愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

2017年06月15日 06:00  学び~社会

農業産出額日本一~どこの市町村?

前回は、愛知県のスイカの話を紹介したよ。

『祭ばやし、縞無双、夏のだんらん~なんのくだもの? 』
http://rakuto-toyota.jp/e408606.html

今回も、農業のお話し。

愛知県には、農業の産出額(さんしゅつがく)日本一の市町村があるんだ。
キャベツやお花が有名だ。
いったい、どこの市町村?



・・・



答えは、田原市(たはらし)。
渥美半島(あつみはんとう)にある田原市では、キャベツをはじめ、たくさんの野菜や果物が育てられている。

ここで、全国の市町村の農業産出額ベストテンを見てみよう。
数字は、2015年の統計より。

 1位 820億4000万円 田原市(愛知県)
 2位 720億3000万円 鉾田市(ほこたし:茨城県)
 3位 719億7000万円 都城市(みやこのじょうし:宮崎県)
 4位 572億1000万円 新潟市(新潟県)
 5位 570億6000万円 別海町(べっかいちょう:北海道)
 6位 548億     円 旭市(あさひし:千葉県)
 7位 510億4000万円 浜松市(はままつし:静岡県)
 8位 461億     円 熊本市(熊本県)
 9位 435億8000万円 弘前市(ひろさきし:青森県)
10位 413憶4000万円 豊橋市(とよはしし:愛知県)

※元データ(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sityoson_sansyutu/H27/index.html

愛知県からは、豊橋市もがんばっているけど、田原市は、やっぱりすごい。
参考までに、われらが豊田市は、89憶2000万円。
田原市の9分の1くらい。

さて、こんな田原市の名物は、なんといってもキャベツとお花。
そして、もうひとつ。
あのくだものも有名なんだ。

こちらは、そのくだものの都道府県別年間収穫量ランキング。
データは、2013年のもの。

 1位 茨城県 3万8900トン
 2位 北海道 2万8100トン
 3位 熊本県 2万4800トン
 4位 山形県 1万2500トン
 5位 青森県 1万 900トン
 6位 静岡県   9260トン
 7位 愛知県   8690トン
 8位 千葉県   8060トン
 9位 高知県   3240トン
10位 秋田県   3130トン

寒い地域から、温かい地域まで、いろいろな場所で作られているよね。
なんのくだものだと思う?

ヒントは・・・
もともとは、熱帯で育つ植物だけど、ヨーロッパで品種改良されたものは、寒いところでもよく育つ。
日本では高級品としてあつかわれることが多く、おくりものなどによく使われる。
同じ植物の仲間に、キュウリがあるよ。



・・・



答えは、メロン。
田原市は、メロンの産地としても、有名なんだ。

さて、今日のニュースは、そんな田原市から。

『メロン狩り 真っ盛り』 朝日新聞

今年2017年も、メロンの季節を迎えた田原市。
たくさんの親子連れが、温室メロン狩りにやってきて、とてもにぎわっているんだって。

メロンの収穫のピークは、7月の終わりごろ。
今年は、天候がよく、メロンの味がとてもいいらしいよ。
メロン狩り、行ってみたいね。

写真は、メロンの花。ウィキペディアより。
おいしいだけではなく、お花もかわいい(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月14日 15:13  教室点景

先週の教室より~上川〇ンチとか、横手〇ンチとか(^^;

6月のホップ地理は、『川と盆地』。

ボンチ♪ボボンチ♪ボンチ♪ボボンチ♪

妙なリズムの歌にかくされた秘密。
金曜日クラスまでは誰にも気づかれずにきたけれど、さすがは豊田校唯一男子オンリーの土曜午前クラス。
ついに、気が付いてしまったか。

・・・ということで、「ボ」を「ウ」にかえて、それはそれは楽しそうに歌ってました(^^;

上川〇ンチとか、横手〇ンチとか、甲府〇ンチとか、奈良〇ンチとか。
これは、強烈な「記憶のフック」になりそうな予感(^^)/





ステップ地理は、工業。

豊田市といえば、工業。
愛知県といえば、工業。
これは、楽しみだね。

まずは、「工」の意味について、ディスカッション。
その後は、工業について知ってることを出し合って、これまたディスカッション。
最後にセントラルイメージをかきました(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月14日 06:00  学び~社会

祭ばやし、縞無双、夏のだんらん~なんのくだもの?

祭ばやし、縞無双、夏のだんらん、竜宝、暁ひかり、サマーキッズ、甘泉、夏まくら、キャノンボール・・・

これらは、あるくだものの品種なんだけど、何のくだものだと思う?
名前から想像してね。



・・・

答えは、スイカ。
いろいろな品種があるんだね。
今日は、こちらの記事から。

『特産スイカ、あま~くおいしく 愛知・豊田で収穫始まる』 朝日新聞

われらが愛知県豊田市で、スイカの収穫が始まったらしいよ。
豊田市といえば、なんといっても自動車だけど、くだもの作りもさかんなんだ。

盆地である豊田市は、朝と夜の気温差が大きい。
この気候を利用して、モモやナシ、スイカなど、たくさんのおいしいくだものが育てられているよ。

さて、ここで問題。

スイカの収穫量が多い都道府県は、どこだと思う?
予想してみてね。



・・・



スイカ収穫量ベストテンは、以下の通り。
データは、2012年のもの。

 1位 熊本県 55,500トン
 2位 千葉県 43,500トン
 3位 山形県 36,700トン
 4位 新潟県 22,400トン
 4位 鳥取県 22,400トン
 6位 長野県 19,500トン
 7位 茨城県 17,800トン
 8位 北海道 16,700トン
 9位 石川県 15,100トン
10位 愛知県 14,400トン

スイカって、あたたかいところで育つと思ってたけど、全国いろいろなところで作られているんだね。
そして、愛知県は、10位。
その中でも豊田市は、豊橋市などとならんで、スイカの名産地になっている。

日本では見ることはまずないけど、野生のスイカというものもある。
野生のスイカが育つのは、乾燥地帯(かんそうちたい)と言われる場所。
砂漠(さばく)などで、見ることができる。
水をたくさんふくんだスイカは、砂漠に住んでいる生き物たちにとって、大切な水分だよね。

スイカは、漢字で書くと西瓜。
西の瓜(うり)と書く。
もともとは中国語で、中国の西の方から運ばれてきたので、西瓜と呼ばれるようになったんだって。

形といい、大きさといい、黒くぬっちゃうと一見ばくだんのように見えるスイカ。
実は、本当に爆発することがあるんだって。
収穫前に大雨がふったりして中の実がくさると、そこにガスがたまって爆発するらしい。
2011年には、中国の村で、たくさんのスイカが爆発し、大騒ぎになったらしいよ。
おそろしや。

写真は、猿投(さなげ)の桃畑。
豊田市のくだものといえば、猿投のモモが有名。
スイカも、この猿投地区で育てられたものが多いよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月12日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~ベストテン川(小学4~5年生)

5月のホップ地理は、『ベストテン川』。
楽しい歌とマインドマップで、川の長さベストテン、流域面積のベストテンを、しっかりと頭のなかに入れました。

4週目のレッスンでは、たくさんかいてきたミニマインドマップを、フルマインドマップに清書。
時間足らずで、イラストまではかけなかったけど、カラフルなマインドマップができあがりました(^^)/






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月10日 06:00  学び~理科

東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?

今年2017年6月7日。
われらが愛知県をはじめ、全国のたくさんの地方が、梅雨入り(つゆいり)したよ。

雨がたくさんふって、じめじめした梅雨。
いったい、どうしてこんなに雨がふるんだろう?

そのしくみを知るには、風と雨のことを知らなければならない。
どうして、風がふくんだろう?
どうして、雨がふるんだろう?
みんな、考えたことある?



・・・



地球の上には、あたたかい場所とつめたい場所がある。
太陽に近い赤道のふきんは、いつもあたたかい。
反対に、太陽から遠い北極や南極は、いつもつめたい。

赤道あたりでは、空気もあたたか。
あたたかくなった空気は、軽くなって上へ上へと上がっていく。
この空気が上がっていくところを、低気圧(ていきあつ)という。

空気がどんどん上がっていくので、人が空気におされる力が低い。
だから、低気圧。

空の高いところまで上がった空気は、下からどんどんやってくる空気におされて、北や南にいどうしながら、冷たくなる。
冷たくなった空気は、下に下にいどうする。
この空気が下がってくるところを、高気圧(こうきあつ)という。

空気が上からどんどんやってくるので、人が空気におされる力が強い。
だから、高気圧。

風は、高気圧から低気圧にむかってふく。
上からぐぐっと押された空気が、逃げるように低気圧へいどうする。
これが、風のしくみだ。

雨がふる場所は、低気圧がある場所。
海などからたっぷり水分をもらった空気が空にかけのぼり、ざあっと雨をふらせる。

日本の気候に影響をあたえる高気圧は、主に4つ。
オホーツク高気圧に北太平洋高気圧、シベリア高気圧、揚子江高気圧(ようすこうこうきあつ)だ。

夏が近づくと、あたたかい北太平洋高気圧が、太平洋の方からやってくる。
そして、冷たいオホーツク高気圧と、日本の真上あたりでぶつかりあいをはじめる。

高気圧と高気圧の間には、低気圧ができる。
これが、梅雨前線(ばいうぜんせん)といわれるものだ。
この梅雨前線が日本の上にとどまっている間は、雨がたくさんふることになる。

オホーツク高気圧と北太平洋高気圧のぶつかりあい。
ふつうにケンカするだけなら、あっという間に北太平洋高気圧の勝ちになるはずなんだけど、梅雨の時期、オホーツク高気圧の味方をするやつがいる。

その名は、偏西風(へんせいふう)。
空のとても高いところを、つねに西から東にむかって流れている風だ。

梅雨の時期、偏西風は、ちょっと南よりにふいている。
そのため、ヨーロッパの方からやってくる偏西風は、ヒマラヤ山脈にぶつかって、北と南のふたつにわれる。

そして、南にわかれた偏西風が、日本に近づきたい北太平洋高気圧のじゃまをする。
だから、北太平洋高気圧は、なかなか日本に近づけない。

偏西風は、夏が近づくにつれて北にいどうし、やがてヒマラヤ山脈とはぶつからなくなる。
そうすると、北太平洋のじゃまをする偏西風がいなくなる。
あたたかい北太平洋高気圧がぐぐっと日本に近づいて、暑い夏がやってくる。

ということで、梅雨の時期に、じめじめ雨が続くのは、ヒマラヤ山脈のせいでもある。

6月7日に梅雨入りした愛知県。
梅雨があければ、一気に夏がやってくる。

写真は、ヒマラヤ山脈にあるエベレスト。ウィキペディアより。
世界で一番高い山だ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月09日 06:00  学び~社会

体力日本一~いったいどこの都道府県?

「体力日本一」 朝日新聞

毎年4月から7月にかけて、全国体力調査というのが行われるよ。
文部科学省(もんぶかがくしょう)が行うこの調査は、全国の小学5年生と中学2年生がその対象だ。
体力テストでは、握力(あくりょく)や上体おこし、50メートル走、ソフトボール投げなど、全部で8つの種目が行われる。

2008年度から行われている、この調査。
小学5年生の部では、はじまっていらい、あの都道府県がずっと一位だ。
その都道府県は、中学2年生の部でも、半分近くが一位。

体力じまんの都道府県、いったいどこだと思う?
予想してみてね。



・・・



答えは、福井県。
2016年度の調査でも、全国平均53.93ポイントに対して、57.54ポイントで、見事に1位。

ちなみに、調査が始まっていらいの、小学5年生の部の結果は、こんな感じ。

      男子 女子
2008年 福井 福井
2009年 福井 福井
2010年 福井 福井
2012年 福井 福井
2013年 福井 福井
2014年 福井 福井
2015年 福井 福井
2016年 福井 福井

中学2年生の部でも、福井県は大かつやく。

      男子 女子
2008年 千葉 千葉
2009年 茨城 福井
2010年 福井 福井
2012年 茨城 茨城
2013年 茨城 茨城
2014年 福井 福井
2015年 福井 福井
2016年 茨城 福井


体力じまんの福井県。
なんで、こんなに体力があるんだろう?

新聞の記事によると、福井県の特色にひとつは、「業間体育(ぎょうかんたいいく)」というものらしい。
休み時間に、いろいろな体力づくりをする業間体育。
今では、全国に広がっていて、それほど「福井県ならでは」というわけではない。

他には、どんな特色があるんだろう?
福井県の先生によると、福井県の学校は、子どもたちに「がんばろう」と思わせることが、とても上手らしい。

そのひみつのひとつが、少人数学級。
国では、一クラスの人数を、小1は35人、小2以上は40人くらいと決めている。
それに対して、福井県では、小1から小4までは35人、小5・小6は36人だ。
中学校も、30~32人と、他の県にくらべると、ずいぶんと少人数のクラスとなっている。

クラスの人数が少ないと、先生と子どもたちのかかわりが多くなるから、これはいいことだよね。

他にも、先生どうしのはなし合いをたくさん行うなど、いろいろと工夫されているんだって。


福井県といえば、体力だけではなく、いろいろなランキングで一位になっているよね。

『幸福度・学力・収入すべてトップの都道府県~いったいどこ?』
http://rakuto-toyota.jp/e323906.html

すごいね、幅員県。
他の都道府県の人たちも、福井県にまけないように、がんばってほしいね。

ちなみに、今回の体力調査。
大きな都市ほど、体力がないのも見て取れる。

大都市 53.50ポイント
中都市 53.74ポイント
その他 54.11ポイント
町 村 54.36ポイント

そして、われらが愛知県。
52.16ポイントで、最下位。
がんばれ、愛知県(^^)/

写真は、拳母小学校の運動会より。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月08日 10:58  教室点景

先週の教室より~創作文そして七夕(^^)/

ホップ国語は、『やまなし』。
4週目となる今週は、想像文をたっぷりと。

「まずは、舞台を決めよう。ブランチ出して、いくつか候補をあげておいてね。」
「先週、川の中を想像したよね。同じように、そこにかいた場所にいることを想像してね。何が見える?誰がいる?」

こうして主人公が決まったら、物語の最後に主人公がどうなっているのかを想像して、イメージ化。
マインドマップとチャートも使って、楽しく想像文ワークに取り組みました。

レッスンの合間には、七夕の短冊に願い事を書いてもらいました。
こちらは、おかみさん会の七夕イベントにむけたもので、7月7日に参合館でかざられます。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月08日 06:00  学び~社会

蒲郡に8月開業~いったい、どんなホテル?

『変なホテル 蒲郡に8月開業』 朝日新聞

今年2017年8月1日。
愛知県蒲郡市(がまごおりし)にあるテーマパーク「ラグナシア」に、新しいホテルがオープンするんだって。

その名も、「変なホテル」。
いったい、どんなホテルなんだろう?
まずは、去年の記事で、「変なホテル」について。

---------------------------------------------------


『「変なホテル」千葉に2号店』 朝日新聞

変なホテル・・・。
変なホテルって、いったいどんなホテルなんだろう?
いったい、何が変なんだろう?
そもそも、変なホテルに、泊まりたいって思う人、いるのかな?



・・・



まずは、想像タイム。

みんなは、ホテルの経営者(けいえいしゃ)だ。
ホテルを営業するのに、必要なものって、何だろう?
思いつくだけ、言ってみて。


・・・


まずは、ホテルそのもの、つまり建物が必要。
建物の中には、お客さんが泊まる部屋が必要だし、レストランなんかがあると便利だよね。
受付をするために、フロントなども必要だ。

部屋の中には、ベッドやテレビ、トイレにおふろ。
おふろは、大浴場なんかも、よろこばれるかもね。

あとは、ホテルで働く人。
フロントでお仕事する人。
部屋をおそうじする人。
たくさんの人をやとわなければいけないね。


さて。

ホテルの準備ができたところで、ひとくふう。
普通のホテルでは人が集まらないので、「変な」ホテルに変身させよう。

みんなだったら、どこをどんな風に「変」にする?
ホテルの建物を「変」にしてもいいし、お部屋を「変」にしてみても面白い。

みんな、どこをどうやって「変」にするか、自由に発想してみて。
近くにペンや紙があったら、その変なホテルを、イラストにしてみると面白いよ。


・・・


さて、自分だけの変なホテルができあがったところで、新聞記事に出ている、本物の「変なホテル」に話をもどそう。

「変なホテル」1号店は、長崎県佐世保市(させぼし)にあるテーマパーク、ハウステンボスの中にある。

どこが「変」なのかというと、ホテルのフロントで働く人たち。
働く人たちが普通ではない・・・というか、そもそも人ではない。

ホテルのフロントといえば、お客さんに「いらっしゃいませ」ってあいさつしたり、部屋のかぎをわたしたり、お金をもらったりするお仕事だよね。
そんな場所で、人ではないものが働いているんだって。

いったい何が働いているんだろう?
みんな、想像できる?



・・・



変なホテルで働くのは、まずは恐竜(きょうりゅう)。
そして、2台のロボットだ。
なるほど、これは「変」だね。

この変なホテル、とても人気があって、来年3月には、東京ディズニーランドの近くに、2号店をオープンするんだって。
さらに、来年夏には、愛知県にあるテーマパーク、ラグナシアの中に、3号店をオープン。
大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの中にも、オープンする予定なんだって。
愛知県にもできるとなると、これはぜひ一度、泊まってみたい!

---------------------------------------------------

変なホテルでは、ロボットたちが、お出迎えしてくれるんだね。
受付をしてくれるのは、ティラノザウルス。
そのおくさんと子供もいっしょだ。
部屋にもロボットがいて、テレビをつけてくれたりするんだって。
「変なホテル」、面白そうだね。


写真は、福井県の恐竜博物館にて。
フロントで恐竜がおでむかえなんて、ちょっとこわい・・・かな?





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月07日 06:00  学び~理科

夏は白く見える葉~いったいどんな植物?

『夏は白く見える葉』 中日新聞

中日新聞の記事によると、愛知県の奥三河地方(おくみくぁちほう)の山々で、まるで雪がつもったかのように、白くなっているのが見られるらしいよ。
夏が近いこの時期、もちろん本当の雪ではない。

これ、実は、ある植物の葉っぱなんだ。
遠くから見ると、白い花がさきほこっているようにも見えるけど、白いのはあくまで葉っぱ。

葉っぱが白くなるなんて、めずらしいよね。
いったい、どんな植物なんだろう?

いくつかヒントをあげるので、想像してみてね。

梅のようにかわいい花をつけるので、夏梅と呼ばれることもある。
名前の由来は、アイヌ語の「マタタムブ」と言われている。
そしてこの植物のにおいは、ネコたちに大人気。
このにおいをかいだネコたちは、お酒を飲んでよっぱらったかのように気持ちよくなっちゃう。



・・・



答えは、マタタビ。
聞いたことある?
変わった名前だよね。

この名前の由来は、アイヌ語の「マタ」と「タムブ」を組み合わせたものだと言われている。
「マタ」は「冬」、「タムブ」は「カメのこうら」の意味。
冬になると、マタタビの実の中に、虫がすみつくことがあるから、こういう名前になったんだって。
名前の由来は他にもあるみたいだけど、アイヌ語だというのが一番有力みたい。

マタタビは、マタタビ科マタタビ属の植物で、他の木などにつるをからめながら成長する。
そして、6~7月に、小さなかわいい花をさかせる。

小さな花なので、葉っぱのかげにかくれて、あまり目立たない。
そして、同じ時期に、なぜか葉っぱが白くなる。

ここで、想像タイム。

マタタビの葉っぱが白くなるのには、それなりの理由があると思われる。
いったい、どんな理由だと思う?

ヒントは・・・
この役目、本当は花の役目なんだけど、花が小さくて目立たない。
かわりに、葉っぱが、この役目をしていると思われる。



・・・




答えは、虫をおびきよせるため。

マタタビなど、多くの花は、花粉を虫に運んでもらわないと、タネをのこせない。
だから、虫をおびきよせる必要がある。

きれいな花びらは、そのためにあるようなものなんだけど、マタタビの花は小さくて目立たない。
この花にかわって、葉っぱを白くして、虫をおびきよせているんだって。

秋になり、花の時期がおわったマタタビは、実をつける。
食べるととてもまずいみたいだけど、体にはとてもいいらしい。

疲れた旅人が、マタタビを食べて、元気になって、また旅をはじめる。
だからマタタビという名前になったなんて説もあるくらい。
今でも、クスリとして使われることがあるんだって。

実の形は、キウイフルーツみたいな感じ。
キウイフルーツも、マタタビ科の仲間なんだ。

さて。
そんなわけで、この時期、奥三河の山々では、マタタビの白い葉っぱをたくさん見ることができる。
夏なのに、雪がつもっているように見える、ちょっと不思議な光景だ。
一度、見てみたいね。

写真は、白くなったマタタビの葉っぱ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年06月05日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~農業(小学5~6年生)

4月のステップ地理は、『農業』。

まずは、高速リスニングから。
時折ディスカッションをはさみながら、うっちー達がくりひろげる楽しいストーリーを高速リスニング。

そのあとは、参考書をぺらぺらめくりながら、マインドマップに情報まとめ。
この2月からステップクラスにあがった子供たちも、すっかりペースに慣れました(^^)/







⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら

  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ