愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 日本人2人にイグ・ノーベル賞~「股のぞき効果」って、いったい何?

もののしくみ研究室

2016年09月30日 06:00  学び~社会

日本人2人にイグ・ノーベル賞~「股のぞき効果」って、いったい何?

『「股のぞき効果」研究 日本人2人にイグ・ノーベル賞』 朝日新聞

2016年9月22日、アメリカのハーバード大学で、イグ・ノーベル賞の発表があったよ。
そして、日本人2人が、みごとに賞をとることができたんだ。

受賞したのは、立命館大学(りつめいかんだいがく)の東山先生と、大阪大学の足立先生。
日本人がイグ・ノーベル賞を受賞するのは、これで10年連続なんだって。

東山先生たちが研究したのが、「股のぞき効果(またのぞきこうか)」について。
ここで、想像タイム。

股のぞき効果(またのぞきこうか)って、いったい何?
股の下からうしろをのぞくと、あることがおこるらしいけど、いったい何がおこるの?

股のぞきしながら、想像してみて。


・・・



前かがみになって、股の下からうしろをふりかえってみると・・・
そこに見えるものは、本当の大きさよりも、小さく見えるんだって。
これが、「股のぞき効果」だ。


東山先生たちは、およそ90人の人たちを集めて、実験を行った。

まずは、45メートルはなれた場所に、高さ1メートルのかんばんをおく。
そして、ふつうに立ってみた場合の大きさと、股のぞきで見た大きさをくらべてみる。

すると、股のぞきで見たほうのが、近く、しかも小さく見えた。
1メートルのものが、60センチメートルくらいに見えたんだって。

ほんとかなぁ。
みんなも、股のぞきにチャレンジしてみよう!


ところで、イグ・ノーベル賞って、どんな賞なの?
ここからは、2年前の記事で、復習だ。

-------------------------------------

バナナの皮、なぜ滑る 北里大教授らがイグ・ノーベル賞 朝日新聞

ノーベル賞だって!
日本人が、また、ノーベル賞を受賞だ!!
これは、すごいね。

研究テーマは、「バナナの皮をふむと、すべる」こと。
むむ!
なにやら、変わったテーマだね。

今回、一緒に受賞した人たちのテーマを見てみると・・・
「トーストのこげ目がキリストの顔に見える脳のしくみ」
「犬が地球の磁気(じき)をかんじて、南北方向をむいてうんちをすることを発見」

・・・

なんか、変なテーマがならんでいるぞ。
これって、本当にノーベル賞??

・・・て、よく見たら、ノーベル賞ではなく、イグノーベル賞だってさ。
イグノーベル賞って、どんな賞なの?




・・・

イグノーベル賞を運営するのは、サイエンス・ユーモア雑誌『風変わりな研究の年報』と、その雑誌をかいているマーク・エイブラハムズさん。

賞をおくられるのは、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」。
研究の内容が正しいかどうかは関係なく、とにかく面白ければOK。

授賞式は、毎年10月。
アメリカのハーバード大学で行われる。

ノーベル賞の受賞式では、最初にスウェーデン王室に敬意(けいい)をはらう。
一方で、イグノーベル賞では、スウェーデン風ミートボールに敬意をはらう。
面白いね。

授賞式では、賞をもらった人がスピーチを行う。
このスピーチが、また、変わっている。

スピーチでは、制限時間内に、会場のみんなから笑いをとらなければならない。
また、スピーチ会場には、ぬいぐるみをかかえた8才の女の子が登場。
彼女は、スピーチ中、「たいくつ、たいくつ」とさわぎたてる。
スピーチを続けたい人は、彼女におくり物をして、ごきげんをとらないといけない。

さらに。
スピーチをしている人にたいしては、、つねに会場から紙飛行機が投げ続けられる。
その紙飛行機をそうじするのは、ハーバード大学のロイ・グラウバーという、とてもえらい先生だ。

一度だけ、ロイ・グラウバーさんが、そうじできなかった年がある。
2005年のことだ。
この年、ロイ・グラウバーさんは、本物のノーベル賞を受賞して、その授賞式に参加するために、そうじできなかったんだって。
このエピソードも、なかなか面白い!


イグノーベル賞、なんとも面白い賞だね。

今回、日本からこの賞をもらったのは、
北里大学の馬渕清資(まぶちきよし)先生。

バナナの皮で人がすべってころぶ。
マンガなどでよくあるシーンだ。
馬淵先生は、バナナの皮が、どのくらいすべるのかを研究したんだ。

たくさんのバナナの皮をかってきて、すべりやすさを測る機械で実験。
その結果、皮の内側を下にしてふみつけると、何もないときの6倍すべることがわかったんだって。
面白い研究だね。


写真は、バナナの木。ウィキペディアより。

みんなも、何か面白い研究を考えてみて。
ひょっとしたら、受賞できるかも!





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
世界を変えた日本の発明品~いったい何がえらばれているの?(後編)
世界を変えた日本の発明品~いったい何がえらばれているの?(前編)
レゴランドでハロウィーン~ハロウィーンってそもそもどんなイベント?
長いリハビリに耐え続け~マーラ、お疲れ様
海水浴場が減っている~いったいどうして?
国名の漢字表記~これはいったいどこの国?(再掲)
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 世界を変えた日本の発明品~いったい何がえらばれているの?(後編) (2017-09-22 06:00)
 世界を変えた日本の発明品~いったい何がえらばれているの?(前編) (2017-09-21 06:00)
 レゴランドでハロウィーン~ハロウィーンってそもそもどんなイベント? (2017-09-09 06:00)
 長いリハビリに耐え続け~マーラ、お疲れ様 (2017-08-23 06:00)
 海水浴場が減っている~いったいどうして? (2017-08-19 06:00)
 国名の漢字表記~これはいったいどこの国?(再掲) (2017-08-18 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ