愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 偽果~イチゴのタネはどこにある?

キンダーコース

もののしくみ研究室

2017年05月08日 06:00  学び~理科

偽果~イチゴのタネはどこにある?

4月のステップ理科は、『タネの発芽と成長』。

本来のカリキュラムは、タネ→光合成で、参考書もその順番なんだけど、豊田校では光合成を先にもってきた。
そのおかげもあって、「光、酸素、二酸化炭素、水、土、肥料、適当な温度のうち、タネの発芽に必要なものと不要なものは?」という質問についてみんなで話し合ってもらったら、「タネは光合成しないから・・・」なんて会話がもれ聞こえてきたよ。

「今日は、タネの話。みんな、何のタネを見たことある?」

「スイカ!」
「カキ!」
「アサガオ!」
・・・

「なるほどなるほど。ところで、みんな、イチゴのタネを見たことあるよね。」

「あるよ。」
「うん、あるある。」

「本当に?」

「・・・」


ここで、想像タイム。
みんな、イチゴのタネを見たことある?
どこにあったっけ?



・・・



「イチゴのタネを見たことある?どこにある?」と聞かれたRAKUTOっ子たちはみんな、「黒いつぶつぶのやつ。」と答えたよ。

そう、イチゴの表面にある、つぶつぶ(黒くはなかった気が・・・)。
あれこそまさにタネだよね・・・と思ったら、実はちがうんだ。

あのつぶつぶは、タネではなく、実。
イチゴの実なんだ。

タネは、当然、実の中にある。
つまり、あのつぶつぶを取り出して、それをパカンと割ってみないと、イチゴのタネを見ることはできない。

そして、あのつぶつぶが実ということは・・・いつも食べているおいしい部分は、実じゃないということになる。

そう、イチゴのおいしい部分は、実ではない。
花托(かたく)といって、茎(くき)が大きくふくらんだ部分なんだ。

実のようで実じゃないイチゴ。
イチゴの他にも、そんな野菜や果物が、いくつかあるんだ。

こうしたものたちは、偽果(ぎか)と呼ばれる。
「にせの実」という意味だ。

実とは、めしべの下の方、子房(しぼう)と呼ばれる部分がふくらんでできたもののこと。
子房ではない他の部分がふくらんで、まるで実のように見えるものが、偽果と呼ばれる。


例えば、リンゴ。
リンゴも、偽果のひとつだ。

いつも食べているリンゴの実は、じつは実ではない。
こちらも、イチゴと同じ、花托だ。

リンゴの本当の実は、食べた後に残る、芯の部分。
これは、ナシも同じ。


スイカやメロンも、偽果のひとつ。
おいしく食べる実と思われる部分は、本来の実である子房(しぼう)と花托がくっついてできたもの。
実のようで、実ではない。


偽果は、他にもいくつかあるよ。
「偽果」をキーワードにインターネットで調べれば出てくるので、興味のある子は調べてみてね。


写真は、ある果物の花。ウィキペディアより。




これ、なんの花だと思う?
ヒントは・・・
青森県の津軽平野にいけば、いっぱい見ることができるかも。





答えは、リンゴの花でした(^^)/

⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



キンダーコース

もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
鳥類~鳥ってどんな生き物?
爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう
哺乳類と魚類~クジラはどっち?
生き物~ふたつに分けると、何と何?
白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?
絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 鳥類~鳥ってどんな生き物? (2019-03-14 06:00)
 爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう (2019-03-08 06:00)
 哺乳類と魚類~クジラはどっち? (2019-03-07 06:00)
 生き物~ふたつに分けると、何と何? (2019-03-05 06:00)
 白と黒~シマウマのしましまもようは何のため? (2019-03-01 06:00)
 絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ (2019-02-28 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ