愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

2017年11月15日 13:33  教室点景

先週の教室より~「天気」って、なにもの?

11月のホップ理科は、『天気』。

「天気って、何?」

「晴れとか、雨とか、曇りとか。」

「つまり何?」

「・・・」

「じゃあ、天のつく言葉を、たくさん出してみて。それが終わったら、気のつく言葉ね。」

初週となる先週は、「天」のつく言葉、「気」のつく言葉を出し合って、「天気」の意味を考えました(^^)/





ホップ体感算数は、『かさ』。

まずは、コップに入った水の量くらべから。
幅の広さがじまんのかさ子さん。
高さがじまんのかさおくん。

「たくさん水が入るのは、どっち?どうすれば、わかる?」

「飲んでみる。おなかいっぱいになった方が多い。」

「人にぶっかけてみる。」

「科学者に依頼する。」

・・・きみら、最高の発想力だね(^^;





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月15日 06:00  学び~社会

2020年五輪マスコット~いよいよ投票が始まるよ♪

『2020年五輪マスコット 小学生の選択は?』 朝日新聞

2020年に開催予定の、東京オリンピック。
今年2017年も11月に入り、マスコット選びもおおづめをむかえている。

今回、応募があったのは、2042案。
そのうち、9月末までに、16案にしぼられた。

そして、10月13日。
会議が行われ、3つの案にしぼられた。

この3つ、会議に参加した人たちから、ダントツの人気だったらしい。
会議に出た夏野さんによると、「ゆるキャラほどは、ゆるくない。」らしい。
同じく会議に出た生駒さん(いこまさん)によると、「日本ならでは。カワイイ文化のものだけど、かっこいい。」らしい。
そして、2人ともに、「過去の大会よりもレベルは高い。」とのこと。

いったい、どんなキャラクターなんだろう?
気になるね。

えらばれた3案は、にたようなものがないかどうかをしっかりと調べたあと、12月に公表される。
そして、いよいよ、小学生のみんなの出番だ。

えらばれた3案から、一番いいものを決める投票。
それを行うのは、全国の小学生たちだ。

全国の小学校や特別支援学校およそ2万校。
クラス数およそ27万クラス。
12月から3月にかけて、クラスごとに投票を行い、1位になったキャラクターが、マスコットとしてえらばれる。

小学生のみんなが、日本を代表してえらぶマスコット。
そのマスコットのどんなところがいいのか、しっかりと言葉で説明できるようにしたいよね。
そして、他の子も意見もしっかり聞いて、話し合いをして、すてきなマスコットを選んでね。


さて、ここからは、マスコットについて。
8月にものせた記事だけど、投票前にもう一度復習しておこう。

----------------------------------------


2020年に開催される、東京オリンピック。
すったもんだのすえ、エンブレムが決まったの、覚えてる?
今度は、マスコットをどうするか、検討をはじめたらしいよ。

『五輪マスコット どうする?』 朝日新聞

朝日新聞によると、今年2017年の1月17日、東京オリンピックのマスコットを決める会議が、始まったんだって。
タレントの中川祥子(なかがわしょうこ)さんなど、14人のメンバーで会議をすすめていくんだって。

オリンピックを主催する国際オリンピック委員会(IOC)によると、マスコットを選ぶ時には、次のことに注意するようにとのこと。
・開催都市の歴史や文化を感じさせる
・ストーリーがあって、子どもたちに、わかりやすくうったえかけることができる

これらをうけて、選ばれるであろうマスコット。
いったい、どんなマスコットになるんだろう?


参考までに、いままでのオリンピックでかつやくしたマスコットたちを見てみよう。
まずは、日本のオリンピックから。

1998年の長野オリンピック。
大切にしたのは、「自然との共存」。

そして、選ばれたマスコットは、「スノーレッツ」。
森にすむフクロウたちをテーマにした、かわいいマスコットだ。


海外のマスコットもみてみよう。

昨年2016年のリオオリンピック。
ここでかつやくしたのは、「ビニシウス」と「トム」。

動物と植物をミックスした、ちょっとかわったマスコット。
自然が豊かなブラジルらしい、マスコットだね。


2014年のソチオリンピック。

こちらのマスコット、3種類の動物たち。
ユキヒョウとホッキョクグマ、そして野うさぎだ。
この時は、「ホッキョクグマがこわすぎる!」って、話題になったんだよ。


2012年のロンドンオリンピック。
こちらのマスコットは、「ウェンロックとマンデビル」。

動物たちをモチーフにするマスコットが多い中、「ウェンロックとマンデビル」は、かなり変わっている。
見た目は、一つ目こぞう。
顔の真ん中に、大きな目がぎらり。
頭には、タクシーのライトがついている。

オリンピックスタジアムの鉄くずのしずくから生まれたという設定だ。
このキャラクターは、「ぜんぜんかわいくない!」ということで、あまり人気がなかったみたい。


2020年の東京オリンピック。
いったい、どんなマスコットになるんだろう?
せっかくだから、みんなも、一緒に考えてみよう。


まずは、テーマ。

動物?
植物?
それとも、街の中にある建物など?
歴史上の人物もありかな。


テーマを決めたら、もう少し具体的にしてみよう。

動物だとしたら、どんな動物かな?
東京に市場の多く住んでいる野生の動物といえば、タヌキだっけ?
他に、東京らいし動物、なにかある?
いろいろ考えて、絵にかいてみよう。


具体的なイメージができあがったら、それにストーリーを付け加えよう。

どこで生まれて、どうやって育ったの?
家族や恋人は?
趣味は何?
などなど。

どう?
面白いマスコットができたかな?

写真は、2012年ロンドンオリンピックのマスコット、ウェンロックとマンデビル。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月13日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~星(秋・冬)(小学3年生)

10月のホップ理科は、『星(秋・冬)』。

「地球から見える星の中で、一番明るい星はなんだっけ?」

「シリウス!」

「ちがーう。」

「えー、シリウスが一番明るいって、言ってたじゃん!」

「星は、一等星ばかりではなーい。」

「太陽?」

「せいかーい!じゃ、2番目は?」

最後の週は、星の明るさをネタに、楽しく勉強しました(^^)/






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月11日 06:00  学び~社会学び~国語

2017流行語大賞~エントリーされたのは、どんな言葉?

『「×ー×ー×ー×ー×ー!」「忖度」 流行語大賞候補に』 朝日新聞

毎年恒例の流行語大賞。
今年2017年も、30の言葉がノミネートされたよ。
12月1日に、その30の言葉の中から、大賞やベストテンが決まるんだ。

今年は、どんな言葉がノミネートされているんだろう?
まずは、想像してみよう。
今年はやったもの、アニメや映画、芸能人、ニュース、いろいろと思い出してみて。

さて、新聞記事のタイトルにあった、「×ー×ー×ー×ー×ー!」。
ある政治家が残してくれた、名言(?)だ。
「この、はげーーー!」とかといっしょに、ニュースでたくさん流れてたよ。
ニュース好きのRAKUTOっ子たちの間でも、はやっていた言葉だ。
いったい、何?
みんな、わかる?

あと、小学生たちの間で、とてもはやった「あれ」もノミネートされてるよ。
くるくる回すだけなんだけど、なぜか面白いやつ。
なんだかわかる?

それから、ちょっとかわった漢字ドリルもエントリーされていた。
うちの小学3年生も持っている、あのドリル。
やっている子も多いんじゃないかな?
どんなドリルか、想像できる?



・・・



では、さっそく、見てみよう。
今回ノミネートされたキーワードは、こちら。

アウフヘーベン     インスタ映え
うつヌケ        うんこ漢字ドリル
炎上○○        AIスピーカー
9・98(10秒の壁) 共謀罪
GINZA SIX   空前絶後の
けものフレンズ     35億
Jアラート       人生100年時代
睡眠負債        線状降水帯
忖度(そんたく)    ちーがーうーだーろー!
刀剣乱舞        働き方改革
ハンドスピナー     ひふみん
フェイクニュース    藤井フィーバー
プレミアムフライデー  ポスト真実
魔の2回生       ○○ファースト
ユーチューバー     ワンオペ育児

以上、30のキーワード。
みんなの知っているものも、あった?

こうしてならべてみると、今年も政治に関係するものが多いよね。
国会議員の豊田さんのセリフ「ちーがーうーだーろー!」とか。
「忖度(そんたく)」というのは、安倍首相がよく使った言葉だ。
「〇〇ファースト」といえば、「都民ファースト」。
東京都知事の小池さんが、よく使っていた言葉だね。

北朝鮮問題も、大きく取り上げられたよね。
北朝鮮がミサイルを打つとなりひびくのが、「Jアラート」だ。

「35億」といえば、ブルゾンちえみ。
この35億って、何が35億なの?
みんな、知ってる?



・・・



答えは、世界に住んでいる男性の数。
知ってた?



さてさて。

この中から、ベスト10に選ばれるのは、どれだろう?
そして、みごと大賞にかがやくのは、どれ?

自分だったら、どの言葉を選ぶ?
みんな、予想してみてね。

発表は、12月1日。
楽しみだね。


写真は、弾道ミサイル。ウィキペディアより。
北朝鮮の問題、うまく解決できるといいな。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月10日 06:00  学び~理科

長野県で大量発生~どんな昆虫?

まずは、写真(ウィキペディアより)を見てみてね。
ある昆虫がうつっているよ。
どこにいるのか、みんなわかる?





・・・


葉っぱの上にのっている、まるで植物の枝みたいな昆虫は、ナナフシモドキ。
ナナフシと呼ばれる昆虫の一種だ。

ナナフシは、漢字でかくと「七節」。
足がふしふしの節足動物。
中でも、見た目がまさに「ふしふし」なナナフシは、「たくさん節(ふし)がある」ということで、ナナフシという名前がついたといわれている。
けっして、節が7つあるというわけではない。

不完全変態のナナフシは、じつはとても変身上手。
自分のすがたを、葉っぱや枝にみせかけて、敵から自分を守っている。

自分のすがただけではない。
そのタマゴも、植物のタネにそっくり。
ここまで変身上手な昆虫は、そうそういない。

それでも敵におそわれたら・・・。
ナナフシは、自分の足を自分で切り落として、逃げる。

ナナフシは、力じまんでもある。
自分の体重の、40倍の重さのものを運ぶことができる。
みんなの体重が30キログラムだとしよう。
その40倍といば、1200キログラムだ。
1200キログラムといえば、自動車くらい。
自分が、自動車を持ち上げているところを想像してみて。
そう考えると、ナナフシって、すごいよね。
こんな力持ちのナナフシの体のつくりは、ロボットなどに応用されているんだよ。

さて、こんなナナフシの一種、ナナフシモドキが、長野県で大量発生しているらしい。

『昆虫ナナフシモドキ 安曇野や長野で大量発生』 信濃毎日新聞


暑いところが大好きなナナフシモドキ。
すずしい長野県では、めったに見ることができなかった。
それが、今年2017年の夏、大量発生したらしい。
安曇野市(あずみのし)や長野市では、ケヤキや大豆などにたくさんのナナフシモドキがむらがって、葉っぱなどを食べつくしてしまったんだって。

安曇野市の人によると、「カベなど、あらゆるところにいて、取ったらバケツがいっぱいになった。」とのこと。
ナナフシモドキの大きさは、5~10センチメートルくらい。
それが、バケツいっぱいって、いったい何匹くらいいたんだろう?

信州大学(しんしゅうだいがく)では、ナナフシモドキの研究を開始した。
ナナフシモドキはあたたかい地方に多く、本来長野県にいること自体がめずらしい生き物とのこと。
それが、ここ2年程、冬の気温が思った以上にさがらず、大量発生したものと思われる。

来年いこう、どうなるのか?
農作物などに、どんな影響をあたえるのか?
これから、こうした研究が進められている予定。
農作物への影響が、少ないといいね。


⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月09日 06:00  学び~社会

四日市市のムクドリ一掃作戦~一応成功、来年は?

『××でムクドリ一掃作戦、成果あり 市民から激励電話も』 朝日新聞

三重県四日市市(よっかいちし)。
今年2017年夏、たくさんのムクドリがやってきた。
駅から市役所への通りは、ムクドリだらけ。
鳴き声はうるさいし、フンはたくさん落ちてくるし、みんな困っていた。

なんとか、ムクドリを追い払いたい。
そこで、四日市市の人たちがたてた作戦は、ムクドリの天敵である、あの鳥を使うこと。

この作戦は、おととし、千葉県我孫子市(あびこし)で成功している作戦だ。
今年8月から、四日市市でも、この作戦を行った。
その結果、かなりの数のムクドリが、いなくなったんだって。
作戦は、大成功。
市民のみんなからも、「よくやった!!」という声が聞こえてくる。

ただ、問題は、来年だ。
来年6月ころになると、またムクドリたちがやってくる。
その時に、「あそこは、あいつがいてこわいから、他の場所にしよう。」と思ってくれればこっちのもの。
四日市市では、来年のムクドリたちの行動に、注目している。

ところで、この作戦、いったいどんな作戦なの?
ここからさきは、去年の記事で。

--------------------------------------------

『迷惑ムクドリ、××が撃退 千葉・我孫子で作戦奏功』 朝日新聞

このブログでも、たびたび紹介しているムクドリ。

『ムクドリ撃退作戦~ムクドリたちを追い払え!』
http://rakuto-toyota.jp/e307800.html


千葉県我孫子市(あびこし)も、ムクドリが集まりすぎて、困っていた。
集まるムクドリは、およそ1万3000羽。
これだけ集まると、その鳴き声のうるさいこと。

鳴き声だけじゃない。
道におちてくるフンの量も、はんぱではない。
我孫子の駅前は、ムクドリたちのフンで、ひどくよごれてしまっていた。

市民のみんなからは、「悪臭(あくしゅう)がひどい」「鳴き声がうるさい」など、たくさんの声があがった。

そこで、昨年、我孫子市では、なんとかムクドリを追い払おうと、ある作戦を考えた。


どんな作戦かというと・・・と、ここで想像タイム。

ムクドリになやまされている人は、日本のあらゆるところにいる。
そして、いろいろな人が、いろいろな作戦を考えている。

我孫子市が最初に行った作戦は、音の出る鉄砲(てっぽう)でおどすというもの。
最初は音にびっくりしていたムクドリたちも、すぐに慣れてしまい、この作戦は失敗。

長野県長野市では、ロケット花火を使った作戦が行われ、いちおう成功している。
しかし、長野市の人たちは、ムクドリたちが慣れてしまえば、またやってくるかもしれないと心配している。

『長野市の「ムクドリ撃退作戦」成功 再来の可能性あり今後も警戒』 産経新聞


なんとか、ムクドリたちに、「この場所は危険だ。近づかない方がいいぞ!」と思わせる方法はないものか?
みんなも、何かいいアイデア、出してみて。

ちなみに、我孫子市の作戦は、ある鳥に追い払ってもらおうというもの。
いったい、どんな鳥に追い払ってもらうんだろう?
そんなふうに、人間のいうことを聞いてくれる鳥って、いるのかな?
想像してみてね。



・・・



我孫子市が考え出した作戦は、ムクドリたちを、タカに追い払ってもらうというもの。

みんな、タカって知ってる?
猛禽類(もうきんるい)と呼ばれる、とても強い鳥だ。
タカは、他の猛禽類と同じく、するどい爪(つめ)とくちばしを持ち、他の動物をつかまえて食べる。
ムクドリたちから見れば、それはおそろしい敵にちがいない。

ところで、タカって、人間のいうことをきちんと聞いてくれるのかな?


・・・


タカは、小鳥などと同じく、きちんと世話をしてあげれば、人間になれるんだ。

むかしから、鷹狩(たかがり)という狩りが、世界中で行われている。
タカを飼いならして、そのタカに鳥やウサギなどの動物をとってきてもらうというものだ。

日本でも、1600年以上前から、さかんに行われていた。
あの徳川家康も、鷹狩が大好きだったみたいだよ。


鷹狩の時に、タカを上手に使うプロがいる。
鷹匠(たかじょう)とよばれる人たちだ。

我孫子市では、鷹匠の人たちにたのんで、昨年の7月から9月にかけて、ムクドリを追い払ってもらった。
そうしたところ、7月に1万3000羽いたムクドリたちが、9月には100羽まで激減(げきげん)。
駅前の掃除にかかったお金も、160万円から105万円に減らすことができたんだって。
さすがのムクドリも、タカは相当こわいんだろうね。


写真は、カタールで鷹狩に使われるセーカーハヤブサ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月08日 06:00  学び~理科

見た目は巨大なダンゴムシ~いったいどんな動物?

『巨大なダンゴムシ? 違います!アルマジロだよ』 朝日新聞

静岡県にある、伊豆アニマルキングダム。
ここでは、ちょっとかわった動物と、ふれあうことができるらしい。

その動物とは、アルマジロ。
みんな、アルマジロって、知ってる?

「アルマジロ」という名前は、スペイン語で「武装(ぶそう)したもの」という意味なんだ。
武装しているということは、戦うための道具をもっているということ。
いったい、何を持っているんだろう?

アルマジロを知らない子は、どんな動物か想像してみてね。



・・・


アルマジロが持っているのは、とてもかたいこうら。
このこうら、体の毛が変化してできたものなんだって。

そのかたさは、ハンパじゃない。
ピストルの弾もはじいてしまうくらい、かたい。

いざ、敵がおそってきたら・・・。

アルマジロは、そのかたいこうらの中に、顔や手足をひっこめて、身を守る。
まるで、カメみたいだよね。

アルマジロの中でも、マタコミツオビアルマジロとミツオビアルマジロの2種類のアルマジロは、それこそボールのように丸くなる。
このあたりは、カメとはちょっとちがうところだね。

アルマジロは、大きな種類のものだと75センチメートルから100センチメートルくらい。
小さな種類のものは、10センチメートルくらい。

普段は、夜に行動する夜行性。
昆虫やカタツムリ、ミミズ、ヘビなどをとって食べる。

アルマジロのとくちょうの一つは、睡眠時間、つまり寝る時間がとても長いこと。
1日に18時間も寝るんだって。
よくそんなに眠れるよね。

さて、そんなアルマジロ。
実は、とても人なつっこい動物でもある。
だから、ペットとしてかわれることも多いみたい。
伊豆アニマルキングダムのアルマジロたちも、記者さんのカメラをいじたり、ジーパンにつかまったりして、楽しく遊んでいたらしい。

夜行性で、しかも1日18時間も寝るんだから、動物園に行ってもなかなかお目にかかれないのでは。
ところが、そうでもないらしい。
お昼のあたたかい時間になると、たくさんのアルマジロが岩や木のかげからはい出してきて、いっしょに遊ぶことができるらしいよ。

伊豆アニマルキングダム、行ってみたいね。

写真は、ココノオビアルマジロ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月06日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~半島と岬(小学4年生)

10月のホップ地理は、『半島と岬』。
歌を聴いた後は、マインドマップに情報を整理しながら、グーグルアースで半島探検。

「紀伊半島には、世界遺産があるぞ。グーグルアースで見てみると、山ばかりなんだけど、どんな世界遺産があるんだろう?」

「自然がいっぱいのところ!」
「かわった生き物がいる?」

「正解は、熊野古道。昔の人は、神社にお参りするために、山の中に道を用意してたんだね。」

「鹿児島県の半島は、すごいぞ。2つの半島の間に、とんでもないものがある。これ、何にかわかる?」

「山?」
「火山?」

「そう、火山。桜島っていうんだよ。1年間に1000回以上も爆発するんだって。」

半島探検、楽しかったね。









⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月04日 06:00  学び~社会

トランプ大統領~「××」なしで伝統をうちやぶる!?

何かと話題にのぼる、アメリカのトランプ大統領。
45代目のアメリカ大統領だ。

そんなトランプ大統領。
アメリカの大統領としてはめずらしく、「××なし」なんだって。


『伝統破りのトランプ氏、近代では初の「××なし大統領」に』 CNN


「××」って、いったい何?
ヒントをもとに、想像してね。

みんなのおうちでも、××を飼っている人はたくさんいると思う。
イヌだったり、ネコだったり、もっと変わった動物かもしれない。
かわいい××がいると、いやされることも多いよね。

どう?
わかった?



・・・



答えは、「ペット」。

アメリカの大統領は、ホワイトハウスに住んで、仕事を行う。
そして、ほとんどの大統領が、ホワイトハウスでペットを飼っていた。

むかしの大統領で、記録として残っているのは、3代目のジェファーソン大統領。
ホワイトハウスで、小鳥やクマを飼っていた。
それ以来、ほぼすべての大統領が、ホワイトハウスでペットを飼っていた。

変わったところでは、28代目のウィルソン大統領。
なんと、羊の群れを飼っていたらしい。

35代目のケネディ大統領は、ポニーや馬、ハムスター、イヌを飼っていた。

最近だと、44代目のオバマ大統領。
ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグという種類のイヌを飼っていた。

アメリカみたいな大きな国の大統領ともなると、他の国から動物がプレゼントとしておくられてくることも少なくない。

8代目のビューレン大統領には、トラ2匹がおくられてきた。
6代目のアダムズ大統領には、ワニ。
15代目のブキャナン大統領には、たくさんのゾウ。
30代目のクーリッジ大統領には、アライグマやフクロネズミといった変わった動物がおくられてきた。
これらの動物は、ペットとして、ホワイトハウスで飼われることになった。


ペットが、歴史を動かしそうになったこともある。

26代目のルーズベルト大統領がかっていたのは、ブルドック「ピート」。
このピートくん、なんとフランス大使さんのズボンを、ひきさいてしまった。
これがニュースになり、アメリカとフランスが戦争になりかけたことがある。
ペットが戦争を引き起こすなんて、なんともおそろしいお話しだね。


さてさて。
こんな感じで、大統領ともなると、ホワイトハウスでペットを飼うのが当たり前。
ところが、トランプ大統領は、ペットを飼っていない。
記録ははっきりしないけど、ペットを飼っていない大統領は、それこそ百何十年ぶりくらい。

CNNの記事によると、アメリカの大統領がペットを飼うのは、もはや「伝統」であり、トランプ大統領はその「伝統」をうちやぶる、すごい人らしい。
トランプ大統領、これからも目がはなせないね。

写真は、ホワイトハウス。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月03日 06:00  学び~国語

広辞苑~どんな言葉が追加されたの?

みんなは、勉強するときに、辞書(じしょ)を使ってる?
使ってるとしたら、どんな辞書?

日本では、いろいろな辞書が売られているよね。
その中で、特に人気が高いのが、岩波書店が出している広辞苑(こうじえん)と呼ばれる辞書だ。

広辞苑が初めて発売されたのは、1955年のこと。
20万もの言葉が、のっていた。

その後、何年かおきに新しくなった広辞苑。
新しくできた言葉を追加したり、古くなった言葉を消したりしながら、進化を続けてきた。

そして、来年2018年、10年ぶりに、新しい広辞苑が発売されることになった。
中身は、当然、今の時代にあったものだ。
10年前にはなかったけど、今は使われるようになった言葉。
10年前は使われていたけど、今はつかわれなくなった言葉。
10年の間に、意味が変わってしまった言葉。
いろいろあるみたいだよ。

まずは、意味がかわってきた言葉の例を見てみよう。

「保険」
「うまくいかない時のために準備しておく別の手段」という意味を追加。

「気になる」
「興味をそそられる」という意味を追加。

次は、使われなくなって、辞書から消えてしまった言葉の例。
「書留小包(かきとめこづつみ)」
「ダブルーダブルーダブル」
「案のごとく」

最後に、新しく追加された言葉。
みんな、何個くらい、意味がわかる?

「安全神話(あんぜんしんわ)」
「クラウド」
「デトックス」
「ブラック企業」
「惚れ直す(ほれなおす)」
「ごち」
「分刻み(ふんきざみ)」
「エントリーシート」
「キャリーバッグ」
「クールビズ」
「コスプレ」
「絶対数(ぜったいすう)」
「天才肌(てんさいはだ)」
「ドクターヘリ」
「ナルシスト」
「浜通り(はまどおり)」
「ブルーレイ」
「カベルネ・ソーヴィニョン」

「ごち」とか、「ブルーレイ」など、聞いたことのある言葉も多いでしょ?
聞いたことがない言葉も、意味を想像してみると面白いよ。
ちなみに、最後に出てきた「カベルネ・ソーヴィニョン」は、ワインの種類。
これらの他にも、「東京スカイツリー」や「仮面ライダー」などが、追加されたらしい。

最後に、今回追加するかどうしようかまよったけど、追加しなかった言葉たちの例。

「アラサー」
「がん見」
「告る(こくる)」
「ディスる」
「豊洲市場(とよすしじょう)」
「放送禁止用語(ほうそうきんしようご)」
「ゆるキャラ」

どう?
知ってる言葉、あった?

最後に。
今回登場しなかったけど、こんな言葉を追加したらいいのに。
そんなふうに思う言葉、何かない?
想像してみてね。

写真は、広辞苑。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ