愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

キンダーコース

もののしくみ研究室

2019年02月14日 06:00  学び~社会

バレンタインさんの日!?(再掲)

昔々、ある小学生4年生の男の子がいました。

同じクラスの女の子に、ひそかに想いをよせる男の子。
ひにくなことに、彼の親友もまた、同じ女の子に想いをよせていました。

2月のある日、晴れ渡った空が、とても気持ち良い朝。

男の子は、思い切って「今度のバレンタインデーに、僕にチョコをください。」と大きな声で女の子にお願いしました。

すると!

彼の親友もまた、同じように「僕にチョコをください。」と元気よくお願いしました。

困った女の子は、しかたなくふたりに同じチョコをプレゼントしたのでした。


・・・


と、これは僕が小学生の頃のお話。
主人公は、ぼくです(笑)。

その後、大人になった親友は、この女の子と結婚します。
なんとも、ドラマチックだ!


・・・


今日は、セント・バレンタインデー。

みんなは、チョコをあげたり、もらったりするのかな?
男の子も、女の子も、ちょっとドキドキの一日だよね。


さて。

今から、およそ1750年ほど前。
西暦(せいれき)270年頃のこと。

ローマという国に、クラウディウス二世という王様がいた。

ローマは、とても強い国。
王様は戦争をして、もっともっと国を大きくしたいと考えていた。

ところが、ローマの若い男性は、なぜか戦争に出たがらない。

ふしぎに思った王様が調べてみると、みんなが出たがらないのは、家族や恋人のそばをはなれたくないという理由らしい。

そこで、王様は、なんと結婚することを禁止してしまった。

結婚して家族ができると、それこそみんながみんな、戦争に出たがらなくなってしまう。
だから、禁止!!


かわいそうなのは、若い兵隊たち。
結婚して、子どもを育てて・・・という当たり前の幸せを、王様にうばわれてしまった。

ここで登場するのが、教会でキリスト教を教えていた、バレンタインさん。

兵隊たちがあまりにかわいそうなので、王様に内緒で彼らを結婚させてあげたんだ。

でも、そのことが王様にばれて、バレンタインさんは処刑(しょけい)されちゃった。

これが、270年2月14日のできごと。


その後、バレンタインさんは、キリスト教の教えにこうけんした「聖人(せいじん)として認められた。

それから、キリスト教では、2月14日を「聖バレンタイン・デー」として、お祝いするようになった。


バレンタインさんのことを思い出す、大切な一日。

いつの日か、若い人たちが、好きな人に告白したり、プレゼントをおくる一日とかわっていったんだ。


さあ、今日は、バレンタイン・デー。
みんな、すてきな一日を、楽しんでね♪







⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月13日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~北海道の歌(小学2~3年生)

1月のホップ地理は、『北海道の歌』。

「石狩平野は、もともと泥炭地だったんだって。泥炭地って、どんな場所だと思う?」

「どろどろなので、作物は育たない。そこで考えだしたのが、客土大作戦。客土って、いったい何者?」

ところどころに想像タイムをはさみながら、たっぷりと北海道を楽しみました。
リズミカルで楽し気なリズムの歌が多い、理科・社会ソング。
そんな中で、演歌調の北海道の歌は、なかなかのインパクトだったね(^^)/






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月11日 10:33  教室点景

先週の教室より~植物はどうやって生きているの?

2月のホップ理科は、『植物のはたらき』。

ゴー♪
ゴー♪
こうごうせい♪

楽しい歌のあとは、わいわいとディスカッション。

「動物も植物も生きているらしい。人間が生きるためにしていることって、何だっけ?」

「食べる!」

「それから?」

「・・・」

「生きるためには、栄養をとらないといけないし、呼吸して酸素をとらないといけなんだね。植物たちはどうしているんだろう?口や鼻があったっけ?」

「・・・」

先週も、しっかりと考えました。
楽しかったね(^^)/





2月のステップA地理は、日本の国土について。
ピコたちの大冒険のはじまりだ。

2週目は、川について。

山が多い日本。
そこを流れる川には、どんな特徴があるんだろう?
ホップの川の歌を思い出してね。

写真は、理科の時間より。
まだまだ、速読練習中(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月08日 06:00  学び~社会

ヨーロッパのワインが安くなるよ~EPAって何?

最近、ヨーロッパから輸入されてくるワインが、安くなったらしいよ。
いったい、どうして?


・・・


今年2019年2月1日。
日本とヨーロッパ連合(EU)とで、ものの輸入や輸出に関して取り決めた新しいお約束事が、開始された。

『日本とEUで発効したEPAって何?』 朝日新聞


このお約束事は、EPA(経済連携協定:けいざいれんけいきょうてい)と呼ばれるもの。
おたがいに物を売ったり買ったりする時にかかる関税(かんぜい)を安くしたり、なくしたりするんだ。

関税というのは、外国のものを買う時にかかる税金だ。

たとえば、みんなが、おかしの工場でおかしを作って、売ることを想像してみて。
100円かけて作ったおかしを、200円で売る。
おかしひとつあたり、100円もうけることができる。

ところが、にたようなおかしが、アメリカから輸入されてきたとしよう。
アメリカのおかしは、みんなが売ろうとしているおかしよりも、ちょっと安い180円。

すると、多くの人は、みんなが作ったおかしではなくて、ちょっと安い180円のおかしを買うと思われる。
みんなのおかし工場は、おかしがうれなくなって、つぶれてしまう。

日本の会社がたくさんつぶれると、国としても困ってしまう。
だから、関税をかける。

180円のおかしに、20パーセントの関税をかけると、日本でうる値段は216円になる。
200円と216円ならば、多くの人が、200円のおかしをかってくれるはずだ。

こうして、国の産業を守るのが、関税の役目だ。

実際に、どれくらいの関税をかけているのかというと、例えば野菜。
外国から入ってくる野菜に対してかかる関税は、種類によってちがいがあるけど、多くのものは3パーセント。
100円の野菜を日本で売ろうとすると、103円になる。

日本でもっとも関税が高いのが、あれだ。
日本の主食であり、外国のものがどんどん入ってくると、農家さんがつぶれてしまう。
農家さんがつぶれてしまって、主食がとれなくなると、何かの理由で輸入ができなくなった時に、食べるものがなくて困ってしまう。
だから、とても高い関税をかけている。
あれって、いったい何?
想像できる?


・・・


答えは、お米。
お米は、割合(パーセント)ではなく、重さに対して関税をかけている。
1キログラムあたり、341円。

どこかの国からお米を輸入したとする。
10キログラムあたり3000円のお米の場合、税金は3410円。
日本で売る値段は、6410円となる。
こんなに高いお米を買う人は、めったにいないはずだ。

日本のお米は、こうして外国から守られている。

関税の話が長くなったけど、話をEPAにもどそう。

今回の取り決めで、まっさきに関税なしとなったのが、ワイン。
関税がなくなったので、ヨーロッパから輸入されてくるワインの値段は、2月1日から安くなった。
ワイン以外にも、多くのものが、11年目もしくは16年目に関税なしになる。

一方で、日本からヨーロッパに輸出されるものについてみてみよう。
牛肉やお魚、お茶などの多くは、2月1日から関税なし。
日本の農産物を、ヨーロッパで安く売ることができるようになった。

日本の主力工業である自動車。
部品については、2月1日に関税なしに。
自動車本体については、8年目に関税なしになる。

このEPAにより、日本とヨーロッパ連合での、もののやり取りが活発になる。
お互いの経済が、より元気になることが期待されているよ。


写真は、ワインの原料となるブドウ。ウィキペディアより。
今から3年前の2016年、チリとのEPAが発効されて、チリのワインが安くなった。
これにより、チリのワインがたくさん売れるようになった。
今度は、ヨーロッパのワインが人気になりそう。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月07日 06:00  学び~社会

ワシントン条約会議~どうやって密漁をふせごう?(再掲)

『象牙国内市場、すべて閉鎖を』 朝日新聞

今年2019年5月。
スリランカで、ワシントン条約というお約束事の会議が行われる。

その会議に向けて、象牙(ぞうげ)、つまりゾウのきばを売ったり買ったりすることを禁止にしようという意見が出ている。
意見を出しているのは、ケニアやナイジェリアなどの9つの国だ。

一方で、日本は、これに反対すると思われる。
ケニアなどの9つの国は、その日本を批判している。

ケニアなどの国は、どうして象牙の売り買いを禁止にしたいのだろう?
そして、日本は、なぜ反対しているのだろう?

ここからは、3年前の記事で、復習してね。


------------------------------------


今年2016年8月末。
「グリーン・エレファント・センサス」という、とても大がかりな調査の結果が、発表されたよ。

これは、絶滅(ぜつめつ)が心配されている、ある動物の生息地や数を調べたもの。
いったい、何の動物だと思う?
「エレファント」って、どんな動物だっけ?



・・・



「エレファント」は、英語でゾウのことだ。

「グリーン・エレファント・センサス」は、いま、世界に住んでいるゾウの数を、生息地別に調べるという調査。
その結果が、今回発表されたんだ。

今回の調査によると、ゾウは、18の国にすんでいて、その数は、全部でおよそ35万頭。
35万頭というととても多く感じるかもしれないけど、2007年からの7年間で、30パーセントも減ってしまってる。
1970年ころには、100万頭のゾウがいたということなので、このころと比べると、半分以下だ。


なんで、こんなに減ってしまったのか。
その答えは、ゾウの牙(きば)にある。

ゾウの牙は、あることに使われるために、中国や日本でとても人気があるんだ。
みんな、ゾウの牙を想像してみて。
いったい、何に使われるんだろう?



・・・



ゾウの牙、象牙(ぞうげ)は、別名「白いダイヤ」と呼ばれている。
ダイヤにたとえられるくらい、大切で美しいということだ。

ゾウの牙、日本では、印鑑(いんかん)や三味線(しゃみせん)のばちなどに使われる。
中国では、工芸品に使われることが多いみたい。

美しく白い象牙は、とても高級。
最近お金持ちの人が増え始めた中国では、大人気なんだって。


象牙をたくさん取ろうと思えば、ゾウをたくさん殺さなけれならない。
そのせいで、ゾウの数は、1980年ころから、大きく減り始める。

そして、1989年。
ワシントン条約で、国と国との間で、ゾウを買ったり売ったりすること、つまり輸入と輸出が禁止された。

ワシントン条約は、絶滅しそうな動物たちを守るために作られた、国と国とのお約束事。
世界中の国々は、このお約束事をきちんと守らなければならない。

このワシントン条約のおかげで、ゾウの数は少しづつ戻り出す。
2000年代には、およそ50万頭まで回復した。

ところが、2005年から、ゾウの数は、また減り出す。
そして、今回の調査でわかった数は、およそ35万頭。
今のペースで減り続けると、9年後にはゾウの数は、半分になってしまうらしい。


ワシントン条約で守られているはずのゾウが、いったいどうしてまた減ってしまっているのか。
それは、密漁(みつりょう)、つまり、他の人に内緒でゾウを殺して、象牙を売る人がいるからなんだ。


『ゾウ密漁防げ 象牙市場焦点』 朝日新聞

2016年9月24日、南アフリカでワシントン条約の会議が行われる。
その会議では、象牙の輸入と輸出だけではなく、それぞれの国の中で、象牙を売り買いすることを禁止しようという案が、話し合われる予定だ。
この案に、3分の2以上の国が賛成すれば、ワシントン条約に参加している国では、象牙の売り買いができなくなる。

せっかく密漁で象牙をとってきても、国の中で売る場所がない。
これならば、またゾウを守ることができるかもしれないね。


しかし、日本は、この案に反対している。
その理由は、大きくふたつある。

まずは、印鑑などで、象牙を売り買いすることが多いこと。
もうひとつは、密漁ではなく、畑をあらすような悪いゾウや、自然に死んでいったゾウの牙を日本が買い取ることで、アフリカなどゾウの住んでいる国の人たちにお金がまわること。
そうした国の人たちにお金が回って、生活が豊かになれば、密漁も減るはずだというのが、日本の考えだ。
たしかに、もしもこの案に成立したばあい、ハンコ屋さんなどが困ってしまうことになりそうだよね。

とはいえ、ゾウは守ってあげなければいけない。
みんなは、この案に、賛成?それとも、反対?
そして、結果は、どうなるんだろう?
ニュースに注目だね。

写真は、アジアゾウ。ウィキペディアより。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月06日 13:54  説明会/体験授業

RAKUTO豊田校~体験授業および説明会の日程について(2019年3月)

---------------------------------------------
※こちらは、RAKUTO豊田校のコースの体験授業および説明会に関するご案内です。「もののしくみ研究室」の体験レッスンについては、下記リンク先にてご案内しております。
「もののしくみ研究室~体験レッスンのご案内」
http://rakuto-toyota.jp/e398218.html
---------------------------------------------



2019年3月の体験授業および説明会の日程です。
他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html


なぜ、楽しくないといけないのか?
なぜ、高速リスニングなのか?
なぜ、ディスカッションなのか?
なぜ、マインドマップなのか?
脳科学の見地から、詳しく説明させいていただきます。

お申込みは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込みの方は、各日程下段の「この日程で申し込む」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
準備の都合上、恐れ入りますが、3日前までにご予約をお願いします。


<HOP・STEP>

◇ 2019年3月3日(日) 午前10:00~11:30
     受付終了。お申込み、ありがとうございました。

◇ 2019年3月5日(火) 午後5:00~6:30
     受付終了。お申込み、ありがとうございました。
     
◇ 2019年3月17日(日) 午前10:00~11:30
     受付終了。お申込み、ありがとうございました。

◇ 2019年3月19日(火) 午後5:00~6:30
     <この日程で申し込む>


<キンダー>

◇ 2019年3月10日(日) 午前10:00~11:30
     <この日程で申し込む>
◇ 2019年3月24日(日) 午前10:00~11:30
     <この日程で申し込む>


他の時間・日程をご希望の方は、こちらのページからお問い合わせください。
http://rakuto-toyota.jp/e259483.html

直近の空席情報は、こちらをご覧ください。
http://rakuto-toyota.jp/e335214.html




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
⇒レッスンスケジュールはこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月06日 13:47  レッスンスケジュール

レッスンスケジュール

2019年度のレッスンスケジュール(暫定版)です。
5月以降のスケジュールは、3月中に更新する予定です。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月06日 06:00  学び~社会

節分って?(再掲)

この間の日曜日、2019年2月3日は、節分だったね。
みんな、豆まき、した?
オニ役は、だれだったかな?

さて、今回は、その節分について。
5年前の記事で復習してみよう。


---------------------------------------


2月3日といえば、節分。
そう、豆まきの日だ。
みんなのところも、豆まき、するのかな?

ところで、この「節分」って、いったいどんな意味があるんだろう?


・・・


四季折々、いろいろな自然や気候を楽しめるのは、日本のよいところのひとつ。

その季節の移り変わりをあらわしたものに、「二十四節季(にじゅうしせっき)」というものがある。


季節は、ふつう、4つにわかれるよね。
そう、春、夏、秋、冬だ。

二十四節季は、これをもっと細かくわけたもの。
春、夏、秋、冬は、さらにこまかく、それぞれ6つに分かれるんだ。

<春>
立春(りっしゅん)、雨水(うすい)、啓蟄(けいちつ)、春分、清明(せいめい)、穀雨(こくう)。

<夏>
立夏(りっか)、小満(しょうまん)、芒種(ぼうしゅ)、夏至(げし)、小暑(しょうしょ)、大暑(たいしょ)。

<秋>
立秋(りっしゅう)、処暑(しょしょ)、白露(はくろ)、秋分(しゅうぶん)、寒露(かんろ)、霜降(そうこう)

<冬>
立冬(りっとう)、小雪(しょうせつ)、大雪(たいせつ)、冬至(げし)、小寒(しょうかん)、大寒(たいかん)


どう?
聞いたことのある言葉も、あるんじゃないかな?


このそれぞれの言葉には、意味がある。

たとえば、穀雨(毎年4月20日ごろ)は、雨が降って穀物(こくもつ)の成長を助けてくれる季節という意味だ。

白露(毎年9月8日ごろ)は、空気が冷たくなってきて、露(つゆ)ができ始める季節。

ほかの言葉にも、全部意味があるよ。
時間があるときに、想像してみてね。、


さて、節分の話にもどるよ。
節分とは、今お話しした二十四節季を、春夏秋冬に分ける日のこと。

たとえば、春が始まる立春の一日前を、節分という。
同じく、夏が始まる立夏の前も、節分。
秋や冬も、同じだ。
そう、昔は、年に4回、節分があったんだ。
今では、立春の前の日だけを、節分というようになった。


ところで。

節分というと2月3日のイメージがあるけど、実は、その年その年でかわるんだ。

節分は、立春の前の日。
立春の日は、その年その年の、太陽の位置で決まる。
通常は2月4日だけど、時にかわることがある。

立春の日がかわれば、その前の日、つまり節分の日もかわるというわけだ。

といっても、しばらくは2月4日が立春となる年が続きそうなんだけどね。

参考までに、1984年は、2月5日が立春だった。
今後はというと、2021年あたりは、2月5日になりそう。

毎年2月1日に、次の年の二十四節気が、国から発表されるんだよ。


さて。

節分といえば、豆まき。

昔から、季節の変わり目には、邪気(じゃき)がしょうじるといわれている。
邪気とは、悪い空気のこと。

悪い空気は、追い払わねば。
そう、豆をまいて、追い払うのだ。
おにはーそとー、ふくはーうちーーー!


写真は、数年前、自宅近くのお寺にて豆まきをした時のもの。
なんとなく、緊張した面持ちだなぁ・・・(^-^;




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月04日 09:27  教室点景

先週の教室より~新年度のはじまり、はじまりー(^^)/

RAKUTO豊田校では、先週から新年度。
クラスの構成も大きくかわり、楽しくにぎやかにスタートしました。

2月のホップ地理は、『地図の見方』。

まずは、自分なりに、自宅周辺の地図をかいてみよう。

「わたくしぃ、アメリカ人でーすぅ。わたしにもぉ、わかるようにぃ、ちずをかいてくださーい。」

・・・ということで、外国の人が見ても、わかるようにお願いね。

「うまくかけたね。でも、はじめてここにやってきたアメリカ人にとって必要な情報が、足りないみたい。何が、足りないんだろう?」

地図をかいて、それをもとにいろいろとディスカッションした後は、実際の地図を見てみよう。
方位記号が、どこかにあるはずだよね。
方位記号以外にも、何かかかれているものがあるかな?
地図には、どんな記号が使われている?

そして、最後は歌を聴いてセントラルイメージまで。
テキストにのっている地図記号を使って、顔を作ってみよう(^^)/





新しく月曜日に設定されたSTEPAクラスは、速読の練習から。
「まずは形から」ってところだね。
来週も、がんばろう(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2019年02月01日 06:00  学び~理科

アマガエルの交通事故~多い理由は?

みんな、両生類(りょうせいるい)っていう言葉を、聞いたことがある?
動物の仲間で、水の中でも陸の上でも生きていくことができるもの。
両方で生きられるから、両生類。
両生類の仲間には、いったい、どんな動物がいるのかな?
想像してみてね。




・・・




カエルやイモリ、サンショウウオ。
これらが、代表的な両生類だ。
中でも、カエルなどは、そこら中で見ることができるし、見えなくても鳴き声を聞くことができる、わりと身近な動物だよね。

さて、こんな両生類。
今、世界中から、どんどん数が減ってしまっているらしい。

原因は、いろいろ。
住む場所の水がきたなくなって、カエルツボカビ症という病気になって、たくさんの両生類が死んでいる。
一方で、車にひかれて死んでしまうものもいる。
カエルなんかは、わりと人間と近い場所で行動するので、車にひかれてしまうことがとても多い。

そんな両生類を守る目的で、北海道大学などの研究チームが、ある研究を行った。
それが、こちら。

「アマガエルの交通事故」 朝日新聞


研究チームたちは、アマガエルの交通事故が、なんでこんなに多いのか、まずは仮説をたてた。
そして、実験を通して、それが正しい考えであることを明らかにしたんだって。

ここで、想像タイム。
カエルを捕まえようとしたことがある子はわかると思うけど、カエルって、けっこうすばしっこいよね。
あのすばしっこさがあれば、車もよけられそうな気もするんだけど、どうも、道路の上にいるカエルは、あるものが気になって、動きがにぶくなるらしい。
いったい、何が気になるんだろう?
想像してみてね。



・・・



研究チームがたてた仮説は、「音のせいではないか?」ということ。
道路の上のカエルは、自動車などが出す音がこわくて、動けなくなってしまっているのではないかということだ。

そして、こんな実験を行った。

まずは、場所を3つ用意する。
森林みたいな場所。
草地みたいな場所。
そして、道路に似た平地。

捕まえてきたニホンアマガエルは、76匹。
まずは、このカエルたちを、それぞれの場所にはなす。

そして、ふたつのケースで、カエルの移動する距離を調べてみた。
ひとつは、スピーカーから自動車の走る音をながした場合。
もうひとつは、流さない場合だ。

その結果、森林と草地では、移動する距離にちがいはなかった。
木や草に守られているから、カエルたちも安心なのかな。

一方で、平地では、音がきこえている時、カエルはあまり動かなかった。
音が聞こえていない場合よりも、30パーセント、移動する距離が短くなった。
音がこわくて、かたまって動けなくなってしまったみたい。

北海道大学の先生によると、「音のように目に見えないものが、生物の生息に影響を与えている可能性がある」とのこと。
周りにかくれる場所のない平地で、いきなりゴーとかすごい音がしだしたら、これはぼくたち人間でもこわいよね。

写真は、ニホンアマガエル。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ