愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 深夜のシドニー~悲鳴の原因は?

もののしくみ研究室

2015年12月03日 06:00  学び~社会

深夜のシドニー~悲鳴の原因は?

オーストラリアの大都市シドニー。

深夜、住宅街にひびきわたる女性の悲鳴(ひめい)。
「ころしてやる!」とさけぶ男性。
そして、家具をひっくり返すような、どたばたする音。

「いったい、何がおこったのだ?」
街の人たちは、そうぜんとしていた。

かけつけた警察官が、声がきこえてきた部屋をノックすると、出てきたのは一人の男性。
「彼女になにをした?」と問いつめる警察官。
男は、ただぽかんとしている。

「奥さんは、どこだ?」
さらに問い詰める警察官。
「そんなの、いないよ。」と答える男性。

「じゃあ、彼女はどこだ?」と警察官。
「それもいないよ。おれ、一人暮らしだし」と、男性。


女性の悲鳴。
「殺してやる!」という男性の声。
そして、ドタバタする音。
たしかに、この部屋から聞こえたはずなのに。

いったい、この部屋で何がおきたと思う?
自由に、想像してみてね。



・・・



女性の悲鳴。
「殺してやる!」という男性の声。
そして、ドタバタする音。
これらのことを、警察官が男性に説明すると・・・
男性が、ぼそぼそ話はじめた。

「クモが出たんだ。」
「ものすごく大きいやつ。」

「じゃあ、女性の悲鳴は?」と警察官。
「あー、あれは、おれの声。とくかく、クモが大きらいなんだ。」

警察官は、念のため男性の部屋を調べた。
そして、見つかったのは、死んだクモが一匹。
そうとう、大きいやつだった。



・・・


なんか、テレビかまんがの世界のような、へんなお話。
でも、実際に、シドニーで起こったことなんだって。

『深夜の大グモ騒動、怒声と悲鳴で警察出動』 豪シドニー CNN


なんとも、近所めいわくな男性だけど、そんなに大きなクモが出たら・・・
たしかに、びっくりして大声出しちゃうかも。

みんなは、クモ、へっちゃら?
それとも、こわい?


写真は、ジョロウグモ。
むかし、身分の高い女性のことを、上臈(じょうろう)と呼んでいた。
見た目がきれいなこのクモは、まるで上臈のようだということで、ジョロウグモと呼ばれるようになったんだって。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには?
プラ食う虫~プラスチックの問題って?
小笠原の海底を探れ~地殻のナゾとは?(再掲)
がんばれ「かいめい」~地震の仕組みを解明するぞ!(再掲)
東北の火山が沈降!?(再掲)
地球滅亡への備え!?(再掲)
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには? (2017-05-18 06:00)
 プラ食う虫~プラスチックの問題って? (2017-05-17 06:00)
 小笠原の海底を探れ~地殻のナゾとは?(再掲) (2017-05-06 06:00)
 がんばれ「かいめい」~地震の仕組みを解明するぞ!(再掲) (2017-05-05 05:00)
 東北の火山が沈降!?(再掲) (2017-05-04 06:00)
 地球滅亡への備え!?(再掲) (2017-05-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ