愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 学び~社会 › メコン川~新種の動物163種類!

もののしくみ研究室

2017年01月25日 06:00  学び~理科学び~社会

メコン川~新種の動物163種類!

『メコン川流域 新種163種』 朝日新聞

メコン川だって。
いったい、どこにある川なんだろう?
新聞記事によると、この川が流れている場所には、他の場所では見ることのできない、めずらしい動物がたくさんいるんだって。

2015年。
世界自然保護基金(せかいしぜんほごききん:WWF)が、メコン川流域の調査を行った。
その調査の結果、163種類もの新しい生き物が見つかったんだ。

例えば、こんな動物たちが見つかった。
みんな、頭の中で、その姿を想像してみてね。

独特なもようをしたイモリ。
頭がにじ色に光るヘビ。
目がオレンジのカエル。
りゅうのようなツノのトカゲ。

面白いね。
ぜひ、一度、見てみたい。


このメコン川や、有名なアマゾン川のように、世界には、人の手が入っていない、秘境(ひきょう)と呼ぶにふさわしいような川が、いくつかある。
そういう場所には、めずらしい動物がたくさん住んでいる。

ところが、最近、こうした秘境にも、人間の手が入り始めている。
メコン川流域でも、ダムや道路が作られるようになってきた。

ダムや道路が作られると、生き物たちが住む環境がはかいされる。
今回見つかった163種の新しい動物たちも、すぐに絶滅(ぜつめつ)してしまうかもしれないんだって。


話はさかのぼって、メコン川について。

メコン川は、東南アジアを流れる大きな川。
その長さは、4023キロメートル。
アジアで7番目に長い川だ。

チベット高原から流れ出したメコン川は、中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムなど、たくさんの国をよきぎって、南シナ海に流れ込む。
その流域面積は、79万5000平方キロメートル。
とっても広い。


メコン川がどのくらい大きいのか、日本の有名な川とくらべてみよう。

日本で一番長い川は・・・
と、ここで問題。

日本で一番長い川って、なんていう川だったっけ?
みんな、知ってる?
RAKUTOっ子は、あの歌で覚えてるよね。



・・・



答えは、信濃川(しなのがわ)。

次は、流域面積。
流域面積については、くわしくはまた説明するけど、簡単にいうと川の広さ。

流域面積日本一の川は、どこだと思う?
こちらも、想像してみてね。
RAKUTOっ子は、やはり歌を思い出して。



・・・



答えは、利根川(とねがわ)。
利根川は、長さも長い。
日本で、二番目の長さだ。


では、このふたつの川と、メコン川の大きさを比べてみよう。

まずは、長さ。

メコン川;4023キロメートル
信濃川 : 367キロメートル
利根川 : 322キロメートル

メコン川の長さ、とんどもなく長いよね。

次は、流域面積。

メコン川:79万5000平方キロメートル
信濃川 : 1万1900平方キロメートル
利根川:  1万6840平方キロメートル
メコン川の広さは、利根川の50倍ちかい。

こうしてくらべてみると、メコン川がとんでもなく大きな川だっていうことが、よくわかるよね。
それでも、その長さは、アジアで7位。
世界には、もっともっと大きな川が、たくさんあるんだ。

世界には、いったいどんな川があるんだろう?
世界一長い川や、世界一流域面積の広い川って、どこ?
次回は、世界の川を紹介するよ。

写真は、メコン川。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?
長野県で大量発生~どんな昆虫?
見た目は巨大なダンゴムシ~いったいどんな動物?
キログラムの定義が変わる?~新しい決め方は、何を使うの?
キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について
富山湾で新種発見~クリオネってどんな生き物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は? (2017-11-17 06:00)
 長野県で大量発生~どんな昆虫? (2017-11-10 06:00)
 見た目は巨大なダンゴムシ~いったいどんな動物? (2017-11-08 06:00)
 キログラムの定義が変わる?~新しい決め方は、何を使うの? (2017-11-02 06:00)
 キログラムの定義が変わる?~まずは今の定義について (2017-11-01 06:00)
 富山湾で新種発見~クリオネってどんな生き物? (2017-10-25 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ