愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › ワシントン条約会議~どうやって密漁をふせごう?

もののしくみ研究室

2016年09月24日 06:00  学び~社会

ワシントン条約会議~どうやって密漁をふせごう?

今年2016年8月末。
「グリーン・エレファント・センサス」という、とても大がかりな調査の結果が、発表されたよ。

これは、絶滅(ぜつめつ)が心配されている、ある動物の生息地や数を調べたもの。
いったい、何の動物だと思う?
「エレファント」って、どんな動物だっけ?



・・・



「エレファント」は、英語でゾウのことだ。

「グリーン・エレファント・センサス」は、いま、世界に住んでいるゾウの数を、生息地別に調べるという調査。
その結果が、今回発表されたんだ。

今回の調査によると、ゾウは、18の国にすんでいて、その数は、全部でおよそ35万頭。
35万頭というととても多く感じるかもしれないけど、2007年からの7年間で、30パーセントも減ってしまってる。
1970年ころには、100万頭のゾウがいたということなので、このころと比べると、半分以下だ。


なんで、こんなに減ってしまったのか。
その答えは、ゾウの牙(きば)にある。

ゾウの牙は、あることに使われるために、中国や日本でとても人気があるんだ。
みんな、ゾウの牙を想像してみて。
いったい、何に使われるんだろう?



・・・



ゾウの牙、象牙(ぞうげ)は、別名「白いダイヤ」と呼ばれている。
ダイヤにたとえられるくらい、大切で美しいということだ。

ゾウの牙、日本では、印鑑(いんかん)や三味線(しゃみせん)のばちなどに使われる。
中国では、工芸品に使われることが多いみたい。

美しく白い象牙は、とても高級。
最近お金持ちの人が増え始めた中国では、大人気なんだって。


象牙をたくさん取ろうと思えば、ゾウをたくさん殺さなけれならない。
そのせいで、ゾウの数は、1980年ころから、大きく減り始める。

そして、1989年。
ワシントン条約で、国と国との間で、ゾウを買ったり売ったりすること、つまり輸入と輸出が禁止された。

ワシントン条約は、絶滅しそうな動物たちを守るために作られた、国と国とのお約束事。
世界中の国々は、このお約束事をきちんと守らなければならない。

このワシントン条約のおかげで、ゾウの数は少しづつ戻り出す。
2000年代には、およそ50万頭まで回復した。

ところが、2005年から、ゾウの数は、また減り出す。
そして、今回の調査でわかった数は、およそ35万頭。
今のペースで減り続けると、9年後にはゾウの数は、半分になってしまうらしい。


ワシントン条約で守られているはずのゾウが、いったいどうしてまた減ってしまっているのか。
それは、密漁(みつりょう)、つまり、他の人に内緒でゾウを殺して、象牙を売る人がいるからなんだ。


『ゾウ密漁防げ 象牙市場焦点』 朝日新聞

2016年9月24日、南アフリカでワシントン条約の会議が行われる。
その会議では、象牙の輸入と輸出だけではなく、それぞれの国の中で、象牙を売り買いすることを禁止しようという案が、話し合われる予定だ。
この案に、3分の2以上の国が賛成すれば、ワシントン条約に参加している国では、象牙の売り買いができなくなる。

せっかく密漁で象牙をとってきても、国の中で売る場所がない。
これならば、またゾウを守ることができるかもしれないね。


しかし、日本は、この案に反対している。
その理由は、大きくふたつある。

まずは、印鑑などで、象牙を売り買いすることが多いこと。
もうひとつは、密漁ではなく、畑をあらすような悪いゾウや、自然に死んでいったゾウの牙を日本が買い取ることで、アフリカなどゾウの住んでいる国の人たちにお金がまわること。
そうした国の人たちにお金が回って、生活が豊かになれば、密漁も減るはずだというのが、日本の考えだ。
たしかに、もしもこの案に成立したばあい、ハンコ屋さんなどが困ってしまうことになりそうだよね。

とはいえ、ゾウは守ってあげなければいけない。
みんなは、この案に、賛成?それとも、反対?
そして、結果は、どうなるんだろう?
ニュースに注目だね。

写真は、アジアゾウ。ウィキペディアより。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには?
プラ食う虫~プラスチックの問題って?
小笠原の海底を探れ~地殻のナゾとは?(再掲)
がんばれ「かいめい」~地震の仕組みを解明するぞ!(再掲)
東北の火山が沈降!?(再掲)
地球滅亡への備え!?(再掲)
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 プラ食う虫~プラゴミ問題を解決するには? (2017-05-18 06:00)
 プラ食う虫~プラスチックの問題って? (2017-05-17 06:00)
 小笠原の海底を探れ~地殻のナゾとは?(再掲) (2017-05-06 06:00)
 がんばれ「かいめい」~地震の仕組みを解明するぞ!(再掲) (2017-05-05 05:00)
 東北の火山が沈降!?(再掲) (2017-05-04 06:00)
 地球滅亡への備え!?(再掲) (2017-05-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ