愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館

もののしくみ研究室

2017年07月13日 06:00  学び~理科

めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館

『小さな希少種 守り育てる』 朝日新聞

2017年も、いよいよ夏本番。
もうすぐ夏休みが始まるね。

夏休み、みんなはどこにおでかけするのかな?
楽しみだよね。

そんな夏休みのおでかけにおすすめなのが、愛知県にある碧南海浜水族館(へきなんかいひんすいぞくかん)。
前にも、ドラゴンズベビーと呼ばれる生き物がいるよと、紹介したことのある水族館だ。

『育て竜の子~いったいどんな動物?』
http://rakuto-toyota.jp/e406921.html
『育て竜の子~どんな苦労があったの?』
http://rakuto-toyota.jp/e406929.html

小さな水族館ではあるけれど、ホライモリを見ることができるというだけでも、かなりおすすめの水族館だ。
そして、この水族館、あることで国からも一目おかれている、すごい水族館でもある。

それは、地元の希少種(きしょうしゅ)を大切に育てているところ。

希少種とは、環境の変化などでもともと住んでいいた場所にすめなくなってしまい、その数が減ってしまっている生き物たちのこと。

ウシモツゴというコイの仲間がいる。
このウシモツゴ、碧南のある西三河の南の方では、絶滅してしまったものと思われていた。

ところが、1992年のこと。
ある池で、絶滅したと思われていたウシモツゴが見つかった。

その池のある場所には、ある会社の工場が立つ予定だった。
見つかったウシモツゴは、大切に保護され、碧南海浜水族館で育てられることになった。

水族館では、ウシモツゴの繁殖(はんしょく)に成功。
絶滅の危機をくぐりぬけたウシモツゴは、今でも水族館で大切に育てられている。

今、ウシモツゴが見つかった池はなくなり、予定通り工場が立っている。
その工場の中には、ビオトープが作られ、水族館で生き延びたウシモツゴたちの一部は、そこに帰っていった。

水族館では、ウシモツゴの他にも、カワバタモロコやイタセンパラ、ネコギギなどの繁殖にも成功した。
中でも、イタセンパラの繁殖は、国からの依頼によるもの。
水族館としての実力が、認められたってことだよね。

碧南海浜水族館、ぜひ一度、行ってみたいね。


写真は、イタセンパラ。ウィキペディアより。
絶滅危惧種のイタセンパラ。
1996年には、愛知県日進市で見つかって、みんなをびっくりさせた。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?
長野県で大量発生~どんな昆虫?
見た目は巨大なダンゴムシ~いったいどんな動物?
キログラムの定義が変わる?~新しい決め方は、何を使うの?
キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について
富山湾で新種発見~クリオネってどんな生き物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は? (2017-11-17 06:00)
 長野県で大量発生~どんな昆虫? (2017-11-10 06:00)
 見た目は巨大なダンゴムシ~いったいどんな動物? (2017-11-08 06:00)
 キログラムの定義が変わる?~新しい決め方は、何を使うの? (2017-11-02 06:00)
 キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について (2017-11-01 06:00)
 富山湾で新種発見~クリオネってどんな生き物? (2017-10-25 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ