愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

2018年11月22日 15:21  説明会/体験授業

RAKUTO豊田校~体験授業および説明会の日程について(2018年12月)

---------------------------------------------
※こちらは、RAKUTO豊田校のコースの体験授業および説明会に関するご案内です。「もののしくみ研究室」の体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「もののしくみ研究室~体験レッスンのご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e398218.html
---------------------------------------------



2018年12月の体験授業および説明会の日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


なぜ、楽しくないといけないのか?
なぜ、高速リスニングなのか?
なぜ、ディスカッションなのか?
なぜ、マインドマップなのか?
脳科学の見地から、詳しく説明させいていただきます。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、3日前までにご予約をお願いします。


◇ 2018年12月9日(日) 午前10:00~11:30
  受付終了。お申込み、ありがとうございました。

◇ 2018年12月18日(火) 午後5:00~6:30
     <この日程で申し込む>

◇ 2018年12月28日(金) 午前10:00~11:30
     <この日程で申し込む>

◇ 2018年12月28日(金) 午後2:00~3:30
     <この日程で申し込む>


他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html

直近の空席情報は、こちらをご覧ください。
http://rakuto-toyota.jp/e335214.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月22日 06:00  学び~理科

キログラムの定義が変わる?~新しい決め方は、何を使うの?(再掲)

11月のホップ体感算数は、『重さ』。
キログラムやグラム、ミリグラムなどを勉強しながら、重さを体感しているよ。

そんな中、朝日新聞には、こんな記事だ。

『キログラム定義 130年ぶり変更も』 朝日新聞


かねてよりうわさのあった、キログラムの定義。
今年2018年11月に行われた会議によって。
いよいよ変更されることが決まったんだって。

今回の会議では、重さの単位だけではなく、電流の単位(アンペア)や、温度の単位(ケルビン)、物質の量の単位(モル)なども一緒に変更されるらしい。
キログラムの単位、いったい、どういうふうに変わるんだろう?
まずは、今のキログラムの単位について、復習その2。

--------------------------------------------

前回は、重さの定義、つまり「1キログラムはこの重さだよ。」という決め事が変わるかもしれないというお話しだったよ。

『キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について』
http://rakuto-toyota.jp/e465285.html


今回は、その続き。
まずは、1キログラムの定義について、もう少し、くわしく見てみよう。

むかしむかし、1キログラムの定義は、水の重さで決まっていた。
1795年に決められたのは、温度が0度の水1リットルの重さを、1キログラムと決めていた。

ところが、水は、気圧、つまり周りの空気の力によって、重さが変わることがある。
このため、1キログラム=水1リットルとした場合、計る場所によって、重さがかわってしまうことになる。

そこで、1799年、水1リットルと同じ重さのプラチナのかたまりを作って、それを1キログラムとすることにした。
これが、キログラム原器のはじまりだ。

1889年、キログラム原器は、新しいものにおきかえられる。
新しい原器は、直径およそ39ミリ、高さおよそ39ミリの円柱形。
プラチナとイリジウムをまぜて作られている。
今も使われているこのキログラム原器は、フランスのパリにある国際度量衡局(こくさいどりょうこうきょく)で、大切に保管されているよ。

また、同じく1889年には、40個のキログラム原器を複製(ふくせい)。
1キログラムの標準とするために、世界中に配られた。

日本には、複製された原器のうち、6番と30番と39番の番号がつけられたものが届けられたよ。
39番のものは、韓国にゆずり、その後新しいものを購入したりして、今の日本には、4つのキログラム原器がある。
これらは、茨城県つくば市にある産業技術総合研究所(さんぎょうぎじゅつそうごうけんきゅうじょ)に、大切にしまわれている。

複製された原器は、およそ40年ごとに、フランスにある本物の原器と重さ比べをすることになっている。
重さが国によって変わっちゃうと、困るからね。
ちなみに、日本の原器は、本物の原器よりも、0.176ミリグラム重くなってしまっているらしいよ。

1キログラムの重さを決めてくれる、キログラム原器。
いろいろと問題があることもわかっている。
時がたつにつれて、原器にいろいろなものがくっついて、少しづつ重くなってきているんだって。

そこで、世界中の研究機関が、キログラムの新しい定義を作ろうと、いろいろと研究を進めてきた。
そして、5つの国の研究機関が、ついに新しい方法を発表したんだ。

『キログラム定義 130年ぶり変更も』 朝日新聞

今回、日本の研究機関が出した、新しい1キログラムの決め方は、こんな感じ。

まずは、シリコンで球を作る。
その球にふくまれるシリコンの原子の数が、決められた数になればOK。
1キログラムぴったりの、球の完成だ。

新しい決めたは、来年2018年に開かれる国際度量衡総会で話し合われる予定。
どんな決め方になるのか、注目だね。

写真は、今のキログラム原器。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月21日 06:00  学び~理科

キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について(再掲)

かねてよりうわさのあった、キログラムの定義。
今年2018年11月に行われた会議によって。
いよいよ変更されることが決まったんだって。

今回の会議では、重さの単位だけではなく、電流の単位(アンペア)や、温度の単位(ケルビン)、物質の量の単位(モル)なども一緒に変更されることが決まったんだ。
キログラムの単位、いったい、どういうふうに変わるんだろう?
まずは、今のキログラムの単位について、復習だ。

--------------------------------------------

1キログラムの重さは、世界どこに行っても同じだよね。
日本でも、アメリカでも、ロシアでも、1キログラムは1キログラム。
国によって、かわることはない。

しかし、それには、「この重さが1キログラムなんだよ。」という共通のものが必要だ。
今、世界では、1キログラムの重さを決めるための定義、つまりルールみたいなものがある。
朝日新聞の記事によると、そのルールが変わるかもしれないんだって。

ところで、今のルールは、どんなルールなんだろう?
どうやって、「これが1キログラムだよ!」って、決めているんだろう?
そして、どうしてそのルールを変えなければいけないんだろう?

まずは、6年前の記事で、1キログラムの決め方について復習だ。

--------------------------------------------

キログラムの基準「原器」廃止へ 長さに続きby朝日新聞

1キログラムの重さ。
世界中には、いろんな人が住んでいるけれど、1キログラムの重さは、どこの国にいっても同じだよね。
国によって違っていたら、困ることがたくさん!
1メートルの長さとか1秒の長さも一緒で、国によって違っていたら、こまっちゃうね。
このように、時間とか長さ、重さなど、場所によって変わってしまっては困るものは、きちんと世界共通で決められている。
1メートルはこれだけの長さの事だよーって感じ。

ただし。
長さや時間の決め事は、科学の進歩にともない、より正確なものに見直されている。


例えば、時間。1秒の長さの定義。

昔は地球の自転や公転の周期から決めていた。
1967年に見直され、今は「セシウム133原子が出す電磁波の周期」と定義されている。

なにやら難しいことが書いてあるけど、セシウムっていう物質が秒の長さを決めているってこと。


次に長さ。1メートルの定義。

昔々は、 「地球を一周する子午線の長さの4千万分の1」だった。
その後、国際メートル原器と呼ばれる合金の棒の長さを1メートルと決めた。
さらに、クリプトン原子が出す光の波長で定義されるように変更。
結局、今は、「2億9979万2458分の1秒間に光が真空中を進む距離」。

1メートルの長さは、光が決めている!


そして、重さ。キログラムの定義。

現在の定義は、国際キログラム原器の重さによっている。

ところが!
この原器の重さが、変わってきてる!
1988年、原器を洗浄したところ、0.06ミリグラム軽くなっちゃった!
原器の重さが変わると、1キログラムの重さがかわっちゃって、みんなが困ってしまう!

そこで、重さについても、もっと正確なものにしようということで、とりあえず原器は廃止!

ただし、重さを正確に決める方法はまだ検討中。
ケイ素という物質に含まれる原子の数を正確に数え上げ、それ何個か分で1キログラムとする。
電気を起こした時に起こる磁場の力を計って、1キログラムとする。
そんな方法が研究されています。

さて、重さの定義、どんなものになるのかな?

画像はキログラム原器。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月19日 09:26  教室点景

先週の教室より~つなぎ言葉も気にしてね(^^)/

11月のホップ国語は、オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』。
2週目の先週は、あらすじ取り。

「クリスマスなので、プレゼントを買いたいデラ。しかしーーー?」

「お金がない!」

「そこでーーー?」

「髪の毛を売った!」

「そしてーーー?」

「鎖を買った!」

「ところがーーー?」

・・・

今回は、つなぎ言葉も意識しながら(^^)/





11月のステップB歴史は大正時代。
先週は、第一次世界大戦のくだり。

イギリスやフランスに出遅れてしまったドイツ。
守りが得意なビスマルクくんが引退して、攻めの姿勢に方向転換して、必殺3B作戦発動。

一方で、南下政策をもくろむロシア。

なにやら、きなくさくなってきたね(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月16日 06:00  学び~社会

平成が終わっちゃう~平成って、どんな時代?(その2)

前回は、平成の時代が、もうすぐ終わっちゃうよという記事を書いたよ。

『平成が終わっちゃう~平成って、どんな時代?(その1)』
http://rakuto-toyota.jp/e464684.html

今回は、その続き。
平成の時代。
いったいどんなものがはやったの?
どんなことが起こったの?

『平成あと半年 商戦活況』 朝日新聞

前回紹介した朝日新聞の記事には、広辞苑(こうじえん)という辞書に、平成の間にどんな言葉が追加されたか、紹介されていた。
それらの言葉を見たら、どんな時代だったのか、想像できそう。
今回は、それらの言葉を紹介するね。

平成が始まったのは、1989年のこと。
その2年後、1991年に新しく発売された広辞苑には、こんな言葉たちが追加された。

高齢化社会(こうれいかしゃかい)
単身赴任(たんしんふしん)
フリーター
花金(はなきん)
キャリアウーマン
テレビゲーム

今ではあって当たり前のテレビゲーム。
1991年には、NECのPCエンジンや、セガのメガドライブなどがおおはやり。
テレビゲームが、どんどん売れるようになった時代なんだ。
また、お年寄りが増え始め、高齢化がすすむ日本のことを心配する人が増えた時代でもある。

花金は、会社ではたらく人たちの間でよく使われた言葉。
「花」は、花のようにきらびやかというような意味。
「金」は・・・と、ここで想像タイム。

花金の「金」。
いったい、何の事だと思う?
想像してみてね。



・・・



答えは、金曜日。
会社ではたらく人たちの中には、金曜日は、次の日がお休みという人が多い。
だから、金曜日、仕事の終わったあとは、みんなでお酒を飲んだりして楽しむ人が多かった。
「花のような金曜日」で、花金だ。

その7年後、1998年の広辞苑には、こんな言葉たちが追加された。

ストーカー
携帯電話
どたキャン
阪神淡路大震災(はんしんあわじだいしんさい)

1995年1月17日の朝はやく。
大阪や神戸は、とてつもない大きな地震におそわれた。
阪神淡路大震災だ。
この地震によって、ビルや家などがたくさんこわれて、6500人近くの人が、死んでしまった。
これを反省して、最近のビルや家は、大きな地震でも大丈夫なように作られるようになったんだ。

そして、携帯電話。
スマートフォンや携帯電話。
今では当たり前のようにみんな持っているんだけど、これより前の時代、携帯電話というものはなかったんだ。
その変わり、街のあちこちに、公衆電話というものが作られていた。
公衆電話、最近では、あまり見ることがなくなっちゃった。

お次は、2008年に追加された言葉たち。

いけ面
めっちゃ
うざい
ネットサーフィン
メル友

この時代になってくると、みんなもおなじみの言葉が出始める。
「めっちゃ」とか、「うざい」なんていう言葉は、このころから使われだした。
今では、みんな、当たり前のように使うよね。

そして、2018年。
この年に出された広辞苑に追加された言葉は・・・と、ここで想像タイム。

2018年の広辞苑。
いったい、どんな言葉が追加されたと思う?
ちょっと想像してみて。


・・・



2018年の広辞苑に追加された言葉たち。

安全神話
ブラック企業
がっつり
スマホ
自撮り(じどり)
などなど。

今では当たり前のスマホも、しばらく前までは、当たり前ではなかったんだね。

時代とともに、言葉も変わる。
次の10年、いったいどんなものが登場して、どんな言葉が使われるんだろう?

写真は、阪神淡路大震災の様子。ウィキペディアより。
東日本大震災とともに、悲しい思い出。こうした経験をのりこえて、よりよい日本にしていきたいね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月15日 06:00  学び~社会

平成が終わっちゃう~平成って、どんな時代?(その1)

みんなは、天皇陛下って知ってる?
日本の国の象徴(しょうちょう)として、大切にされている人。
もともとは、王様みたいなものだったけど、今は王様ではなく、あくまで象徴、つまり日本や日本人の代表みたいなものなんだ。

さて、今から1800年くらい前のこと。
日本という国はまだない時代。
強い人を中心に、いくつかのグループがあった。

それらのグループのうちいくつかのグループがまとまって、大和朝廷(やまとちょうてい)というものが、今の奈良県のあたりにできあがる。
その大和朝廷がどんどん大きくなって、今の日本という国につながるんだ。

そんな大和朝廷の王様、つまり一番えらい人は、いつか「天皇」と呼ばれるようになった。
むかしむかしのことなので、いつから天皇という言葉が使われるようになったかは、いろいろな考えがあるみたい。

そうした中、初代天皇といわれているのが、神武天皇(じんむてんのう)。
以来、1800年くらい、天皇は、代々うけつがれてきた。

そして、今。
今の天皇陛下である今生天皇(きんじょうてんのう)は、なんと125代目。

今生天皇が天皇陛下になったのは、1989年のこと。
それから、30年ちかくにわたり、天皇陛下としてかつやくしてきた。

そんな今生天皇が、来年2019年の4月で、天皇陛下をやめることになった。
来年2019年5月には、新しい天皇陛下が生まれることになる。

天皇陛下がかわると、それに合わせて変わるのが、元号だ。
今の元号は、平成。
その前は、昭和。
明治、大正、昭和、平成と変わってきた元号が、来年、また変わることになる。
どんな元号になるのかは、まだ決まっていないけど、平成の時代が終わることは決まっている。

そこで、今回の記事。

『平成あと半年 商戦活況』 朝日新聞

あと半年で、平成が終わってしまう。
そんな中、平成にちなんだものが、たくさん売れているらしい。

カレンダーはもちろんのこと、「平成」と書かれたクリアファイルや、「平成」とほりこまれた金の大判、小判など、いろいろなものが売られている。
中には、平成ジグゾーパズルなんてのも、あるんだって。

1989年から長く続いてきた平成の時代。
それが終わってしまうのは、なんとなくさみしい感じ。
だから、平成をあしらった、いろいろなものが売れているんだろうね。

ところで、平成の時代って、どんな時代だったんだろう?
どんなものが、はやっていたんだろう?
どんな事件が、あったんだろう?

新聞の記事には、広辞苑(こうじえん)という辞書に、平成の間にどんな言葉が追加されたか、紹介されていた。
それらの言葉を見たら、どんな時代だったのか、想像できそう。
次回は、それらの言葉を紹介するね。

写真は、ゲームボーイ。ウィキペディアより。
1989年にニンテンドーが発売したゲーム機で、当時大ヒットしたんだよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月14日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~熱の伝わり方(小学4~5年生)

10月のホップ理科は、『熱の伝わり方』。

「この石を、伝導であたためてみてね。」
「今週は、放射だよ、放射で石をあたためてみて。放射だから、さわっちゃダメね。」
「こんどは、対流だ。対流っていうからには、何かが流れているんだよね。何が流れているんだろう?対流であたためるって、どういうこと?」

お祭りみたいな楽しい歌を楽しんだあとは、それぞれの熱の伝わり方を、考えたりやってみたり。
熱を、しっかりと体感しました(^^)/









⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月12日 13:31  短期講習

2018冬期講習~冬休み キミは、つくって学んで夢中になる!

2018冬期講習のご案内です。

★★★ 内容 ★★★

<算数>
『オキマリ発見!図形の規則性』
規則性立体図形を作成しながら、平面・立体図形の規則性のヒミツを発見!
つくるからわかる。そして、楽しい!

<作文>
『すいすい作文講座』
この冬は「おねだりしたい・・・」「ほしい」気持ちを、説得力ある「意見作文」に仕立てあげるプロセスを体感!
ディスカッションとマインドマップ(R)が、みるみるうちに想いを引き出し、論理的に組み立てる。
自分を知り表現する喜びや、文への客観的な目線、読解力も得られる人気講座で作文好きに!

<理科>
『曇ってどうやってできるの?』
雲はどうして空に浮かんでいるの?
不思議をサイエンスで解決しよう!
科学の目をつくろう!
今回は、雲の標本模型を作っちゃうよ!


★★★ 日程 ★★★

<前期>

12月23日(月)~24日(月)

   9:30~11:40 算数
  13:00~15:10 作文
  15:30~17:40 理科



<後期>

12月26日(水)~27日(木)

   9:30~11:40 作文
  13:00~15:10 算数
  15:30~17:40 理科

※各科目、60分×2回×2日、計240分


★★★ 定員 ★★★
 各クラス8名となっております。
 早めのお申し込みを、お勧めします。

★★★ 受講料 ★★★

<算数:60分×4回>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,080円
 -------------------
 合計:14,040円

<理科:60分×4回>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,620円
 -------------------
 合計:14,580円

<作文:60分×4回>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,080円
 -------------------
 合計:14,040円

 ()内は、RAKUTO生向け価格
 早期申込み割引11/30まで。RAKUTO生向け価格でご受講いただけます。
 複数講座受講時には、割引があります。
 その他、詳細は、お問い合わせください。

★★★ お申込み・お問い合わせ ★★★
お申込み・お問い合わせは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込み・お問い合わせの方は、各日程下段の「お問い合わせ・お申込み」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
  <お問い合わせ・お申込み>

ちらしをご希望の方は、電話もしくはメールにて、送付先をお知らせください。

写真は、過去の冬期講習より。








⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月12日 06:00  教室点景

先週の教室より~日本をよくするために

11月のホップ地理は、関東地方。

「東京といえば?」

「国会議事堂!」

「なかなか難しいのがでてきたな。国会議事堂って、何する場所?」

「国のことを決める!」

「みんなだったら、どんなことを決める?日本をよくするために、何をすればいい?」

「みんなにチョコレートをくばる!」

「チョ、チョコをくばるのか。」

「そしたら、みんな、しあわせじゃん!」

ま、そりゃそうだな(^^)/





11月のホップ国語は、オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』。

お互いにプレゼントを買うために、お互いに一番大切なものを売ってしまったデラとジム。
なにやら、おかしなことになっちゃったね。

11月初週のレッスンとなった今日は、セントラルイメージまで(^^)/





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年11月09日 06:00  学び~社会

戦後の10大イノベーション!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成30年11月3日(土)~平成30年11月9日(金)まで、講師研修等のため、通常レッスンはお休みさせていただきます。
ブログは、過去記事を再掲します。

過去のブログシリーズ。
今回のテーマは、”トイレ”。
なぜいきなり”トイレ”かっていうと、今朝の中日新聞の一面に、インドのトイレのお話しがのっていたから。
インドでトイレを使うことができるようにするために、トヨタ自動車などの会社が、がんばっているんだって。

----------------------------------------


多彩 戦後支えた発明 朝日新聞

6月18日、日本発明協会が、「戦後日本のイノベーション100選」というものを発表した。
「イノベーション100選」というのは、人の役に立ったすごい発明を100こ選んだよってことだ。

戦争に負けて、一度はぼろぼろになった日本。
それに負けじと、日本人はがんばった。
たくさん勉強して、たくさんの発明をして、世界でもトップクラスの技術大国になった。


そんな日本が、世界にほこる発明品。
今回は100選の他にも、100選の中からとくにすごい10の発明を選び出した「戦後の10大イノベーション」も発表された。
戦後の10大発明だ。

いったい、どんなものがあると思う?
ちょっと、想像してみて。
みんなが、大好きなものも入っているよ。


・・・


それでは、さっそく見てみよう。
発明された順番に並んでいるよ。


<内視鏡(ないしきょう)>

体の中をのぞくことができる内視鏡。
これのおかげで、いままで治すことができなかった病気が、治すことができるようになった。
<インスタントラーメン>
お湯さえあれば、いつでも手軽に食べられる。
便利でおいしいよね。


<マンガ・アニメ>

日本が世界にほこる文化のひとつが、マンガとアニメだ。
これを目当てに、日本にやってくる外国人もたくさんいるよ。


<新幹線(しんかんせん)>

速いだけではなく、安心安全。
人の命にかかわる事故をおこしたことがない高速鉄道は、新幹線くらいだ。
日本では当たり前なんだけど、たくさんの列車が、時刻表通りに運行されるのは、実はすごいことなんだ。


<トヨタ生産方式>

世界一の自動車メーカー、トヨタ。
よくないところや、もっとよくできるところを探し出して、改善(かいぜん)しよう!
トヨタがここまで大きくなったのは、社員みんなでこうした運動にとりくんできた結果だ。


<ウォークマン>

音楽を外に持ち出そう!
ということで発明されたのが、ソニーのウォークマン。
いまでこそ、アップルのiPodに負けているけど、当時は、世界中にひとたちに衝撃(しょうげき)を与えたんだ。


<ウォシュレット>

おしりを清潔(せいけつ)に保つだけではなく、トイレットペーパーの使用を減らすこともできる。
ウォシュレットがここまでたくさん普及(ふきゅう)しているのは、日本くらい。
<家庭用ゲーム機・ゲームソフト>
これも、日本の得意分野。
世界で使われているゲーム機の割合では、ソニーとニンテンドーが常にトップ争いをしている。
日本のゲーム機は、世界でも大人気だ。


<発光ダイオード>

少しの電気で、明るく照らす。
信号機やサッカー場などの大型ビジョン、家庭のLED照明など、いろいろなところで使われている。
発明したのはアメリカの会社、赤い発行ダイオード。
その後、日本でも、青色などの発行ダイオードが発明された。


<ハイブリッド車>

ガソリンエンジン+電気モーターで動く自動車。
少ないガソリンで、たくさん移動できるので、地球にやさしい。
トヨタでは、プリウスやアクアが有名だよね。


10大発明、どうだった?
これ以外にも、「これはすごい!」と思う発明を見つけてみよう。
みんなの周りにも、たくさんあるはずだよ。

そして、将来。
人の役に立つものを発明できる人間になれたら、これは最高だよね。


写真は、デジタルカメラ。
カメラ好きな自分にとって、デジタルカメラの普及は、インパクトが大きかったよ。
みんなも、「この製品やサービスのおかげで、とても便利になったよ!」というもの、何かある?





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ