愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 地下鉄~いったいどのくらいの深さなの?

もののしくみ研究室

RAKUTOの新年度は2月からはじまります。

2015年12月16日 06:00  学び~社会

地下鉄~いったいどのくらいの深さなの?

『地下鉄だけどたか~い駅』 朝日小学生新聞

地下鉄だけど、たか~い駅だって。
地下鉄っていったら、ふつうは地下を走るんだけど。
たか~い場所って、いったいどこを走っているんだろう?



・・・



記事によると、宮城県仙台市に新しい地下鉄の駅ができて、そこがたか~い場所にあるらしい。

駅の名前は、八木山動物公園前。
標高(ひょうこう)、つまり海からの高さは、136.4メートル。
日本一たかい場所にある、地下鉄の駅なんだって。
たかい場所だけど、山の地下を走っているから、いちおう地下鉄ってわけだ。


ところで、みんなは、地下鉄に乗ることがある?
RAKUTO豊田校があるこのあたりだと、名古屋の地下鉄に乗ることが多いかな。

豊田市駅からは、名古屋の地下鉄にそのままのりこんで走る電車がでているよ。
乗ったことがある?


と、ここで想像タイム。

地下鉄は、とうぜん地下を走っている。
仙台の地下鉄は、高い場所を走っていたけど、ふつうは地下の深い場所を走っているはずだ。

じゃあ、いったい、どのくらいの深さを走っていると思う?

6~7メートルだと、2階建ての家の高さくらい。
15メートルだと、4階建てのビルくらい。
30メートルだと、10階建てのビルくらい。

いったい何メートルの深さの場所を走っていると思う?



・・・



まずは、身近なところで、名古屋の地下鉄鶴舞線。
豊田から名古屋に行くときに、よく使う電車だ。

鶴舞線の深さは、だいたい17メートルくらい。
豊田から名古屋駅に行くときに乗り換えをする伏見駅は、深さ17.7メートルだ。


名古屋の地下鉄で、一番たくさんの人が使うのが、東山線。
東山線は、けっこう浅い場所を走っているよ。

先ほど登場した、伏見駅。
鶴舞線は深さ17.7メートルだったけど、東山線の深さは、たったの5.3メートル。
実は、東山線の伏見駅は、名古屋の地下鉄としては、もっとも浅い場所にあるんだ。


もっとも浅い場所がわかったところで、気になるのはもっとも深い場所。
名古屋の地下鉄で、もっとも深いのは、桜通線の丸の内駅。
その深さは、23.9メートル。
6~7階建てのビルくらいの深さだね。
そう考えると、結構深い。


ちなみに、日本一深い駅は、東京の大江戸線が走る六本木駅。
深さは、42.3メートル。
14階建てのビルくらい。
深い!


最近建設がはじまった、リニア中央新幹線。
名古屋にも、駅ができるけど、この駅も結構ふかい。

その深さは、30~40メートル。
さきほど登場した、丸の内駅よりも、ずっと深くなるらしい。
ホームにおりるための階段は、いったい何段必要なんだろうね?


地下鉄の乗ることがあったら、「今、深さ××メートルのところを走っているんだな。」と想像してごらん。
結構、面白いよ。


写真は、名古屋の地下鉄、鶴舞線。ウィキペディアより。
豊田市駅で、よく見かける電車だよ。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

RAKUTOの新年度は2月からはじまります。

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
世界最高の国ランキング~1位になったのはどんな国?
日本の人口~増えた県、大きく減った県はどこ?
日本の人口~6年連続で減っちゃった!
脱!行きなくない街ナンバーワン~キャッチコピーは?
ポテチ販売休止~あれのせいでジャガイモが足りない!
新しい仏教を作ろう~今年の弘法さんは4月17日♪
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 世界最高の国ランキング~1位になったのはどんな国? (2017-04-26 06:00)
 日本の人口~増えた県、大きく減った県はどこ? (2017-04-22 06:00)
 日本の人口~6年連続で減っちゃった! (2017-04-21 06:00)
 脱!行きなくない街ナンバーワン~キャッチコピーは? (2017-04-15 06:00)
 ポテチ販売休止~あれのせいでジャガイモが足りない! (2017-04-14 06:00)
 新しい仏教を作ろう~今年の弘法さんは4月17日♪ (2017-04-12 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ