愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › つかめ海外客~がんばれ名古屋港

もののしくみ研究室

2018年06月27日 06:00  学び~社会

つかめ海外客~がんばれ名古屋港

『名港つかめ海外客』 中日新聞

最近、ある国から、船で日本に旅行に来る人が増えているんだって。
どこの国からやってくるのかな?
みんな、想像できる?



・・・



答えは、中国。
中国から船で旅行にやってくる人たちが、この5年で、2.5倍に増えているんだって。

中国では、今、クルーズ船とよばれる、大きな船を使った旅行が大はやり。
その理由は、おてがるなお値段。
クルーズ船を使えば、10万円もしないくらいの旅行代金で、海外旅行ができるんだ。。

主な行き先は、日本や韓国。
近いから、行きやすいってことなんだろうね。

中国の上海(しゃんはい)には、とても大きなふ頭(ふとう)がある。
ふ頭とは、大きな船が発着できる大きな港のこと。
2012年に開業した上海のふ頭には、大きなクルーズ船が、1年間で300回を超えるくらい出たり入ったりしている。

今年2018年夏には、船着き場とターミナルをさらに大きくする予定。
これによって、今までの2倍以上のクルーズ船が発着できる。
中国のクルーズ船は、これからも、どんどん増えていくと思われる。

そんな中、ひとつ問題が。
特に、日本。

ここで、想像タイム。
港を大きくして、クルーズ船を使った旅行をどんどん増やそうとしている中国。
その主な行き先のひとつが、日本だ。

その日本で、ひとつ、大きな問題をかかえている。
それは、いったい、どんな問題?
想像できる?

ヒントは・・・
中国の港ばかり大きくなっても・・・ね。



・・



答えは、日本の港が足りないということ。

中国からどんどんクルーズ船がやってくる。
しかし、そんな大きな船をとめることのできる港が、日本にはそんなにたくさんあるわけではない。

中国からの船は、距離の近い九州や沖縄の港にとまることが多い。
2017年に、クルーズ船がやってきた数は、以下の通り。
九州・沖縄が、そのほとんどをしめる。

九州・沖縄 1532
中国・四国  394
関西     229
中部     160
関東     267
東北      78
北海道    104

今、九州や沖縄の港は、ほぼいっぱいの状態。
これ以上クルーズ船がやってきても、とめることができないような状況だ。

こんな中、これからがんばろうとしているのが、われらが愛知県の名古屋港。
ものの輸出や輸入では、ナンバー1の名古屋港。
にもかかわらず、旅行客の出入りは、とても少ない。

それには、ひとつ理由がある。
名古屋港には、それをまたぐように高速道路が走っている。
この高速道路がじゃまになって、大きなクルーズが港に入ることができなかったんだ。

そこで、国と愛知県、名古屋市がいっしょになって、高速道路がじゃまにならない場所に、新しいふ頭を作ることになった。
海外からやってくるお客さんを受けいれるための、ターミナルも建設する。
順調にいけば、2022年にも完成する予定。

これができれば、名古屋港にもクルーズ船が発着できるようになる。
愛知県をはじめとした中部地方でも、観光客がたくさん増えると思われる。

愛知県では、ジブリパークなど海外から注目を集めそうな観光地も建設される予定だ。
たくさんの人がやってきて、にぎやかになるといいね。

写真は、クルーズ船。ウィキペディアより。
大きいね。船の旅も、面白そうだよね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
平成が終わっちゃう~平成って、どんな時代?(その2)
平成が終わっちゃう~平成って、どんな時代?(その1)
戦後の10大イノベーション!?(再掲)
トイレを利用できない人!?(再掲)
トイレある?(再掲)
2018都道府県魅力度ランキング~1位なったのは、どこの都道府県?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 平成が終わっちゃう~平成って、どんな時代?(その2) (2018-11-16 06:00)
 平成が終わっちゃう~平成って、どんな時代?(その1) (2018-11-15 06:00)
 戦後の10大イノベーション!?(再掲) (2018-11-09 06:00)
 トイレを利用できない人!?(再掲) (2018-11-08 06:00)
 トイレある?(再掲) (2018-11-07 06:00)
 2018都道府県魅力度ランキング~1位なったのは、どこの都道府県? (2018-11-01 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ