愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~脳科学 › 「だれ」記憶する脳の領域~好きな人が好きになってくれるかも!?

もののしくみ研究室

2016年10月08日 06:00  学び~脳科学

「だれ」記憶する脳の領域~好きな人が好きになってくれるかも!?

『「だれ」記憶する脳の領域発見』 朝日新聞

勉強だったり、旅行の思い出だったり、みんなは、たくさんのことを記憶(きおく)、つまりおぼえているよね。
いろいろなことを記憶できるのは、みんなの頭の中にある脳ががんばってくれているおかげだ。

その脳の中をくわしく調べてみると、「いつ」とか「どこで」など、おぼえる内容によって、がんばってくれる場所がちがうらしい。
「いつ、どこで、どうした」という内容をおぼえる時にがんばってくれる脳の場所は、いろいろな研究で、すでにわかっていた。

しかし、「だれ」、つまりほかの人のことをおぼえる時にがんばってくれている場所は、まだ見つかっていなかったんだ。
それを、日本の理化学研究所(りかがくけんきゅうじょ)の研究チームが、見つけたらしいよ。


研究チームの人たちは、マウス、つまりネズミをつかって、いろいろな実験を行った。
その結果、マウスがよく知っている相手に近づいたとき、脳の中にある海馬(かいば)とよばれる部分のおなかにあたるところの脳細胞が、がんばっていることがわかった。

マウスは、長い時間あっていないと、相手のことを忘れてしまう。
しかし、今回見つかった脳の場所に青い光を当ててあげると。

あら、ふしぎ。
マウスは、忘れてしまった相手のことを思い出したんだって。


面白いのはここから。
この脳の場所をうまく使うと、他の人のことを好きにさせたりきらいにさせたりすることもできるらしい。

まずは、あるマウスが、他のマウスのことを覚えた時にがんばっていた脳細胞に刺激(しげき)を与えて、もう一回がんばらせる。
その時に、マウスがきらいな電気ショックを一緒にあたえると・・・
マウスは、そのマウスのことを、きらいになっちゃう。

ぎゃくに、エサなどマウスがよろこぶものを一緒にあたえると・・・
こちらは、相手のマウスのことを好きになってしまうんだ。

研究チームの奥山さんによると、「特定の相手を、好きにもきらいにもできるようになった」とのこと。

今回は、マウスによる実験だったけど、人間でも、同じようなことができるのかな?
もしもできたとしたら・・・

いつもケンカばかりしている人たちを、仲直りさせることができるかもしれないね。
気になる人に、自分のことを好きになってもらうなんてこともできそうだ。
みんなは、だれに好きになってもらいたい?

写真は、我が家の仲良しコンビ。たまに、ケンカしてます(^-^;




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~脳科学)の記事画像
イノベーションをおこそう~ヴュジャデって?(再掲)
大人になると、時が速くすぎさるのはなぜ?(再掲)
血液型と性格の関係!?(再掲)
紙と電子、どっちがいい?(再掲)
記憶力の上げ方その2~あれを食べよう♪
記憶力の上げ方その1~運動しよう♪
同じカテゴリー(学び~脳科学)の記事
 イノベーションをおこそう~ヴュジャデって?(再掲) (2017-04-01 06:00)
 大人になると、時が速くすぎさるのはなぜ?(再掲) (2017-03-31 06:00)
 血液型と性格の関係!?(再掲) (2017-03-30 06:00)
 紙と電子、どっちがいい?(再掲) (2017-03-29 06:00)
 記憶力の上げ方その2~あれを食べよう♪ (2017-02-11 06:00)
 記憶力の上げ方その1~運動しよう♪ (2017-02-10 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ