愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?

もののしくみ研究室

2017年06月22日 06:00  学び~理科

養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?

今日は、ウナギのお話し。

みんなは、ウナギ、好き?
ウナ丼とか、ひつまぶしとか。
とてもおいしいし、食べると元気が出るよね。

日本で食べられるウナギのほとんどは、養殖(しょうしょく)されたウナギ。
つまり、人間の手で育てられたウナギだ。

養殖といっても、ウナギの赤ちゃんが生まれるところから育てているわけではない。
ウナギの生態にはナゾが多く、タマゴを産ませたり、生まれたばかりの赤ちゃんを育てたりすることは難しい。
だから、海から子供のウナギをとってきて、それを人間の手で育てている。

ところが、最近、海でとれる子供ウナギの数が、とても減ってしまっている。
それにともない、養殖ウナギの数も、減っている。

子供ウナギがもっと増えないと困っちゃう。
そう考えた漁師さんたちは、養殖で育てたウナギを、海にはなしたりしている。

ところが、この養殖ウナギには、ひとつ大きな問題が。

それは、そのほとんどがオスだということ。

人間は、生まれる前から、男なのか女なのか決まっている。
ところが、ウナギは、そうじゃない。
赤ちゃんの時は、みんな一緒で、オスもメスもない。
大人に育っていく途中で、オスになるウナギと、メスになるウナギに分かれていくんだ。

養殖で使う子供ウナギは、まだオスでもメスでもない状態。
養殖用の水そうの中で育つうちに、オスになったりメスになったりする。

自然の中で育ったウナギは、オスとメスが半分ずつくらい。
それなのに、養殖で育てたウナギは、90パーセント以上がオスになる。
メスは、ほとんどいない。

これでは、子供ウナギを増やそうと養殖ウナギを海にはなしても、お父さんばかりということになる。
お母さん、つまりメスのウナギがいなければ、たぶん、子供も生まれない。
これは、困った。

それにしても、いったい、なぜ養殖ウナギはオスばかりになるんだろう?
その理由は、ずっとわかっていなかった。

ここで、朝日新聞の記事。

『ゆっくり育てるとメス増加』 朝日新聞

養殖だとオスばかりになるウナギ。
そのナゾが、ついに解明されたらしい。

キーワードは、「ゆっくり育てる」こと。

養殖のウナギは、なるべく早く成長するように、30度くらいの高い水温の中で育てられる。
水温が高いと、その成長も早く、半年もすればりっぱな大人になる。

愛知県西尾市(にしおし)。
2013年から15年にかけて出荷したウナギの数は、667匹。
このうち、616匹がオスで、メスは49匹だけ。
これらのウナギには、早く成長させるために高い水温で育てらたウナギと、一年かけてゆっくりと育てたウナギが混ざっていた。

そして、そのウナギたちをくわしく調べたところ・・・。

高い水温で早く育てられたウナギは、全部オス。
ゆっくりと育てられたウナギは、オスとメスが半分ずつくらい。

そんなことがわかったんだ。
早く育てようとすると、ウナギがストレスを感じて、メスになるために必要なものがそろわないんだって。

さて、これでメスのウナギを育てる方法はわかった。
メスをたくさん育てて、海にはなすことができれば、子供ウナギの数も増えるかも。
養殖ウナギのこれからに、期待したいね。


写真は、ウナギ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?
ナマズが木登り?~すいとぴあ江南
めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館
2016年新種10傑~どんな生物が選ばれたの?
台風3号がやってくる~台風とハリケーンのちがいは?
台風3号がやってくる~ところで台風ってなんだっけ?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの? (2017-07-20 06:00)
 ナマズが木登り?~すいとぴあ江南 (2017-07-14 06:00)
 めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館 (2017-07-13 06:00)
 2016年新種10傑~どんな生物が選ばれたの? (2017-07-12 06:00)
 台風3号がやってくる~台風とハリケーンのちがいは? (2017-07-06 06:00)
 台風3号がやってくる~ところで台風ってなんだっけ? (2017-07-05 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ