愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 耳で泳ぐ赤ちゃん~いったいどんな生き物?

もののしくみ研究室

2018年03月02日 06:00  学び~理科

耳で泳ぐ赤ちゃん~いったいどんな生き物?

『耳で泳ぐ赤ちゃん』 朝日新聞

今年2018年2月。
アメリカの研究チームが、”耳で泳ぐ赤ちゃん”の撮影(さつえい)に成功したらしいよ。
水の中を耳で泳ぐその姿は、とてもかわいいらしい。

ここで、想像タイム。
耳をひれのように動かして泳ぐ赤ちゃん。
いったい、何の赤ちゃんだと思う?
自由に考えてみてね。



・・・



この赤ちゃん。
なんでも、”ダンボ・オクトパス”と呼ばれる生き物の赤ちゃんなんだって。

みんな、”ダンボ”は、知ってる?
ディスニー映画に出てくる、ゾウの子ども。
耳をぱたぱたして、空を飛ぶことができる。

”オクトパス”は、英語でタコのこと。
ダンボ・オクトパスは、ダンボのように耳のように見えるヒレをぱたぱたさせて泳ぐタコというわけだ。

普通のタコは、こんな泳ぎ方はしないよね。
みんな、タコが泳いでるところを見たことある?
どうやって、泳いでいた?



・・・



タコやイカなど、頭足類(とうそくるい)と呼ばれる生き物は、漏斗(ろうと)という器官をもっている。
タコやイカは、この漏斗を使って泳ぐんだ。

漏斗は、水鉄砲みたいなもの。
グーと水を吸い込んで、それをチューと吐き出す。
そして、吐き出した水のいきおいで、前へ進んでいくんだ。

ダンボ・オクトパスも、漏斗を使って泳ぐ。
しかし、前に進むために役立っているのは、漏斗よりも耳のようなヒレなんだって。

ダンボ・オクトパスと呼ばれるタコは、ジュウモンジダコやオオクラゲダコなどがいる。
この記事では、どちらの赤ちゃんのお話しかまで書いていなかったけど、耳のようなヒレをパタパタさせて泳ぐその姿は、さぞやかわいいんだろうね。

ダンボ・オクトパス。
深海にすむタコだけに、なかなかお目にかかることはできなさそう。
でも、ぜひ、一度、見てみたいね。

写真は、マダコ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
失われる干潟~なんで失われっちゃったの?
46年ぶりの1位~動物人気投票で1位になったのは?
キログラムの定義が変わる?~重さを決めるのは何?
キログラムの定義が変わる?~新しい決め方は、何を使うの?(再掲)
キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について(再掲)
朝ごはんを食べないと体重が・・・いったい、どうして?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 失われる干潟~なんで失われっちゃったの? (2019-01-11 06:00)
 46年ぶりの1位~動物人気投票で1位になったのは? (2018-12-13 06:00)
 キログラムの定義が変わる?~重さを決めるのは何? (2018-11-23 06:00)
 キログラムの定義が変わる?~新しい決め方は、何を使うの?(再掲) (2018-11-22 06:00)
 キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について(再掲) (2018-11-21 06:00)
 朝ごはんを食べないと体重が・・・いったい、どうして? (2018-11-02 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ