愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

2018年04月05日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~心臓と血液(年中~年長)

3月のホップ理科は、『心臓と血液』。

「血液は、酸素を運ぶんだったよね。じゃあ、最初はどこに行こう?」

「栄養も運ぶんだったね。栄養は、どこで受け取る?」

「不要物も運ぶらしいね。不要物ってなんなんだろう?」

「赤いやつと白いやつと、板みたいなやつと、おけしょうしてるやつがいたよね。歌を思い出してみてね。」

「それぞれ、どんなお仕事してるんだっけ?」

「酸素って、手に持つことができないよね。赤血球って、どうやって、酸素を運んでいるんだろうね?」

年中さんか6年生まで、みんなでいっしょに、たくさん想像しました(^^)/









⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月04日 16:03  説明会/体験授業

RAKUTO豊田校~体験授業および説明会の日程について(2018年5月)

---------------------------------------------
※こちらは、RAKUTO豊田校のコースの体験授業および説明会に関するご案内です。「もののしくみ研究室」の体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「もののしくみ研究室~体験レッスンのご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e398218.html
---------------------------------------------



2018年5月の体験授業および説明会の日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


なぜ、楽しくないといけないのか?
なぜ、高速リスニングなのか?
なぜ、ディスカッションなのか?
なぜ、マインドマップなのか?
脳科学の見地から、詳しく説明させいていただきます。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、3日前までにご予約をお願いします。


◇ 2018年5月6日(日) 午前10:00~11:30
     受付終了。お申込み、ありがとうございました。
◇ 2018年5月8日(火) 午後5:00~6:30
     <この日程で申し込む>
◇ 2018年5月27日(日) 午前10:00~11:30
     <この日程で申し込む>
◇ 2018年5月29日(火) 午後5:00~6:30
     <この日程で申し込む>


他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html

直近の空席情報は、こちらをご覧ください。
http://rakuto-toyota.jp/e335214.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月04日 16:01  説明会/体験授業もののしくみ研究室

もののしくみ研究室~体験レッスンの日程について(2018年5月)

---------------------------------------------
※こちらは、「もののしくみ研究室」の体験レッスンのご案内です。RAKUTO豊田校のコースの体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「RAKUTO豊田校~体験授業および説明会のご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html
---------------------------------------------



2018年5月の体験レッスンの日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


「もののしくみ研究室」の体験レッスンでは、パソコンとブロックを使い、簡単なプログラミング作業を体験していただきます。

対象は、小学4年生~中学生。
小学3年生以下の受講については、一度ご相談ください。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、必ず事前にご予約をお願いします。
なお、定員は、各回6名までとなっております。


◇ 2018年5月6日(日) 午後2:00~3:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2018年5月6日(日) 午後4:00~5:00
     <この日程で申し込む>


他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e398218.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月04日 06:00  教室点景短期講習

2018春期講習を開催しました(^^)/

2018年3月25日から28日にかけて、春期講習を開催しました。

作文講座のテーマは、『統計』。

いろいろな統計データをもとに、ディスカッション。
自分の意見を、作文としてまとめました。

最後は、スクラップブックに楽しく飾って、できあがり(^^)/





算数は、『算数忍者のパズル道場』。

形や数、論理思考。
いろいろなタイプのパズル問題に取り組みました。

テキストやプリントをちょきちょき切り取ってホワイトボードにはりつけながら、楽しく頭を使いました(^^)/





理科のテーマは、『遠心力』。

前半は、遠心力について、お勉強。
実験や体感ワークを通して、遠心力を体験。
考えて、やってみて、結果を整理。

最後は、遠心力の知識を使って、スーパーコマづくり。
遠心力を最大限に発揮するためには、どんなコマにすればいいのか。
しっかりと考えながらも、楽しく大騒ぎ(^^)/







⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月01日 06:00  学び~社会

うその新年!?(再掲)

今日4月1日は、エイプリルフールだね。
みんな、誰かにうそをついたりする?
今日は、一昨年の記事で、エイプリルフールの由来を紹介するね。

------------------------------

その昔。

ヨーロッパでは、3月25日が新年だった。
いまみたいに、1月1日じゃなかったんだ。

毎年、3月25日に新年を迎えたヨーロッパの人たちは、大喜び。

「これはめでたい!」と、4月1日まで一週間くらいお祭り騒ぎ。


1564年のこと。

フランスに、シャルル9世という王様がいた。

この王様、「1月1日が新年の方が、よいんじゃない?」と思ったらしい。
そこで、「1月1日を新年とする!」と決めてしまった。


これを聞いて、フランスの人たちはびっくり。
前のままの方が良いという人たちが、たくさんいたんだ。

で、その人たちが集まって、新年のお祭りの最後の日だった4月1日を、「うその新年」の日した。

「うその新年」の日には、王様の決定にさからう人たちが大集合して、バカ騒ぎの大騒ぎ!


これを見た王様。

「なんでおいらの言うことをきかないんだーーー!」と怒り心頭。

ばか騒ぎしている人たちを、かたっぱしから捕まえて、処刑してしまった。
中には、13才のかわいい女の子いたんだけど、彼女も一緒に処刑した。


これを見たフランスの人たち。

王様へ「何をするんだ!」と、こちらも怒り心頭。

毎年、4月1日を「うその新年」と決めて、お祝いするようになった。


うその新年なので、みんなでうそをつく。
そう、これがエイプリルフールのはじまりだ。


さらに。

1564年から13年毎の4月1日は、「うそのうその新年」とした。

13年に一度やってくる「うそのうその新年」の日。
この日は、絶対うそをついてはいけない一日。
13才で処刑された女の子を忘れないために、こういう日を作ったんだ。


月日が流れ・・・

「うそのうその新年」の日は、人々から忘れられつつある。

「うその新年」の日は・・・
エイプリルフールとして、世界中で知らない人がいない広まった。

参考までに。
エイプリルフールの由来は、この話だけではなく他にもあって、どれが本当からわからないんだって。


さて、そんなエイプリルフール。

みんな、うそをついたかな?
今年は、インターネットや雑誌など、いろんなところで、楽しいうそがいっぱいだったよ。
中には、うそがリアルすぎて、ごめんなさいをした雑誌もあるみたい。


僕はというと・・・

2年生の女の子に、ころっとだまされちゃった。

「わたし、お父さんの仕事の関係で、アメリカに行くことになったの。」
そういわれて、あっという間に本気にしちゃった。

「そうなんだ。で、いつくらいにアメリカに行っちゃうの?」
「明日!」

あ、明日ですか(^_^;)
ということで、うそがばれました♪


写真は、桃畑。
桜もいいけど、豊田市といえば桃も有名だよね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年03月31日 06:00  学び~社会

草取りはまかせてね!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成30年3月26日(月)~平成30年3月31日(日)まで、春期講習ウィークのため、通常レッスンはお休みです。
ブログは、過去記事を再掲します。

今年2018年春、ぼくの長女が高校に入学します。
入学、そして春といえば、桜。
今年は、早めに咲きそうな予感。
今回は、”桜”をキーワードに、むかしの記事を探してみたよ。


----------------------------------------


公園の除草はxxにお任せ…費用は人の半分 読売新聞


春まっさかりの、この時期。

公園や学校の校庭、空き地では、雑草がどんどん伸び始める。
とってもとっても、キリがないくらい。
どんどん生えてくる。

困ったもんだね。


おとなりの岐阜県。

美濃加茂市(みのかもし)の公園でも、たくさんの雑草に困っていた。

年に2回、雑草をとる作業を行う。

作業をしてくれる人へ払うお金。
とった雑草を処分するお金。
なにかと、お金がかかって、とても大変。

そうして困っていたところに、とてもナイスなアイデアが!

雑草のとり方をこの方法に変えたところ、かかったお金は、いままでの半分に!
すごい!

いったい、どんな方法なんだろう?

答えは、案外かんたんなんだ。
みんな、想像してみて。

ヒントは・・・
人間ではなく、他の生き物に手伝ってもらう。

さあ、想像してみよう!


・・・


答えは、ヤギさん。

40匹のヤギさんを用意して、彼らに草を食べさせる。

草が大好きなヤギさんは、大喜び。
どんどん食べる。

ヤギさん10匹で、トラック1台分の雑草を食べてくれるらしい。

食べちゃうので、今までみたいに、とった雑草を処分する必要もない。
運ぶためのトラックもいらないし、燃やす必要もない。
燃やさないということは、むだな二酸化炭素を出さないということにもつながる。


さらに。

ヤギのおしっこやうんちは、桜など公園内の木の、肥料になる。


さらにさらに。

ヤギを見たさに、公園を訪れる人が増えている。


すごいね。
一石二鳥どころか、三鳥、四鳥だ!

がんばれ、ヤギさん!!

写真は、ヤギさん。ウィキペディアより。
うちのお庭の雑草も、食べてほしいなぁ(^_^;)




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年03月30日 06:00  学び~社会

日本人の良さ~5年前と大きく変わったのは?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成30年3月26日(月)~平成30年3月31日(日)まで、春期講習ウィークのため、通常レッスンはお休みです。
ブログは、過去記事を再掲します。

今年2018年春、ぼくの長女が高校に入学します。
入学、そして春といえば、桜。
今年は、早めに咲きそうな予感。
今回は、”桜”をキーワードに、むかしの記事を探してみたよ。


----------------------------------------

日本人の良さは? 中日新聞

5年に一度、統計数理研究所(とうけいすうりけんきゅうじょ)が実施している「国民性調査(こくみんせいちょうさ)」。
いろいろなことに対して、日本人がどんな意識を持っているのかを調べるのが、この調査の目的だ。

昨年、十三回目の調査が行われ、今年2014年の10月、その結果が発表された。
それによると、とある質問に対する答えが、5年前の前回と、かなり変化したらしい。

その質問とは、日本人の長所、つまり良いところはどこ?という質問だ。
これに対し、いくつか用意してある答えの中から、何個でもよいので、選んでもらう。
用意されている答えは、次の11個。

1.合理的(ごうりてき)
合理的とは、むだをはぶいて、てぎわよく物事を行うさま。日本人は、得意そうだよね。

2.勤勉(きんべん)
勉強は大切だよね。

3.自由を尊ぶ(とうとぶ)
尊ぶとは、大切にするということ。自由は、大切だ。

4.淡泊(たんぱく)
淡泊ってことは、あっさりしているってことだ。

5.ねばり強い
ねばり強さは、ぜったいに力になるね。

6.親切
外国の人と比べると、日本人には親切な人が多いかも。

7.独自性にとむ
独自性、つまり人とはちがう、自分だけの考えをたくさんもっているということ。

8.礼儀正しい
礼儀正しい人も、多そうだ。

9.明朗(めいろう)
明るい、うそつかない、はっきりしてる。明朗な人とは、そういう人のこと。

10.理想(りそう)を求める
「人間こうあるべきだ」という強い思いを持っている。

11.その他

さて、みんなも考えてみよう。
日本人の良いところ、みんなだったら、どれを選ぶ?
この中から、いくつ選んでもいいよ。
その他を選んだ子は、どんなことを思いついたのか、教えてね。

・・・


さて。
中日新聞の記事によると、この質問に対する答えが、5年前の前回と大きく変わったんだって。

さっそく、ベスト3に選ばれた答えを見てみよう。
1位はふたつ。
どれだと思う?
想像してみて。

・・・

結果は、こんな感じ。

1位 勤勉    77パーセント(67パーセント)
    礼儀正しい 77パーセント(60パーセント)
3位 親切    71パーセント(52パーセント)

()内は、5年前のポイント。
今年のポイントと見比べてみると・・・

何か、気が付かない?


・・・


よく見るとわかるんだけど、5年前のポイントに比べて、「礼儀正しい」や「親切」が、すごいいきおいでポイントアップしている。

「勤勉」は、前回+10ポイント。

それに対し・・・

「礼儀正しい」は、+17ポイント。
「親切」は、+19ポイント。

過去12回の調査をみても、ここまで一気にポイントがアップしたのは、初めてのこと。


研究所の人たちは、この5年の間に日本でおこったあるできごとが、この結果に表れているとのこと。
この5年の間に、日本におこったできごと。

いったい、なんだと思う?
思い出して見て。


・・・


そう、2011年に起こった、東日本大震災だ。
大きな津波が発生し、東北地方を中心に、たくさんの人たちが被害にあった。

災害のさなか。
災害がおさまったのち。

テレビや新聞では、みんなで協力しあって、実直に生き抜こうとしている東北の人たちの姿がたくさん映し出された。
研究所の人によれば、そうした姿を見て、みんな意識がかわったんじゃないかとのこと。


今回の調査では、「たいていの人は、他人の役に立とうとしているか?それとも、自分のことだけに気を配っているか?」という質問もあった。

それに「他人の役に」と答えた人は、45パーセント、5年前よりも、9ポイントアップした。
一方で、「自分のことだけ」と答えた人は、9ポイント減って、42パーセントに。

1978年に調査を始めてからずっと、「他人の役に」よりも、「自分のことだけ」と答える人が多かった。
それが、今回はじめて、「他人の役に」の方が多くなったんだ。
震災を経験して、「他の人の役に立ちたい」と思う人が増えたんだよね、きっと。


人の意識を変えるというのは、簡単なことではない。
そうとうなパワーが必要だ。
東日本大震災の悲しい思い出は、それを変えるだけの力も持っているということだ。

たくさんの人の命や生活をうばった大きな災害。
災害そのものは、もちろん悲しいことだ。
しかし、その思い出は、生き残った人たちの意識を、よい方向に変えてくれた。
今回の調査でわかったのは、そういうことだ。

被害にあった人たちのためにも、よりよい意識をもって、素敵な日本を作っていきたいよね。


日本といえば、桜。ということで、ウィキペディアより。
「日本といえば?」
みんなは、何をおもいつく?






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年03月29日 08:17  学び~社会

冬の事情調査!?~その2(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成30年3月26日(月)~平成30年3月31日(日)まで、春期講習ウィークのため、通常レッスンはお休みです。
ブログは、過去記事を再掲します。

今年2018年春、ぼくの長女が高校に入学します。
入学、そして春といえば、桜。
今年は、早めに咲きそうな予感。
今回は、”桜”をキーワードに、むかしの記事を探してみたよ。


----------------------------------------


昨日は、ウェザーニュースが発表した、”冬の事情調査(じじょうちょうさ)”について紹介したよ。

「冬の事情調査!?」
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=1448479


今日は、その続き。

こたつを持っている人の割合が、もっとも低い北海道。
寒さがきびしい場所のはずなのに、なんでそんなに低いんだろう?
北海道の人たちは、いったいどんな生活をしているのかな?

今日は、”冬の事情調査”でわかった、日本各地の部屋の温度をみてみよう。

みんなのおうちでも、冬になると暖房で部屋をあたたかくしているよね。

ぽかぽかのあたたかいお部屋でくらしているのは、どこの都道府県の人だろう?
一方で、ちょっとくらい寒くても、暖房をがまんしてくらしているのは、どこの都道府県の人?


・・・


最初に、夜寝る時の部屋の温度と、朝起きるときの部屋の温度を見てみよう。


まずは、夜。
一番寒い部屋で、夜寝に入るのは、どこの都道府県の人だろう?

予想してみてね。
やはり、寒さのきびしい、北海道かな?


・・・


結果は・・・

1位 佐賀県、13.1度
2位 香川県、13.2度
3位 大分県、13.4度
4位 鳥取県 14.0度
5位 茨城県 14.3度

ベスト5をみてみると、北海道や東北の県はみあたらないね。
意外なことに、九州や瀬戸内など、あたたかいといわれている地域が多い。


次は、朝。
朝、一番寒い部屋で、朝を迎えるのは、どこの都道府県の人?

こちらも、予想してみてね。
今度こそ、北海道や東北の県かな?


・・・


結果は・・・

1位 長野県、8.8度
2位 大分県、9.0度
3位 宮崎県、9.4度
4位 佐賀県、9.7度
5位 滋賀県、9.9度

長野県は、中部地方の県だけど、山が多く街も高い場所にあるので、寒いんだろうね。
2位以下をみると、またもや九州の県が並んでいる。
北海道や東北地方の朝が、寒くないわけはないんだけど??


最後に、お昼など、いつもすごしている部屋の平均気温を見てみよう。

一番寒い部屋で、生活しているのは、どこの都道府県の人だと思う?
朝と夜のランキングをみて、予想してみてね。


・・・


結果は・・・

1位 長野県、17.5度
2位 福島県 17.9度
3位 福井県、18.1度
4位 山梨県、18.1度
5位 茨城県、18.2度

なんと、ここにも北海道は登場しない。
北海道は、いったい何位?
そして、愛知県は?

みんな、予想してみてね。


・・・


北海道は・・・47位、20.7度!

なんと、北海道は、最下位だ。
沖縄よりも、あたたかい。
外は寒くても、部屋の中は、日本で一番あたたかいということだね。

ちなみに、2位は、沖縄県で、20.6度。

愛知県は、30位で、18.9度。
わりと、あたたかくしている方だね。


北海道で、こたつが必要ない理由、これでわかったかな?

北海道はあまりに寒いので、部屋の中は、いつもあたたかくしておかなければならない。
そうしないと、水道が凍ってしまうおそれもある。

だから、ほかの県よりも、暖房の設備が充実しているんだ。
セントラルヒーティングといって、建物全体をあたためる暖房を使っているところも多い。

部屋そのものがぽかぽかならば、こたつなんていらないよね。
なるほど。


ちなみに、僕が青森県に住んでいたんだけど、青森県でも、セントラルヒーティングで、建物まるごとあたためているところが多かった。

大学も、校舎全体があたたかい。
中でも、トイレが一番あたたかかった(というか、暑いくらい)という記憶があるよ。

寒さがきびしい地方に人たちは、いろいろと工夫をして、生活しているんだね。


写真は、青森県弘前市の弘前城。
弘前公園の桜は、日本でも有数の美しさなんだ。
桜がさくのは、5月のはじめ、ゴールデンウィークの頃だよ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年03月28日 06:00  学び~社会

冬の事情調査!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成30年3月26日(月)~平成30年3月31日(日)まで、春期講習ウィークのため、通常レッスンはお休みです。
ブログは、過去記事を再掲します。

----------------------------------------

今年2018年春、ぼくの長女が高校に入学します。
入学、そして春といえば、桜。
今年は、早めに咲きそうな予感。
今回は、”桜”をキーワードに、むかしの記事を探してみたよ。


ウェザーニュースという会社が、全国の6万6千人を対象に、面白い調査を行ったよ。

その名も、”冬の事情調査(じじょうちょうさ)”。


冬は、寒い。

みんなのおうちでは、どんな暖房(だんぼう)を使ってる?
エアコンやこたつ、床暖房。
いろいろあるよね。

寝るときは、どう?
寝る前に、エアコンで部屋をあたたかくしてる?
電気毛布や湯たんぽで、布団の中をあたたくして寝ている子はいるかな?

”冬の事情調査”では、日本のいろいろな県で、みんながどんな暖房を使っているのか、調べたんだ。


まずは、電気毛布の使用率。

もっともよく電気毛布を使うのは、どこの都道府県の人だろう?
やはり、寒さのきびしい北海道の人かな?


・・・


結果をみてみると・・・

1位 福井県
2位 和歌山県
3位 山形県
4位 長野県
5位 島根県

和歌山や島根って、そんなに寒い印象はないんだけど、みんな寒がりなのかな?

北海道の人たちは、湯たんぽなど、別の方法で布団をあたためているのかな?


では、湯たんぽのランキングを見てみよう。
もっともよくゆたんぽを使うのは、どこの都道府県の人?


・・・


結果は・・・

1位 岩手県
2位 滋賀県
3位 宮崎県

おぉ!
こちらも、意外な結果に。

1位の岩手県は、たしかに寒そうなんだけど、滋賀や宮崎は、どうなんだろう?


最後に、もうひとつ。

冬といえば、こたつだ。
こたつを持っている家が一番多いのは、どこの都道府県の人だと思う?

みんな、予想してみて。


・・・


結果は・・・

1位 山梨県
2位 福島県
3位 長野県
4位 群馬県
5位 山形県

やはり、北海道は入っていない。

北海道は、いったい何位なんだろう?
みんな、何位だと思う?
さすがに、ベストテンには、入っているかな?


・・・


北海道は・・・47位。

47位って、最下位ってこと?
沖縄の人よりも、こたつを持っている人が少ないんだ。


最下位からおってみると・・・

47位 北海道
46位 沖縄県
45位 東京都
44位 神奈川県
43位 高知県

沖縄の順位が低いのは予想できたけど、なんで北海道がどべなんだろう?

気温は、ばつぐんに低いはずなんだけど、こたつとか使わなくても寒くないのかな?

北海道の人が、こたつや電気毛布を使わないのには、なにか理由があるのかな?

みんな、想像してみてね。
続きは、明日のブログで。


写真は、雪に埋もれた弘前公園。青森県弘前市にて。
僕は、大学生時代、弘前市に住んでいたんだよ。
寒い地方の生活は、大変なんだ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年03月26日 06:00  教室点景

先週の教室より~ヘモグロビンってどんなやつ?

3月のホップ理科は、『心臓と血液』。
最終週となったは、血液の成分のお話し。

「赤血球の中では、ヘモグロビンががんばっているらしいぞ。ヘモグロビンって、どんなやつ?みんなのわかる言葉におきかえて、想像してみてね。」

「屁!」
「黒!」
「ビン!」

「酸素たっぷりの血液はまっかっかなんだって。酸素が足りないと、青っぽくなるのかな?」

「じゃあ、息を止めてると、青くなるかな?やってみていい?」

・・ということで、写真は息を止めると手が青くなるかどうか、試している子供たち。
がんばれー(^^)/





ステップB算数は、面積。
受験レベルの難しい問題に取り組んでいます。
想像力をたっぷりと活かしてね。

写真は、高速リスニングコーナーより。
この2月3月から通い始めた子供たちも、リスニングがんばってます(^^)/





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ