愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 学び~社会 › 海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?

もののしくみ研究室

2017年11月17日 06:00  学び~理科学び~社会

海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?

おととし2015年に、海がプラスチックのスープになっちゃてるよという記事を書いたよ。

『プラスチックのスープ~海をよごす悪い奴 』
http://rakuto-toyota.jp/e331987.html

人がすてたプラスチックのゴミ。
ペットボトルやレジぶくろ。
まちの中をながめてみすと、たくさんのゴミがある。
そんなゴミたちが、風にふかれたり、川にながされたりして、やがてたどりつくのが、海だ。

海に流れ出たプラスチックのゴミたちは、波にもまれたり、太陽の紫外線(しがいせん)にあたったりして、やがてこなごなになってしまう。
目で見ることもむずかしいくらい、こなごなになったプラスチックは、当然のように魚の体の中にとりこまれる。

そして、今年2017年10月、朝日新聞には、こんな記事がのっていたよ。

『魚の4割からマイクロプラスチック検出 本州各地で採取』 朝日新聞

京都大学の研究チームは、昨年2016年から、日本全国で、魚の調査を行った。

行った場所は、次にあげる6つのエリア。
宮城県  女川湾(おながわわん)
神奈川県 東京湾
福井県  敦賀湾(つるがわん)
滋賀県  琵琶湖(びわこ)
兵庫県  大阪湾
三重県  英虞湾(あごわん)、五ケ所湾(ごかしょわん)

調べた魚は、7種類197匹。
これらの魚のおなかの中に、小さなプラスチックのゴミが、どれくらいあるかを調べたんだ。

その結果、およそ40パーセントにあたる74匹の魚から、小さなプラスチックのゴミが140個見つかった。
特に多かったのが、カタクチイワシ。
東京湾では、80パーセント近いカタクチイワシから、プラスチックのゴミがみつかった。

これだけたくさんの魚の中に、プラスチックのゴミがある。
とうぜん、これらの魚を食べる人の体の中にも、プラスチックのゴミが入っていくことになる。
ゴミは、0.1ミリメートルよりも小さなものなので、口に入っても気が付かない。

これらプラスチックのゴミは、人の体には悪さはしないので、健康には影響はない。
とはいえ、気持ちのよいものではないよね。

ゴミをへらすことが一番の対策なんだろうけど、他によい方法はないものか。
・・・と思ったら、今度は、こんな記事が。

『海の微生物が分解するプラスチック カネカが開発』 朝日新聞

日本のカネカという会社が、特別なプラスチックを開発したんだって。
どこが特別かというと、このプラスチック、なんと海の微生物(びせいぶつ)たちによって、分解することができるらしい。

プラスチックの名前は、「PHBH」。
もしもゴミとして海に流れ出ても、6か月もすれば、その90パーセントが水と二酸化炭素(にさんかたんそ)に分解されるんだって。
これなら、安心だね。

カネカの新しいプラスチック、たくさん使われるといいね。

写真は、マイクロプラスチックとよばれる、小さなプラスチックのつぶたち。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
雪男イエティ~その正体は?
新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物?
ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!?
右利きと左利き、多いのはどちら?
長野県で大量発生~どんな昆虫?
見た目は巨大なダンゴムシ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 雪男イエティ~その正体は? (2017-12-08 06:00)
 新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物? (2017-12-06 06:00)
 ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!? (2017-12-01 06:00)
 右利きと左利き、多いのはどちら? (2017-11-29 06:00)
 長野県で大量発生~どんな昆虫? (2017-11-10 06:00)
 見た目は巨大なダンゴムシ~いったいどんな動物? (2017-11-08 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ