愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 日本一××なハッチョウトンボ~羽化が始まったよ!

もののしくみ研究室

2015年07月06日 06:00  学び~理科

日本一××なハッチョウトンボ~羽化が始まったよ!

7月に入って、いよいよ本格的な夏が始まるね。
バッタやトンボなど、こん虫たちもいよいよ元気に飛び回る。
公園などで、虫とりにはげむ子も、多いんじゃないかな。

今日紹介するのは、こちらのトンボ(ウィキペディアより)。
ハッチョウトンボという種類のトンボだよ。





このトンボ、日本一××なトンボなんだ。
何が日本一だと思う?
写真を見ながら、想像してみてね。


・・・


答えは、日本一小さいトンボ。

その体長は、たったの2センチメートル。
世界の中でも、最も小さい部類のトンボだ。

このハッチョウトンボ、日本のあらゆるところに住んでいる。
・・・といわれても、そんな小さなトンボ、見たことないよね?
見たことある子、いる?


ハッチョウトンボは、小さな島を除く、日本のあらゆるところに住んでいる。
しかし、自然環境が悪くなった今、どんどん数が減ってしまった。
そして、今では、ほんの数か所でしか、見ることができなくなってしまった。

そんなハッチョウトンボを、愛知県でも見ることができる場所があるよ。
どこかというと、田原市にある湿地(しっち)だ。
そして、最近、その湿地でハッチョウトンボたちが羽化を始めたらしい。


『日本最少トンボ 羽化次々始まる』 朝日新聞

愛知県田原市にある黒河湿地(くろかわしっち)。
ハッチョウトンボたちが、次々に羽化を始めている。

草の上で羽化したハッチョウトンボ。
数時間かけて羽をかわかした後、元気に飛び立っていく。

羽化して20日ほどすると、オスはきれいな赤色に。
メスには、黄色や黒の横じまがうかびあがる。

体長2センチメートル。
小さなトンボたちが飛び回る姿は、さぞかしかわいいものだろうね。

ハッチョウトンボのかわいい姿は、8月ごろまで見ることができるんだって。
黒河湿地、行ってみたいね。


最後に、おまけで、こん虫のお勉強。
こん虫には、完全変態と不完全変態、無変態のものがいる。
今回の主役であるトンボは・・・不完全変態だ。

不完全変態のこん虫は、「かっとばせゴキブリ!」
カマキリ、トンボ、バッタ、セミ、ゴキブリなど。
以上、おまけでした(^^)/

⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ