愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 世界遺産のヘンダーソン島~あれがたくさん流れ着いちゃった!?

もののしくみ研究室

2017年06月23日 06:00  学び~社会

世界遺産のヘンダーソン島~あれがたくさん流れ着いちゃった!?

イギリスにある、ヘンダーソン島。
南太平洋にぽっかりとうかぶ、小さな無人島だ。

面積は、およそ37平方キロメートル。
RAKUTO豊田校のある豊田市のおとなり、日進市と同じくらいの大きさだ。

ヘンダーソン島が世界遺産に登録されたのは、1988年のこと。
手つかずの自然がたくさん残っていて、ヘンダーソンオウム、ヘンダーソンクイナなど、この島にしかいない生き物もたくさんいる。
昆虫やカタツムリの多くは、この島にしか住んでいない、固有の種なんだって。

自然がすごいヘンダーソン島。
最近、世界中から、あるものが流れ着いて、困っている。

南半球をめぐる海流のせいで、海をただよっているあれが、たくさんヘンダーソン島に流れ着いているんだって。
中には、日本で作られたものもあるらしい。

いったい、何が流れ着いていると思う?
ヒントは・・・毎日毎日、いろいろなところで、誰かが出しているもの。
みんなも、一日に何個かは、出しているはずだ。



・・・



答えは、ゴミ。

2015年、イギリスなどの研究機関が、ヘンダーソン島の海岸にうちあげられたゴミの調査を行った。
島全体でみつかったゴミの数は、3770万個。
重さにして、17トン。

わかりやすく、1メートル四方で見てみよう。
1メートル四方あたりのゴミの数は、671個。
砂浜に埋まっている小さなゴミは、4496個。
これは、まさに、「ゴミだらけ」の状態だよね。

さらに、研究機関は、それらのゴミが、どこから流れ着いたものかを調べてみた。
一番多かったのは、日本と中国で、それぞれ18パーセントずつ。
他にも、チリやアメリカ、ロシア、スペインなどから流れ着いたとみられるゴミもあった。

今、ヘンダーソン島では、貝がらと間違えてゴミの容器を背負って歩いているヤドカリがいるらしい。
漁でつかう網にからまって死んでしまったウミガメも見つかっている。

『ごみ背負うヤドカリ…世界遺産の島に大量プラ、日本製も』 朝日新聞

日本のゴミが、イギリスの大切な自然をこわしているなんて、悲しいよね。
ゴミは、なるべく減らしていきたいね。

写真は、ヘンダーソン島。ウィキペディアより。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
地球温暖化~あの乗り物にも影響が!?
外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは?
海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?
海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について
目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲)
赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 地球温暖化~あの乗り物にも影響が!? (2017-07-22 06:00)
 外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは? (2017-07-21 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの? (2017-07-20 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について (2017-07-19 06:00)
 目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲) (2017-07-15 06:00)
 赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!? (2017-07-08 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ