愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について

もののしくみ研究室

2017年07月19日 06:00  学び~社会

海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について

しばらく前に、風がふく仕組みについて、紹介したよ。

『東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e408585.html


風がふくのは、場所によって温度に差ができて、高気圧や低気圧とよばれるものができるから。
これと同じようなことが、実は、海の水でも起こっている。

風の流れと同じように、海の水にも流れがある。
海流(かいりゅう)というよ。

海流は、風によって海の水が動かされたり、風と同じように海水の温度差によっておこったりする。
そして、われらが日本列島は、4つの海流に囲まれているんだ。


まずは、南の方から流れてくるあたたかい海流を紹介するよ。


太平洋側を南から北にむかって流れるのが、日本海流。

プランクトンが少なくて、水がとてもきれい。
水がきれいなので、上から見ると黒に近い濃い青色に見える。
だから、「黒潮(くろしお)」と呼ばれているよ。


日本海側を、南から北に流れるのは、対馬海流(つしまかいりゅう)。

この海流は、もともとは、日本海流の一部。
それが、日本列島によって分断されて、日本海側に流れてきたものだ。

もともとは日本海流なので、プランクトンが少なく、水がとてもきれい。
青潮(あおしお)などと、呼ばれることもある。

そして、日本海流と同じく、とてもあたたかい。
冬でもあたたかいので、この海流を流れる水は、水蒸気(すいじょうき)となって、雲を作る。

この雲が、日本海側にたくさんの雪を降らせるんだ。
日本海側で雪がたくさん積もるのは、対馬海流のおかげでもある。


お次は、北の方からやってくる、つめたい海流。


太平洋側を、北から南に向かって流れるのは、千島海流(ちしまかいりゅう)。

こちらは、日本海流とはちがって、プランクトンがたくさん。
魚にとっては、栄養がいっぱいの、素敵な海流だ。
魚を育ててくれる親のような海流なので、親潮(おやしお)とも呼ばれている。

南からやってくる日本海流と、北からやってきる千島海流は、東北地方の沖合で、がつんとぶつかる。
ぶつかった場所は、潮目(しおめ)と呼ばれる。
この潮目、漁師さんたちにとっては、とてもよい漁場となる。


ここで、想像タイム。

あたたかい海流とつめたい海流がぶつかりあう潮目。
魚をとってくらしている漁師さんたちにとっては、最高の漁場なんだ。

その理由は、なんでだろう?
想像できる?



・・・



南からは日本海流にのって、あたたかい海が好きな魚がやってくる。
北からは千島海流にのって、つめたい海が好きな魚がやってくる。
潮目では、たくさんの種類の魚をとることができるんだ。

しかも、プランクトンもたくさんいて、魚がたくさん集まってくる。
こんな素敵な漁場は、世界でもめったにないんだ。

ちなみに、潮目でぶつかりあったふたつの海流は、北太平洋海流としてひとつにかたまり、アメリカの方へ流れていくよ。


最後に紹介するのは、リマン海流。
日本海側を、北から南に向かって流れる、つめたい海流だ。

「リマン」とは、ロシア語で、大きな川の河口という意味。
リマン海流は、ロシアを流れるアムール川の河口あたりから流れてくる。
だから、こんな名前がついたんだね。


さて、日本の周りの海流について紹介したところで、新聞記事から。

『世界初「海流××」、夏から実証試験 IHI』 朝日新聞

日本のIHIという会社が、海流の力を使って、何かを作ろうとしているよ。
なんでも、世界ではじめての試みらしい。
いったい、何だと思う?

長くなったので、続きは次回。
写真は、世界を流れる主な海流。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
水素を地産地消~水素を使って何をするの?
水素を地産地消~お次は発電方法について
水素を地産地消~お次は二酸化炭素について
水素を地産地消~まずは気体について
戌年で盛り上がろう~犬山市といえば?
サンマがとれない~がんばれ日本の漁業!
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 水素を地産地消~水素を使って何をするの? (2017-10-19 06:00)
 水素を地産地消~お次は発電方法について (2017-10-18 06:00)
 水素を地産地消~お次は二酸化炭素について (2017-10-16 06:00)
 水素を地産地消~まずは気体について (2017-10-14 06:00)
 戌年で盛り上がろう~犬山市といえば? (2017-10-07 06:00)
 サンマがとれない~がんばれ日本の漁業! (2017-09-27 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ