愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 月に降り立った男!?(再掲)

もののしくみ研究室

2018年01月05日 06:00  学び~社会

月に降り立った男!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成29年12月24日(月)~平成30年1月7日(日)まで、冬期講習ウィーク及び年末年始の休業のため、通常レッスンはお休みです。
ブログは、過去記事を再掲します。

新しい2018年は、ロシアで大きなイベントがあるよ。
サッカー好きならば誰もが知っている、サッカーのワールドカップだ。
世界中からすごい選手がたくさん集まって、ロシアは大盛り上がりになるはずだ。

今回の過去ブログシリーズは、「ロシア」というキーワードで検索してみたよ。

----------------------------------------

人類初の月面着陸、アームストロングさん死去 朝日新聞


今から、43年前。

1969年7月20日。

僕が、まだ、2才の頃。
人間が、はじめて月の大地に降り立った。
降り立った男の名は、ニール・アームストロング。


この1960年頃、アメリカとソ連(今のロシア)は、宇宙開発ではげしく競争していた。

ソ連は、1961年4月12日、ボストーク1号という宇宙船で、ユーリ・ガガーリンさんを宇宙に送り出した。
人類初の宇宙飛行の瞬間。

アメリカは、「このままじゃソ連に負ける」とあせったんだ。


そして、1961年、アメリカ大統領ジョン・F・ケネディが、とてつもないことを宣言した。

「1960年代中に、人間を月に到達させる!」

それを聞いた世界中の人は、「ほんとに、そんなことができるのか?」と、びっくりぎょうてん。
それでも、アメリカは、「アポロ計画」と名付けたこの計画を、国をあげて成功させようとがんばった。


1966年から、何回かの実験飛行を行い、ついにアポロ1号が完成。
1967年2月21日に、発射することが決まった。

そのおよそ1か月前の1月27日、船長のガス・グリソムさんと2人の宇宙飛行士が予行訓練を行った。
うまくいくといいな・・・と思ったその矢先、発射台で火災が発生。

ガス・グリソムさんと2人の宇宙飛行士は、火災に巻き込まれ亡くなってしまった。

原因は、アポロ号の設計ミス。


そんな失敗にもめげず、アメリカはがんばって、設計を見直したアポロ号の実験を繰り返す。

そして、1968年10月11日。
アポロ7号が、ついに人間を乗せて宇宙へ飛び出した。

その後、何度かの有人飛行を行い、ついにアポロ11号が完成。


1969年7月16日日に発射されたアポロ11号は、その4日後の20日に月面に到着。

アームストロング船長が、人間として初めて、月の大地に足あとを残したんだ。


今日のニュースに戻るね。

去る8月25日、そのアームストロングさんが、亡くなったんだ。
82才だった。

月に降り立った時に残した「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類には大きな飛躍」という言葉は、たくさんのアメリカ人を勇気づけた。

天国に行ってしまった、アームストロングさん。
いまごろは、自由気ままに、月と地球を行ったりきたりしているかもね。


写真は、アポロ11号のパイロット、バズ・オルドリンさんが月面を歩く姿。
ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
北方領土~ロシアと日本の関係は?(再掲)
北方領土~島の名前が読めないよ!?(再掲)
ノルウェーの地球にやさしいホテル~いったいどんなホテル?
行きたい街ランキング再び~名古屋市の結果は?
幸せのバスケット~ルワンダってどんな国?
一人当たりのプラごみの量~世界で一番はどこの国?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 北方領土~ロシアと日本の関係は?(再掲) (2018-09-21 06:00)
 北方領土~島の名前が読めないよ!?(再掲) (2018-09-20 05:00)
 ノルウェーの地球にやさしいホテル~いったいどんなホテル? (2018-09-19 06:00)
 行きたい街ランキング再び~名古屋市の結果は? (2018-09-13 06:00)
 幸せのバスケット~ルワンダってどんな国? (2018-08-30 06:00)
 一人当たりのプラごみの量~世界で一番はどこの国? (2018-07-06 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ