愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 学び~社会 › 竜巻の強さって!?(再掲)

もののしくみ研究室

2015年07月31日 06:00  学び~理科学び~社会

竜巻の強さって!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成27年7月26日(日)~平成27年8月2日(日)まで、通常レッスンをお休みいたします。
電話は携帯電話に転送されますが、出ることができない場合もありますので、ご了承願います。
ブログは、過去記事の再掲します。

過去のブログ再掲シリーズ。
最近なにかと気になる、気象のニュース。
ゲリラ豪雨に台風など、気象に関するたくさんのニュースが飛び交うのが、この季節。
ということで、今回は、「気象」というキーワードで、過去記事を調べてみたよ。

------------------------------------------------
竜巻強さ「F2」以上 朝日新聞


9月2日の午後2時ころ。
埼玉県の越谷市(こしがやし)。
ここで、大きな竜巻(たつまき)が発生した。

竜巻は、そのまま千葉県野田市まで移動。
たくさんの建物や車が被害にあった。

この時の竜巻の強さは、「F2」なんだって。

「F2」といわれても、よくわからないね。
この「F2」って、いったいどんな記号なのかな?


・・・


アメリカのシカゴ大学。
ここに、今は亡くなってしまったけど、日本人のすごい博士がいたんだ。

名前は、藤田哲也博士。

藤田博士の専門は、気象学。
気象学とは、天気のことを勉強する学問。
藤田博士は、天気の専門家だったんだ。

ただの専門家ではないよ。
世界的に有名な、専門家だった。
気象学のノーベル賞があったら、間違いなく受賞していたといわれるくらいすごい専門家だったんだ。

あだ名は、ミスター・トルネード。
トルネードとは、竜巻のこと。
竜巻のことに、とてもくわしかったんだろうね。


藤田博士は、ある時、竜巻の強さの尺度を作ろう考えた。
そして、作ったのが「藤田スケール」。
冒頭に登場した「F2」というのは、この藤田スケールによる竜巻の強さの表しかたなんだ。


この藤田スケールによって、発生した竜巻の強さが、どれくらいのものだったのかが分かるようになる。

F0ならば、小枝が折れる程度の強さ。
F1ならば、屋根がわらが飛んで、ガラスが割れる。

F2は、屋根が吹き飛んだり、大きな木が倒れる。
車も吹き飛ばされる。

F3になると、家がばらばらにこわれたり、列車が横だおしになったり、車がひっくりかえる。

一番強いF6になると、家はふっとび、車や列車もとんでもないところまで飛ばされる。
これは、こわいね。


日本で発生した竜巻で、一番大きいのは、「F3」。

去年の5月に、茨城県常総市(じょうそうし)をおそった竜巻だ。
F6にはおよばないけど、家がばらばらになったうんだから、とんでもなく強さだね。


ちなみに、現在使われているのは、もともとの藤田スケールを、アメリカで改良した「改良藤田スケール」だ。
日本は、これを日本用に改良して使うことを検討しているよ。


写真は、カナダで発生した、F5の竜巻。ウィキペディアより。
すごい、迫力!



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
土星探査機カッシーニ~お役目終了、お疲れ様!
マリンヒーローズ~いったいどんなショー?
水族館で総選挙~いったい何の選挙?
紅葉のはじまった北海道~いそがしそうにしているのは?
太陽フレアで通信障害~いったい何がおこっているの?
愛知県東部で新種発見~いったいどんな生き物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 土星探査機カッシーニ~お役目終了、お疲れ様! (2017-09-20 06:00)
 マリンヒーローズ~いったいどんなショー? (2017-09-16 06:00)
 水族館で総選挙~いったい何の選挙? (2017-09-15 06:00)
 紅葉のはじまった北海道~いそがしそうにしているのは? (2017-09-14 06:00)
 太陽フレアで通信障害~いったい何がおこっているの? (2017-09-13 06:00)
 愛知県東部で新種発見~いったいどんな生き物? (2017-09-08 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ