愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

2017年09月14日 06:00  学び~理科

紅葉のはじまった北海道~いそがしそうにしているのは?

『早くも真っ赤 蓄えなくちゃ』 朝日新聞

今年2017年も、もう9月。
夏休みも終わって、ちょっとずつ、秋の気配を感じるようになってきた。

北海道の十勝岳(とかちだけ)では、すでに紅葉がはじまっているみたい。
イワブクロという植物が、赤くなり始めているんだって。

そんな十勝岳で、冬にそなえて何かをたくわえている動物がいるらしいよ。
いったい、どんな動物が、何をたくわえているんだろう?



・・・



この時期、いそがしそうにしているのは、エゾナキウサギ。
せっせと葉っぱなどを運んで、岩のすきまにたくわえている。

冬になると、すっぽりと雪におおわれてしまう十勝岳。
今のうちに食べ物となる葉っぱを集めておかないと、冬に食べるものがなくなっちゃう。

だから、エゾナキウサギは、とてもいそがしそう。

エゾナキウサギは、ウサギ木ナキウサギ科の動物。
ウサギの仲間だ。

大きさは、10~20センチメートルくらい。
茶色をした、かわいい小さなウサギだ。

ナキウサギを漢字で書くと、「鳴兎」。
オスは、「キィッ」。
メスは、「ピィーッ」。
高い声で、よく鳴くんだ。

エゾナキウサギは住んでいるのは、北海道の北見山地(きたみさんち)や大雪山系(たいせつざんけい)、夕張山地(ゆうばりさんち)、日高山脈(ひだかさんみゃく)など、800メートル以上の高い山。
冬になると雪におおわれてしまう場所なので、夏から秋にかけて、冬をすごすための食べ物をたくさん集めないといけない。
エゾナキウサギにとっては、一年で一番いそがしい時期なのかもしれないね。

写真は、エゾナキウサギ。ウィキペディアより。
一見ねずみのようにも見えるけど、りっぱなウサギの仲間だ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月13日 06:00  学び~理科

太陽フレアで通信障害~いったい何がおこっているの?

『太陽フレア 通信障害の恐れ』 朝日新聞

今年2017年9月6日。
太陽で、大きな爆発が起こったらしい。
「太陽フレア」と呼ばれる現象だ。

太陽の力は、およそ11年ごとに、強くなったり弱くなったりしている。
今は、弱い時期にあたる。
しかし、今回のフレアは、相当大きかったみたい。
新聞の記事によると、こんな大きなフレアは、2006年以来とのこと。

大きなフレアが起こると、強い太陽風が地球にやってくる。
今回のフレアによる太陽風が地球にやってくるのは、9月8日の午後。

この記事がアップされるこるには、もう通りすぎてしまっているけど、この先1週間くらいは、また大きなフレアが起こるかもしれないとのことで、注意が必要。
たいした影響はないだろうと思われるけど、1989年には、太陽フレアのせいで、カナダで大きな停電が起こっている。
同じことがおこっても不思議ではないので、やはり要注意だ。

ところで、フレアとか太陽風とか、いったい何者なの?
ここからは、4年前の記事で、復習だ。

-----------------------------------------------------

太陽フレアで通信障害…2週間程度は影響注意 読売新聞

太陽フレア!

通信障害って、電話とか無線が使えなくなってしまったってことかな?

・・・

いつも、すごい炎で燃え盛っている太陽。
その太陽の表面で、しばしば大爆発が起こる。

大爆発を起こすと、どわーっと炎が吹き上がる。
この炎のことを、「フレア」というんだ。

太陽フレアの大きさは、はんぱじゃない。
高さ数万キロメートルまで、吹き上がる。

数万メートルというと・・・
富士山やエベレストの1万倍くらい。
地球がまるまる炎の中に入っちゃうくらい。


とてもおそろしい炎だけど、これは遠い遠い太陽での話。
地球が炎の影響をうけることは、まったくない。

ところが。
ひとつだけ、困ったことがある。

大きなフレアが発生すると、その勢いで、太陽にあるいろんな粒子(りゅうし)が風にようにびゅーんと飛んでくる。
太陽風というよ。

飛んでくる粒子の量は、およそ100億トン。
ものすごい、量だ。

しかも、時速480万キロメートルで飛んでくる。
速い!

すごいスピードで、どんどん地球に迫ってくる。
そして、ついには地球に到着。
ぶわぁーと地球をのみこんでしまう。

太陽風には、エックス線など、人間にとって危険なものも含まれている。

こんな風にのみこまれてしまった、地球。
いったい、地球は、どうなっちゃうと思う?
こわいよね。
ちょっと、想像してみて。


・・・


とても危険な、太陽風。
いよいよ地球をつつみこもうとする、その時!

実は、しっかりと地球を守ってくれる、頼もしいバリアがあるんだ。

そう、地球は、いつも、磁気のバリアで守られている。
だから、安心。
よかったね。


地球のバリアについては、こちらを見てね。
「地球で一番大きな磁石は・・・」
http://rakuto-toyota.jp/e274930.html


地球は、こうして磁気のバリアに守られている。

しかし、大きなフレアなどによって、いつもより強い太陽風がやってくると、まったくの影響なしではいられない。
電話や無線など、いろいろな影響がある。


この5月13日から15日にかけて。

太陽で、大きなフレアが、4回も発生した。
地球に届いたエックス線は、通常の100倍!

その影響で、東京や北海道、沖縄などで、一部の船や飛行機の無線が使えなくなってしまった。
飛行機で、無線が使えないって、けっこう怖いよね。


これから2週間くらいの間。

大きなフレアが、また発生するかもしれない。
要注意だ!


---フレアに関する記事---
「炎の大きさはどれくらい?」
http://rakuto-toyota.jp/e273421.html
「スーパーフレア!?」
http://rakuto-toyota.jp/e272053.html
写真は、太陽フレア。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月11日 10:47  説明会/体験授業

RAKUTO豊田校~体験授業および説明会の日程について(2017年10月)

---------------------------------------------
※こちらは、RAKUTO豊田校のコースの体験授業および説明会に関するご案内です。「もののしくみ研究室」の体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「もののしくみ研究室~体験レッスンのご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e398218.html
---------------------------------------------



2017年10月の体験授業および説明会の日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


なぜ、楽しくないといけないのか?
なぜ、高速リスニングなのか?
なぜ、ディスカッションなのか?
なぜ、マインドマップなのか?
脳科学の見地から、詳しく説明させいていただきます。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、3日前までにご予約をお願いします。


◇ 2017年10月9日(月・祝) 午前10:00~11:30
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年10月10日(火) 午後5:00~6:30
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年10月22日(日) 午前10:00~11:30
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年10月24日(火) 午後5:00~6:30
     <この日程で申し込む>

他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html

直近の空席情報は、こちらをご覧ください。
http://rakuto-toyota.jp/e335214.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月11日 10:45  説明会/体験授業

もののしくみ研究室~体験レッスンの日程について(2017年10月)

---------------------------------------------
※こちらは、「もののしくみ研究室」の体験レッスンのご案内です。RAKUTO豊田校のコースの体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「RAKUTO豊田校~体験授業および説明会のご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html
---------------------------------------------



2017年10月の体験レッスンの日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


「もののしくみ研究室」の体験レッスンでは、パソコンとブロックを使い、簡単なプログラミング作業を体験していただきます。

対象は、小学4年生~中学生。
小学3年生以下の受講については、一度ご相談ください。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、必ず事前にご予約をお願いします。
なお、定員は、各回6名までとなっております。


◇ 2017年10月9日(月・祝) 午後2:00~3:00
     <この日程で申し込む>
◇ 2017年10月22日(日) 午後2:00~3:00
     <この日程で申し込む>


他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e398218.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月11日 09:40  教室点景

先週の教室より~セントラルイメージいろいろ♪

ホップ国語は、宮沢賢治の『いちょうの実』。
ホップ地理は、『日本の島』。
そして、ホップ理科は、『星(春・夏)』。

月初となった先週は、フリーディスカッションから歌もしくはストーリーの高速リスニング、そしてセントラルイメージまで。
かいじゅうにおそわれている人とか、ミサイルを撃ち込まれようとしている島とか、いろいろなセントラルイメージが出そろいました。

「そういえば、カエルの王様をやった時は、あれを描いたよね。」
「光合成の時は、あれだったな♪」

それぞれの単元でどんなセントラルイメージを描いたのか。
子供たちは、しっかりと覚えています(^^)/











⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月11日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~赤とんぼ(小学2~4年生)

8月のホップ国語は、新美南吉の『赤とんぼ』。

メインのワークは、マインドマップを使った心象描写。
赤とんぼやおじょうちゃん、山田の気持ちになって、思ったこと、言いたいことをどんどん書いてみよう。

頭に浮かんだものは、全部書いてね。
丁寧さよりもスピード重視。
どんどん書き出してもらいました(^^)/









⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月09日 06:00  学び~社会

レゴランドでハロウィーン~ハロウィーンってそもそもどんなイベント?

『ハロウィーン レゴランド参戦』 朝日新聞

ハロウィーンといえば、アメリカやヨーロッパから日本にやってきた、秋のイベントだよね。
一年を通して、いろいろなイベントがあるけど、最近では、ハロウィーンのいきおいがものすごい。

一年で一番お金が使われるイベントは・・・と、ここで想像タイム。

大きなイベントでは、たくさんのお金が動く。
次にあげるアメリカなどからやってきたイベントの中で、一番お金が動くのは、どれ?
2番目は?
想像してみてね。

1.バレンタインデー
2.ハロウィーン
3.クリスマス



・・・



一番お金が動くのは、なんといってもクリスマス。
サンタさんがプレゼントを用意したり、家ではケーキを買ってお祝いしたり。
たくさんのお金が使われる。

2番目は、ハロウィーン。
おととしまでは、バレンタインデーの方が、使われるお金が多かった。
ところが、昨年2016年、ハロウィーンがバレンタインデーをぬいて、はじめて2位になったんだって。

お金がたくさん動くイベントを、ディズニーランドやレゴランドのようなテーマパークがみのがす手はない。
せっかくだから、イベントを盛り上げて、たくさんお金を使ってもらいたい。
そんなわけで、名古屋にあるレゴランドも、ハロウィーンイベントを開くことにしたらしい。

さて、そんなハロウィーン。
もともとは、アメリカで行われていたお祭りだ。
カボチャをくりぬいて作ったジャック・オー・ランタンをかざる。
子供たちは、魔女やお化けに化けて、大人たちからお菓子をもらう。
そんなイベントが、アメリカから日本にやってきてはやっている。

でも、もっと歴史をほりさげてみると、ハロウィーンはヨーロッパなどに住んでいたケルト人と呼ばれる人たちの行事なんだ。
ケルト人の一年は、11月1日にはじまって、10月31日に終わる。
ハロウィーンの行われる10月31日は、一年の終わりの日だ。

ケルト人の人たちは、1年の終わりである10月31日には、死んでしまった人の霊(れい)が、家をたずねてくると信じている。
日本でいうところの、お盆と同じだね。

10月31日は、霊がやってくるために、人間の世界と霊の世界にある門が開く。
だから、霊だけではなく、人間に悪さをする精霊(せいれい)や魔女もやってきてしまう。
ケルト人の人たちは、その精霊や魔女から身を守るために、魔よけの火をたいたんだ。

こうしたハロウィーンのイベントが、いつかアメリカにわたり、今のようなイベントに変わっていったんだね。
そして、今、日本でもはやっている。

ディズニーにUSJ、そしてレゴランド。
どこのハロウィーンイベントも、とても楽しそう。
ぜひ、行ってみたいね。

写真は、ハロウィーンにむけて作られた、ジャック・オー・ランタン。ウィキペディアより。
ハロウィーンの日、霊の世界の門があいているんだと思うと、ちょっとこわいよね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月08日 06:00  学び~理科

愛知県東部で新種発見~いったいどんな生き物?

『愛知東部に新種の生息判明』 朝日新聞

朝日新聞の記事によると、愛知県東部に、新種の生き物が見つかったらしいよ。
愛知県東部というと、われらが豊田市から東の方、豊橋市などに近い方だ。
いったい、どんな生き物が見つかったんだろう?



・・・



新しく見つかった生き物は、「山椒魚」の仲間。
「山椒魚」は、このブログにも、たびたび登場している生き物だ。
なんて読むか、わかる?



・・・



答えは、サンショウウオ。
魚(うお)とあるけど、魚じゃない。
カエルなどと同じく、両生類の仲間だ。

英語名は、サラマンダー。
ゲームなんかで聞いたことのある名前だよね。
サラマンダーは、もともとは、火の中に住む聖霊(せいれい)のこと。
火トカゲともよばれる。

水族館などでよくみかけるのは、大きなサンショウウオ。
オオサンショウウオという名前で、全長50~150センチメートル。
両生類としては、世界で一番大きい。

これに対し、今回見つかったサンショウウオは、体長9センチメートルほど。
小さくて、とてもかわいいサンショウウオだ。

見つかったのは、愛知県東部の湿地(しっち)や、その周りにある森の中。

このサンショウウオ、実は、1990年代に、一度発見されている。
数が少なくて、愛知県では、さっそく絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に指定した。
ところが、この時は、なぜかくわしい調査が行われず、新種だということがわからなかった。
誰もが、まさか新種だなんて、思ってなかったのかもね。

今回、このサンショウウオをくわしく調査したのは、京都大学の先生がひきいる研究チーム。
いろいろと調べた結果、日本に住んでいる他のサンショウウオとは、別の種類であることがわかった。

日本海側に住んでいるサンショウウオににているらしい。
長野県などにある高い山々をさかいに、日本海側と太平洋側にわかれて生きのびてきたのかも。

新しいサンショウウオ、ついた名前は、「ミカワサンショウウオ」。
三河地方で見つかったから、「ミカワ」という名前がつけられたんだね。

ミカワサンショウウオは、とてもせまい範囲(はんい)にしか住んでいないらしく、気を抜くと絶滅してしまうおそれがあるらしい。
大切に見守ってあげたいね。


写真は、しばらく前の記事に登場した、カスミサンショウウオ。ウィキペディアより。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月07日 06:00  学び~理科

ヒアリの駆除~ふたつのタイプを見極めろ

今年2017年6月。
日本で、はじめて、ヒアリが発見されたよ。

『初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?』
http://rakuto-toyota.jp/e410210.html


おそろしいヒアリ。
日本全国に広がってしまうようなことは、さけたいところ。
そこで、朝日新聞の記事。

『ヒアリに2タイプ 見極め駆除』 朝日新聞

この記事によると、ヒアリには、2つのタイプがあるらしい。

ひとつは、単女王タイプ。
もうひとつは、多女王タイプ。

それぞれ、どんなとくちょうがあると思う?
漢字から、想像してみてね。



・・・



単女王タイプは、女王さまがひとりだけ。
他のアリは、みんなでがんばって、ひとりの女王さまを守るんだ。

多女王タイプは、女王さまがたくさんいる。
たくさんの女王さまにつかえるアリたちが、おたがい協力しあって、生きている。

単女王タイプのアリたちは、他のヒアリの集団といっしょにいることがきらい。
できることならば、他のヒアリたちから、はなれた場所に住んでいたい。

一方で、多女王タイプのヒアリたちは、近くにある他のヒアリの集団と、とてもなかよし。
みんなで協力して、がんばっている。

ヒアリたちは、がんばって自分たちの住む場所をどんどん広げようとする。
その広げ方が、2つのタイプでちがうみたい。
そして、広げ方におうじて、女王アリの動きもちがってくる。

あるタイプの女王アリは、とても長く飛ぶことができる。
だから、今あるヒアリの巣から、かなりはなれた場所まで飛んで行って、あたらしい巣をつくる。

一方で、もうかた方のタイプの女王ありは、10メートルくらいしか飛ぶことができない。
だから、新しい巣も、今までいた巣のすぐそばに作ることになる。

ここで想像タイム。
よく飛ぶ女王アリがいるのは、どちらのタイプだと思う?
単女王タイプ?
それとも、多女王タイプ?



・・・



答えは、単女王タイムの女王アリ。
他の集団といっしょにいることをきらうので、なるべく遠くまでいって、新しい巣を作らなければならない。
だから、女王アリは、長いきょりを飛ぶ必要があるんだね。

新聞の記事によると、日本にやってきたヒアリが、このふたつのどちらのタイプかをよく考えて、駆除(くじょ)する必要があるとのこと。

単女王タイプのヒアリたちは、遠くに新しい巣を作る。
だから、なるべく広い範囲(はんい)で巣を探し出して、駆除する必要がある。

一方で、多女王タイプのヒアリたちの巣は、近くにまとまっているので、見つけやすい。
ただし、女王アリがたくさんいるので、これを取り逃さないことが大切。

こうしたちがいを見極めて(みきわめて)、なるべく早くヒアリを駆除したい。

2003年にヒアリがやってきた台湾(たいわん)では、早い駆除に失敗して、今ではたくさんのヒアリが住み着いてしまった。
日本が、そんなことにならないように、がんばってほしいね。

写真は、ヒアリ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年09月06日 06:00  学び~理科

もぐりんブラザーズ~いったいどんな生き物?

『僕らカワイイ?「もぐりんブラザーズ」』 朝日新聞

愛知県名古屋市。
ここにある名古屋港水族館に、「もぐりんブラザーズ」がいるらしいよ。
「もぐりん」に「もぐ二郎」、そして「もぐ三郎」の3兄弟だ。

小さいけれど、食欲いっぱいの「もぐりん」。
はずかしがりやさんの「もぐ二郎」。
とてもよく動く「もぐ三郎」。
名古屋港水族館にやってきて、この3兄弟を見た人たちからは、「かわいい」という人もいれば、「きもちわるい」という人もいる。

「もぐりんブラザーズ」、いったいどんな動物だと思う?
魚じゃなくて、深海に住んでいる生き物だよ。

見た目は、まるで、ダンゴ虫。
みんな、知ってるかな?



・・・



答えは、ダイオウグソクムシ。

名古屋港水族館では、生き物に名前をつけることはまずらしい。
たいていの場合、「1番」とか「2番」など番号をつけて呼ぶことが多い。

ところが、このダイオウグソクムシたち。
もぐもぐエサを食べる様子がとてもかわいいということで、名前を付けてもらえたんだ。
よかったね。

ところで、ダイオウグソクムシって、いったいどんな生き物なんだろう?
ちょっと、調べてみよう。

・・・

ダイオウグソクムシが住んでいるのは、メキシコの海の、深い深いところ。
深さ100~200メートルのところに住んでいる。

海に住んではいるけれど、みんなにおなじみの、あの生き物の仲間なんだ。
さて、あの生き物とは、いったいなに?

ヒントは・・・ずばり、見た目がいっしょ。
手の上にのせて、ころころして遊んだことがある子も多いと思うよ。
想像してみてね。



・・・



答えは、ダンゴムシ。
ダイオウグソクムシはワラジムシ目スナホリムシ科の生き物。
住んでいる場所や体の大きさは全然ちがうけど、ダンゴムシの仲間なんだ。

その大きさは、20~40センチメートルくらい。
中には、50センチメートル近くまで大きくなるものもいるんだって。
重さは、1キログラムくらい。
ずしりと重い感じだね。

ダイオウグソクムシのすごいところは、大きさだけではない。
あるものの数が、節足動物(せっそくどうぶつ)の中でいちばん多い。

いったい、何の数がナンバー1だと思う?
次の中から、選んでみてね。

1.足
2.口
3.目



・・・



答えは、3番の目。

ダイオウグソクムシの複眼(ふくがん)の数は・・・
これも、想像してみよう。

1.35個
2.350個
3.3500個

どれだと思う?



・・・



答えは、3番。
大グソクムシは、3500もの複眼をもっているんだ。


ダイオウグソクムシには、あだ名があるよ。
それは、「海の掃除屋(そうじや)」というもの。

いったい、どうしてこんなあだ名がついたと思う?
これも、予想してみて。



・・・



ダイオウグソクムシは、海の底にしずんできた大きな魚やクジラの死体を食べる。
死体をきれいに片づけてくれるから、「海の掃除屋」なんだね。
なるほど。

写真は、ダイオウグソクムシ。ウィキペディアより。
大きいね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ