愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 時代とともに変化する~いったいどんな焼き物?

もののしくみ研究室

2018年04月12日 06:00  学び~社会

時代とともに変化する~いったいどんな焼き物?

むかしむかしは、江戸時代。
江戸(今の東京)の浅草(あさくさ)に、ひとりのおじいさんがすんでいた。
おじいさんがかっていたのは、かわいいかわいいネコちゃん。
ところが、お金がないおじいさんは、なくなくそのネコを手ばなすことになってしまった。

ネコとおわかれして、すう日たったある夜。
おじいさんの夢の中に、ネコが登場。
そして、こういった。
「わたしのすがたを人形にしたら、いいことがあるよ!」

それを聞いたおじいさんは、さっそくネコの焼き物を作っり、神社で売ってみた。
そうしたら、ネコの焼き物はたちまち評判になり、おじいさんは、お金持ちになった。

こうして生まれた焼き物。
知っている子も多いと思うんだけど、みんな、想像できる?
どんな、焼き物?



・・・



答えは、招き猫(まねきねこ)。
招き猫のはじまりは、おじいさんのお話し以外にもいくつか考えられていて、どれが本当かはわからない。
でも、おじいさんのお話しが本当だとしたら、招き猫をかざっておくことで、とてもいいことがありそうだよね。

招き猫は、商売繁盛(しょうばいはんじょう)を願う、縁起物(えんぎもの)。
かざっておけば、お金がたくさんもうかるといわれている。

そんな招き猫。
もともとは、農業や養蚕(ようさん)をする人たちが作ったといわれている。

農作物などを食べるネズミをやっつけてくれるネコは、農家の人たちにとっては、それはありがたいものだった。
だから、招き猫を縁起物としておくようになった。

時代とともに役割がかわった招き猫。
今では、商売繁盛の縁起物として、いろいろなところにかざられている。

招き猫には、右足をあげているものと、左足をあげているものがある。
右足をあげているネコは、お金をよびこむ。
左足をあげているネコは、人をよびこむ。

ここで、想像タイム。
お金をよびこむ、右手をあげた招き猫。
人をよびこむ、左手をあげた招き猫。
どちらが、よく売れていると思う?
理由も考えてみて。



・・・



最近よく売れているのは、右手をあげた招き猫。
お金をよびこんでくれる方だ。

むかしは、左手をあげた招き猫の方が、あっとう的に多かったんだって。
お金がよくもうかった時代、お金よりも人に集まってほしいって、みんな考えていたんだね。

お金をもうけることがむずかしい時代になった日本。
いつのころからか、右手をあげた招き猫の方が売れるようになったらしいよ。


さて、ここで、新聞の記事を。

『世界最大級の招き猫も、世相反映し進化 愛知・常滑』 朝日新聞


愛知県の常滑市(とこなめし)。
日本一の招き猫の産地だ。

2015年12月、その常滑に、イオンモール常滑ができた。
その中におかれている招き猫が、とてもすごい。

何がすごいかっていったら、その大きさ。
高さは、なんと6.5メートル。
世界で一番大きな招き猫だと言われている。

大きな招き猫は、みんなの人気者。
近くに中部国際空港があることもあって、外国の人たちにも人気のスポットなんだって。
これは、一度、行ってみたいね。

写真は、イモンモール常滑の招き猫。ウィキペディアより。
大きいね。

お金をよびこむ、右手をあげた招き猫。
人をよびこむ、左手をあげた招き猫。
みんなは、どっちがほしい?





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
増えるCO2~一番たくさん出しているのは?
増えるCO2~CO2って、なにもの?
日本の都市特性評価~1位になったのは、どこの都市?
飢餓人口8.2億人~世界にはどのくらいの人が住んでいるの?
北方領土~ロシアと日本の関係は?(再掲)
北方領土~島の名前が読めないよ!?(再掲)
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 増えるCO2~一番たくさん出しているのは? (2018-10-12 06:00)
 増えるCO2~CO2って、なにもの? (2018-10-11 06:00)
 日本の都市特性評価~1位になったのは、どこの都市? (2018-10-05 06:00)
 飢餓人口8.2億人~世界にはどのくらいの人が住んでいるの? (2018-09-28 06:00)
 北方領土~ロシアと日本の関係は?(再掲) (2018-09-21 06:00)
 北方領土~島の名前が読めないよ!?(再掲) (2018-09-20 05:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ