判(さいばん)をおこすほどの状況らしい。

『ホッキョクグマが裁判!』
http://rakuto-toyota.jp/e275032.html


それにしても、南極の氷のことはあまり話題にならないのに、なんで北極の氷のことばかり話題になるんだろう?
みんな、想像できる?
前回かいた、北極と南極のちがいについて、思い出してみてね。



・・・



南極がしっかりとした陸地をもつ大陸であるのにくらべて、北極は陸地がない。
氷が海にうかんでいるだけだ。

しかも、その氷は、南極のものと比べると、とてもうすい。
だから、とけやすいんだね。


観測をはじめた1991年以来、日本はニーオルスンで、温室効果ガスなど、大気の観測を続けている。
観測を続けることで、その変化をいちはやくつかむ。
そうすれば、この先どうなるのかを、予測できる。

北極における大気の変化は、日本の気象にも影響をあたえる。
北極の大気を知ることで、日本で起こる異常気象のしくみなどを知ることができるんだ。
そう考えると、北極の大気の観測は、とても大切なことだよね。


ニーオルスン観測基地では、いろいろな生物の生態系(せいたいけい)についても、研究しているよ。

植物が光合成(こうごうせい)で栄養を作る。
その植物を、草食動物がたべる。
その草食動物を、肉食動物が食べる。
肉食動物が死んでしまうと、その死体は小さな生き物によってばらばらにされて、植物の栄養になる。
こうして栄養がぐるぐる回っている状態を、生態系とよぶ。

この生態系の中で、例えば草食動物がものすごい数で増えたとすると・・・
植物がどんどんなくなって、生態系がまわらなくなってしまう。

北極に近いところでは、地球温暖化によって、氷河(ひょうが)がとけた場所がある。
すると、そこに植物がはえる。
その植物を目指して、草食動物たちがやってくる。

そうした変化が、生態系にどんな影響をあたえるのか。
そんなことを調べているんだ。


海のことも調べているよ。

人間たちが出す二酸化炭素の4分の1は、海の水にとけこむ。
すると、海が、どんどん酸性(さんせい)になってしまう。

『海の酸性化「前例ないスピード」 !?』
http://rakuto-toyota.jp/e261963.html

ニーオルスン観測基地では、海が酸性化することで、海の中の植物プランクトンの数が、どう変化しているのかを調査している。
小さな小さな植物プランクトンは、海の生態系に大きな影響をあたえるんだ。


ニーオルスン観測基地では、他にもいろいろな研究をしているよ。
もっと知りたい子は、こちらのリンクを見てね。

『北極のひみつ』
http://www.nipr.ac.jp/publication/PDF/hokkoku_kids_2013.pdf

写真は、ノルウェーの氷河。ウィキペディアより。
氷のかたまりが、川のように流れているのが、氷河。
こうした氷河も、地球温暖化の影響で、減っているんだって。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
地球の酸素をつくったぜ!(再掲)
ミドリムシは救世主!?(再掲)
海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?
ナマズが木登り?~すいとぴあ江南
めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館
2016年新種10傑~どんな生物が選ばれたの?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 地球の酸素をつくったぜ!(再掲) (2017-07-26 06:00)
 ミドリムシは救世主!?(再掲) (2017-07-24 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの? (2017-07-20 06:00)
 ナマズが木登り?~すいとぴあ江南 (2017-07-14 06:00)
 めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館 (2017-07-13 06:00)
 2016年新種10傑~どんな生物が選ばれたの? (2017-07-12 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ