愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › がんばれ日本の天気予報~世界中で大活躍!

もののしくみ研究室

2015年11月23日 06:00  学び~理科

がんばれ日本の天気予報~世界中で大活躍!

RAKUTO豊田校のホップクラス。
11月の理科では、天気について勉強しているよ。

まずは、しっかりと考えるところから。
「天気って、何?」

こんなことを聞かれても、誰もきちんと答えられない。
そこで、ひとつひとつの文字にくぎって、みんなで考えた。

「天って、どういう意味だろう?」
「気は?」
「じゃあ、天気ってなに?」

その後、高気圧や低気圧についても考えて、雨がふる仕組みや、季節によって天気がかわる仕組みについて勉強したよ。
今日は、そんな天気に関するニュースを紹介するね。


『天気予報、世界へ「輸出」 ビッグデータ活用、高い精度 40カ国以上に伝授』 朝日新聞

なにやら難しい言葉がならんでいるけど、要は、日本の天気予報はとても正確で、世界のいろいろな国でも活躍(かつやく)しているよっていう記事だ。

みんなも、テレビなどで天気予報を見る事があるよね。
まずは、想像タイム。

日本の天気予報。
当たることもあれば、外れることもある。
では、当たる確率は、どれくらいだと思う?

全部当たったら100点満点だとすると・・・
半分当たりの50点くらい?
それとも、もっと低い?
いやいや、もっと高い?

最近の天気を想像しながら、予想してみてね。



・・・



答えは、85~90点くらい。
成績優秀だね。

でも、ここまで優秀になったのは、最近のこと。
1990年頃は、80~85点くらいだったんだって。

こんなに成績があがったのは、なぜか?
記事によると、コンピューターの性能があがったことが大きいらしい。

天気を正確に予報するためには、ものすごい量の計算しなければならない。
それには、とても性能のよいコンピューターが必要だというわけだ。

今年2015年の7月には、「ひまわり8号」という、新しい気象観測衛星(きしょうかんそくえいせい)が動き出した。
これによって、日本の天気予報は、もっともっと正確なるのではないかと期待されている。


こうした日本の天気予報のデータは、アジアのたくさんの国で活用されている。
アジア以外にも、アフリカのケニアやリビア、オセアニアのフィジーでも、活用されるようになるらしい。

天気予報が正確になると、農業などの役に立つ。
日本の天気予報が、今後おこるだろうと予想されている食糧不足への対策に、一役を買ったりすることもあるかもね。

がんばれ、日本の天気予報!


写真は、天気図。日本気象協会サイトより。
この日の天気は、晴れ?
それとも、雨?





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ