愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 学び~社会 › 黒ナマコが変身~いったい何に変身したの?

もののしくみ研究室

2015年10月01日 06:00  学び~理科学び~社会

黒ナマコが変身~いったい何に変身したの?

昨日は、ナマコについて書いたよ。

『黒ナマコが変身~ナマコってどんな生き物?』
http://rakuto-toyota.jp/e335757.html

今日は、その続き。

愛知県の南知多町(みなみちたちょう)。
ここは、黒ナマコという種類のナマコが、たくさんとれる。
でも、黒ナマコは、食べられない。
だから、もったいないけど、捨てちゃうんだ。

そんな黒ナマコを、なんとか活用できないか。
南知多の人たちは、考えた。

そして、「きらーん!」。
とてもよいアイデアを思いついた。

それは・・・


今から、黒ナマコの特徴(とくちょう)をいくつかあげるよ。
それを見て、南知多町の人たちが何を作ったのか、想像してみてね。


黒ナマコの特徴その1~コラーゲンがたっぷり!

コラーゲンとは、タンパク質の一種。
人間の体にふくまれるたんぱく質の、およそ30パーセントがコラーゲンだ。

コラーゲンどうしは、とても仲良し。
びっしりと集まって、ホネなどをじょうぶにしてくれる。
肌などに、ぴしっと張りをあたえてくれるのも、コラーゲンだ。

黒ナマコにふくまれるたんぱく質のうち、およそ70パーセントがコラーゲン。
このたっぷりのコラーゲンをお顔などの肌にぬると・・・お肌つるつるになっちゃいそう!


黒ナマコの特徴その2~セラミドがたくさん!

黒ナマコには、セラミドとよばれる成分が、たっぷりとふくまれている。

セラミドは、もともと人間の皮膚(ひふ)にふくまれている成分だ。
皮膚と皮膚の間に入り込んで、体から水分がとんでいくのをふせいでくれる。
さらに、バイキンが、皮膚に入り込むのを、ふせいでくれる。

そんなすごいセラミドが、黒ナマコにはたっぷりとふくまれている。
このセラミドをお肌にぬると・・・カサカサにかわいた肌が、しっとりすべすべ気持ちの良い肌に生まれ変わりそう!


黒ナマコの特徴その3~サポニン!

黒ナマコには、サポニンとよばれる成分もふくまれている。
サポニンは、水とまぜるとアワアワあわだってくれる。


さあ、みんなだったら、これら3つの特徴をいかして、何を作る?
想像してみてね。



・・・



南知多町の人たちが考え出したのは、せっけんだ。
黒ナマコで、せっけんを作ったんだって。

『地元産黒ナマコ せっけんに変身』 朝日新聞

お肌つるつる、コラーゲン。
お肌すべすべ、セラミド。
あわあわサポニン。

なるほど、この3つの力をあわせれば、すてきなせっけんができあがりそうだよね。

このせっけんは、1個1050円。
南知多町観光協会に聞くと、どうやったら買うことができるのか、教えてくれるよ。

写真は、拡大したコラーゲン。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ