愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

キンダーコース

もののしくみ研究室

2019年03月04日 10:56  教室点景

先週の教室より~種子植物ってどんなやつ?

3月のホップ理科は、『種子植物の分類』。

「先月は、生物を動物と植物に分けたよね。今回は、その続き。」
「動物をふたつのグループに分けるとしたら、どんなグループが考えられる?」
「植物は?」
「種子植物は、タネから成長するやつなんだね。タネじゃないのって、どんな植物?」

初週は、想像タイムをたっぷりと。
かわいいセントラルイメージができあがりました(^^)/





3月のホップ地理は、『日本列島と周りの海』。

まずは、「日本」について、いろいろと考えてみよう。
みんな日本に住んでいるんだから、日本のことにはくわしいよね。

フリーディスカッションと歌の後は、セントラルイメージまで。
日本らしい絵になったね(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年03月01日 06:00  学び~理科

白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?

みんなは、シマウマを見たことがある?
白と黒の、きれいなしましまもようのお馬さん。

ほ乳乳綱ウマ目ウマ科ウマ属。
馬よりも、どちらかというと、ロバの仲間に近いんだって。
耳やしっぽの形、そして鳴き声、どちらもロバによく似ている。

さて、そんなシマウマについて、新聞記事が。

『シマウマなぜしま模様?』 朝日新聞


みんな、シマウマって、なんであんなにしましまもようなのか、考えたことがある?
しましまのもようには、きちんと理由があると思われる。
まずは、自分の頭で考えてみよう。
なんで、シマウマは、しましまなの?
想像できる?



・・・



シマウマが、なぜしましまなのか。
これは、動物の研究をする学者さんたちの間で、ずっとナゾだった問題だ。

ひとつの説は、ライオンなどの敵に、おそわれにくくするため。
でも、しましまもようって、かえって目立ったりしないのかな?

もうひとつの説は、体の温度を調整するためというもの。
太陽の光をあびてあたたまりやすい色は黒。
ぎゃくに、あたたまりにくい色は白。
黒と白のしましまだと、あたたかい場所とあたたかくない場所ができる。
これによって、空気に流れができて、体温をさげることができる。
こんな説だ。
こちらの説は、テレビ番組で行われた実験によって、「ちがう!」ということがわかった。

そして、もうひとつの説が、虫にさされにくくするためというもの。
ハエなどにさされることによって、病気になってしまう動物がたくさんいる。

シマウマと同じ場所に住んでいるハエを調べたところ、他の動物の血は見つかったけど、シマウマの血はほとんど見つからなかった。
このことから、「しましまもようだと、ハエなどの虫にさされにくいのではないか?」という考えた。

でも、本当の理由は、どれなのか?
それが、ずっとわかっていなかった。

そこで、イギリスやアメリカの大学の研究チームは、「虫にさされにくくするため」という説をたしかめるために、ある実験を行った。
研究チームがつてれきたのは、シマウマではなく、ふつうのウマ7頭。
さて、ここで、想像タイム。

しましまもようだと、虫にさされにくいはず。
それをたしかめるためには、ウマ7頭を使って、どんな実験をすればいいんだろう?
自由に、考えてみてね。



・・・



研究チームの人たちが用意したのは、ウマ7頭と黒、白、しましまの3種類のコート。
ウマたちに、3種類のコートをきせて、周りを飛んでいるアブの様子をたしかめたんだ。

それぞれのコートをきたウマを、30分間観察したところ、次のことがわかった。
黒いコートには、およそ60回、アブがとまった。
白いコートでは、およそ80回、アブがとまった。
そして、しましまのコートでは、アブがとまったのは10回よりも少なかった。

60回や80回に対して、10回以下とは、かなりの効果があるってことだね。
研究チームの人によると、しましまもようが、アブの目をこんらんさせているのではないかとのこと。
なるほど。

写真は、シマウマ。ウィキペディアより。
しましまもようだと虫にさされにくい。
ということは、山などに行く時に、しましまもようの服を着ていくと、さされずにすむってことかな。
試してみる価値はありそうだね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月28日 06:00  学び~理科

絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ

国際自然保護連合(こくさいしぜんほごれんごう:IUCN)というところが作成するレッドリスト。
このブログでも、何度か紹介しているよ。

『海洋生物レッドリスト~シロワニってどんな生き物?』
http://rakuto-toyota.jp/e402483.html
『あの動物がレッドリストに~今度はどんな動物?』
http://rakuto-toyota.jp/e390506.html
『2016年版レッドリスト~あの動物が絶滅危惧種から外れたよ』
http://rakuto-toyota.jp/e385833.html
『2016年版レッドリスト~なんで中国の人たちは素直に喜べないの?』
http://rakuto-toyota.jp/e385834.html

レッドリストには、世界に住んでいる動物たちのうち、数が減って絶滅(ぜつめつ)してしまいそうなものが、絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)としてのせられている。

絶滅危惧種には、3つのランクがあり、それぞれこんな感じ。

CR 近絶滅種(きんぜつめつしゅ)
EN 絶滅危惧種
VU 危急種(ききゅうしゅ)

CRは、いまにも絶滅してしまいそうな、一番あぶない状態。
ENは、しばらくすると絶滅してしまいそうな、ちょっとあぶない状態。
VUは、将来絶滅してしまう危険ある、あぶない状態。

このランクを見ると、「まさに絶滅寸前」なのか、「まだしばらくは大丈夫」なのかを見分けることができる。

レッドリストにのっているのは、まだ絶滅していない動物たち。
その一方で、絶滅してしまったとされる動物もたくさんいる。

日本では、ニホンカワウソが有名だ。
最後にニホンカワウソが確認されたのが、1979年。
以来、ずっと見ることができない。
そして、2012年、絶滅したと判断された。

2年前の夏に、長崎県の対馬(つしま)でカワウソが見つかって、「ひょっとしてニホンカワウソかも!」と大騒ぎになったことがある。

『対馬にカワウソ~37年ぶりに、こんにちは』
http://rakuto-toyota.jp/e416866.html


しかし、このカワウソは、ニホンカワウソではなく、韓国あたりから泳いでやってきた別のカワウソだということがわかった。
ちょっと残念だけど、絶滅したと思われる動物が、実は絶滅していなかったなんてことは、めったなことではありそうにないよね・・・と思ったら。
朝日新聞には、こんな記事が。

『ハチやゾウガメ、絶滅してなかった 100年ぶり発見も』 朝日新聞


記事によると、長い間見つけることができず、だれもが「もう絶滅してしまった」と思っていた動物たちが、見つかったらしい。

まずは、インドネシア。
今年2019年2月21日。
インドネシアの森の中で、とても大きなハチが見つかった。
羽根をひろげた時の大きさは、およそ6センチメートル。
調べてみると、このハチは「ウォーレス・ジャイアント・ビー」と呼ばれるハチだとわかった。

ミツバチの仲間では、世界で一番大きいとされる「ウォーレス・ジャイアント・ビー」。
この40年間、見つけた人はひとりもいない。
誰もが、絶滅したものだと思っていた。

それが、40年ぶりに見つかって、実は絶滅していないことがわかった。
よかったね。

お次は、エクアドル。
めずらしい生き物がたくさん住んでいるガラパゴス諸島でも、絶滅したと思われていた動物が発見された。
見つかったのは、「フェルナンディナゾウガメ」とよばれるゾウガメ。

「フェルナンディナゾウガメ」が見つかったのは、およそ100年ぶり。
100年も見つからなかったので、当然、みんな絶滅したものだと思っていた。

調べてみると、今回つかまった「フェルナンディナゾウガメ」の年齢は、100才だと思われる。
「フェルナンディナゾウガメ」が見つからなくなった100年前に生まれて、100年たった今年、見つかったことになる。

人間も動物も、みんなみんな地球の仲間。
絶滅してしまった動物たちが、実は絶滅していなかった。
これは、うれしいニュースだよね。

写真は、ガラパゴス諸島。ウィキペディアより。
大陸と陸続きになったことがないので、めずらしい動物たちがたくさん住んでいる。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月27日 14:04  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~おおかみと7匹の子やぎ(小学2年生)

2月のホップ国語は、『おおかみと7匹の子やぎ』。

2月からは新年度。
まずは、おなじみのお話しで、マインドマップの練習もかねて、あらすじ整理。

「まずは、ブランチを出して。最初のブランチには、何を書く?」

「いろいろ出てきたけど、まずは最初に登場したお母さんのことを書いておこうか。お母さんは、どこで何してた?」

会話を通してなにげなく主語と述語の関係を意識させながら、楽しく取り組めました(^^)/






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月25日 12:40  教室点景

先週の教室より~ほんとにでんぷんがあるのか調べてみよう(^^)/

2月のホップ理科は、『植物のはたらき』。
4週目のテーマは、「調べる」。

光合成がうまくできているかどうかを調べるには、でんぷんがきちんとたくわえられているかどうかを調べればよい。
そして、でんぷんがたくわえられているかどうかを調べるには、このヨウ素液をたらっとたらせばよいのだ・・・って、これ、そのまま葉っぱにかけても、たらっとたれて終わっちゃう。

「硬いままの葉っぱじゃ無理そう。どうしたらよい?」
「まずは、葉っぱをやわらかくしよう。どんな方法がある?」
「次は、葉っぱの色を抜こう。どうすればよい?」

そして、ヨウ素液登場。
今日は、ジャガイモで実験しました(^^)/





2月のステップA算数は、文章題の練習。
解いていくのは、中学受験用の問題集。

でも、そこはRAKUTO流。
解き方を教わるのではなく、自分で解き方考えるのだ。

今月いっぱいは、文章題にどうむき合うのか、その練習(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月22日 06:00  学び~社会

きゅりんが絵文字に~がんばれ愛知の野菜たち

『「きゅりん。」LINE絵文字に』 朝日新聞

朝日新聞の記事によると、「きゅりん」というゆるキャラが、LINEの絵文字になるらしい。
きゅりんは、愛知県でたくさんとれる野菜のゆるキャラ。
緑色のかわいいキリンだ。
いったい、何の野菜のゆるキャラだと思う?
名前と色から、想像してみてね。



・・・



答えは、キュウリ。

安城市や西尾市など、西三河地方では、キュウリがたくさんとれる。
西三河地方で作られているのは、「三河みどり」という種類のキュウリ。
きゅりんは、この三河みどりのことを、みんなに知ってもらおうと考え出されたゆるキャラなんだ。

愛知県では、一年間におよそ13400トンのキュウリが作られている。
お金にすると、およそ34億円。
これは、日本の都道府県の中で、第13位だ。

ついでのことに、愛知県でたくさん作られている野菜を見てみよう。
愛知県には、作られている量が全国1位の野菜が4つある。
ひとつは、みんなも食べることが多いと思うよ。
レストランでとんかつなんかを注文すると、とんかつの横には、必ずといっていいほど、この野菜が盛られている。
いったい、どんな野菜?



・・・



1位の野菜の中で、シェアナンバー1は、食用のキク。
日本でのシェアは、51.3パーセント。
日本で食べられているキクの、半分以上が、愛知県で作られたキクということだ。

お次は、ふき。
愛知県では、知多半島を中心に、むかしからふきがたくさん作られてきた。
日本でのシェアは、40.2パーセント。

お次は、シソ。
豊橋市などでたくさん作られている。
日本でのシェアは、36.2パーセント。

そして、キャベツ。
とんかつについてくるのが、このキャベツだ。
日本でのシェアは、17.8パーセント。

この4つが、愛知県のほこる、日本一の野菜たちだ。

ちなみに、日本で2位の野菜は3種類。
さやえんどうに冬瓜(とうがん)、みつばが、日本で2位なんだ。

さて、話をキュウリにもどそう。

キュウリは、なんで「キュウリ」と呼ばれているのか、考えたことある?
「キュ」と「ウリ」がくっついてできた言葉だ。

キュウリは「ウリ」の一種だから、「ウリ」がつくのは当たり前。
「キュ」には、どんな意味があるんだろう?
ちょっと、想像してみて。



・・・



他にも説はあるんだけど、キュウリの語源は、「黄色い瓜」だと言われている。
キュウリを食べる時、中をのぞいてみると、うすい緑色をしてるよね。
とてもよく熟したキュウリは、これが黄色になるんだって。
だから、「キュウリ」。
愛知県のキュウリ、きゅりんと一緒に、がんばってほしいね。

写真は、キュウリの花。ウィキペディアより。
かわいい花だね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月21日 06:00  学び~社会

世界の国~日本が認めていない国はどこ?

今回は、前回の続き。

『世界の国~いくつの国があるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e475878.html


日本が「国」として認めているのは、自分を入れて196か国。

一方で、他の国は認めているのに、日本が「国」として認めていない国もある。
日本が「国」として認めていない主な場所は7つある。
中には、よくニュースに出てくるので、たぶんみんなもしっていると思われるものもあるよ。
どこだと思う?
想像してみてね。



・・・


まずは、北朝鮮人民共和国。
いわゆる、「北朝鮮」だ。

1948年にできた北朝鮮は、国連にも加盟している。
だから、国連に加盟している193の国のひとつなんだ。
日本以外の164の国からも、「国」として認められている。

しかし、日本は、北朝鮮を「国」として、認めていない。
理由は、お約束事をきちんと守らないから。
国際法(こくさいほう)とよばれる、世界みんなのお約束事を守ることができるようになったら、日本としても「国」として認めることになる。


お次は、パレスチナ。
こちらは、国連加盟国136か国から「国」として認められている。
日本としてはまだ『国」とは認めておらず、パレスチナ自治政府というあつかい。
将来、どこかのタイミングで、「国」として認める予定だ。
パレスチナについては、こちらの記事を参考にしてね。

『イスラエルとパレスチナ、なぜ争う?』
http://rakuto-toyota.jp/e267039.html


お次は、台湾(たいわん)。
中華民国(ちゅうかみんこく)とよばれることもある。

中華民国は、もともとは、中国全体を支配していた国。
ところが、中国の中にもうひとつ、大きな団体があらわれる。
中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく)だ。
中華民国と中華人民共和国は、仲が悪い。
そして、ついには、戦争をはじめてしまう。

その戦争で負けたのが、中華民国。
1950年、負けた中華民国は、中国の一部であった台湾に逃げ込んだ。

日本は、戦争が終わった後、中華民国、つまり台湾と仲直りをした。
このころは、台湾を「国」として認めていたということだ。

ところが、中国に新しくできた中華人民共和国(=今の中国)は、「台湾は中華民国のものではなく、自分たちのものだ」と言い張っている。
そして、世界の国にむけて、台湾を「国」として認めないようにはたらきかけているんだ。

1972年に中国(中華人民共和国)と仲直りした日本は、彼らのいうとおり、台湾を「国」として認めないことにした。
今、台湾を「国」として認めているのは、17か国だけだ。


他にも、日本が「国」として認めていないところは、次の4つ。

サハラ・アラブ民主共和国
アブハジア共和国
南オセチア共和国
北キプロス・トルコ共和国


北挑戦やパレスチナ、台湾。
そして、それら以外の4つの地域。

いずれも、戦争がからんで、こんなことになっている。
世界中のみんなが、仲良くなれるといいのにね。

写真は、台湾(中華民国)の首都台北(たいぺい)。ウィキペディアより。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月20日 06:00  学び~社会

世界の国~いくつの国があるの?

RAKUTO豊田校は、2月から新年度。
地理のレッスンの中では、「日本って、そもそもどんな国なの?」というテーマがとりあげられる機会が多い。
「広さは、世界で何番目?」とか、「降水量は多いの、少ないの?」などなど。

そんな中で、多くの子供たちからあがってくる疑問が、「世界にはいくつの国があるの?」というもの。
そこで、今回は、世界の国の数について考えてみよう。

まずは、想像タイム。
世界には、いくつの国があると思う?

50?
100?
200?
500?
1000?

もっともっと多い?
想像してみてね。



・・・


実をいうと、「世界の国の数」は、正確に数えることができないんだ。
その理由は、「国」とは何かというものが、きちんと決まっていないから。

例えば、勇気のある人がアフリカの誰もいない場所に行って、「ここはぼくだけの国だ!」と言い切れば、その人にとってはそこは「国」となる。
実際には、「ぼくだけ」というのはありえないと思うけど、ある団体が国の一部をのっとって、「ここは、ぼくたちの新しい国だ!」と宣言するのは、決してめずらしいことではない。
そんなふうにしてできた国を全て数えるのは、難しい。

それでも、世界にいくつの国があるのかは、きちんと知っておきたい。
世界の国の数を数える場合、ある基準、つまりお約束ごとのもとで、数えることになる。
そして、何を基準にするのかによって、国の数が変わってくる。

国であるかどうかの基準としてよく使われるのは、国際連盟(こくさいれんめい:国連)に加盟しているかどうか。
たくさんの国が集まって、いろいろなことを話し合う、国際連盟(こくさいれんめい:国連)という組織(そしき)がある。

この国連に加入している国を、「国」として考える場合、その数は193か国。
「世界には、193の国があるんだよ。」と言われた場合、国連に加盟しているかどうかが基準となっている。

もうひとつ、こちらは日本でよく使われる基準。
それは、日本として「国」と認めているかどうかということ。
国連に加盟していても、日本が「国」として認めなければ、日本にとってそこは国ではない。

今、日本が「国」として認めているのは、195か国。
日本を含めると、196の国が、世界にあることになる。
「世界には、196の国があるんだよ。」と言われた場合、日本が国として認めているかどうかが基準となっている。

日本が国として認めていない国って、どんなところなんだろう?
中には、他の多くの国が「国」として認めているのに、日本は認めていないところもあるんだ。
日本が「国」として認めていない主な場所は7つある。
中には、みんながしっているものもあるよ。
どこだと思う?
想像してみてね。

長くなったので、続きは次回。


写真は、国連の旗。ウィキペディアより。
みたことある?




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月18日 06:00  教室点景

先週の教室より~栄養をどこへ蓄えよう?

2月のホッップ理科は、『植物のはたらき』。

楽しい歌の後は、こちらも楽しいディスカッション。

「ごはん食べて手に入れた栄養。みんなは、どうしてる?すぐに、使っちゃう?」

「あまった栄養、みんなはどこにためてるの?」

「植物たちは、どこにためているんだろうね?」

「せっかく植物たちがためた栄養。悪いやつがいて、それをうばっていくらしい。いったい、何者が?想像できる?」

みんなで楽しく想像タイム(^^)/





2月のホップ地理は、地図記号の歌。

先週のテーマは、等高線。

「みんな、山に登る人のために、地図をかいてみて。こっちから登るとむちゃくちゃ急で大変だから、こちらのゆるい方から登ろう、そんなことがわかる地図がいいな。よろしく。」

「等高線って、なんだと思う?等しい高さの線だよ。想像してみて。」

みなさん、たっぷりと楽しみました(^^)/





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月15日 06:00  学び~理科

バレンタインデーに犬が病気に~いったい、どうして?

みんなの中に、ペットをかっている子、いるかな?
犬や猫をペットとしてかっている人も、たくさんいそうだね。

さて、昨日は、バレンタインデー。
そんなバレンタインデーに、体の調子がおかしくなってしまうワンちゃんがたくさんいるらしい。
動物病院で病気を治してもらっているワンちゃんは、1年の中で、2月が一番多いんだって。
いったい、どうして?
想像できる?



・・・



答えは、こちらの新聞記事から。

『チョコ与えちゃダメだワン』 朝日新聞

チョコレートの原料のひとつは、カカオ。
このカカオの中に、「テオブロミン」っていう、にがみのもとが入っている。

人間にとってこの「テオブロミン」は、「ちょっとにがくておいしい!」もの。
ところが、犬は、この「テオブロミン」を、体の中でうまく処理することができない。
だから、犬の体の中に「テオブロミン」が残って、中毒(ちゅうどく)になってしまうことがあるんだって。

中毒になった犬は、げりや吐き気、けいれんを起こしたりする。
ひどい場合は、死んでしまうこともあるらしい。

ある保険会社の調べによると、1年間でペットの犬が病院にかかった件数は、2万1000件。
そのうちの773件が、チョコレート中毒によるもの。

この773件のうち105件が、バレンタインデーのある2月にあって、一年間で一番多い月となった。
2番目に多かったのは、ホワイトデーのある3月で、50件。

イギリスやアメリカでも同じようなことがおこっていて、クリスマスやハロウィーンのころになると、犬のチョコレート中毒が増えるんだって。

かっている人がしらずにチョコレートをあげちゃうケースもあるだろうし、部屋においておいたチョコレートを知らない間に犬が食べちゃったというケースもありそう。
いずれにしても、犬をかっている人は、注意が必要だね。

新聞には、犬や猫にあげてはいけない食べ物がのっていたので、参考までに。

<チョコレート>
犬に食べさせると、吐き気やけいれんなどがおこる。
猫でも、同じことがおこる可能性がある。

<玉ねぎ、ネギ、ニラ、ニンニク>
犬にとっても、猫にとっても、体によくない。
たくさん食べると、げりや吐き気をおこしたり、熱が出たりする。

<キシリトールの入ったガムなど>
犬は、すこし食べただけでも、吐き気をおこしたり、肝臓(かんぞう)の調子が悪くなる。

<ニワトリのほね>
かむとわれるので、のどやおなかの中を傷つける。

<生の魚介類>
猫に、生のイカや貝、カニ、エビなどを与えると、足がまひするおそれがある。
魚介類は、熱を加えてからあげること。

<ブドウ・干しブドウ>
犬にとっても、猫にとっても、腎臓(じんぞう)の病気の原因になる。
とくに、皮を食べさせてはいけない。

以上、犬や猫をかっている人は、気を付けて。

写真は、うちのネコたち。
チョコレートは・・・たぶん、あげても食べないと思う。
ガムやブドウも食べないだろうな。
あやしいのは、ニワトリのほねや、魚介類。
人間の食べ残しが、あやまって口に入らないようにしてあげないといけないね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ