愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 地球で一番大きな磁石は・・・

もののしくみ研究室

2011年10月28日 00:00  学び~理科

地球で一番大きな磁石は・・・

地球には、磁場がある!
・・・といわれても、よくわからないかもね。

実は、地球は、大きな磁石なんだ。
N極とS極があって、ぴたっとひっつく磁石。

そう、地球でいちばん大きな磁石は、地球そのものでした!


北極がSで、南極がN。
方位磁石って、知ってる?
針が動いて、どちらが北で、どちらが南か教えてくれる。
これは、地球そのものが大きな磁石だからできること。

南極から出た磁石の力は、くるっと地球の表面をまわって北極へ吸い込まれちゃう。
これを磁力というんだけど、実はとても大切なはたらきをしてくれているんだ。


宇宙に浮かんでいる地球。
目には見えない「宇宙線」なるものを、いつも浴びてます。
ミューオンとかニュートリノとか呼ばれてるのは、その宇宙線の一部。
この宇宙線、人間がそのまま浴びると、大変なことになっちゃうらしい。

あと、太陽から、太陽風というのもやってくる。
これも、とっても危険なもので、生物が直接浴びれば、あっという間に死んでしまう。


宇宙からやってくる、こうした危ないやつらから、僕らを守ってくれているのが、地球の磁場なんだ。
南極から北極に向かう磁力がバリアとなって、こうした危ないやつらをはじき飛ばしてくれている!
おかげで、安心して生きていけるというわけさ!


磁場ができたのは、およそ27億年前。
地球の自転に誘われて、内部のマントルというものがぐるぐると回るように動き出した。その動きのおかげで、磁場ができたんだって。
以来、ずっと地球上の生命を宇宙線や太陽風から守ってくれているのだ!

へたくそな絵で、ごめんねーーー!





もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
惑星と曜日の関係!?(再掲)
あの惑星が大接近~ところで火星って、どんな星?(再掲)
あの惑星が大接近~夜空をながめて赤い星を見つけよう!(再掲)
アメリカで大きなひょう~ひょうって、いったい何者?
センチュリー・プラント~いったい、どんな植物?
人工孵化の稚魚~がんばって育ってほしいね
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 惑星と曜日の関係!?(再掲) (2018-08-16 06:00)
 あの惑星が大接近~ところで火星って、どんな星?(再掲) (2018-08-15 06:00)
 あの惑星が大接近~夜空をながめて赤い星を見つけよう!(再掲) (2018-08-13 06:00)
 アメリカで大きなひょう~ひょうって、いったい何者? (2018-08-10 06:00)
 センチュリー・プラント~いったい、どんな植物? (2018-08-09 06:00)
 人工孵化の稚魚~がんばって育ってほしいね (2018-08-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ