愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › ヒアリの駆除~ふたつのタイプを見極めろ

もののしくみ研究室

2017年09月07日 06:00  学び~理科

ヒアリの駆除~ふたつのタイプを見極めろ

今年2017年6月。
日本で、はじめて、ヒアリが発見されたよ。

『初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?』
http://rakuto-toyota.jp/e410210.html


おそろしいヒアリ。
日本全国に広がってしまうようなことは、さけたいところ。
そこで、朝日新聞の記事。

『ヒアリに2タイプ 見極め駆除』 朝日新聞

この記事によると、ヒアリには、2つのタイプがあるらしい。

ひとつは、単女王タイプ。
もうひとつは、多女王タイプ。

それぞれ、どんなとくちょうがあると思う?
漢字から、想像してみてね。



・・・



単女王タイプは、女王さまがひとりだけ。
他のアリは、みんなでがんばって、ひとりの女王さまを守るんだ。

多女王タイプは、女王さまがたくさんいる。
たくさんの女王さまにつかえるアリたちが、おたがい協力しあって、生きている。

単女王タイプのアリたちは、他のヒアリの集団といっしょにいることがきらい。
できることならば、他のヒアリたちから、はなれた場所に住んでいたい。

一方で、多女王タイプのヒアリたちは、近くにある他のヒアリの集団と、とてもなかよし。
みんなで協力して、がんばっている。

ヒアリたちは、がんばって自分たちの住む場所をどんどん広げようとする。
その広げ方が、2つのタイプでちがうみたい。
そして、広げ方におうじて、女王アリの動きもちがってくる。

あるタイプの女王アリは、とても長く飛ぶことができる。
だから、今あるヒアリの巣から、かなりはなれた場所まで飛んで行って、あたらしい巣をつくる。

一方で、もうかた方のタイプの女王ありは、10メートルくらいしか飛ぶことができない。
だから、新しい巣も、今までいた巣のすぐそばに作ることになる。

ここで想像タイム。
よく飛ぶ女王アリがいるのは、どちらのタイプだと思う?
単女王タイプ?
それとも、多女王タイプ?



・・・



答えは、単女王タイムの女王アリ。
他の集団といっしょにいることをきらうので、なるべく遠くまでいって、新しい巣を作らなければならない。
だから、女王アリは、長いきょりを飛ぶ必要があるんだね。

新聞の記事によると、日本にやってきたヒアリが、このふたつのどちらのタイプかをよく考えて、駆除(くじょ)する必要があるとのこと。

単女王タイプのヒアリたちは、遠くに新しい巣を作る。
だから、なるべく広い範囲(はんい)で巣を探し出して、駆除する必要がある。

一方で、多女王タイプのヒアリたちの巣は、近くにまとまっているので、見つけやすい。
ただし、女王アリがたくさんいるので、これを取り逃さないことが大切。

こうしたちがいを見極めて(みきわめて)、なるべく早くヒアリを駆除したい。

2003年にヒアリがやってきた台湾(たいわん)では、早い駆除に失敗して、今ではたくさんのヒアリが住み着いてしまった。
日本が、そんなことにならないように、がんばってほしいね。

写真は、ヒアリ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
あの昆虫が大量発生~いったいどうして?
富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2)
富士山噴火~どんな被害が予想されるの?
富士山噴火~本当にそんなことがおこるの?
2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの?
2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 あの昆虫が大量発生~いったいどうして? (2017-10-21 06:00)
 富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2) (2017-10-13 06:00)
 富士山噴火~どんな被害が予想されるの? (2017-10-12 06:00)
 富士山噴火~本当にそんなことがおこるの? (2017-10-11 06:00)
 2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの? (2017-10-06 06:00)
 2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について (2017-10-05 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ