愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 島をめぐる言い争い~沖ノ鳥島は島ではなく岩?

もののしくみ研究室

2016年05月11日 06:00  学び~社会

島をめぐる言い争い~沖ノ鳥島は島ではなく岩?

今年2016年4月25日。
日本の南のはし、沖ノ鳥島(おきのとりしま)。
この島の近くで漁をしていた漁船(ぎょせん)が、日本の自衛隊(じえいたい)につかまった。

外国の船が日本の海で漁をすることは、国と国とのやくそくで禁止されている。
だから、つかまっちゃったんだね。

それをうけて、台湾では、ちょっとした事件がおこっている。


『台湾総統、沖ノ鳥島「岩」と主張 次期政権を牽制か』 朝日新聞

台湾(たいわん)は、沖ノ鳥島を「島」とみとめてはいなかったけど、「岩」とも言っていなかった。
台湾の政府は、国民に、「沖ノ鳥島の周りでは、漁をしないように。」と呼びかけていた。
それが、今回、はじめて「岩」と決めつけた。

いままで、中国と韓国が、沖ノ鳥島のことを、「これは島ではなくて、岩だ。」といっていた。
それに、台湾(たいわん)が加わった形だ。


ちなみに、中国にもジョンソン南礁(みなみしょう)という島がある。
中国は「島」だと言っている。

しかし、ジョンソン岩礁は、沖ノ鳥島とは違い、海の潮が満ちる時、水の下に沈んでしまう。
だから、「島」ではなく「岩」だと言っている国も多い。

中国は、これを島と認めてもらうために、島に建物をたてたり、周りの海を埋め立て(うめたて)したりしている。


「島」なのか「岩」なのか。
たとえ小さな島でも、島とみとめられれば、その島の周りの海は、排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき)と呼ばれ、自分の国のものとなる。
だから、みんな、言いあらそいをしているんだね。


沖ノ鳥島や排他的経済水域について知りたい子は、こちらの記事を見てね。

『沖ノ鳥島を守るんだ~そもそも島ってなんだっけ?』
http://rakuto-toyota.jp/e351876.html
『沖ノ鳥島を守るんだ~日本にはどんな島があるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e351877.html
『沖ノ鳥島を守るんだ~なんでそこまでして守るの?』
http://rakuto-toyota.jp/e352117.html


日本は、2008年、沖ノ鳥島の周りを、大陸棚(たいりくだな)、つまり陸地の延長として認めてほしいと、国際連合(こくさいれんごう:国連)に申し出ている。
アメリカなどは、それに賛成してくれたものの、中国や韓国は当然反対。
結局、2012年に、沖ノ鳥島の北側の海は大陸棚として認められたけど、南側は、まだどうなるかわからない。


海は、魚が捕れるだけではなく、たくさんの資源がねむっている。
だから、沖ノ鳥島以外にも、島をめぐる国と国とのかけひきが、たくさん起こる。
日本の場合は、北方領土(ほっぽうりょうど)に、尖閣諸島(せんかくしょとう)、竹島だ。

島をめぐるかけひきは、場合によっては戦争のきっかけにもなりかねない。
平和に、話し合いで解決してもらいたいね。


北方領土について知りたい子は、こちらの記事をみてね。

『北方領土~島の名前が読めないよ!?』
http://rakuto-toyota.jp/e352855.html
『北方領土~ロシアと日本の関係は?』
http://rakuto-toyota.jp/e352861.html

写真は、沖ノ鳥島。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
地球温暖化~あの乗り物にも影響が!?
外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは?
海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?
海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について
目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲)
赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 地球温暖化~あの乗り物にも影響が!? (2017-07-22 06:00)
 外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは? (2017-07-21 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの? (2017-07-20 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について (2017-07-19 06:00)
 目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲) (2017-07-15 06:00)
 赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!? (2017-07-08 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ