愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › ジュノーがいよいよ木星へ~木星ってどんな星?

もののしくみ研究室

2016年07月04日 06:00  学び~理科

ジュノーがいよいよ木星へ~木星ってどんな星?

『NASA探査機、木星軌道へ 時速3万キロで接近中』 朝日新聞

2011年8月。
アメリカの航空宇宙局(こうくううちゅうきょく:NASA)が、探査機(たんさき)を打ち上げた。

探査機の名前は、ジュノー。
目指す先は、木星だ。

それから、5年。
ジュノーが、いよいよ木星に到着するよ。
7月4日、つまり今日には、木星の周りをくるくる回る、周回軌道(しゅうかいきどう)に入るんだって。

ところで、木星って、どんな星だったっけ?
今日は、木星について、みてみよう。



・・・



太陽の周りを回る、太陽系の惑星(わくせい)たち。
太陽から近い順に、水金地火木土天海だ。

木星は、地球や火星の次。
太陽から見ると、5番目の惑星となる。

地球からの距離は、およそ6億3000万キロメートル。
地球から太陽までの距離が、およそ1億5000万キロメートル。
木星は、太陽よりも4倍以上、遠い場所にある。

木星は、とにかく大きい。
直径は、地球の11倍。
重さは、地球の300倍以上。
太陽系の惑星の中では、だんとつに大きい。

そんなに大きな木星は、太陽になりそこなった星ともいわれている。
もしも、今よりも70倍くらい重くなることができていれば。
第2の太陽になったんじゃいかといわれているんだ。

その材料も、太陽とほぼいっしょ。
たくさんの水素と、少しのヘリウムでできている。

木星の真ん中には、氷と岩でできた核(かく)があるけど、木星の大きさからすると、とても小さなものだ。
その核の周りをかこんでいるのが、とても強い圧力によって金属みたいになっちゃった水素。
その金属水素のまわりを、水素とヘリウムのガスがつつみこんでいる。

写真で木星を見てみると、表面にしみのような大きな斑点(はんてん)がある。
この斑点は、水素とヘリウムのガスがおりなす、おおきな嵐だ。
その嵐が作り出すぐるぐるうずまきは、なんと地球の2倍の大きさ。
このうずまきを近くで見ることができたら、きっと、ものすごい迫力だよね。


さて。

7月4日に木星の周回軌道に入るジュノー。
その後、1年8ヶ月かけて、木星の周りを37週する。
そして、最後には、木星に落下する予定だ。

いったい、どんな映像やデータを送り届けてくれるのか。
そして、それらから、いったい何がわかるのか。
太陽になりそこなった木星を調べることで、太陽がどんなふうにしてできたかが、わかるかもしれないなんて話もある。
これからのニュースに、注目だ。

写真は、木星に近づくジュノーの想像図。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
育て竜の子~どんな苦労があったの?
育て竜の子~いったいどんな動物?
名古屋好きの珍鳥~どんな鳥?
年々数が減少~どうして減っちゃったの?
年々数が減少~日本のネコは何種類?
プラ食う虫~虫が解決してくれる?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 育て竜の子~どんな苦労があったの? (2017-05-27 06:00)
 育て竜の子~いったいどんな動物? (2017-05-26 06:00)
 名古屋好きの珍鳥~どんな鳥? (2017-05-25 06:00)
 年々数が減少~どうして減っちゃったの? (2017-05-22 06:00)
 年々数が減少~日本のネコは何種類? (2017-05-20 06:00)
 プラ食う虫~虫が解決してくれる? (2017-05-19 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ