愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › アメリカをおそったハリケーン~人々がおそれた生き物は?

もののしくみ研究室

2017年09月23日 06:00  学び~理科

アメリカをおそったハリケーン~人々がおそれた生き物は?

今年2017年8月25日。
アメリカのテキサス州に、大きなハリケーンが上陸した。

「ハービー」と呼ばれるハリケーンは、この10年でもっとも強いと思われる。
風の強さは、秒速58メートル。
こんなに強いハリケーンがアメリカに上陸するのは、2004年以来のこと。

そして、テキサス州の上陸したハーバーは、予想通り、大きな被害をもたらした。
テキサス州では、3万人以上の人が避難。
死んでしまった人は、少なくとも31人といわれている。

ハービーがおそったのは、もちろん人間ばかりではない。
テキサス州に住んでいる、あらゆる動物たちも被害をうけた。

おそろしいのは、ワニ。
普段は、川にひっそりと隠れているワニ。
ハービーによって川のようになってしまった街に、ひょこひょこやってくるようになってしまった。

あるおうちでは、庭にワニがやってきたんだって。
これは、こわい。

こんな中、アメリカの人たちがもっともおそれたもののひとつは、最近日本でも話題になっている、あの生き物だったらしい。

日本では、中国からやってくるコンテナにひっついてやってきた。
その後、名古屋などでも見つかって、日本に住み着いたりしないかと、みんな心配している。
小さな生き物だけど、強い毒をもっている。

みんな、どんな生き物か、想像できる?



・・・



ここで、新聞記事から。

『ハリケーンがもたらしたヒアリの恐怖』 朝日新聞

そう、おそろしい生き物とは、ヒアリのことだ。
ハリケーンがやってくると、ヒアリがおそろしいことになるらしい。
いったい、どうして?



・・・



みんな、ヒアリになった気持ちになって想像してみてね。

ヒアリは、地面に穴をあけて巣を作り、そこに住んでいる。
ハリケーンがやってくると、とうぜん、巣の中に水が入り込んでくる。

これは、困った。
みんながヒアリだったら、どうする?



・・・



ヒアリたちは、当然穴から逃げ出す。
人間だったら、ひとりひとりががんばって逃げ出すところかもしれないけど、ヒアリはみんな仲良しだ。
みんなで、協力して、生き延びようとする。

たとえば、100匹のヒアリがいたとすると・・・
その100匹は、それぞれがっちりと手を結ぶ。
そして、ボールのようなかたまりを作るんだ。

そのかたまりは、それこそボールのように、ぷかぷかと水の上にうかぶ。
周りが水におおわれている間、ヒアリはそうやって時間をすごす。
水がひいたら、改めて巣を作る。

こわいのは、このボールのようなかたまり。
水だらけになったテキサスの街には、このヒアリボールがいくつかうかんでいる。

まちがってこれにさわったり、ふんずけたりすると・・・
ヒアリたちは、一斉に攻撃してくる。
なるほど、これはこわい。

日本でも、台風などで街が水びたしになってしまうことがあるよね。
そこにヒアリのボールが出現したら・・・これは、こわいよね。
また、よくニュースになる外来種(がいらいしゅ)のこわい生き物、たとえばカミツキガメなんかが、川から出てくることもあると考えると、これもこわい。
台風などで水の被害が心配される時は、やっぱり、はやめに安全なところに避難した方がよさそうだ。

写真は、2012年にアメリカをおそったハリケーン「サンディー」。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
ピンクのキリギリス~なぜ、ピンク?
イヌとネコ~頭がよいのは、どちら?
雪男イエティ~その正体は?
新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物?
ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!?
右利きと左利き、多いのはどちら?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 ピンクのキリギリス~なぜ、ピンク? (2017-12-16 06:00)
 イヌとネコ~頭がよいのは、どちら? (2017-12-13 06:00)
 雪男イエティ~その正体は? (2017-12-08 06:00)
 新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物? (2017-12-06 06:00)
 ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!? (2017-12-01 06:00)
 右利きと左利き、多いのはどちら? (2017-11-29 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ