愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 日光浴をしよう!~日光浴の推奨時間って?

もののしくみ研究室

2014年12月17日 06:00  学び~理科

日光浴をしよう!~日光浴の推奨時間って?

日光浴の推奨時間算出 朝日新聞

国立環境研究所(こくりつかんきょうけんきゅうじょ)と東京家政大学(とうきょうかせいだいがく)の研究チームが、日光浴を推奨(すいしょう)する時間を計算してくれるシステムを作ったんだって。

なんでも、健康な生活を送るためには、日光浴をする必要があるらしい。
日光浴というと、紫外線(しがいせん)など、体に悪いことも多い気がするけど。
たくさん日光浴をすることで、どんなよいことがあるんだろう?


・・・


ビタミンという栄養素があるよ。
名前くらいは、聞いたことがあるかな?

そのビタミンの中に、ビタミンDというものがある。
ビタミンDは、骨の成長にかかせない、大切な栄養素のひとつだ。

大人の人が1日に必要とするビタミンDは、およそ15マイクログラム。
マイクログラムっていうくらいだから、すごくちょっとの量なんだけど、それが足りないと、骨がしっかりと育たない。

食べ物から得られるビタミンDは、だいたい5マイクログラムくらい。
そうなると、残りの10マイクログラムを、どこかで手に入れなければならない。
とはいえ、食べ物以外から手に入れるのは、ちょっと難しい。
となれば、自分で作るしかない。

そう、人間の皮膚は、ビタミンDを作ることができるようになっているのだ。
しかし、ビタミンDを作るには、材料が必要。
そのひとつが、紫外線。
ビタミンDを作るためには、太陽の光にふくまれている紫外線が必要なんだ。


そこで、日光浴。

必要な15マイクログラムのうち、食べ物から得られる5マイクログラムをのぞいた、10マイクログラムのビタミンD。
今回のシステムは、これを皮膚に作らせるために必要となる、日光浴の時間を計算してくれる。

では、いったい、どれくらいの時間、日光浴をすればいいのかな?
ちょっと、結果を見てみよう。
いずれも、今の季節の場合の数字だよ。

北海道の札幌では、139分。
茨城県のつくば市では、41分。
沖縄県の那覇市(なはし)では、14分。

場所によって、大きく違うね。
これは、いったいなぜ?
みんな、わかる?


・・・


地図を見てみるとわかるけど、日本はとてもたてに長い国だ。
一番北の北海道と、一番南の沖縄県では、太陽の日差しの強さが、全然ちがうんだ。

地球儀があれば、それを見ながらそれぞれの場所に、どうやって太陽の光が届くか想像してみてね。
北海道には、ななめに光があたる。
それに対して、沖縄では、真上に使い場所から、光があたるよね。
だから、これだけ時間の差があるんだね。

ちなみに、紫外線は、当たりすぎると皮膚に悪さをしはじめる。
今回のシステムでは、悪さをしはじめる時間も計算できるんだ。
その数字を見てみると・・・

北海道の札幌市、227分。
茨城県のつくば市、98分。
沖縄県の那覇市、42分。

と、こんな感じ。これ以上の日光浴は、体によくないというわけだ。


最後に、夏の場合。

北海道札幌市でも、日光浴が必要な時間は、わずか8分。
25分で、悪さをしはじめるんだって。

夏の日光浴は、要注意だね。


写真は、豊田市内のプールにて。
ぎらぎら真夏の太陽には、要注意だね。






もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ