愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について

もののしくみ研究室

2017年11月01日 06:00  学び~理科

キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について

『キログラム定義 130年ぶり変更も』 朝日新聞

1キログラムの重さは、世界どこに行っても同じだよね。
日本でも、アメリカでも、ロシアでも、1キログラムは1キログラム。
国によって、かわることはない。

しかし、それには、「この重さが1キログラムなんだよ。」という共通のものが必要だ。
今、世界では、1キログラムの重さを決めるための定義、つまりルールみたいなものがある。
朝日新聞の記事によると、そのルールが変わるかもしれないんだって。

ところで、今のルールは、どんなルールなんだろう?
どうやって、「これが1キログラムだよ!」って、決めているんだろう?
そして、どうしてそのルールを変えなければいけないんだろう?

まずは、6年前の記事で、1キログラムの決め方について復習だ。

--------------------------------------------

キログラムの基準「原器」廃止へ 長さに続きby朝日新聞

1キログラムの重さ。
世界中には、いろんな人が住んでいるけれど、1キログラムの重さは、どこの国にいっても同じだよね。
国によって違っていたら、困ることがたくさん!
1メートルの長さとか1秒の長さも一緒で、国によって違っていたら、こまっちゃうね。
このように、時間とか長さ、重さなど、場所によって変わってしまっては困るものは、きちんと世界共通で決められている。
1メートルはこれだけの長さの事だよーって感じ。

ただし。
長さや時間の決め事は、科学の進歩にともない、より正確なものに見直されている。


例えば、時間。1秒の長さの定義。

昔は地球の自転や公転の周期から決めていた。
1967年に見直され、今は「セシウム133原子が出す電磁波の周期」と定義されている。

なにやら難しいことが書いてあるけど、セシウムっていう物質が秒の長さを決めているってこと。


次に長さ。1メートルの定義。

昔々は、 「地球を一周する子午線の長さの4千万分の1」だった。
その後、国際メートル原器と呼ばれる合金の棒の長さを1メートルと決めた。
さらに、クリプトン原子が出す光の波長で定義されるように変更。
結局、今は、「2億9979万2458分の1秒間に光が真空中を進む距離」。

1メートルの長さは、光が決めている!


そして、重さ。キログラムの定義。

現在の定義は、国際キログラム原器の重さによっている。

ところが!
この原器の重さが、変わってきてる!
1988年、原器を洗浄したところ、0.06ミリグラム軽くなっちゃった!
原器の重さが変わると、1キログラムの重さがかわっちゃって、みんなが困ってしまう!

そこで、重さについても、もっと正確なものにしようということで、とりあえず原器は廃止!

ただし、重さを正確に決める方法はまだ検討中。
ケイ素という物質に含まれる原子の数を正確に数え上げ、それ何個か分で1キログラムとする。
電気を起こした時に起こる磁場の力を計って、1キログラムとする。
そんな方法が研究されています。

さて、重さの定義、どんなものになるのかな?

画像はキログラム原器。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
雪男イエティ~その正体は?
新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物?
ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!?
右利きと左利き、多いのはどちら?
海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?
長野県で大量発生~どんな昆虫?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 雪男イエティ~その正体は? (2017-12-08 06:00)
 新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物? (2017-12-06 06:00)
 ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!? (2017-12-01 06:00)
 右利きと左利き、多いのはどちら? (2017-11-29 06:00)
 海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は? (2017-11-17 06:00)
 長野県で大量発生~どんな昆虫? (2017-11-10 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ