愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 名港タイマイ~元気な姿を見せてくれたよ!

もののしくみ研究室

2015年06月22日 06:00  学び~理科

名港タイマイ~元気な姿を見せてくれたよ!

『名港タイマイ 南の海で元気』 朝日新聞

タイマイだって。
みんな、タイマイって、知ってる?

「海で元気」ってことは、海に住んでいる動物なのかな?
そして、名港(めいこう)、つまり名古屋港と、どんな関係があるんだろう?


・・・


タイマイは、ウミガメ科タイマイ属に分類されるカメだ。
英語では、Hawksbill turtle(ホークスビル タートル)という。

ホークスビルとは、タカのくちばしのこと。
タイマイの特徴のひとつは、タカのくちばしのようにとがった口だ。

そして、もうひとつの特徴が、こうらの周りのギザギザ。
この特徴をおさえておけば、他のウミガメとかんたんに区別がつくよ。


日本では、古くからタイマイのこうらを、べっ甲(べっこう)の原料としてきた。
半とうめいで黄色くかがやくべっ甲は、とても美しく、しかも軽くて丈夫。
かんざしやメガネのフレームなどの高級品に使われてきた。

日本では、このべっ甲をたくさん作るために、タイマイを乱獲(らんかく)した。
そのせいで、野生のタイマイは数が激減(げきげん)してしまったんだ。


ここで登場するのが、名古屋港水族館。

なんとか、タイマイの数を増やしたいと考えた名古屋港水族館。
日本ウミガメ協議会と協力し、水族館で大切に育てたタイマイを自然にもどす活動を、2011年からはじめたんだ。
そして、これまでに88匹のタイマイを、自然に返してきた。


今年2015年の4月19日、鹿児島県の屋久島沖(やくしまおき)。
ここでダイビングガイドをしている中村さんが、1匹のタイマイを見つけた。

屋久島近くでタイマイが見られるのは、とてもめずらしい。
もしタイマイを見つけても、人と出会うとあっという間ににげてしまう。

ところが。
今回中村さんが見つけたタイマイは、とても人なつっこい。
逃げるどころか、中村さんによってきて、カメラにほおずりしはじめる。
「これはめずらしい!」と思った中村さんは、写真をパチリ。

その時、中村さんは、このタイマイのあしについていた、タグに気が付いた。
タグには、「NAGOYA JAPAN」と書かれていた。
「日本の名古屋」という意味だ。

このタイマイ、実は名古屋港水族館で育てられ、自然にもどされたタイマイだったんだ。
だから、人なつっこいんだね。

水族館で育ったタイマイが、野生の元気な姿で見つかるのは、とてもめずらしいことなんだって。
元気な姿、うれしいよね。

写真は、タイマイ。ウィキペディアより。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ