愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 見上げればスカイトラン~イスラエルで実験開始!

もののしくみ研究室

2015年10月30日 06:00  学び~社会

見上げればスカイトラン~イスラエルで実験開始!

『頭上を走るスカイタクシー、実用化へ向け前進 イスラエル』 CNN

ドラえもんをはじめ、いろいろなアニメで登場する未来の世界。
町の上空にレールやパイプがはりめぐらされ、そこをすいすい車が走っている。
自分で運転しなくてもよいので、らくちんだし、事故も少なそう。
そんな未来の乗り物が、いよいよ実現しそうだよ。

場所は、テルアビブ。
イスラエルの首都だ。
そのテルアビブで、新しい交通機関(こうつうきかん)の実験がはじまるんだ。

あたらしい交通機関の名前は、「スカイトラン」。
地上6~9メートルにはられたレールにぶらさがって、町の中を走り回るんだって。

しくみは、リニアモーターカーと同じ。
磁石(じしゃく)の力を使うんだ。
だから、走りはスムーズ。
とてものり心地が良い。

最高速度は、時速100キロメートル。
けっこう、速いよね。

磁気の力で走る「スカイトラン」は、環境にとてもやさしい。
プリウスなどで知られるハイブリッド車の、3分の1のエネルギーで走ることができるんだって。

さらに、値段も安い。
都会の交通機関というと、地下鉄を思いつく人も多いと思う。
地下鉄を作ろうと思うと、1キロあたり120億~2400億円ものお金がかかる。
それに対し、「スカイトラン」のレールは、9億6千万円くらい。
とても、お値打ち。

車本体にかかるお金も、1台あたり300万~360万円くらい。
電車と比べると、とても安い。

いいとこだらけの「スカイトラン」。
この10月から、いよいよ本格的に実験がはじまる。

まずは、1台だけで、実験用のレースを走る。
いずれ台数を増やしていき、2018年までには、イスラエルの3つの大きな都市で使えるようになるらしい。

イスラエルでうまく使えることができれば、今度はアメリカでも使われる予定。
さらに、フランスも、使うことを検討している。

電車ほど大がかりではなく、お金もあまりかからない「スカイトラン」。
せまい都市が多い日本でも、大かつやくできそうだよね。

豊田市みたいに、電車やバスが十分にととのっていない地方都市に作られれば、とても便利になりそうな予感。
町の空中を「スカイトラン」が走り回る未来の都市。
想像すると、わくわくするね。

写真は、スカイトラン。CNNサイトより。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには?
プラ食う虫~プラスチックの問題って?
小笠原の海底を探れ~地殻のナゾとは?(再掲)
がんばれ「かいめい」~地震の仕組みを解明するぞ!(再掲)
東北の火山が沈降!?(再掲)
地球滅亡への備え!?(再掲)
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには? (2017-05-18 06:00)
 プラ食う虫~プラスチックの問題って? (2017-05-17 06:00)
 小笠原の海底を探れ~地殻のナゾとは?(再掲) (2017-05-06 06:00)
 がんばれ「かいめい」~地震の仕組みを解明するぞ!(再掲) (2017-05-05 05:00)
 東北の火山が沈降!?(再掲) (2017-05-04 06:00)
 地球滅亡への備え!?(再掲) (2017-05-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ