愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 闇があるから愛はかがやく~真っ黒ってどんな色?

もののしくみ研究室

2018年01月11日 06:00  学び~理科

闇があるから愛はかがやく~真っ黒ってどんな色?

『闇があるから愛はかがやく』 朝日新聞

「闇(やみ)」とか、「愛」とか、この記事は、いったいどんなニュースなの?


・・・


実はこれ、極楽鳥(ごくらくちょう)という鳥のニュースなんだ。

極楽鳥は、オーストラリアなどに住んでいる、スズメ目の鳥の仲間だ。
風鳥(フウチョウ)と呼ばれることもある。

極楽鳥のとくひょうのひとつは、オスの羽根が真っ黒なこと。
新聞記事によると、アメリカの研究チームが、極楽鳥の羽根が、光の99.95パーセントを吸収していることをつきとめたんだって。

光の99.95パーセントを吸収って、いったい何がおこっていて、その結果、極楽鳥の羽根がどんな風に見えるんだろう?

ここからは、4年前の記事で、「真っ黒」について復習だ。


--------------------------------------------

5月のホップ理科は、「光」だったよね。
その中で、白いものは、たくさんの光を反射するよってことを勉強した。
だから、夏は白い服を着た方が、すずしく過ごすことができる。

反対に、光をたくさん吸収する色は、何色だったか覚えてる?
光をほとんど反射せずに、どんどん吸収してしまう色。
冬にこの色の服を着ると、ぽかぽかあたたかい。
一方で、夏は、暑すぎ。

さて、何色?


・・・


答えは、黒。
黒は、光をほとんど反射しない。
夜中に黒い服を着て出歩くと、自動車などから見えにくいので、これは危険だ。


今日は、そんな「黒」の話題。

まずは、連想ゲーム。
世の中にある黒いもの、何か思いつく?
紙とえんぴつを用意して、どんどん書き出してみて。
何個くらい、思いつくかな?
マインドマップを使って、最初のブランチを「学校にあるもの」とか「街にあるもの」などとすると、黒いものがどんどん出てくるよ。


・・・


どう?
黒いもの、たくさん思い浮かんだかな?

次に。
いま思い浮かべた黒いものの中で、一番黒いものはどれだろう?
本当の真っ黒って、いったいどんな色?


・・・


実をいうと、本当の真っ黒、つまり光を100パーセント吸収してしまう色を作ることは、相当むずかしいらしい。
光を100パーセント吸収するということは、まったく目に見えない状態になってしまうということだ。

身の回りにある黒いものを見てみると、表面のでこぼこなどがあれば、そのでこぼこを目で見ることができるよね。
たとえば、黒いサイコロがあったとして、前の面と横の面、上の面のちがいは、はっきりとわかるはずだ。
これは、黒いといえども、多少なりとも光を反射しているからだ。

光をまったく反射していなければ、目に見えない状態になって、でこぼこも見えないはず。
本当に真っ黒なものがあると、いったいどんな風に見えるんだろう?


CNNに、こんな記事があったよ。
「世界一黒い物質」、英企業が開発 CNN


イギリスの会社が、世界一黒いものを開発したらしいよ。
さっそく、写真(CNNサイトより)を見てみよう。




黒いものが映っているよね。
本当に真っ黒で、まるで穴があいているようだ。

これは、あるものの上の一部に作られた、黒い色だ。
みんなのおうちにもある、このあるもの。
いったい、何だと思う?

ヒントは・・・

台所にあるよ。
普通は、銀色をしている。
自由に形を変えられるので、お皿みたいにして料理をのせたり、お弁当の中のしきりにも使われる。
わかるかな?


・・・


答えは、アルミホイル。
この写真にうつっているアルミホイルは、わざとしわしわにしてある。
しわしわなのに、黒い部分を見ると、まったくしわがわからないよね。
これこそ、真っ黒だ。


まるでブラックホールのように、光を吸収する黒い物質。
光の99.96パーセントを吸収しちゃうんだって。
普段、生活の仲で目にする黒は、95~98パーセント吸収するのに比べると、すごい吸収率だ。

この黒を使って服をつくると・・・
どんな風に見えると思う?
想像してみてね。


・・・


今回、この「黒」を開発した会社につとめるノーザムさんによると、「2次元のボール紙の切り抜きのように見えるだろう。」とのこと。
体のでこぼこがぜんぜんわからないので、紙を切り抜いたように、ぽかんと穴があいた感じに見えるらしい。
面白いね。


ところで、この黒、いったい何の役立つんだろう?
この黒の使い道、ちょっと想像してみて。


・・・


記事によると、不要な光が機械の中に入らないようにすることで、空撮用のカメラや望遠鏡などの性能アップが見込めるらしいよ。
なるほど!



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
ものすごく元気のない太陽~いったい何がおこるの?
プチ氷河期がやってくる!?(再掲)
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?(再掲)
ウニを食べるグルメな鳥~いったいどうやって食べるの?
紫陽花って、どんな花?
光ってなにもの?~色のちがいはどうしてできるの?(再掲)
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 ものすごく元気のない太陽~いったい何がおこるの? (2018-07-19 06:00)
 プチ氷河期がやってくる!?(再掲) (2018-07-18 06:00)
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?(再掲) (2018-07-13 06:00)
 ウニを食べるグルメな鳥~いったいどうやって食べるの? (2018-07-12 06:00)
 紫陽花って、どんな花? (2018-06-21 06:00)
 光ってなにもの?~色のちがいはどうしてできるの?(再掲) (2018-06-13 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ