愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 夏は白く見える葉~いったいどんな植物?

キンダーコース

もののしくみ研究室

2017年06月07日 06:00  学び~理科

夏は白く見える葉~いったいどんな植物?

『夏は白く見える葉』 中日新聞

中日新聞の記事によると、愛知県の奥三河地方(おくみくぁちほう)の山々で、まるで雪がつもったかのように、白くなっているのが見られるらしいよ。
夏が近いこの時期、もちろん本当の雪ではない。

これ、実は、ある植物の葉っぱなんだ。
遠くから見ると、白い花がさきほこっているようにも見えるけど、白いのはあくまで葉っぱ。

葉っぱが白くなるなんて、めずらしいよね。
いったい、どんな植物なんだろう?

いくつかヒントをあげるので、想像してみてね。

梅のようにかわいい花をつけるので、夏梅と呼ばれることもある。
名前の由来は、アイヌ語の「マタタムブ」と言われている。
そしてこの植物のにおいは、ネコたちに大人気。
このにおいをかいだネコたちは、お酒を飲んでよっぱらったかのように気持ちよくなっちゃう。



・・・



答えは、マタタビ。
聞いたことある?
変わった名前だよね。

この名前の由来は、アイヌ語の「マタ」と「タムブ」を組み合わせたものだと言われている。
「マタ」は「冬」、「タムブ」は「カメのこうら」の意味。
冬になると、マタタビの実の中に、虫がすみつくことがあるから、こういう名前になったんだって。
名前の由来は他にもあるみたいだけど、アイヌ語だというのが一番有力みたい。

マタタビは、マタタビ科マタタビ属の植物で、他の木などにつるをからめながら成長する。
そして、6~7月に、小さなかわいい花をさかせる。

小さな花なので、葉っぱのかげにかくれて、あまり目立たない。
そして、同じ時期に、なぜか葉っぱが白くなる。

ここで、想像タイム。

マタタビの葉っぱが白くなるのには、それなりの理由があると思われる。
いったい、どんな理由だと思う?

ヒントは・・・
この役目、本当は花の役目なんだけど、花が小さくて目立たない。
かわりに、葉っぱが、この役目をしていると思われる。



・・・




答えは、虫をおびきよせるため。

マタタビなど、多くの花は、花粉を虫に運んでもらわないと、タネをのこせない。
だから、虫をおびきよせる必要がある。

きれいな花びらは、そのためにあるようなものなんだけど、マタタビの花は小さくて目立たない。
この花にかわって、葉っぱを白くして、虫をおびきよせているんだって。

秋になり、花の時期がおわったマタタビは、実をつける。
食べるととてもまずいみたいだけど、体にはとてもいいらしい。

疲れた旅人が、マタタビを食べて、元気になって、また旅をはじめる。
だからマタタビという名前になったなんて説もあるくらい。
今でも、クスリとして使われることがあるんだって。

実の形は、キウイフルーツみたいな感じ。
キウイフルーツも、マタタビ科の仲間なんだ。

さて。
そんなわけで、この時期、奥三河の山々では、マタタビの白い葉っぱをたくさん見ることができる。
夏なのに、雪がつもっているように見える、ちょっと不思議な光景だ。
一度、見てみたいね。

写真は、白くなったマタタビの葉っぱ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



キンダーコース

もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
鳥類~鳥ってどんな生き物?
爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう
哺乳類と魚類~クジラはどっち?
生き物~ふたつに分けると、何と何?
白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?
絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 鳥類~鳥ってどんな生き物? (2019-03-14 06:00)
 爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう (2019-03-08 06:00)
 哺乳類と魚類~クジラはどっち? (2019-03-07 06:00)
 生き物~ふたつに分けると、何と何? (2019-03-05 06:00)
 白と黒~シマウマのしましまもようは何のため? (2019-03-01 06:00)
 絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ (2019-02-28 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ