愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 小惑星の豆知識!

もののしくみ研究室

2011年11月10日 08:00  学び~理科

小惑星の豆知識!

昨日、小惑星が地球と月の間を通っていきました!


『月より近い小惑星!!』
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=345859


今日は、小惑星の豆知識。

さて、太陽系にある惑星は、全部で8つ。
では、小惑星はいくつあるでしょうか?


・・・

答えは、およそ25万個。
多い!
しかも、まだ発見されていない小惑星が、数十万個あると言われている!

そんなたくさんの小惑星がびゅんびゅん太陽系の中を飛び回ってるんだ。
結構こわいぞ!
地球にぶつかってくることなんてないよね?


・・・

実は、ぶつかってくる危険あり!
実際、今から6550万年前には、半径10キロメートルの小惑星がぶつかってきて、大きな恐竜が全滅しちゃった!
地球上の生物を滅ぼすような大きな衝突は、1万年から10万年に1回おきるらしい。


もしぶつかってきたら、どれくらいの衝撃がおこるの?

直径4mの隕石がぶつかると、大きな爆弾が爆発したくらい。
直径100メートルくらいだと、広島の原爆と同じ!
直径400メートルだと、数千キロメートル四方に被害が!
直径10~15キロだと、広島の原爆の10億倍!


ちなみに、小さな隕石となると、1年間に2から3個は落ちてきてるらしい。
日本にも、時々落ちてきてるみたい。
http://research.kahaku.go.jp/department/engineering/3/inseki/inseki_list.html


もし、小惑星がぶつかってきたとしても、今の技術じゃこれをふせぐ方法はないんだって。
落ちてくるときは、今回みたいに予測はできるだろうから、いざとなったらみんなで逃げるしかない?
それよりも前に、もっともっと技術が発達して、レーザービームみたいのでぶつかる前にこわしちゃうことができるようになるかもね!


写真は、いろいろな形の小惑星。ウィキペディアより。
変な形!





もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ