愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 学び~社会 › 船の底にひっつくあいつ~いったい、何者?

もののしくみ研究室

RAKUTOの新年度は2月からはじまります。

2016年08月12日 06:00  学び~理科学び~社会

船の底にひっつくあいつ~いったい、何者?

『船底のお悩み解消』 朝日新聞

日本と外国をいったりきたりする大きな船。
その船には、どうやら、悩み(なやみ)があるらしい。

悩みのタネは、船底(ふなぞこ)、つまり、船の底。
そこに何かがひっついて、困っているらしい。

何がひっつくのかというと、あれだよ、あれ。
みんな、岩の多い海岸にいったことある?
海岸の岩場には、あれがたくさんひっついている。

海岸の岩にはりついている、あれ。
みんな、想像できる?



・・・



答えは、フジツボ。

みんな、フジツボって、知ってるかな?
「フジツボ??」って思った子は、下の方にある写真を見てみてね。
名前は知らなくても、見たことあるって子は、多いんじゃないかな。

せっかくだから、船の悩みのお話しの前に、フジツボについて調べてみよう。

まずは、問題。
フジツボって、つぎのうちの、どちらの仲間だと思う?

1.タコや貝などと同じ、軟体動物(なんたいどうぶつ)の仲間
2.カニやエビなどと同じ、甲殻類(こうかくるい)の仲間

さて、どっち?



・・・



答えは、2番。
貝ではなく、カニなどの仲間なんだって。

ぱっと見は、どう見ても貝の仲間なんだけど、意外だよね。
じっさい、19世紀のはじめまでは、学者の人たちも、「フジツボは、貝と同じ、軟体動物の仲間だ。」と思っていたんだって。

フジツボの貝殻(かいがら)のように見える部分は、実は背中。
カニでいうところの、背中の甲羅(こうら)にあたるんだ。

フジツボには、カニと同じく、足がある。
でも、歩くことなく、同じ場所でずっと生活しているフジツボの足は、ぐぐっとまがってしまって、歩くことには使えない。
プランクトンなどのエサをとるために、使われるだけだ。


こんなフジツボたち。
海岸の岩など、そこら中にひっついて、生活している。

時には、船の底にもひっつくフジツボもいる。
新しいピカピカの船も、ほうっておくと、船底にフジツボがびっしりなんてことになってしまう。

最近の船は、フジツボがひっつくのを防ぐために、特別な塗料(とりょう)を使っている。
しかし、この塗料は、海の環境にとって、あまりよくない。

そこで、日本ペイントという会社が新しい塗料を開発した。
その塗料を船の底にぬったところ、フジツボなどの生き物があまりひっつかなくなった。

フジツボなどがひっつかなくなると、船は水の中を、スムーズに進むことができるようになる。
すると、船の燃料の効率(こうりつ)がよくなる。

今、世界で行き来する船の数は、およそ4万6000隻。
これらの船が出している二酸化炭素は、1年間でおよそ7.9億トン。
これらすべての船に、この新しい塗料をぬれば、1年間で1億トンもの二酸化炭素を減らすことができるんだって。

これはすごい。
地球温暖化が問題になることが多い中、ぜひ、たくさんの船で、この塗料を使ってほしいね。

写真は、フジツボ。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

RAKUTOの新年度は2月からはじまります。

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
ただいま名前投票受付中~サーバルってどんな動物?
小惑星衝突危機~どんな対策があるの?
小惑星衝突危機~天体が地球にぶつかってくる!?
海洋生物レッドリスト~シロワニってどんな生き物?
重力値で体重が変わる!?~重力値が見直されたよ
重力値で体重が変わる!?~そして重力について
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 ただいま名前投票受付中~サーバルってどんな動物? (2017-04-27 06:00)
 小惑星衝突危機~どんな対策があるの? (2017-04-20 06:00)
 小惑星衝突危機~天体が地球にぶつかってくる!? (2017-04-19 06:00)
 海洋生物レッドリスト~シロワニってどんな生き物? (2017-04-13 06:00)
 重力値で体重が変わる!?~重力値が見直されたよ (2017-04-08 06:00)
 重力値で体重が変わる!?~そして重力について (2017-04-07 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ