愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 近大マグロ~いったいどんなマグロ?

もののしくみ研究室

2017年10月26日 06:00  学び~社会

近大マグロ~いったいどんなマグロ?

『近大マグロ、世界を目指す アジア輸出を想定』 朝日新聞

豊田通商という会社と、大阪にある近畿大学(きんきだいがく)がタッグを組んで、近大マグロを世界に売り出すらしいよ。
2020年には、一年間で2000匹のマグロを、世界に売り出すんだって。
ところで、近大マグロって、なにもの?

・・・

みんなの大好きなマグロ。
特に、クロマグロと呼ばれるマグロは、とてもおいしくて大人気。

日本で一年間にとられるクロマグロは、およそ2万1千トン。
外国から輸入しているクロマグロは、およそ2万2千トン。
養殖、つまり人の手で育てられたマグロが、およそ4千500トン。
全部あわせて、5万トンくらい。

日本では、クロマグロ以外のマグロも食べられる。
1年間に食べられるマグロの量は、38万トン。
そのうち、5万トンがクロマグロというわけだ。

クロマグロは、他のマグロとくらべても、おいしいと人気がある。
ならば、もっともっとたくさんとればいい・・・とは、いかない。

自然の中にいるクロマグロの数は、だんだん減ってきている。
あまりとりすぎると、絶滅(ぜつめつ)してしまうことも考えられる。
だから、とっていいマグロの量は、決められているんだ。

その点、養殖ならば大丈夫・・・というわけでもない。
マグロを養殖するためには、まずは自然の中で生まれた赤ちゃんをつかまえてくるところからはじまる。
赤ちゃんも、取りすぎると、結局大人になるマグロの量が減ってしまう。

そこで登場するのが、近大マグロ。
近大マグロは、タマゴからマグロを育てる。
育てたマグロがタマゴを生んで、また育てる。
自然の中から赤ちゃんをつかまえてくる必要がない。
だから、自然の中にいるマグロの量が減ってしまうという心配がない。

タマゴから育てる養殖を、完全養殖という。
近大マグロは、世界で初めて完全養殖に成功した、マグロのことなんた。

マグロの完全養殖。
世界中の学者さんは、「そんなことが、できるわけがない。」と言っていた。
なぜなら、マグロの赤ちゃんは、とても体がよわい。
水そうなんかで飼ったら、ガラスにぶつかったりして、すぐに死んでしまう。
さらに、赤ちゃんどうしで、共食いもする。
だから、無理。
世界中の人が、そう思っていた。

それでも、近畿大学では、1970年から研究をはじめる。
がんばっていろいろと研究を重ねた結果、2002年に、マグロの完全養殖に成功。

さらに、2008年、マグロ用のエサを開発。
生きたエサしか食べないといわれていたマグロ。
生きたエサを捕まえてくるのは、なかなか大変。
だから、完全養殖に成功しても、たくさんのマグロをどんどん育てるというわけにはいかなかった。
ところが、このエサが開発されたことによって、どんどんマグロを育てられるようになった。
近畿大学、がんばったね。

近畿大学は、魚の養殖にかんする研究では、いまや世界でナンバーワン。
マグロだけではなく、ブリやマダイ、カンパチなどといった魚の完全養殖にも成功している。
近畿大学、すごいよね。

写真は、名古屋港水族館にて。
ここにある黒潮水槽(くろしおすいそう)には、近大マグロが泳いでいるよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
一人当たりのプラごみの量~世界で一番はどこの国?
オーストラリアもレジ袋禁止~お客さんの様子は?
秀吉の朝鮮出兵~その理由は?
「~ソン」VS「~ッチ」~いったいどんな戦い?
つかめ海外客~がんばれ名古屋港
プラスチック資源循環戦略~いったい、どんな作戦?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 一人当たりのプラごみの量~世界で一番はどこの国? (2018-07-06 06:00)
 オーストラリアもレジ袋禁止~お客さんの様子は? (2018-07-05 06:00)
 秀吉の朝鮮出兵~その理由は? (2018-06-29 06:00)
 「~ソン」VS「~ッチ」~いったいどんな戦い? (2018-06-28 06:00)
 つかめ海外客~がんばれ名古屋港 (2018-06-27 06:00)
 プラスチック資源循環戦略~いったい、どんな作戦? (2018-06-22 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ