愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › お休みは1人がいい!?

もののしくみ研究室

2014年07月02日 06:00  学び~社会

お休みは1人がいい!?

「1人で過ごしたい」で1位 東洋経済

学校がお休みの日、みんなはどうやってすごしているかな?
家族とお出かけしたり、友達と遊んだり。
時には、自分の部屋で、ゆっくりとひとりですごしたりしてる子もいるかもしれないね。

今日は、「余暇を過ごすときは、1人でいるほうがよい人の割合」ランキングを紹介するよ。
余暇(よか)、つまりお休みの日を、どうすごしたいか。
友達と一緒がいいという人もいれば、1人でゆっくりがいいという人もいる。

今回のランキングは、34の国を対象に、「お休みの人を1人ですごしたいですか?」という質問に答えてもらったもの。

もっとも1人でいたい人が多い、孤独(こどく)好きな国は、どこだろう?
日本人は、どうかな?
学校や会社など、集団で動くことが得意な日本人のことだから、みんなでいる方が好きかもしれないね。
はたして、どんな結果になったんだろう?
ちょっと、想像してみてね。


・・・


では、ランキングを見てみよう。

1位 日本       49.8パーセント
2位 フィンランド   47.8パーセント
3位 オーストラリア  45.8パーセント
4位 アメリカ     45.0パーセント
5位 ニュージーランド 39.8パーセント

ランキング下位は、こんな感じ。

30位 アイルランド  24.2パーセント
31位 ブルガリア   23.1パーセント
    ポーランド   23.1パーセント
33位 ドミニカ共和国 19.2パーセント
34位 キプロス    17.6パーセント


なんと、1位は、日本。
およそ半分の人が、「1人でいたい」と言っている。

3位から5位に入っているオーストラリアやニュージーランド、アメリカは、多くの人が「とても人なつっこい国民」だと思っている国だ。
明るいお国がらのこれらの国々が、ランキング上位に入ってきたのは、意外な感じがする。


雑誌の記事では、ここで個人主義(こんじんしゅぎ)と集団主義(しゅうだんしゅぎ)という考えかたについて、ふれている。

個人主義では、グループや会社などの集団よりも、ひとりひとりの成績を大切にする。
一方で、集団主義は、ひとりひとりの成績よりも、グループや会社の成績を大切にする。

オーストラリアやニュージーランド、アメリカの人たちは、個人主義の人が多いといわれているよ。
では、日本は・・・どちらだと思う?
こちらも、想像してみて。


・・・


日本は、集団主義の人が多いといわれている。
運動会などでも、赤白にわかれて、グループで結果を競ったりするよね。


こうした見方をすると・・・
個人主義の人が多いオーストラリアやニュージーランド、アメリカが、ランキング上位に入ってくるのは当たり前だといえる。


一方で、集団主義の日本がトップとは、いったいどういうことだろう?

くわしいことはわかっていないけど、「日本は、実は集団主義じゃない」という学者の人もいる。
「いつも集団でいるから、休みくらいは1人でいたいんじゃない?」という意見もある。

なるほどね。


みんなはどう?
たまには、1人でいたいと思う時がある?


写真は、今年のお正月、家族で訪れたラグナシアにて。
お休みの日は、家族で楽しく過ごしたいなぁ。






もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには?
プラ食う虫~プラスチックの問題って?
小笠原の海底を探れ~地殻のナゾとは?(再掲)
がんばれ「かいめい」~地震の仕組みを解明するぞ!(再掲)
東北の火山が沈降!?(再掲)
地球滅亡への備え!?(再掲)
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには? (2017-05-18 06:00)
 プラ食う虫~プラスチックの問題って? (2017-05-17 06:00)
 小笠原の海底を探れ~地殻のナゾとは?(再掲) (2017-05-06 06:00)
 がんばれ「かいめい」~地震の仕組みを解明するぞ!(再掲) (2017-05-05 05:00)
 東北の火山が沈降!?(再掲) (2017-05-04 06:00)
 地球滅亡への備え!?(再掲) (2017-05-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ