愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › ペルセウス座流星群~今年2017年の見どころはいつ?

キンダーコース

2017年07月31日 06:00  学び~理科

ペルセウス座流星群~今年2017年の見どころはいつ?

今年も、3大流星群のひとつ、ペルセウス座流星群が見ごろをむかえるよ。

ところで、みんな、流星群って知ってる?
流星は、ながれ星のこと。
たくさんのながれ星が集まってるから、流星群っていうんだ。

その流星群。
正体は、彗星(すいせい)からこぼれ落ちたチリなんだって。

彗星は、太陽の周りを大きなだ円形をえがいて回ってる。
彗星は氷でできていて、太陽に近づくとちょこっと溶けちゃう。

彗星の氷には、たくさんの砂が含まれていて、溶けた氷からは砂が飛び出す。
飛び出した砂は、彗星の周りをぐるぐる回ってるんだけど、そのうちだんだん彗星から離れていく。
離れた砂つぶは、棒みたいに長細くかたまって、宇宙を飛んでいるんだって。

いつか、このかたまりが地球に落ちてくる。
そして、大気圏(たいきけん)に突入すると・・・
ちかちかと、燃えるんだ。

そう、たくさんの砂のつぶが燃えて光る。
これが、流星群、流れ星の正体だ。

ちなみに、ペルセウス流星群を作り出す彗星は、スイフト・タットル彗星だ。


さて、今年2017年のペルセウス流星群。

もっとも流れ星がたくさん現れる、極大(きょくだい)とよばれる時間は、8月13日の明け方4時ころ。
一番見やすいと思われるのは、12日の夜から13日の明け方にかけて。
13日夜から14日の明け方にかけても、けっこう見ることができそう。

残念なことに、今年は月が明るいので、見ることのできる流星の数は少な目。
多くても、1時間に35個くらいしか見ることができないみたい。

見る方向は、どちらでもよい。
なるべく、街のあかりなどが目に入らない方向をながめよう。

観察する場合は、最低でも15分以上は、夜空をながめよう。
そうしないと、目が暗さになれないまま、うまく流れ星を見つけられないかもしれない。

みんな、ぜひ、観察してみよう。

写真は、ペルセウス座流星群の放射点(流れ星が現れるところ)。ウィキペディアより。

ペルセウス座流星群~今年2017年の見どころはいつ?



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



キンダーコース

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
鳥類~鳥ってどんな生き物?
爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう
哺乳類と魚類~クジラはどっち?
生き物~ふたつに分けると、何と何?
白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?
絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 鳥類~鳥ってどんな生き物? (2019-03-14 06:00)
 爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう (2019-03-08 06:00)
 哺乳類と魚類~クジラはどっち? (2019-03-07 06:00)
 生き物~ふたつに分けると、何と何? (2019-03-05 06:00)
 白と黒~シマウマのしましまもようは何のため? (2019-03-01 06:00)
 絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ (2019-02-28 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ