愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 花粉が2倍!?(再掲)

もののしくみ研究室

2016年03月29日 06:00  学び~理科

花粉が2倍!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成28年3月28日(月)~4月2日(土)まで、補講や体験授業を除く通常業務を、お休みします。
電話は携帯電話に転送されますが、電話に出ることができない場合も想定されます。
どうぞ、ご承知おきください。
ブログは、過去記事の再掲します。

過去のブログ再掲シリーズ。
春になると、気になるのが花粉症。
たくさんの花粉がとびちる春は、花粉症を持っている人にとっては、ちょっといやな季節のはず。
ということで、今回は、「花粉」というキーワードで、過去の記事を探してみたよ。

------------------------------------------------

地球温暖化で2040年までに花粉量2倍以上に? 米研究 CNN


春がやってくる。
元気な足音を鳴らしながら、やってくる。

動物や植物たちも、その足音を聞いて舞い上がる。
そして、花粉も舞い上がる!!


そう、春は、花粉の季節。

みんなの中に、花粉症もちの子はいるかな?
家族の中に、花粉症の人がいたりする?

この時期、花粉症もちの人は、たいへん。
花粉がそこらじゅうを飛びまわって、どこにいっても鼻がぐしゅぐしゅ。


さて。

今日の記事は、そんな花粉症の人には、ちょっといやなニュース。

なんでも、2040年までの間に、花粉の量が2倍以上に増えるらしい。

原因は、地球温暖化??


・・・


サイエンスという科学雑誌に、温暖化に関する研究成果が発表された。

それによると・・・

2100年までに、過去1万1000年の間に経験したことのないほど、気温が上昇する。

これにともなって、花粉が飛ぶ量も、大きく増える。
花粉の量は、2040年までには、2倍以上に増える。

・・・ということらしい。


地球温暖化の主な原因とされているのが、二酸化炭素の増加。

何年か前に、空気中の二酸化炭素の量が増えると、植物がしげきされ、花粉の量が増えるということを、ハーバード大学の研究者たちがつきとめている。

二酸化炭素が増えると、植物たちは、なぜかしげきされる。

「あ、二酸化炭素がいっぱいだよ!」
「えーーー、じゃあ、もっとがんばって光合成しなきゃ!」

・・・って、感じなのかな?


花粉が増えるということは、植物たちが「もっと、増えたい。もっと、はんしょくしたい。」と思っているということだよね。

きちんと受粉して、植物がたくさん増えると・・・。

増えた植物が、活発に光合成をおこなえば、二酸化炭素も減っていくような気もするな。

地球温暖化の問題は、まだまだわからないことが多く、意見もいろいろ。


二酸化炭素が増えて、気温があがる。

植物たちがしげきされて、たくさんの花粉が飛び散る。

今回の記事は、ここで終わっているけれど、その先にまだまだストーリーがあるような気がする。

植物たちがしげきされて、たくさんの花粉が飛び散る。

植物がたくさんはんしょくんして、緑豊かな地球をとりもどす。

・・・みたいな。


花粉がいっぱい飛び散って、その後地球はどうなるんだろう?
みんなは、どう思う?
ちょっと、想像してみてごらん。


写真は、植物の葉。ウィキペディアより。
人間が大量に吐き出す二酸化炭素を、酸素に変えてくれるんだ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?
ナマズが木登り?~すいとぴあ江南
めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館
2016年新種10傑~どんな生物が選ばれたの?
台風3号がやってくる~台風とハリケーンのちがいは?
台風3号がやってくる~ところで台風ってなんだっけ?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの? (2017-07-20 06:00)
 ナマズが木登り?~すいとぴあ江南 (2017-07-14 06:00)
 めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館 (2017-07-13 06:00)
 2016年新種10傑~どんな生物が選ばれたの? (2017-07-12 06:00)
 台風3号がやってくる~台風とハリケーンのちがいは? (2017-07-06 06:00)
 台風3号がやってくる~ところで台風ってなんだっけ? (2017-07-05 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ