愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 日食と月食~次はいつ?

もののしくみ研究室

2018年02月05日 06:00  学び~理科

日食と月食~次はいつ?

前回は、日食と月食について書きました。

『スーパー・ブルー・ブラッドムーン~いったいどんなお月様?』
http://rakuto-toyota.jp/e434115.html


今日は、その続き。

食の季節は、太陽の通り道「黄道」と、月の通り道「白道」が交わる時にやってくる。
この交わる場所で日食が見ることができるのだけど、この場所は19年かけて地球を一周してる。
だから、同じ場所で日食を見ることができるのは、19年に1回くらい。
ただし、ちょっとずれた場所なら、部分日食というものが見られるよ!

日食や月食には、大きく分けて「部分」と「皆既(かいき)」がある。
部分は、太陽や月の一部分だけが欠けて見えるもの。
皆既は、まるまるかくれちゃう!

日食には、他にも金環日食っていうのがあって、これは太陽の位置が地球の近くにある時に、月が太陽全部をかくしきれずに、一部分がはみ出して見えるもの。
地球の公転軌道はだ円形なので、太陽が近い時と遠い時があるんだ。

さて。
部分日食などはちょくちょく見ることができるけど、皆既日食や金環日食、皆既月食というのは、なかなか見ることができない。

次はいつ?


<日食>
2019年1月6日 部分
2019年12月26日 部分
2020年6月21日 部分
2023年4月20日 部分(九州より南で)
2030年6月1日 金環(北海道で)
2031年5月21日 部分(九州より南で)
2032年11月3日 部分
2035年9月2日 皆既

2035年の皆既日食は、富山と茨木を結ぶ直線上でのみ見ることができる。
お仕事などを休んで、旅行にでかける人がたくさんいそうだね。


<月食>
2018年7月28日 皆既(北海道では部分)
2019年7月17日 部分
2021年5月26日 皆既
2021年11月19日 部分
2022年11月8日 皆既
2023年10月29日 部分
2025年3月14日 部分
2025年9月8日 皆既


今年2018年から来年にかけて、何度か見ることができそうだね。
よい天気になるといいね。

画像は、金環日食。国立天文台提供。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
光ってなにもの?~色のちがいはどうしてできるの?(再掲)
光ってなにもの?~光はどうやって生まれるの?(再掲)
光ってなにもの?~太陽と人間の共通点は?(再掲)
光ってなにもの?~まずは色のお話から(再掲)
働かないアリ~なんで働かないの?(再掲)
クニマス~なんで「奇跡の魚」なの?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 光ってなにもの?~色のちがいはどうしてできるの?(再掲) (2018-06-13 06:00)
 光ってなにもの?~光はどうやって生まれるの?(再掲) (2018-06-11 06:00)
 光ってなにもの?~太陽と人間の共通点は?(再掲) (2018-06-08 06:00)
 光ってなにもの?~まずは色のお話から(再掲) (2018-06-07 06:00)
 働かないアリ~なんで働かないの?(再掲) (2018-06-01 06:00)
 クニマス~なんで「奇跡の魚」なの? (2018-05-31 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ